nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

« 2017年8月 | メイン

2017年9月

2017年9月18日 (月)

助産師 浅野和代さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、助産師の浅野和代さんでした。

20170912_093609

笑顔がとっても素敵な女性です^^

浅野さんは第一子を妊娠した時に胎教に興味を持ち、元ソニー会長の故井深大さんの幼児開発協会「心の胎教」のサロンに通いながら、とても幸せなマタニティライフを送ったそうです。

しかし出産後、育児が始まったら幸せな毎日から一変「なんて大変なんだろう!」と感じたんだそう。

そんな経験から、事前に育児や出産についてちゃんと学ぶことができたら、もっと幸せなお母さんが増えるのではないかと思い、一大決心をして助産師になったそうです。

看護学校を受験するべく30歳の時に予備校に通い始め、無事に専門学校に入学し、10代の学生さん達に囲まれながら、4年間学び無事に国家資格を取得。

その後は大学病院や、地域のクリニックなどに勤務、現在は産科専門の病院でお産のお手伝いをしています。

約3000人のお産のお手伝いをしたそうですが、一人の女性が母親になっていく過程では様々なドラマが繰り広げられ…

そんな命懸けの出産をしても、幸せになれないお母さん達が沢山いる…産後クライシスを乗り越える為には、学びの場が必要ではないかと、現在学校の開講を目指して準備の真っ最中です!

その名も「妊活から始めよう!幸せいっぱいのママになるための学校“Maman's college(ママンズカレッジ)”」

産後クライシスを乗り越える為の準備期間としては、妊活中がまさにピッタリ!

気持ちの面でも体の面でも、助産師ならではの専門知識で母親教育・女性教育を行っていきたいと浅野さん。

離婚の3/1は第一子出産後の3歳までの間と言われているそうですが、不妊治療などでやっと子供を授かっても、産後クライシスが原因で家族が壊れてしまっては、全く意味がないですよね。

産後クライシスを一緒に乗り越えた夫婦は一生ものの夫婦になれる!そんな風にも教えていただきました。

女性にはもちろん、これからは男性にも積極的に学んで欲しいですね^^

ママンズカレッジの開校を楽しみにしています!

★おまけ

浅野さんの宝物のお写真をご自身で撮ってきていただきました!

Fullsizerender

お産をお手伝いさせて頂いた方々からのお手紙と写真の一部。

これが一部だなんて、凄い!!お写真にメッセージがぎっしり。

Image1_1

娘さん達のへその緒。

Image2_1

助産師しか書けない母子手帳。浅野さんご自身のものと娘さん達のもの。

浅野さんも、今までに沢山の方の母子手帳を書いてこられたのでしょうね~^^

2017年9月11日 (月)

シンガーソングライター younAさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、シンガーソングライターのyounAさんでした。

20170905_093636

白のコットンワンピにベレー帽がとってもキュート^^

小さな頃からピアノを習い、小学生の時も音楽の授業が一番好きだったというyounAさん。

実は本日9月11日が26歳のお誕生日です!!

おめでとうございます~♪パチパチパチ~^^

元々保育士さんになりたくて資料まで取り寄せていたyounAさんですが、高校卒業後は音楽の専門学校へ。

現在はシンガーソングライターとして5年ほどライブ活動などを続けてらっしゃいます。

曲作りに始まり、ライブハウスに音源を持ち込んで営業を行うなど、最初は大変なことも多かったそうですが、先輩方からのアドバイスを参考にしながら、ここまで活動の幅を広げてこれたそうです。

そんなyounAさんはお誕生日の今日セカンドアルバム「かさなるしあわせ」をリリース!

そして、今夜19時から汐留ブルームードでワンマンライブを行います!

事前に連絡をいただければ、前売り価格で入れるそうなので、HPtwitterなどからご一報を♪

もちろんニューアルバムの販売も行います!

ちなみにO.A.で聞いていただいた「この道の終わりに」はiTunesやLINE MUSICからもダウンロードできますよ~^^

さらに今日から、ReadyforでのクラウドファンディングをスタートさせるyounAさん。

デートDV(恋人間で起こるドメスティックバイオレンスのこと)の啓発とご自身の音楽活動をコラボさるべく、45日間で240万円を目指します!

大人からすれば一過性のものだとわかることも、子供の頃は世界が狭く、恋人や友達との関係に思いつめてしまうことも…そんな過去の経験を元に、今恋人の事で悩んでいる若者たちと一緒に悩んだり、寄り添える大人でいたいという気持ちを、歌にのせてこれから発信していきます!

younAさんの歌声で救われる若者が一人でも多くいますように…

私も応援していますよ~!!

★おまけ

マイマイク~!

20170905_092245

3年ほど前に、渋谷の楽器屋さんで購入したというマイマイク♪

このマイクで今宵も歌うのかしら~♪

バースデーライブの成功をお祈りしています^^

2017年9月 4日 (月)

医療法人敬生会 ともろー訪問看護ステーション 看護師 高山久美子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、医療法人敬生会 ともろー訪問看護ステーションの看護師、高山久美子さんでした。

20170829_093333

ともろー訪問看護ステーションは、戸塚区・泉区・旭区の3箇所にあり、高山さんは泉区にある弥生台訪問看護ステーションで所長をしてらっしゃいます。

訪問看護とは医師の指示の元、ご利用者さんのご自宅へ行き看護をするお仕事。

利用者さんは、0歳から100歳以上の方まで幅広くいらっしゃるそうです!

高山さんはお母さんが助産師さんだったということもあり、小学校の低学年くらいから「私は看護師になるんだ!」と決め、その夢を叶え現在も看護師のお仕事を続けているのですが、高山さんの中学1年生になる2番目の娘さんも、看護師というお仕事に興味を示してくれているそうですよ^^将来が楽しみですね!

高山さんは13年位前に、子育てをしながらパートでも働ける職場を探していたところ、ともろー訪問看護ステーションの求人を見て、時給が高かったこともあり、入所を決めたんだそう!

看護師にとって訪問看護とは、利用者の方のお宅にお邪魔するという所と、ご家族の方がいる中ではありますが、約一時間の間1対1で利用者さんと密に関わるという所が、病院勤務とは大きく異なるポイントでもあり、やりがいなのだそう。

また子育てとお仕事の両立に関しては、同居しているお母様のサポートがあったり、訪問看護は夜勤がなく、託児所もついているので、お子さんが小さい時から働き続けてこれたんだそう。

高山さんが勤務している弥生台訪問看護ステーションにもパート勤務の方が沢山いらっしゃり、中には週2日の午前中だけの勤務という方も!

横浜市には、260箇所位の訪問看護ステーションがあるそうですが、あなたの家の近くにもあるかもしれません♪子育てしながら働き易い環境ですので、妊娠・出産などでお仕事を辞めてしまった看護師の方にはオススメですよ~!

求人情報なども掲載してありますので、ともろー訪問看護ステーションのHPを是非ご覧になって下さいね^^

プライベートでは、とても好奇心旺盛な高山さん。

常にアンテナを立てて、面白そうなことを探しているそうですが、今のマイブームは、リサイクルヤーンというTシャツを作る時に出る端切れをつなぎ合わせた糸を使ったバッグ作りにハマっているそうです!

編み針で編んでいくそうですが小さい物だと、2日位で編めちゃうんだそう!

オシャレな趣味ですね~^^

これからも趣味を楽しみながら、子育てにお仕事頑張って下さいね!

★おまけ

キュートな手作りのお人形の正体は…

20170902_114626

市沢ステーションの「いっちゃん」と、南舞岡ステーションの「みなみちゃん」、弥生台ステーションの「やよいちゃん」です!

いっちゃんは苺、みなみちゃんは新体操、やよいちゃんは着物と、それぞれ名前から連想されるイメージの衣装をまっとっています♪かわい~^^