DJ

半田あい

nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

2018年8月 9日 (木)

サイトお引越しのお知らせ

アクセスありがとうございます!
このサイトは下記アドレスに移動しました

https://www.fmyokohama.jp/nadeshiko/

移動先をぜひブックマークしてくださいね
これからもよろしくお願いいたします!

2018年7月30日 (月)

ファイナンシャル・プランナー「嶋田泉美さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回はファイナンシャル・プランナーの嶋田泉美さんにお越しいただきました。

Dsc_3032

ファイナンシャル・プランナーとは、お金に関するプランニング、お金の考え方・作り方・どう使えば有効かという事を(お客様と)一緒に相談しながら計画を立てて行くというお仕事です。

嶋田さんの専門は保険。生命保険会社の人材育成、総合保険代理店のマネジメント、税理士法人のファイナンシャル・プランナーを経て独立されます。必要に応じて勉強をされてきて、資格を取得していき、必然的にファイナンシャル・プランナーへ。

保険の中身を知っている人が少ない。自分が加入している保険について、何が付いていて、何が大丈夫なのか、生活に密着しているか、保険が必要となった時に自分には何が必要か、そして色々な事が起こった時に、今入っている保険はちゃんと補ってくれるのかと考えると、イメージしやすくなる。

そして、金融商品を選ぶ時に気をつけるポイントとして、<安全性><貯蓄性><換金性>この3点の何を優先順位の1番に持ってくるかで変わるということ。そういった側面からも自分に合った保険の相談ができます。

保険はお守り。私もそんな考えの一人でしたが、保険=難しい印象が強いからでしょうか。そこで嶋田さんが大切にされているのが、「お客様ご自身にイメージして頂くこと」。その為に、「専門性の高い事柄を分かりやすく説明し、常にお客様目線で考える事」だそう。分かりやすくというのは、小学校5年生位にも分かる様にかみ砕いて話してくださいます。グッと保険が近くなりますよね!保険料が高ければ良い、何でも付いている保険が良いという事では決してなく、その人にとって何を得る為に払っていくものかを明確にしていく。医療も日進月歩で変わっている中、無駄な所は削り、必要な所に掛けるという見直しの相談に乗ってくださる事も、保険を専門としているファイナンシャル・プランナーだからこそアドバイスができる事も多いという。

難しいから後回しにしてしまっていた、今自分の入っている保険はどんなものなのかすぐに答えられない、、そういった方も少なくないのではないでしょうか。専門家だからこその安心感を嶋田さんに抱きました。

そんな嶋田さんですが、神奈川野菜ソムリエのコミュニティにも属されていて、現在、神奈川ブランドのサポーターもされています!何でも野菜に興味があって勉強をしてきた流れだったそうですが、本当に勉強家でいらっしゃるのですね。

先日は、百貨店で三浦かぼちゃのイベントにも登場され、食べ方や保存方法を披露されたそうです。「とっても楽しいんです!」と笑顔がこぼれる嶋田さん、とても素敵です。

Img_20180730_134623

Img_20180730_134720

2018年7月23日 (月)

アトリエTIARA(ティアラ)主宰 「松井 満英さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回は横浜都筑区の自宅でビーズアクセサリー教室をされている松井満英さんにお越しいただきました。

Dsc_2941_2松井さんが身に着けていらっしゃるアクセサリーは全て作品!手作りです。とても可愛い♡

子育て中にキラキラのスワロフスキーを使ったアクセサリー作りにはまり、技術向上の為に学びに行った先で、認定講師の資格を取得。そして、教えて頂いた先生の勧めもあり、お教室を始めることに。

教室では、松井さんが学んでこられた<ジュエリークロッシェ>(レース針でビーズを編むテクニック)、<ワイヤーレースジュエリー>や<マクラメジュエリー>(紐を組んでいく手法)をキットを使って教えていらっしゃいます。

その中で生徒さんに今人気なのが、マクラメジュエリーなんだそう。こちら⇓

Dsc_2937_3

更に、松井さんの作品です!美しいデザインにも見惚れてしまいました。

Dsc_2938

Dsc_2934

「可愛い!!」が止まりません♪

アクセサリー作りを始めて、日々の楽しさを見出すことができたと松井さん。作っていく段階では集中する時間ができ、又形になる過程の喜びがあり、出来上がった作品を持つ楽しみ。そして日々のワクワクする気持ちを生徒さんにお伝えできたらとレッスンを行っていらっしゃいます。

少人数制で、一人一人に丁寧な指導をしてくださる、松井さんのアトリエTIARA。レッスンについて等詳しくはブログからどうぞ!又メールでもお問い合わせできます→ateliertiara2@gmail.com

◆なでしこの素◆

松井さんが今熱中していらっしゃるのが、ジュエリーバッグ♡

Dsc_2936_2流行でもありますが、ネットにテープを入れ作っていくもので、ありとあらゆる形が作れるのが魅力なんだそう!ご自身で学ばれたものはすぐにお教室でも伝授。流行も教えてもらえるお教室は嬉しいですね!

2018年7月16日 (月)

中村瑠水子 水引折方教室 主宰「中村瑠水子さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回は中村瑠水子 水引折方教室を主宰されている、中村瑠水子さんにお越しいただきました。

Dsc_2883

まずは、中村さんの作品をどうぞ!

Dsc_2871

Dsc_2866

Dsc_2868_3

Dsc_2879ご祝儀袋にかかっている紅白の帯状のもの。よく目にしますが、その「水引」を使った中村さんの作品は幅広く。そして、現在、水引の種類は数百にも及ぶそう!

ラッピング教室の講師をしていた中村さん。和風のラッピングに水引を使えたらいいなと思い、水引作家の故・平沢直子先生の門を叩きます。気軽な気持ちだったということですが、いざ水引に触れてみると、一つ一つに意味があるということを知り衝撃を受けます。千年前からある水引の結ぶという行為一つとっても、”別々のものを結ぶことで形が一つになる。二つのものが一つになり、新しいものが生まれる”という意味合いが込められており、大切な場に”結び”を用いて気持ちを表したとされているのだそう。

又、和紙を使って、中に何を入れるか、用途に応じて折っていきます。例えば、お金や花、結納の品など。オリジナルもあるそうですが、中村さんのお教室では、中村さんが師匠から教わった昔から伝えられ守ってきたものを、生徒さんへ伝え、永く継承していきたいとの思いが。

見た目の美しさと飽きがこない素材としての魅力。そして、水引に意味が込められていることは、日本を知ることができる楽しみでもあると中村さん。「日本人なのに、知らないことがあったと痛感したんです。」今では、季節の行事にも興味を持つようになり、季節を大切にしている水引を通して、昔の日本人が季節をどのように有り難く思っていたのかという様なことも文献などから学んでいらっしゃいます。「まだまだ知らない事が沢山出てきて、一生勉強しているんだな。」そんな事も仰っていましたが、日本人は奥が深いということも教えていただきました。(日本を勉強をしている中で、梅干しは日本人が考えたものという所から、只今梅干し作りに初挑戦中!)

遠方からも生徒さんがいらっしゃるという、中村さんのお教室。初心者も気軽に始められる【体験レッスン】や【季節のワンデイレッスン】もあります!中村瑠水子 水引折方教室のHPからどうぞ♪フォームからの予約や、お電話でのお問い合わせもできます。

11月半ばには、水引を始めて20年の節目を記念して、初の個展も開催予定です!

そして、行く行くは大勢の生徒さんと共に、教室展を行いたいと中村さんの夢は広がります☆

◆なでしこの素◆

中村さんのお仕事に欠かせないもの♪

Dsc_2875千枚通し!水引をクルクルクルと巻き付けて、螺旋形を作ったりします。

Dsc_2877お仕事中に何杯もいただくというお気に入りの緑茶♡足柄茶!

2018年7月 9日 (月)

みんなのお箸プロジェクト代表「平沼芳彩さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回はみんなのお箸プロジェクト代表で、礼法講師、箸文化講師の平沼芳彩(ほうさい)さんにお越しいただきました。

Dsc_2818

美しいお着物姿!

【お箸の正しい持ち方は一生の宝】

みんなのお箸プロジェクトでは、主に子供達に正しい箸の使い方をテーマに、箸文化講座や箸使いの啓発を。昨年、”かながわシニア起業家ビジネスグランプリ”でベストプラン賞を受賞され、今年から団体として活動されています。

きっかけは娘さん。「恥ずかしながら」と前置きした上で、実は平沼さんの上の娘さんが箸を上手く使えず、お子さんができたら、「箸使いはおばあちゃんに習いなさい」と平沼さんが担当することになったそうです。そこで、お孫さんの手に合うお箸を求め専門店へ行きますが、合うサイズのものが無かった為、自ら作る事に!

”それぞれの手に合った箸がある”今、子供達が上手に箸を使えないのは、手に合った箸を選んでいないことが原因と考えられるそう。自分のサイズとは、親指と人差し指を直角に開き、その三角形の底辺の長さ=一咫(ひとあた)と言いますが、お箸は昔から一咫半(1.5倍)なのだそうです。

又講習会などでは、正しいサイズは勿論、平沼さんが″箸学”と言う、お箸の歴史や語源、種類、割り箸のTPOも教えてくださいます。参加された方からは、「子供が箸を持つ事に興味を持った」という様な反響もあるそうです。

箸文化の国の中でも特に密接な日本人、毎日当たり前に使っているものですが、奥が深いです。持ち方に関して、癖がついても1ヵ月ほど練習すれば直すことは可能だそう。一生付き合うものですから、できれば小さい頃にきちんと身に着けておきたいですね。

これから夏休み時期には様々な催しが控えています!

◎夏休みの自由研究にも!”エンピツとハシの持ち方講座”7/21(土)井土ヶ谷アーバンセンター 7/31(火)吉野町市民プラザ

◎とつか区民の夢プロジェクト補助金対象事業”Myお箸をつくってみよう”お箸のはなしとお箸作りのワークショップです。各施設にて開催。

◎8/4は、8(は)4(し)の日!”はしのひワークショップ”大和市文化創造拠点シリウスにて、親子で学び、手のサイズに合わせたマイ箸づくりにも挑戦。

興味のある講座、お近くで開催のワークショップへ是非ご参加ください!詳しくは、みんなのお箸プロジェクトHPでご確認ください。

<なでしこの素>

圧巻です!!

Dsc_2811_3平沼さんの手作りコレクション♪11㎝から24㎝のお箸です。材質にこだわっていらっしゃいます。

Dsc_2812こちらは、3・4・6角形と形違いのお箸。正しく持つためには、6角形が持ちやすいとか。

そして、おしゃれな平沼さん、帯をよく見ると~

Dsc_2815なんとサーカス♪素敵なセンスです!

2018年7月 2日 (月)

横浜婚活サポート室 代表仲人「斎藤まさ江さん」

こんにちは! 半田あいです。

Dsc_2801

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回は仲人歴36年!横浜婚活サポート室、代表の斎藤まさ江さんにお越しいただきました。

笑顔と温かな雰囲気に安心感を覚える斎藤さん。結婚=明るい未来、黒っぽい服は選ばないということ。この日も、明るさを感じさせる素敵なピンクのジャケットでご登場。

横浜婚活サポート室では、主に、仕事で忙しいビジネスマンに可愛いお嫁さんを探すお手伝いをされています。お見合い相手のご紹介からご交際、そしてご成婚まで、斎藤さんが丁寧に心を込めて、お一人お一人をサポートしてくださいます。

斎藤さんご自身は、24歳の頃お見合いで結婚されます。結婚後、ご主人のお仕事で移り住んだ静岡で、週末ごとに会社の同僚や後輩の方が家に来ていました。そこで「斎藤さんはお嫁さんが見つかって良かったね~、僕にも誰か紹介してくださいよ!」という様な流れから、斎藤さんが自分の後輩女性を紹介するようになり、そしていつの間にか、それが仕事になっていたのだそう!

人の良い所が目に付くたちなのかもしれないと斎藤さん。お人柄とお人柄でピーンとくることは昔からあったそうで、今のお仕事を天職と仰います。

そして、婚活サポートを通しての喜びとして、”人の成長に関わっていける仕事”という所に幸せを感じるということ。

例えば、口下手で上手く女性と関われない男性が、お見合いを1.2回すると、上手く話を聴けるようになる→3.4回目には、自分の話を上手く話せるようになる→そのうち、身なりがカッコよく、垢抜けたり、パリっとする→マナーが身に着く。すると、ご成婚が見えてくるのだそう!「人間は自分で自分を育てて行ける。素晴らしい事でいつも学ばせてもらっています。」それがとても楽しく、幸せなんだと教えてくださいました。

結婚相談所の8割はパーティーがメインだという所、斎藤さんの横浜婚活サポート室はお見合いという婚活方法でお相手を探して行きます。パーティーが苦手な方、口下手という方には特にピッタリです。

ご相談もお気軽に♪横浜婚活サポート室のHPの<お試し個別相談>からどうぞ。

また、毎月第3土曜日には、横浜駅西口近辺で、ミニセミナーとお茶会の開催もあります。お見合い会話の必勝法などを、気軽にお茶を飲みながら、ラウンジの席でお話しします。次回は7/21(土)18:00~20:00です。お申し込みは、同じくHPからできます。是非チェックしてください!

<なでしこの素>

斎藤さんの必需品♡

Dsc_2800会員の方とお話しになる際、お相手のプロフィールなどをお見せするもの。

こんなお心遣いも!

Img_20180709_102311

Dsc_2795縁結びを参拝された時には、会員様全員分を持って帰って来られるそうです。

マンガ版、とっても素敵なチラシもあります♪

Dsc_2798

2018年6月25日 (月)

八景島マリーナ ヨットスクール「佐藤菜々美さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回は八景島マリーナでヨットスクールの運営を行う、佐藤菜々美さんにお話しを伺いました。

Img_20180702_124420

日焼けした肌にジーンズ・Tシャツ姿がカッコイイ佐藤さん。根っからのスポーツマンかとおもいきや、小学校から始めた書道では現在、最高段一席10回という腕前、又高校まではマーチングバンドに打ち込んでおり、スポーツとは無縁の人生だったそう。

大学で名門、関東学院大学ヨット部へ。マネージャーとして入部しますが、競技を身近に感じる中、自らも選手の道へ。ディンギー(風を動力とする艇種)のレースで、女子インカレ2位、そして全日本出場など、輝かしい戦績も残されます。

「海が好きでセーリングが楽しい!」ヨットスクールの運営に携わったり、ヨット部の学生のお世話をしたりという現在の生活は、必然と言い切れる程、魅了された佐藤さん。今、お客様と接する中では、セーリングを終え、戻ってこられた時の表情が、朝、受付の時とは全く違う爽やかなもので、海の素晴らしさを改めて感じると仰います。セーリングでしか見る事のできない景色が沢山あるのだそう。

2020年東京オリンピックでのセーリング競技の会場が江の島に。又、セーリングワールドカップシリーズ江の島大会も、今年9月から予定されています。世界最高峰のレースがこの神奈川で行われる事に、「是非、セーリングをより多くの方に、もっと知ってもらいたい!」と期待を寄せていらっしゃいます。セーリングの大きな波がやってきそうですね。

そして、是非、セーリング始めてみませんか?八景島マリーナ ヨットスクールでは、体験セーリングも行われています。お電話(045-788-8822)か八景島マリーナHPでお問い合わせ・お申込みなさってください。今ならお得に!8月いっぱい、受講料無料だそうです♪

◆なでしこの素◆

ヨットで海に出る為の必需品を見せていただきました♪

Dsc_2755「シャックルキー」ねじを緩めたり締めたりするもの。ピンクストラップが素敵!

Img_20180702_102238小型船舶や無線従事者といった、各種免許や資格。

そして~こちらも大切!

Dsc_2758日焼け止め♡

2018年6月18日 (月)

Y’s food labo代表 料理家 「二本木ゆうこさん」

こんにちは!半田あいです。

”あなたとあなたの大切な方の、心身元気になる料理生活を応援します”

今回のなでしこは、料理家・管理栄養士の、二本木ゆうこさんにお越しいただきました。

Dsc_2726二本木さんが代表を務めていらっしゃる、”Y’s food labo”では、個人向け・法人向けのサービスをそれぞれ提供されています。個人のお客様へは料理の基礎トレーニング・マンツーマンレッスンを。法人様へは、レシピ開発やお惣菜開発のお手伝い、又、料理イベントの講師も行っていらっしゃいます。

子供の頃からお料理が好きだった二本木さん。外で食べた料理を「どうやってできているのだろう。」「これ作れないかな。」と考え、再現をしたいとお母様とチャレンジされていたそう。

家政科を卒業後、証券会社に入社されますが、「学生時代に培ったものが繋いでくれた。」と、料理講師を始め、スーパーマーケットや食品メーカーでのお勤めも経て、2003年に独立。それは、「自分でやっていく事で、成長したい。」という思いが強くなったから。

冒頭の”あなたと~”は、二本木さんのホームページのトップにも出てくるキャッチコピーで、二本木さんがベースにされている事です。キーワードは”料理生活”。料理が上手になると、まず作り手である方が元気になる。上手になると、ご家族が喜ばれる。楽しみになる。お子さんが大きくなった時、作ってくれたものを思い出す。等々、「料理とは、小さいものの様な気もするが、大きな影響を与えてくれる。私もそういう思いをしてきました。」と二本木さん。苦手だった事がちょっと楽しくなる→どんどん作ってみたくなる→売り場で見つけたお野菜をどう調理しようか考えてみる(=自由度が上がる)→料理が得意になっていくと、作物について知りたくなる→不作のニュースを知ったら産地が心配になる。そんな自然な広がりも見せるのが″食”であるとの事。

そして、お仕事の中で特に心がけていらっしゃるのが、”分かりやすさ”と”楽しさ”

分かりやすいと、簡単に思って頂ける。例えば、「AとBをこの順番で入れるといい。」と分かると簡単ですよね。又、「作ってみたら、あら出来た!」が楽しさに繋がり、家に帰って作ってみたくなる!も楽しみですよね。そして、「新たにこの調味料入れてみようかしら!」という発想もできれば、その方の世界になります。現代は情報も多い訳ですから、幾重にも広がりを見せる事ができそうですね。

お料理にワクワクできる、そんな二本木先生。6月30日(土)には、『らくらく献立集中トレーニング』というセミナーを開催されます。今よりもっとラクに楽しく献立を作る事が学べるというもの。一つ一つを上手にできる様になると自信がつき、料理を好きになる。毎日の日課である献立ですから、速く、バランス良く、経済的で手間のパフォーマンスも高い方が良い。そんな、考え方の基本も知って、ワークも行います。又、働きながら家事との両立をされる方が多い今、切実なのが時短!デモンストレーションも交え、時短のポイントもご紹介くださるという、内容盛り沢山のセミナーです♪

7月には、『マンツーマンレッスンの無料見学会』も。自分がマンツーマンレッスンに向いているのか、気掛かりな事も何でも聞いてください!という機会です。是非、二本木先生に直接お会いになってみて下さい♪

お申込み、お問い合わせはY’s food laboのホームページからどうぞ☆→HP

その他、ブログも立ち上げていらっしゃいますので、ホームページのバナーをそれぞれクリックしてくださいね!食から考える介護予防という、ご両親を通しての『介護を遠ざける40歳からの大人の食活しんぶん』も非常に興味深いです。

◆なでしこの素◆

二本木さんのお仕事で必要不可欠な2点をご紹介いただきました!

ひとつはエプロン!お仕事用は9着お持ちだそうですが、こちらが気持ちが特に引き締まり、重量感も丁度良いというお気に入りの1着!ホームページでも身に着けていらっしゃいます♪

Dsc_2723_2

もうひとつは、キッチンタイマー♪お値段聞いてびっくり!いわゆる◯◯均一で見つけられたものだそうですが、使いやすさ抜群。

Dsc_2721

2018年6月11日 (月)

呼吸と癒しのサロン”ひだまりのおうち”主宰「山脇節紀さん」

こんにちは!半田あいです。

今回のファンケル ヨコハマなでしこは、呼吸と癒しのサロン”ひだまりのおうち”を主宰されている、山脇節紀さんにお越し頂きました。

Dsc_2693

じぶん呼吸セラピーコーチ、マインドフルネス瞑想協会認定講師でもいらっしゃる山脇さん。

”ひだまりのおうち”の立ち上げは、ご自身の経験から。40代で体調を崩した山脇さん。様々な健康法を学ぶ中で呼吸法に出会います。自分の呼吸に気付いて(今に)戻る事で、心と体が落ち着いていくという体験をされます。はじめは立つことも出来ない位、体力が無かった所から、立ち続けられる様になり、朝も楽に起きられる様になり、元気に、元の状態に戻る事ができたそうです。「ただ呼吸を意識するだけで、こんなにも変わるんだ。」そして、ご友人から教えて欲しいなどの声もあり、”ひだまりのおうち”をスタートさせてます。

山脇さんの講座【じぶん呼吸セラピー】は、自分で自分の心や体を癒すためには、自分の呼吸に寄り添っていれば良いというもの。誰かに癒してもらうのではなく、自分で自分を癒します。

具体的には、息に注目する→体に気付く→考えや心の動きに気付く→呼吸に戻るというトレーニングを行うと同時に、呼吸をし気付いた事をシェアしてもらったり、それぞれ自分の体を知り、変化に気付く為、体の勉強もするそうです。

☆呼吸によって落ち着く事、変わっていく事を実感してもらう。

☆どんな状態、状況でも呼吸をジャッチすることはせず、そのままの呼吸を許し、呼吸を見つめることで、今の感情に気付くことができる。

☆どんな時でも自分を受け入れる事ができるようになると、他人を受け入れられる、すると世の中で起きる事も受け入れ、受け止める事ができる。冷静に公平に見ることができる。

無意識に行っている呼吸ですが、意識する事がとっても大事なんだそう。

そしてもたらしてくれる効果も多々!心が落ち着く、姿勢が良くなる、肩こりが緩和する、寝つきが良くなる、寝起きも良くなる、睡眠の質が良くなる、肌がキレイになる。呼吸で細胞が元気なるので、体に良い作用が。私も早速、自分の呼吸に寄り添いたいと思いました!想像するだけで、体が自由になって癒されていくようでした♪

山脇さんの講座を受けたい方は、こちらのブログからどうぞ☆

又、年4回行われる【じぶん呼吸セラピーAtoZ】という講座では、じぶん呼吸のやり方や背景などもおさらいできるそうです。

※放送でお伝えいただいた7月の上映会については、内容を変更して開催されるとの事です。詳しくはお問い合わせなさって下さい。ブログにお問い合わせフォームがございます。

◆なでしこの素◆

山脇さんの必需品を見せて頂きました☆

Dsc_2691_2山脇さんがテキストになさっている御本。呼吸法には色々あるそうですが、山脇さんはブッダが2600年前に伝えていた呼吸法です。

Dsc_2690_3心地良い音色 ”シンギングボール”と”おりん”

Dsc_2685お気に入りの波音と清流音♪♪ 癒しの素材が沢山。

2018年6月 4日 (月)

横濱未来堂代表 「菅谷久美子さん」

こんにちは!半田あいです。

ファンケル ヨコハマなでしこ、今回は横濱未来堂の代表、菅谷久美子さんにお越しいただきました。

Dsc_2633この日もとっても素敵なお着物姿でした♡

ですが、この着物がちょっと変わっているのです!横濱未来堂では、着付けを知らない方でも一人で簡単に着られる、着物ワンピース【フチュールきもの】の販売を行っています。着物を着たいけれど着付けが出来ない。着付けを習う時間もない。着物の取り扱いが分からない。そんな方におすすめの着物です。

こどもの頃からお着物が好きだった菅谷さん。外資系企業で20年ほど秘書のお仕事をされて、外国の方をおもてなしする中で、ご自身が日本女性であることを強く意識されてきたそうです。そして、日本人女性として、”着物をもっと日常でオシャレ着として着たい!”と思う様になります。周囲のママ友からも同じような声を多く聞く様になったそうですが、着付けを習う時間が無かったり、着物は高いもの、クリーニングに出すのも大変等々、着物には様々なハードルがありました。そこで、いつでも簡単に着られる!家で洗えて経済的でコスパの良い着物!又、一日着ていても着崩れしない!苦しくない!そんな着物があったらいいな~♪では作っちゃいましょう!と商品化へ。(最近では洗えるシルクもあるそうです)

【フチュールきもの】とは、着る方の身長とバスト・ウエスト・ヒップの3サイズ、そして裄をはかり、その方の体型に合わせて立体裁断されて作られる、3Dの着物ワンピース。なんと、着物と襦袢をあわせても、たった3本のゴムベルトのみで着付けができるのです!又、帯も「くるっと巻いて縛って以上!」という様に、本当に難しさの無い着付けができます。菅谷さんは訓練されているので、3分で着付けられる(凄!)ということですが、生まれて初めて着物をお召しになるという方でも30分あれば可能ということ。”着物の全てのハードルを取ったもの”それがフチュールきもの。そして、まさか手軽に着付けたとは思えない姿は、お写真をご覧頂けば分かりますよね!!

Dsc_2628_5

Dsc_2632_4

Dsc_2630紋入れもできます!

フチュールはフランス語で未来の意味。「未来の着物に、そして着物姿の女性が横浜で沢山見られるようになったらいいな。」というのが菅谷さんの願いです。

海外に進出される方や、日本にお住まいの外国の方がパーティーに着物で出たいということで、【フチュールきもの】を愛用されていらっしゃるそうですが、菅谷さんは、着物初心者や若者にもどんどん着物を着て欲しいという思いがあり、5~10万円で着物が作れる工夫もされました。是非、ご自身の着物を一着持って見ませんか?

オーダーメイド商品ですので、まずは無料着付体験をご予約なさってください。横濱未来堂HP、またはお電話0120-546-216(オシロイぬってフイチュールを)まで。箪笥に眠った着物をフチュールきものにリメイクし、お孫さんにプレゼントしたい☆そんなご相談もお受けしてくださるそうです。

11月には横浜で『フチュールきものの無料試着体験』と『和文化ワークショップ』も開催予定。プロをお招きしての『きものメーク講座』や『日舞体験講座』など、着物女子の為の女子力アップ講座だそうです♪その他、和文化を大いに楽しむ企画にも携わっていらっしゃいます。是非、HPからチェックなさって下さい!

プライベートでは、ジャズを学ばれている菅谷さん師匠のジャズシンガー山岡未樹さんが出演される、馬車道周辺のジャズバーでは、ギネスビール片手に着物で楽しまれているとか!カッコイイ!!そんなシーンにも着物は似合いますね♪

◆なでしこの素◆

お母様の作品!!菅谷さんのバッグの中からは、素敵な和小物が♪♪気持ちが上がりますね☆

Dsc_2624