DJ

半田あい

nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

« NPO法人パラフォト代表 「佐々木延江さん」 | メイン | 横濱絹布堂 代表 「渡辺生代美さん」 »

2018年4月23日 (月)

ピアニスト 「島田彩乃さん」

こんにちは!半田あいです。

今回の、ファンケル ヨコハマなでしこは、横浜出身のピアニスト、島田彩乃さんにお越しいただきました♪

Img_20180422_183015

”音が美しいピアニスト”

島田さんがピアノを始めたのは3歳の頃。きっかけはご両親の勧めでしたが、4歳で既に厳しい先生に就いてもらい、幼心にピアノの道で行く事を決心していたのだそう。

小学2年生よりほぼ毎夏コンクールに参加。様々な賞にも輝き、名門、桐朋女子高等学校音楽科に合格。当時は、学校から帰ると毎日、夜まで5時間ほどの練習。休日は、朝から晩までピアノに向かうという生活。ピアノは指の筋肉を使って演奏する為、毎日トレーニングをしなければ鈍ってしまったり、コントロールが効かなくなってしまうとの事です。スポーツ選手と同じ感覚なのですね。

卒業後は、単身パリに留学。フランスと言えば!という、ピラミッドの頂点の様な、パリ国立高等音楽院へ。ピアノ科の定員15席に対し200名が受験する倍率の中、首席で合格されます!

パリでは10年間に渡って活動。国際コンクールでの入賞や、ヨーロッパ各国でのリサイタルなどで演奏もされ、研鑽を積まれますが、更に、ドイツ人作曲家ブラームスに惚れ込んでドイツにも移住されます。島田さん曰く、「フランスに居てドイツ音楽の本当の弾き方は分からない」「ドイツの空気を吸い、現地でインスピレーションを受けたい」という思いが強かったのだそう。ドイツ音楽は、フランス音楽とはまた違い、弾き方にも表れるのですね。島田さんが拠点としていた場所は、歴代のドイツ人作曲家が大勢過ごした、街中に文化の香り漂う雰囲気の所だったそうです。毎日新鮮な気持ちで飽きる事が無かったと仰っていました。

2011年に完全帰国されますが、現在も海外での活動も続けていらっしゃいます。

島田さんのファーストCDが『ドビュッシー/デュティユー/ラヴェル』

スタジオで一緒に聴かせて頂いたのですが、自分の録音を聴くのは苦手という島田さん(驚)それは、日に日に成長していきたいという希望があり、”昨日弾いていたものは昨日のもの、今日だったら違う弾き方をするな”という思考なんだそうです♪♪弾く度に、新たな作品として生まれ変わっていくという追求なんですね~。

そんな島田さんの演奏を是非、生で!!横浜で聴く事ができます☆『5/19(土)ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン』でリサイタルが開かれます。50名ほどの親密な空間で島田さんの音色を堪能できるチャンスです。お問い合わせは☎045-716-4560Dsc_2421_3

又、6/7(木)には東京のトッパンホールでアンサンブルコンサートにご出演☆こちらのお問い合わせはトッパンホールチケットセンター☎03-5840-2222まで。Dsc_2422

◆なでしこの素◆

ドライブが趣味という島田さん。首都高・湾岸線を走るのが特にお好きだそうで、そのドライブのおとものナンバーは”ミスチルやサザン、宇多田ヒカルさん”♪♪ハンドルを握りながら歌っちゃうこともあるそうですよ!キーホルダーのマスコットは愛犬、愛猫ちゃんのお気に入りだそうで、所々その跡が(^^ゞ

Dsc_2257_2そして、海に行くこともお好きなんだそうですが、波打ち際で浜辺に残った”波跡”を眺め、「同じものは一つとしてできない」その不思議とピアニストとしても重なる思いがあるそうで。うわ~まさに音楽家でいらっしゃるんだ~とその感性に感動してしまいました☆

             

コメント

コメントを投稿