nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月29日 (月)

フラワーアレンジメント・プリザーブドフラワー講師、ウェデイングブーケデザイナー 相澤智子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケルヨコハマなでしこは、フラワーアレンジメント・プリザーブドフラワー講師でウェデイングブーケデザイナーの相澤智子さんでした。

20170516_094517相鉄線の弥生台駅にあるご自宅でお教室を開いている相澤さん。

お花との出会いは、高校生の時に初めてアルバイトをしたお花屋さん♪

駅前のお花屋さんにオープニングスタッフとして採用され、高校生ながらイチから基礎を教えてもらえたそうです。

高校卒業後は美術好きということもあり学芸員を目指し美大へ進学。

しかし、いざ就職活動という時に、学芸員の募集がなく、そこでお花のスキルをブラッシュアップすべくお花屋さんへ就職。

就職してからは繁忙店だったこともあり、終電までお仕事する日々…体力的にもとても厳しかったそうです。

 その後結婚を経て、お自宅でのお教室をスタート!

 ご主人の「人生一度きりだから、やりたいことをやった方がいい!」というアドバイスに背中を押され、決断できたんだそう。

 そんなご主人とは、大学時代のマンドリンクラブで一緒だったそうで、現在もご主人の主宰しているオーケストラに所属し、毎年夏に開催されるコンサートは今年で17年目!

 お花に美術にオーケストラ!とっても多才な相澤さんです^^

 ご自宅で開催しているお教室では、生花やプリザーブドフラワーのアレンジを希望の日時で開催してもらえるそうです!

 相澤さんご自身も2歳と4歳の男の子のママということもあり、お子様連れも大歓迎とのこと♪

 お申し込みや詳細は、相澤さんのblogをご覧下さい。

6/18(土)に海老名で開催されるふぁみりーフェスにも体験ブースを出店するそうです♪

そちらの詳細は、ふぁみりーフェスのblogからチェックしてみて下さい!

家族で楽しめる入場無料のイベントです^^

★おまけ

一足早く、ふぁみりーフェスで体験できるアレンジを見せてもらいました♪

20170516_093124_2初心者の方でも簡単に作れるプチアレンジ♪

自宅教室ではこんなアレンジも…

20170516_093215

ウェディングにもピッタリな素敵なコサージュ^^

相澤さんご自身が自作のブーケで結婚式をしたそうで、ウェディングブーケのオーダー受け付けているそうです♪

お花屋さんで頼むよりも、リーズナブルに仕上げて下さるそうなので、これから結婚式を控えてらっしゃる方は、気軽に相談してみて下さいね^^

2017年5月22日 (月)

キャンドル作家 キャンドル工房Aotama-Tamari代表 田中すみ子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、キャンドル作家でキャンドル工房Aotama-Tamari代表の田中すみ子さんでした。

20170509_094545

田中さんは小さい5センチ位のキャンドルから重さが2キロもある大きいキャンドルまで様々なキャンドルを作っています。

大豆ワックスやドライフラワーを使ったナチュラルテイストなもの、羊や猫など動物モチーフのもの、和紙の風合いが特徴的なAotamaキャンドルなどを制作しています。

横浜中華街の関帝廟の目の前にある横濱バザールの1階に工房があって、そこで販売も行っているので、中華街に遊びに行った際には是非お立ち寄り下さいね^^

田中さんがキャンドルに興味を持ったキッカケは、20年以上前にモスクワに駐在していて、その時に行ったリトアニア旅行だそうです。

リトアニアのある村に小さいキャンドルショップがあり入ってみたところ、「キャンドルって凄い!」と初めて思ったそう!

空間が素晴らしく「帰りたくない~!」と思うほど感動し、その体験以降暮らしにキャンドルが加わるようになり、それから「自分で作りたい!」と思うようになったそうです。

工房では初めての方でも簡単に楽しく作れるワークショップを開催しています。

ご予約や詳細は、HPをご覧下さい^^

★おまけ

ユニークなキャンドルをご紹介!

20170509_092259中華街にちなんで、エビ餃子キャンドル~!

本物そっくりでビックリ!

お土産にもピッタリです。

20170509_102014

こちらは、羊キャンドルとAotamaキャンドル。

ふわふわな羊毛は蝋をホイップすることで表現しているそう!

どちらのキャンドルも、灯すと更に素敵なんだそう~^^

キャンドルのある暮らし、みなさんも始めませんか~??

2017年5月15日 (月)

cafe ランウェイ オーナー・重ね煮料理サロン「野菜と藤原」主宰 藤原恵美子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、cafeランウェイのオーナーで重ね煮料理サロン「野菜と藤原」を主宰している藤原恵美子さんでした。

20170502_093643_2

重ね煮とはお鍋の中で野菜を重ねて層を作り、お水を入れずに弱火でじーっくり加熱する野菜の旨みを引き出す調理法のこと。

そうするとお野菜同士が旨みを引き出しあって、調和して、とっても美味しいベースが出来上がるんだそう!

お水を入れずに加熱して、焦げないのかしら!?と思わず心配になってしまうんですが、お野菜を重ねる順番にポイントがあるのです。

水分の多い野菜をお鍋の底に、上の方にいく程根菜など水分の少ないお野菜を重ね、上下に少しだけお塩を入れます。そのお塩が水分と旨みを引き出し、最初から弱火でじっくり火を入れていくと少しずつ水分が出て、それが対流してお水なしでも調理できるんだそうです!

藤原さんと重ね煮との出会いは、ある一冊の本から。

お子さんの偏食で悩んでいた藤原さんに同じマンションに住むお医者さん「重ね煮作ったらどう?」と重ね煮の本を薦めてくれたんだそうです。

作ってみたら美味しくて、気がついたらお子さんの偏食も直っていたからビックリ!

そんなご縁もあって、2年前にお医者さんのクリニックの横に重ね煮がいただけるカフェをオープン。

20170509_114406_2

cafeランウェイは都筑区のすみれが丘にあり、火曜日~土曜日の11時~オープン、ランチタイムは11時30分~で金・土はディナータイムも営業しています。

カフェの定休日にお料理教室を開催していて、カフェの営業日でもランチの前に行けばお料理の工程を見せて下さるんだそう。

どちらも予約が必要ですので、HPから詳細をチェックして下さい^^

★おまけ

藤原さん愛用バッグは息子さんからの誕生日プレセント。

20170513_105721_2

息子さんが選んでくれたと思うと嬉しいですよね~^^

愛用の靴はもう二代目!

20170502_092540_2

ビルケンは長時間立っていても疲れにくいんだそうですよ♪

先日わたしも重ね煮ランチいただいてきました~^^

20170509_120023_3

野菜がとっろと甘く、優しい味わい^^

重ね煮でお子さんの偏食が直っちゃうのも納得!

おまりの美味しさに一緒に行った両親も大喜びでした♪

家でも重ね煮に挑戦してみたいです^^

2017年5月 8日 (月)

フラワーアレンジメント教室「Lily Style」主宰 石川百合子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、フラワーアレンジメント教室「Lily Style」主宰の石川百合子さんでした。

20170425_093838

ご自身の下のお名前も“百合子”とお花の名前なので、“Lily Style”と名付けたんだそう。

なるべくしてフラワーアレンジメントの先生になったのかもしれませんね^^

お教室の場所はご自宅で、たまプラーザ駅が最寄りとのことですが、坂が多いので車で駅まで迎えに来て下さるんだとか!なんとも贅沢なお教室♪

フラワーアレンジメントはおよそ20年ほど前、お子さんが幼稚園に通い始め、手がかからなくなったことをきっかけに習い始めたそうです。

最初は趣味として始めたそうですが、資格を取りたいと思うほどのめり込んでいったそう。

子育てと並行して会社員生活を続けながら、2年半かけて日本フラワーデザイナーズ協会の講師資格を取り、4年前からご自宅でお教室を開いていいます。

実は今年の3月まで会社員を続けていたという石川さん。

平日は会社員として、平日の夜にお教室の準備をして、週末はお教室を開催する…という多忙なスケジュールを送っていたそうですが、作品が雑誌に掲載されたり様々な依頼が来るようになり、横浜ディスプレイミュージアムで毎年開催されているアーティフィシャルフラワーのアレンジコンテストで今年は審査員賞を受賞、そんな中いよいよ会社を退職することを決意したそうです。

するとさらにベストフラワーアレンジメントという雑誌から連絡が来て、5/16発売の夏号に作品を掲載しませんか?というオファーが!!(3作品掲載されます!是非ご覧下さい^^)

何かを手放すと、新しいものが入って来るという話をきいたことがありますが、まさにこのことですね!

その活躍の背景には、カメラの勉強を始めたことも関わっているそう。

作品を美しく見せる為にと習い始めたカメラでしたが、どんどん魅力にハマってしまい、今ではお花と同じくらいの比重で夢中になっているんだとか!

お写真の腕が上がったことも、ご自身の作品を世の中にアピールする良いキッカケになったのかもしれませんね^^

お教室の新しいコースで、フラワーアレンジメントを作って写真を撮るというレッスンもあるそうです!

作品を美しく写真に残したいという方には是非受けていただきたいレッスンです^^

その他アーティフィシャルフラワーに特化したレッスン、生花に特化したレッスン、フラワーデビューコースといって月2回アーティフィシャルと生花を両方挑戦してみて、好きな道に進めるコースもあります♪

また、今週末に控えている母の日の為のレッスンやオーダーも承っているそうなので、詳細・お申し込みはHPからどうぞ!

★おまけ

石川さんの作品のお写真をいただきました!

3

そしてやっぱり写真のセンスが素晴らしい~!まるで雑誌やカタログの1ページのような雰囲気。

構図や配置、光の加減など、色々とコツがあるのでしょうね…わたしも一度習ってみたいです♪

2017年5月 1日 (月)

子育てママ支援 warm place代表 塚原敦子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、子育てママ支援 warm place代表の塚原敦子さんでした。

20170418_093744

20歳の息子さんとまだ6歳の娘さんという年の離れた兄妹のお母さんでもある塚原さん。

娘さんのママ友の中では、きっとベテランお母さんですね!

「子育てママ支援 warm place」の活動は、大きく分けて2つあります。

まずひとつ目は、「パステルゾーン育児の会」。発達障害の子供を育てている親のピアカウンセリングの場作りとして、男女共同参画センター横浜南 フォーラム南太田 ミーティングルームAで第2火曜日の10時~12時に開催しています。

こちらの活動は、5年前に鶴見に引っ越してきた塚原さんが、まだ小さかった娘さんを連れて地域の広場へ出かけて行ったところ、様々な悩みを持つお母さんに出会い、話を聞いたところから始まります。

塚原さんの息子さんも発達障害を持ち、育てていく上で大変苦労をしたんだそう。

「パステルゾーン育児の会」はそんな経験を共有する場として立ち上げた会で、予約不要さらに遅刻早退もOK!なので、子どもの事で少し不安がある…という方は是非おでかけ下さいね^^

本やネットの情報よりも、生の情報は子育てにとても役立ちますよ~!

そしてふたつ目は、鶴見を中心に、子育て中のママにイベントやワークショップを開催しています。

マザーズカフェという名前で、ナイス株式会社の「住まいの情報館鶴見西・東」で毎日開催していて、講師は約60名もいるんだとか!

キッズスペースが設けられていているので、小さなお子さん連れも大歓迎♪

参加費は一律500円なので(別途材料費等がかかる講座もあります)、気軽に参加できますよ~^^

マザーズカフェ鶴見西

マザーズカフェ鶴見東

それぞれのブログでスケジュールをチェックしてみて下さいね♪

そして少し先ですが、8/5土曜日に綾瀬市にあるハンディホームセンター綾瀬店「マムリスin綾瀬」を開催します。

ホームセンターで楽しくDIY♪

工具は貸出してもらえますし、材料はキットになっているので小さなお子様でも楽しめる内容になっています!

11時~16時まで開催していて、予約不要ですので、直接店舗にお越し下さいね!

★おまけ

マザーズカフェで作ったアロマ~

20170418_093129

warm placeの香り~

優しく包まれるような、落ち着く香りがしました^^

“お母さん”にちなんで、カーネーションの香りが入っているんだとか!

素敵です~♪