nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

« 2016年8月 | メイン | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月26日 (月)

日本画家 守屋絵麻さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、日本画家の守屋絵麻さんでした。

20160906_093408

モデルさんの様なルックスで、ふんわりした雰囲気がとってもキュートな女性でした^^

守屋さんは、小さな頃から絵を描く事が大好きで、色で遊んでみたり、お父さんによく連れて行ってもらっていた野毛山動物園でも、動物の絵を描いたりしていたそうです。

動物好きという事もあり、獣医さんを目指していた時期もあったんですって!

守屋さんの絵は、動物をモチーフにした作品が多いのですが、ただ動物が好きだからという理由だけではなく、それは一枚の絵から物語を感じ取って欲しいからなんだとか。

おっしゃる通り、守屋さんの描く動物達は皆、なんともいえない表情をしています。

見る人の感性で、一枚の絵から色んなストーリーが広がっていきそうな、そんな作品です。

小さな頃から絵一筋かと思いきや、なんとモダンバレエを習っていたそう!

11歳からはフラメンコを始め、高校の部活ではヒップホップ!というように、ダンスはオールジャンルいけるそうですが、ご本人のイメージと全然違うので、本当にビックリ!

現在の日本画家という肩書きも今の守屋さんのイメージとは、これまた違うのですが…ギャップだらけで、そこがまた本当に魅力的な女性なのです^^

日本画は油絵と違って、染料が垂れてしまうので床の上に座って描くそう。

スタジオにも作品をお持ちいただいたのですが、色がとっても素敵なんです!!

日本画って、墨汁の薄いやつでサラサラ描いた物の事かと思っていましたが(笑)、大間違い!

まるで、女性のアイシャドウ様な、繊細な輝きとなんともいえない質感。

これは、岩絵具という伝統的な染料で、岩や貝が原料になっている天然のもの。

天然にこんなに美しい色が存在しているのかと思うと…うっとりしてしまいます^^

お札の様な水に強い和紙に描くそうで、和紙は和紙でも習字の半紙とは全くの別物です(笑)

去年の今頃は、なんとイタリアのヴェネチアで個展を開いていたそう!

イタリアの皆さんも、「何を使って描いているの!?」と興味津々。

質問攻めにあったそうですよ~

そして、ドイツ、スイス、リトアニアの方にお買い上げいただいたそうで、守屋さんの絵はヴェネチアから世界中へと旅立ってゆきました…それぞれの国で、日本画の美しさを楽しんでくれているといいなぁ~

まだ弱冠24歳の守屋さんですが、これからももっともっと日本画の素晴らしさを世界に発信していきたいとおっしゃっていました。

狙う拠点はなんと、チェコ!!

チェコアニメが昔から好きで、旅行に訪れたこともあるそう!

チェコは絵本発祥の地なんだそうですよ~

いつかは横浜から羽ばたいて、チェコを拠点に活躍する日がくるんだろうなぁ~

今からとっても楽しみです!

★おまけ

20160906_095327

20160906_095408

まるで外国の絵本の1ページのような世界観。

和紙に岩絵具で描いた日本画です!

20160906_093024

こちらが使っている岩絵具。

近くで見ると、本当にアイシャドウみたい^^

なんと、関内で購入できるそうです!

20160906_092910

手前は筆が連なっている連筆というもの。

奥は、お習字で使うような小筆。

毛の素材は、豚やたぬき、うさぎ、馬など、様々な物があるそうですよ~!

2016年9月19日 (月)

クラリネットアンサンブル アクアミューズ

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、クラリネットアンサンブルのアクアミューズでした。

20160830_09562301

スタジオにはファーストクラリネットの祐子さん、セカンドクラリネットの未樹さん、サードクラリネットの裕子さん、バスクラリネットの奈央さんの4名にお越し下さいました。

スタジオがとーーっても華やかな雰囲気に包まれました^^

アクアミューズは、全員洗足学園音楽大学の出身でクラリネット専攻の先輩後輩で結成したそうです。

元々は、クラリネットアンサンブルコンクールに出る為にグループを組み、なんとそのコンクールで見事に優勝。

2009年にはアクアミューズの前身となる「カラフル」というグループでメジャーデビューし、2014年までにCDを6枚リリースしたそう。

そして、2015年3月に事務所の移籍をキッカケに、今のメンバーで「アクアミューズ」として活動をスタート!

アクアミューズというグループ名は、アクアは“水”、ミューズはギリシャ神話で“芸術の女神”。

透明感のある音を奏でる女神たち…そんな存在を目指し、思いを込めて名付けたそうです。

まさに皆さんの雰囲気にピッタリなのです^^

クラリネットとの出会いについて伺ってみると、

祐子さんは中学校の時。本当は運動が大好きで陸上部に入りたかったそうですが、部員を募集していないとの理由で入部できず…そんな中、仲の良い友達が、吹奏楽部に誘ってくれて、しぶしぶついて行ったそう(笑)

行ってみると元々ピアノを習っていたこともあり、音楽も良いな~と感じ、中でも黒とシルバーの渋いルックスに惹かれ、楽器はクラリネットに決めたんだとか。また、クラリネットの先輩が可愛かったというのも、決め手になったそうです(笑)

未樹さんは、小学校の頃、学芸会や街のお祭りなどで演奏を披露する器楽クラブに入り、仲の良い先輩がクラリネットをやっていたことをきっかけに、ご自身もクラリネットを始めたそうです。

裕子さんは、元々ピアノやっていたので音楽に興味があり、中学校に入ったら吹奏楽部に入ろうと決めていたそう。本当はフルート志望だったそうですが、楽器体験の中に男の子がいたので、同じ楽器を吹くのが恥ずかしくて諦めてしまったそう(笑)

そこで人気のなかったクラリネットに行ってみると、先輩が美しい音色で吹いているのを聞き、クラリネットに決めたそうです。

奈央さんは中学校に入ったら吹奏楽部に入りたい!と思っていて、最初から音色が好きでクラリネットを志望していたそう!

しかしクラリネットを志望している生徒が多かったので、オーディションになったそうですが、その狭き門をくぐり抜け、定員の4人の中に選ばれたそうです!

元々楽器を持ってる子は有利な中、楽器を持っていない奈央さんは一生懸命に頑張ったんだそうで、その時の努力がとても良い経験になったとおっしゃっていました。

皆さんクラリネットを始めた理由は様々!皆さんの歴史を聞いているようで、とっても面白かったです^^

さて、アクアミューズの皆さんは、8月31日にデビューアルバム「アクアリズム」をリリースしました!

クラシックからラテンジャズ、映画音楽、オリジナル曲など様々なジャンルに挑戦しているので、クラリネット四重奏の可能性を皆に感じてもらいたい!とおっしゃっていました。

そして今週の土曜日9月24日に岩崎博物館・ホール(山手ゲーテ座)にて行われるCDリリースコンサートをO.A.でご紹介したのですが、なんとチケットは既に完売とのこと~大変申し訳ありません。。。

さすがの人気ぶり!!

10月2日(日)には茨城県ひたちなか市も関山楽器・BRICKS HALLにて「アクアミューズ クラリネットコンサート」、12月15日(木)には東京タワー大展望台1階にて「東京タワーClub333 Thursday's Concert」に出演する予定です!

詳細はアクアミューズのHPをチェックして下さいね^^

★おまけ

クラリネットを見せていただきました!

20160830_09251101

私、お恥ずかしながら、クラリネットを近くで見るのは初めて!

そもそも木管楽器だということも知りませんでした…(恥)

祐子さんがクラリネットのルックスに惹かれたとおっしゃっていましたが、私も同感!

音色だけではなく、見た目にも美しい楽器でした^^

2016年9月12日 (月)

ボルダリングジム B-PUMP横浜店副店長 正村紗季さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、ボルダリングジム B-PUMP横浜店副店長 正村紗季さんでした。

20160823_093524

ボルダリングジム B-PUMP横浜店は、フリークライミングの一種であるボルダリングのジムで、JR横浜駅から徒歩12分ほどの、平沼の川沿いにあります!

横浜店は小学校1年生から利用できるので、下は小学生から上は60代の方まで、幅広い年代の方がボルダリングを楽しんでいるそうです。

正村さんが、ボルダリングに興味を持ったキッカケは、テレビでプロクライマーの尾川智子さんを知ったことから。

「女性でもこんな風に登れるんだ!」と心を奪われてしまったそうです。

正村さんは、元々バスケやバレーボール、水泳などの経験があるスポーツウーマン。

プロクライマーの姿を見て、自分も挑戦したい!と思えるところがさすがです^^

正村さんの思うボルダリングの魅力は、自分の限界に常に挑戦し続けられること。

ルートを攻略した時の達成感で、更に上の目標を目指すことができるそうです。

かっこいいスポーツですね~!!

ボルダリングを初めて5年目になるそうですが、全身が引き締まってきたなぁと感じるそう!

これは女性にもお勧めです!

2020年の東京オリンピックからスポーツクライミングが加わり、ますます注目を集めるスポーツ!

日本人のメダル獲得も期待大です☆

みなんも、ボルダリングを気軽に始めてみませんか?

B-PUMP横浜店のHPから是非チェックしてみて下さい!

★おまけ

正村さんのクライミンググッズを見せてもらいました♪

20160910_144136

滑り止めを入れるチョークバッグと専用の靴、ウエアです!

こういったアイテムを揃えるのも、楽しみのひとつになりそうですね^^

2016年9月 5日 (月)

スタディラボ代表 阿見久美さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、スタディラボ代表の阿見久美さんでした。

20160809_094238_2スタディラボは一級建築士の二次試験に特化した受験指導を行っています。

もちろん阿見さんご自身も一級建築士の資格の持ち主!

一次試験と二次試験があり、合格率は1割ほどなんだとか。

本当に狭き門です!

一次は学科試験、二次では課題の条件に則した建物を設計し、制限時間内の6時間半の間に手描きで図面を書いていくそう!

そんな難関を突破したにも関わらず、転居や出産などでブランクができた阿見さんは、再就職するのがとても難しかったんだとか。

たとえ子育てが落ち着いてから復職しようとしても、この厳しい状況は変わらないだろう…

ならば、どこかに頼らなくても、自分で実績を作る方法として、自身の受験勉強のノウハウをサービスとして提供しよう!という思いに至ったそうです。

まだ小さなお子さんをおんぶしながら、書店で参考書のリサーチしたり(笑)

母強し!!ですね^^

実は阿見さんご自身も、二次試験に一度落ちた経験があるそうです。

「このままの勉強法ではだめだ!」との思いで、受験対策を一からやり直したそうです。

その経験があるから、今があるんですね!

阿見さんが編み出した勉強法のエスナビとは、“受験生のエスキース学習をしっかりナビゲートします”という意味。

阿見さんの学習ノートをベースに作った「がっちり合格ノート」という教材と、「Myカルテ」で弱点強化とスケジュール管理を徹底的に行います!

一級建築士の今年の二次試験は、10月9日(日)!

興味のある方は、がっちり合格ノートで検索してください^^

★おまけ

阿見さんの相棒は…

20160809_093544こちらの時計。

一級建築士の受験の時につけていたもの。

修理をしながら、大事に大事に使っているそうです。

20160809_09372501そしてこちらが「がっちり合格ノート」と「Myカルテ」

去年・おととしの生徒さんの合格率はなんと6割!!

スゴイ~!!