nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

« 2016年10月 | メイン | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月28日 (月)

カフェ「ハートフル・ポート」店主 五味真紀さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、カフェ「ハートフル・ポート」の五味真紀さんでした。

20161108_094810パワフルウーマンでお話を伺っていて、とても元気をいただきました^^

五味さんは相鉄線希望ヶ丘駅から徒歩10分ほどのところにあるご自宅の一階でカフェを営んでらっしゃいます。

元々は二世帯住宅で、一階部分にはご主人のお母様が住んでらっしゃったそうですが、介護の末5年前にご自宅で看取られたそう。

その後はぽっかり心に穴が空いた様な気持ちになり、ご主人と相談した上で空いた部屋を自分たちで使うのだけではなく、地域の人たちに開かれた場所にしよう!と、カフェを作ることにしたそうです。

ハートフル・ポートには地域の人を始めとする多くの方が集まり、五味さんが「多世代交流型住み開きカフェ」と呼んでらっしゃるように、0歳から90歳まで(!?)の方がホっとできる憩いの場として、利用をされています。

イベントも頻繁に開催していて、「歌唱健康法」や、「ママと赤ちゃんの親子サロン」、「楽しい筆文字」など、ジャンルも様々!

第3金曜日には「みなと食堂」と題して、子供100円大人300円でみんなで食卓を囲みます。

次回の開催は12月16日。宿題を持っていったら、勉強も教えてもらえるそう!

一人でも、お友達とでも、家族とでも…手作りのあったかいご飯を一緒に食べましょう♪

詳しくはHPからチェックしてみて下さい!

また「ちょっこっと応援団」として、地域の高齢者の困り事のサポートもしてらっしゃる五味さん。

枝払いや草取り、電球を取り替えて欲しいなど、家庭のお父さんがやる様なお仕事を地域のサポーターの皆さんが1時間500円で行ってくれます。

その他、ご出身でもある熊本県でも「オープンハウスのおしゃべり会」をお母様のマンションの一室で企画。

熊本地震の後、引きこもりがちになってしまった地域の皆さんにも、喜んでいただけたそうです^^

カフェの店主という役割以上に、地域のコーディネーターやイベントプロデューサーの様に大活躍の五味さん!

これからも体に気をつけて、頑張って下さいね~^^

★おまけ

20161108_093644

最近ではハートフル・ポートの様な場所を作りたいと言ってくださる方も多いそう!

そういった方が増えて、色んな所に地域の居場所ができたら良いな~とおっしゃっていました^^

詩集は、15年前に子育て中の悩みや苦しみ、でも子育てってこんなに楽しい!という思いを綴ったもの。

母親とは港の様な存在であり、子供は少しずつ港を離れていくが、疲れて港に帰ってくれば燃料を補給し元気になって、また大海原へと旅立っていく。

ご自身の3人のお子さんはもう大学生になり、巣立とうとしている中、カフェ「ハートフル・ポート」が地域の方にとっての港になり、疲れた時、誰かに話を聞いて欲しい時、気軽に立ち寄ってもらって、明日へまた一歩踏み出して欲しいとおっしゃっていました^^

2016年11月21日 (月)

三昧琴奏者 福島千種さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、三昧琴奏者の福島千種さんでした。

20161101_093501テーブルに並んでいるお皿の様な物が三昧琴です!

20161101_092640

上から見ると…お月様みたい…美しい!そしてお仏壇においてあるバチ(笑)

三昧琴とは、お皿の様な形をしたチタンで出来ている鐘の様な楽器です。

ひとつひとつ手作りで作られていて、石川県に住んでいる鍛冶師の河上知明さんが作ったオリジナル楽器なんだそう!

小さなものは8cm程、大きい物はかぶれる位の大きさなんだとか(笑)

大きさや厚さによって、音色が変わるんだそうです。

友人の紹介で河上さんを紹介してもらい、初めて三昧琴の音色を聴いたところ、音の響きや広がりに感動して、一目惚れならぬ一聴き惚れしてしまったんだそう!

スタジオでも演奏していただいたのですが、思わずゾクゾクっとしてしまいました!

音がわんわんわん…と波紋の様に広がって重なってゆくのです!

初体験の感覚でした^^

普段は祐天寺にある自身のサロンで、小さな演奏会や音を使った瞑想会、キャンドルアーティストの方とのコラボでキャンドルナイトを行ったりしているそうです。

詳しくはスペースUのHPからチェックしてみて下さい♪

なんと今年はオーストラリア・上海・アメリカ・ヨーロッパなど海外でも演奏をする機会があったそう!

言葉は通じなくても、音の素晴らしさは世界共通!

皆さん、この未知の楽器に興味津々だったそうです^^

今後は映画のサウンドトラックに三昧琴を演奏してみたいとおっしゃっていました^^

日本の楽器が世界へ羽ばたく日もそう遠くはなさそうですね♪

★おまけ

旅先のキーホルダーを集めるのが趣味なんだそう♪

20161101_095926

ハロッズは本場イギリスで、カンガルーはもちろんオーストラリア。

NYの本屋さんで買ったものや、大好きなミッフィーはオランダの空港で乗り換えた時にすかさずゲットしたそうです^^

旅の思い出がこうして増えていくのは嬉しいですね^^

2016年11月14日 (月)

NPO法人エンパワメントかながわ理事長 阿部真紀さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、NPO法人エンパワメントかながわ理事長の阿部真紀さんでした。

20161025_093040

香港やアメリカなど海外生活も経験している阿部さん。

とてもファッショナブルで、着ていらしたコートがとっても素敵だったのに、お見せできなくて残念です(笑)

NPO法人エンパワメントかながわは、いじめや虐待など子供たちのまわりの暴力をなくすために活動をしています。

「暴力はだめだよ!」と教えるのではなく、「一人一人が大切だよ」というメッセージを伝えるべく、学校に出向き子供達と一緒にワークショップを行っています。

神奈川県の端から端まで、年間約500回ものワークショップを行っているそうですが、「暴力を受けても良い人間なんて、一人もいない」ということを、全ての子供たちに知って欲しいのでまだまだ!とおっしゃっていました^^

阿部さんがエンパワメントかながわを立ち上げたきっかけは、CAPスペシャリストの資格を取ってから。

CAPとは、Child Assault Prevention(子供への暴力防止)の頭文字。

CAPスペシャリストの仲間16人と一緒に、それぞれの対象にあった暴力防止プログラムを作っていきたいね、という話になり、12年半前の2004年に設立をしたそうです。

小学校で行うワークショップでは、二時限を使って3人のスタッフが劇を通して子供たちに「安心して、自信を持って、自由に生きて良いんだよ」という事を伝えます。

例えば、学校帰りに友達にカバン持たされた。これから毎日持って欲しいと言われた。そんな時みんなはどうする?と身近な例から、子供たちに問いかけます。

劇中は、子供たちは目をキラキラ輝かせながら、手を挙げて発言してくれたりするそうです。

ワークショップの後は、個別に話ができる時間を設けるそうですが、「僕、友達をいじめてたんだけど、やめたい。どうすれば良い?」などと相談にくるそう。

自分が大事な人なんだと気づいたら、他の友達も傷つけたくないと気づく。

こういう子供達自身の気づきが、いじめなどの根本解決に繋がるんですね!

お話を伺ってとても勉強になりました。

現在エンパワメントかながわでは、1万人の子供にCAPを届けるキャンペーンを実施中です!

寄付とボランティアであなたの学校でも無料でワークショップが行えます!

ウチの学校にも来て欲しい!という方は、エンパワメントかながわのHPからお問い合わせをどうぞ♪

(寄付やボランティアも随時募集しています!こちらもHPからお問い合わせ下さい。)

★おまけ

20161025_092458スプリンググリーンリボン!(スプリンググリーン=萌黄色)

デートDV(恋人間の暴力)防止の啓発の為に、「あなたもわたしも大切な人」というメッセージを込めてリボン型バッジを5,6年前に制作したそう。

HPから購入でき、売上はデートDV電話相談の開設・運営のために役立てているそうです^^

2016年11月 7日 (月)

ポーセラーツ・ポーセリンアート教室Ronny's主宰 松本弘美さん

桐島瑞希です!

今日ファンケル ヨコハマなでしこは、ポーセラーツ・ポーセリンアート教室Ronny'sを主宰している松本弘美さんでした。

20161018_093629息子さんはまだ1歳9ヶ月の可愛いママです^^

ポーセラーツ・ポーセリンアートとは、白磁やガラスに色々なデザインの転写紙と呼ばれるシールの様な物を貼り付けたり、絵の具で色付けしたり金で縁取ったりして、オリジナルのテーブルウエアや小物を作るクラフトです。

作った物は実際に使えるので、とっても実用的なクラフト♪

さらに世界にひとつだけのオリジナル!というところもとっても魅力的~!

元々細かい事や物を作ったりすることが好きだった松本さん。

ネットサーフィンをしていて、ポーセラーツを紹介しているblogを発見し、こんなに楽しそうな物があるんだ!!とビビビっときたそうです^^

普段は行動力はない方(笑)とおっしゃっていましたが、その時はすぐにお申し込みをし、習いにいったそう。

当時は会社員をしていて、お仕事帰りにマグカップや和食器を作って楽しんでいたそうです。

まだメジャーではなかったポーセラーツを広めたい!との思いで、仕事をしながら資格を取得し、妊娠をきっかけに「本当にやりたいことをやりたい!」と決心。

出産を機に仕事を辞め、子育てしながら着々と準備を進め、なんと出産半年後にお教室を始めたんだとか!

出産で色んなことを諦める女性が多い中、子供が生まれたら新しい事を始めよう!というバイタリティが凄いです!!

現在はお教室を始めて1年半ほど経つそうですが、生徒さんはママ世代が多く子供の食器を作る方も多いそう。

名前や生まれたときの体重を入れたりできるそうで、ママからお子さんへの素敵なギフトになりますね^^

サロンの場所は、市が尾から徒歩4分。トライアルレッスンもございますので、やってみたいという方は、ブログからお問い合わせをどうぞ~♪

お子様連れや親子レッスンも大歓迎とのことですよ^^

★おまけ

作品を見せていただきました~

20161018_092959

20161018_093043

プレートやマグカップ&ソーサー。柄やモチーフも色んな種類があるんですね^^

和柄もモダンで素敵なデザイン。

これからの季節だと、陶器のお重などもお勧めですよ~^^