DJ

半田あい

nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

« 2018年3月 | メイン | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

横濱絹布堂 代表 「渡辺生代美さん」

こんにちは!半田あいです。

今回のファンケル ヨコハマなでしこは、”横濱絹布(けんぷ)堂”代表の、渡辺生代美さんです。

Dsc_2408

”横濱絹布堂”のお仕事は大きく分けて3つ。

一つは【着物リメイク】着物を洋服や日常使える雑貨にリメイクし、特別なものを作ったり実用的で身近に持っておけるものを製作されています。着物は様々に姿・形を変えることができるそうで、お洋服やバッグから小物入れ、ブックカバー等々、風合い良く、目にも鮮やかでとっておきの一品ばかり!これまでの注文では、赤い着物地で作った障がい者手帳のカバー(可愛く華やかなものになったそう)や、ギターストラップ(ステージで見栄えがします♪)もあり、今取り掛かっている中ではエジプトの方からの依頼で、ムスリムの女性のヒジャブ(頭や体を覆うもの)を着物地で作るというもの!どんな風になるのかしら~と想像が膨らみ、ワクワクしますね。

Dsc_2404_3

二つ目は【和ちーふ】着物地のポケットチーフです。(ブランド名は商標登録されています)横浜伝統のシルクスカーフ、その手縫いの様なミシンの巻金を開発した、まさにその工場で縫製されています。最近はクールビズもあり、ネクタイをしない男性も増えていますが、和ちーふをすることで胸元が引き締まり、又、挿し方次第でビジネスにもカジュアルにもなるという様々なおしゃれが楽しめるアイテムです。SNSではイタリアの方から”いいね”があったり、又男性へのプレゼントで女性が注文されるケースも多いんだとか。おしゃれな方はチェックしているんですね~♪

Dsc_2401_3

そして、三つ目は【和文化を海外に伝える】グローバル和文化普及協会という社団法人のお手伝いもされている渡辺さん。交流会や展示会などの活動をされています。地方の廃校を使って、和のパフォーマンスやワークショップで、国内外の人に和の文化を伝える活動”大人の文化祭”という興味深い取り組みも♪

長年、ヨーロッパの商材を輸入するお仕事をし、パリで駐在もされていた渡辺さん。その中で、日本の良いものもヨーロッパに紹介したいと思い起業されます。桐の箪笥ごと着物をもらう機会があり、身近に着物リメイク界60年というカリスマ師匠がいらした事で、一緒に着物をリメイクし、パリのジャパンエクスポへ出展。着物ドレス(成人式の振袖を結婚式のお色直しのドレスに直したもの)には特に興味を持たれたそうで、写真を沢山撮ったり、手に取り縫製技術に感動したりと大変称賛されたそうです。ここから、渡辺さんの”日本の和”を発信する活動が始まりました。

今後も、「着物地の可能性を追求し、様々なものを作りたい!」と渡辺さん。その可能性、日本人として嬉しく期待を込めてしまいます☆

◯着物リメイクをお願いしたい方は、「横濱絹布堂リメイク部門HP」のお問い合わせ画面から、着物の情報やどんな物にしたいかご相談を!

◯和ちーふは、「こちらのHP」のカートから購入できます!

◆なでしこの素◆

一枚目の写真☆渡辺さんが着ていらっしゃるジャケットとバッグも着物リメイク!

ジャケットはお母さまのお着物が素敵なお洋服に変身です♪

そしてこちらのペンケースは、畳縁で作られているんですよ!

ネコちゃんやドット柄なんて可愛いものもあるんですね~~

Dsc_2406

2018年4月23日 (月)

ピアニスト 「島田彩乃さん」

こんにちは!半田あいです。

今回の、ファンケル ヨコハマなでしこは、横浜出身のピアニスト、島田彩乃さんにお越しいただきました♪

Img_20180422_183015

”音が美しいピアニスト”

島田さんがピアノを始めたのは3歳の頃。きっかけはご両親の勧めでしたが、4歳で既に厳しい先生に就いてもらい、幼心にピアノの道で行く事を決心していたのだそう。

小学2年生よりほぼ毎夏コンクールに参加。様々な賞にも輝き、名門、桐朋女子高等学校音楽科に合格。当時は、学校から帰ると毎日、夜まで5時間ほどの練習。休日は、朝から晩までピアノに向かうという生活。ピアノは指の筋肉を使って演奏する為、毎日トレーニングをしなければ鈍ってしまったり、コントロールが効かなくなってしまうとの事です。スポーツ選手と同じ感覚なのですね。

卒業後は、単身パリに留学。フランスと言えば!という、ピラミッドの頂点の様な、パリ国立高等音楽院へ。ピアノ科の定員15席に対し200名が受験する倍率の中、首席で合格されます!

パリでは10年間に渡って活動。国際コンクールでの入賞や、ヨーロッパ各国でのリサイタルなどで演奏もされ、研鑽を積まれますが、更に、ドイツ人作曲家ブラームスに惚れ込んでドイツにも移住されます。島田さん曰く、「フランスに居てドイツ音楽の本当の弾き方は分からない」「ドイツの空気を吸い、現地でインスピレーションを受けたい」という思いが強かったのだそう。ドイツ音楽は、フランス音楽とはまた違い、弾き方にも表れるのですね。島田さんが拠点としていた場所は、歴代のドイツ人作曲家が大勢過ごした、街中に文化の香り漂う雰囲気の所だったそうです。毎日新鮮な気持ちで飽きる事が無かったと仰っていました。

2011年に完全帰国されますが、現在も海外での活動も続けていらっしゃいます。

島田さんのファーストCDが『ドビュッシー/デュティユー/ラヴェル』

スタジオで一緒に聴かせて頂いたのですが、自分の録音を聴くのは苦手という島田さん(驚)それは、日に日に成長していきたいという希望があり、”昨日弾いていたものは昨日のもの、今日だったら違う弾き方をするな”という思考なんだそうです♪♪弾く度に、新たな作品として生まれ変わっていくという追求なんですね~。

そんな島田さんの演奏を是非、生で!!横浜で聴く事ができます☆『5/19(土)ヤマハミュージック ピアノフォルテ上大岡サロン』でリサイタルが開かれます。50名ほどの親密な空間で島田さんの音色を堪能できるチャンスです。お問い合わせは☎045-716-4560Dsc_2421_3

又、6/7(木)には東京のトッパンホールでアンサンブルコンサートにご出演☆こちらのお問い合わせはトッパンホールチケットセンター☎03-5840-2222まで。Dsc_2422

◆なでしこの素◆

ドライブが趣味という島田さん。首都高・湾岸線を走るのが特にお好きだそうで、そのドライブのおとものナンバーは”ミスチルやサザン、宇多田ヒカルさん”♪♪ハンドルを握りながら歌っちゃうこともあるそうですよ!キーホルダーのマスコットは愛犬、愛猫ちゃんのお気に入りだそうで、所々その跡が(^^ゞ

Dsc_2257_2そして、海に行くこともお好きなんだそうですが、波打ち際で浜辺に残った”波跡”を眺め、「同じものは一つとしてできない」その不思議とピアニストとしても重なる思いがあるそうで。うわ~まさに音楽家でいらっしゃるんだ~とその感性に感動してしまいました☆

             

2018年4月16日 (月)

NPO法人パラフォト代表 「佐々木延江さん」

”横浜をパラスポーツの街にしたい!”

今回のファンケル ヨコハマなでしこは、NPO法人パラフォトの代表を務める、佐々木延江さんにお越しいただきました。

Dsc_2207

パラリンピックを知らせるNPOメディアとして、2000年シドニーパラリンピック時に立ち上げられた団体です。

きっかけは、デザインの仕事をしながら、1998年の長野パラリンピックで、アルペンスキーの日本代表選手を取材した事だったそうです。障がいやスポーツについて、それほど知識があった訳では無かったという佐々木さん。取材を通じ感じたのは、障がい者スポーツも健常者のスポーツと変わらない事。今まで自分が持っていたイメージが覆され、その事が強く印象に残っており、今の活動に繋がっていると仰います。

 更に、印象深かったのが、選手から見せてもらった写真の数々。そこには、競技の様子や大会の雰囲気など、スポーツの楽しさや醍醐味を一瞬にして伝える力があったそう。その力に衝撃と感動を得ると、自分の様にステレオタイプのイメージを持っている人もいるのではないかと考えた時、「パラリンピックの写真が、障がい者のイメージを多様に変えていけるのではないか!」という思いを抱く様になったと言います。

 さて、平昌パラリンピックも精力的に取材をされてきた佐々木さん。前回のソチパラリンピック(冬季)から、日本勢の獲得メダル数は増えましたが(金3・銀4・銅3)、個人種目に集中していた事や、選手の平均年齢が高くなっており、選手不足が解消されていないという事も浮き彫りになった。多くの人に関心を持ってもらうことが、まだまだ必要と考えていらっしゃいます。

 そして、来る2020年の東京パラリンピック。パラスポーツの成長、存在感を示す場として多くの期待はありますが、一時的なお祭りで終えないよう。そして、パラリンピックの競技・種目だけでなく”パラスポーツ”という点で、様々なスポーツがあることに、もっと注目されていくための活動をする時間にもなって行きます。

 「パラリンピックを通じ、多様な社会を知りたい・知らせたいという方、一緒に取材しませんか?」

パラフォトHPのお問い合わせメールアドレスからどうぞ☆佐々木さんやメンバーの皆さんの記事を是非ご覧ください♪

 

実は横浜では、パラスポーツの大会が沢山行われているのです!5月には山下公園で「パラトライアスロン世界大会」も控えています。まずは、観て、応援して!佐々木さんが得たパラスポーツの楽しさ・醍醐味を体感したいです☆

◆なでしこの素◆

大きなリュックをお持ちの佐々木さん!その中身は~~??

Dsc_2204_2

取材の必需品(スマホケース・タブレットカバーはPCの色とも合っていてシックにまとめられていますね♪♪♪)

Dsc_2202

Dsc_2203_3そして、平昌パラリンピックのマスコット「バンダビ」♪

2018年4月 9日 (月)

カナリア歯科クリニック院長 「川原綾夏さん」

こんにちは!半田あいです。

今回の『ファンケル ヨコハマなでしこ』は、横浜市金沢区で歯科クリニックをなさっている、

医学博士の川原綾夏さんにお越しいただきました。

Dsc_2152_2

高校時代、進路を決定するにあたり、ずっと好きでいられる職業に就きたいと思っていた川原さん。物作りが好きだった事や、医療の中でも審美性・機能性と全てが詰まっているのが「歯」だと思い、歯科医師を目指します。横浜から学校のある松戸(千葉県)へ毎日片道2時間かけ、大学・大学院と併せて10年通いました!専門は「入れ歯」です。

大好きな地元横浜で開院し、1年半。

川原さんが心がけているのは、まず、安心感を持ってもらえるよう、挨拶の際にはマスクを取り、自分の顔を見せた上で、しっかりとした説明とご納得いただき、一緒に頑張って行きましょう!という気持ちです。

またクリニックには、患者さんに気持ちよく過ごしていただく為の工夫がちりばめられています。

白を基調とした落ち着いた空間。一級建築士のお父様が光が入り込む設計をしてくれ、窓も多く明るいです。

歯科クリニックの患者さんの年齢層は幅広く、下は0歳から!こども達も多いので、キッズコーナーもあり、院内のモニターではこども達が好きなアニメが流れています。歯ブラシの色を選んでもらうなど、歯科クリニック=怖い。。。の恐怖心を取り除く事も日々考えています。

こども達に向けては「歯の連絡ノート」があり、治療の内容や頑張った事を川原さんが書いて渡すのですが、そこに、受付をなさっている妹さんが、こども達からリクエストを聞いて、アニメのキャラクターの「絵」を描いているそうで、これが大好評!絵は独学で趣味という妹さんですが、クリニックのモチーフとなっている「カナリア」のデザインも手掛けているほど、絵がお上手。こども達からは、川原さんより、妹さんの方が″先生”と呼ばれているそうですよ!(こども達が連絡ノートの絵に喜んでいる様子が浮かびますよね♪)ご家族で協力して作り上げるクリニックという所も、温かさがありとても素敵です!

そんな川原さん、神奈川県歯科医師会の広報委員としてもご活躍。「オーラルフレイル」をテーマとしたCMにも出演されています。

又、TVKのお昼の情報番組「猫のひたいほどワイド」でも、歯科医師会の広報委員として、月1回出ていらっしゃいます。次回のご出演は4/23(月)!チェックしましょう♪

クリニックの院長として目の前の患者さんに最善を尽くし、歯科医師会の活動を通して、大勢の皆さんの健康づくりのお手伝いをしていきたい、と川原さん。

大勢の人が掛かる「歯科」長く付き合っていくお医者さんでもありますよね。最後に川原さんからメッセージ♪「是非、お近くのかかりつけ医を見つけて、何でも相談してください!お口の健康をずっと守ってくれますよ。」

カナリア歯科クリニックでは、ネットでも予約・相談ができます→HP(妹さんデザインのクリニックのモチーフも沢山いますよ!)

最寄りは「金沢文庫駅」、からバスで10分ほどの場所です。緑の屋根が特徴のお城のような素敵な建物です♪

◆なでしこの素◆

カナリア歯科クリニックでも扱っている歯ブラシとフロス。川原さんも愛用♪

歯科の予防大国であるスウェーデン製の「Te Pe(テペ)」

スウェーデン国内でも高いシェア率を誇るブランドだそうです。

なんでも、人間工学も取り入れながら多くの大学の研究によって進化してきたという、考え抜かれた性能と信頼によるもの。

自然と”鉛筆持ち”ができる設計で、細かく磨くことができます!(私もプレゼントしていただきました♪川原さんありがとうございます!)

又、この発色が可愛い!!カラーも豊富です。

確かにお子さんも選ぶのが楽しみになりますよね☆

Dsc_2149_2

2018年4月 2日 (月)

馬車道発横浜アイドル「Ponica Road(ポニカロード)」

皆さん、初めまして!

桐島瑞希さんからバトンを受け取り、「ファンケル ヨコハマなでしこ」を担当させていただきます、

半田あいです。

どうぞよろしくお願いします!

今日のなでしこは、馬車道発横浜アイドルの「Ponica Road(ポニカロード)」の皆さんです!

5人全員お越しいただきました。

1522748496424

(一緒に決めポーズ♪)

馬車道=ポニー/カー/ロードで、ポニカロード!それぞれのお名前は地名が由来していますよ♪

☆<あんちゃん>入船あんさん(後列・右)リーダー。声優の勉強をしていた事から、”外郎売”が得意。

☆<のんたん>住吉かのんさん(後列・左)は、大学時代野球部のマネージャーで、野球のスコアをつける事が得意。今でも大学野球をチェックしているそう。

☆<あかりん>太田あかりさん(後列・中央)は、メンバーの中では不思議系キャラ。体の柔軟性が特徴なのと、指の筋肉が発達している!ビールの売り子で鍛えた指で、カップを3つ持てるそう。

☆<ゆっきー>港ゆきさん(前列・右)は、絵を描く事が得意。ポニカロードのグッズのデザインも手掛けています。

☆<まなみん>尾上まなみさん(前列・左)は、ダンスが得意。小さい頃から様々なジャンルを踊ってきて、ダンスのできるアイドルになりたかったのだそう。

それぞれの個性も光る5人ですが、更に、1期生のあんちゃん・のんたん・あかりんの3人は、いつも陽気で楽しい雰囲気。2期生のゆっきー・まなみんはアイドルらしからぬ(?!)落ち着きがありながら、ゆっきーは特に面白い発言をして、ライブで一緒になった他のアイドルさんを笑わせてしまうような、ギャップ萌えのキャラクターでもあるそう!

とても和気あいあいとしています♪

”横浜で知らない人がいないアイドル”が目標のポニカロード。

横浜市内でゴミ拾いを行ったあとライブを行う「ポニカロード18区ツアー」も実施しています。

ライブ・イベント等に出演しながら、積極的に社会貢献活動も行うアイドルグループです。

夢を叶える為の道程を歌っている、3rd single「GO ON」はこの時期、新たなスタートを迎えた方にもぴったり!背中を押してくれる応援ソングです。ライブでも盛り上がるというナンバー、今回ポニカロードが初めて挑戦した、ハーモニーも聴きどころです!

4/26(木)には、「ポニカロード定期ライブ vol.26 in Yokohama O-SITE(ヨコハマオーサイト)」が行われます。

更に!今年10月に結成5周年を迎えるポニカロード、10/27(土)・28(日)「ポニカロード結成5周年☆2DAYSワンマンライブ」を開催!!

このワンマンライブ、なんと累計450人集客できなければ、1年間新曲がリリースできないというミッションがあるのです!横浜市の市外局番(045)にちなんで450人!

横浜で1番のアイドルを目指すポニカロードのメンバーを是非、会場で応援して下さい!!!

ポニカロードの活動、ライブの詳細については公式サイトをチェック☆

◆なでしこのもと◆

メンバーの必需品を教えてもらいました☆

Photo_4

<あんちゃん>マネージャーさんに勧められたのど薬。ピーチ味が好み☆

<のんたん>いつも身に着けているジュエリー、お母さんから貰った指輪☆ゆっきーデザインのオリジナルタオル☆リップ☆

<あかりん>ハンドクリーム3点セット。テクスチャーや香りが違うものを気分によって使い分け。(缶のクリームには中区のステッカーが貼ってあります!)☆

<ゆっきー>ネーム入りの口紅。塗るとスイッチが入るそう☆

<まなみん>SNSに写真アップの為の、自撮り用スマホライト。これで、顔に影はできません!☆

大切なものを見せていただいて、ありがとうございました☆