nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

2016年6月20日 (月)

唎酒師 横浜 桜酒亭代表 磯野カオリさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、唎酒師で横浜 桜酒亭代表の磯野カオリさんでした。

20160531_093727

スタジオにお着物で来て下さって、私までおもてなしされた気分〜♩

日本酒を勧めてもらいたくなる、はんなり美人です^^

唎酒師とは、いわゆる日本酒のソムリエ!

日本酒の知識はもちろん、シチュエーションやお食事に合わせてなど、様々な角度から日本酒の楽しみ方を提案して下さいます。

磯野さんは、二人の息子さんのお母さんでもあり、ご自身のお母様の「子供が“つ”のつく頃まで家にいてあげなさい」という教えを守り、下のお子さんが9歳になるまでは、専業主婦をしながら、週に一回自宅で英会話教室を行っていたそうです。

子育てをしながら、虎視眈々と“つ”が取れる時を待っていたそう(笑)

日本酒好きが高じて、2011年に唎酒師の資格を取り、2013年には女性起業家たまご塾に入塾し、起業についても勉強をし、着々と準備を進める日々…

最初は、唎酒師の資格を活かした仕事というと、飲食店で働くというイメージしか湧かなかったそうですが、子育てをしながら遅くまで働くのは難しい…自分で家賃を払いながらお店をやるというのも難しい…そんな中思いついたのが現在の出張唎酒師スタイル!

ご要望に合ったセミナーを開催したり、レストランに出向いてそのお店のお料理に合ったお酒を提案したり、ホテルで行われる大企業のパーティーなどでも、得意の英語を生かしながら外国人のお客様へお酒の解説をしたり、様々なシーンで大活躍!

さらに、蔵元見学ツアーを企画して、仕込み水を飲ませてもらったり、作っている蔵の中を見せてもらったり、作り手の話を直接聞く!なんていう貴重な機会も提供しています。

今後は外国人向けの蔵元見学ツアーも企画したいとおっしゃっていました^^

磯野さんの今後のイベントなどは、HPで詳細をチェックして下さい♩

HPもとっても素敵なので、是非ご覧ください☆

★おまけ

お土産を持ってきて下さいました!

20160616_224853

静岡県浜松市にある花の舞酒造のスパークリング日本酒!

地元の果物の果汁を微発泡の日本酒と合わせた、見た目にも可愛い〜日本酒^^

私はブルーベリーをいただきましたが、フルーティーな味わいとほのかな日本酒の香りに癒されました〜♩

女性はもちろんのこと、日本酒が苦手〜という方も、とっても飲みやすいと思います!

日本酒ギフトサロン桜酒亭のオンラインショップでも購入いただけます♩

2016年6月13日 (月)

NPO法人ゆたかなビレッジ理事長 田邊直子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、NPO法人ゆたかなビレッジ理事長の田邊直子さんでした。

20160524_094309NPO法人ゆたかなビレッジは、横浜市神奈川区松本町(最寄駅は東横線の反町駅)にあって、ケアマネージャーが介護保険の相談に乗ったり、様々な介護事業所と連携を図りながら心豊かな老後生活を送れるようサポートしてくれます。

高校生の時に不登校児だったという田邊さん。友達や家族の支えで元気になり、何とか留年は間逃れました!と過去の辛い経験を笑いに変えてしまうところが流石です^^

自分が元気になった時に、みんなに支えられたな〜という思いがあって、「社会に恩返しがしたい!」と思い始めたそう。

ちょうど高齢化社会が叫ばれている中で、元々おばぁちゃんっ子でお年寄りが好きだし、介護に関する仕事をしてみよう!と思い、短大で勉強した後に、ヘルパーやデイケアに就職し、介護福祉士の資格を取ったんだそう。

そこで知り合った友人と共に、7年前に株式会社ゆたかなビレッジを立ち上げ、その後独立をして3年前にNPO法人ゆたかなビレッジを作りました。

そんな田邊さんも27歳でうつ病になり、一時期介護の仕事から離れていた時期があります。

その経験から、今後は精神障がいの方の雇用を積極的に行っていきたいとおっしゃっていました。

「病を抱えながらでも、活躍できる!と勇気をもってもらいたい」とも。

いつも周りの人を思い、お仕事されている姿が本当に素敵です^^

これからも田邊さんを応援しています!

★おまけ

20160613_094228ハートページは、介護保険の事や介護事業者の情報が満載!

そして、あの星野リゾートの星野佳路社長について書かれた本。

業種は違えど、お客様に喜んでもらいたいという気持ちは共通しているんですね^^

2016年6月 6日 (月)

都筑ママネット運営 川崎朋さん

桐島瑞希です!

今日の、ファンケル ヨコハマなでしこは、都筑ママネットを運営している川崎朋さんでした。

20160525_094134

なんて元気で可愛いママなんだ!と私もドキドキ♩

こっちが照れてしまう程のビッグスマイルの持ち主です^^

二人の息子くんが羨ましいわぁ〜!

川崎さんが運営に携わっている都筑ママネットは、自分の持っている資格や力を生かせずに、子育てで毎日いっぱいいっぱいになっているお母さん達。そんなお母さん達の力を合わせて、一緒に社会に一歩踏み出そうよ!そのお手伝いをみんなでしようよ!との思いで、去年立ち上げられました。

今年の4月から本格的に活動を始め、現在の運営のメンバーは4人ですが、登録してくれているママたちは既にたくさんいらっしゃるんだとか!今後の展開が楽しみ〜

都筑ママネットに登録をすると、イベントなどの様々な情報がキャッチできたり、何か資格や能力を生かしたいという方には講師としての依頼が来たりと、子育て中の息抜きになること間違いなしっ

もちろん、都筑区にお住まいではなくても大丈夫。(川崎さんも港北区在住です^^)

登録したいという方はコチラからどうぞ〜♩

そんな川崎さんもご主人が転勤族で、去年の3月まで家族で岐阜県に住んでいたそうです!

元々、明るくとってもフレンドリーな川崎さんですが、岐阜県に引っ越したばかりの時は、知り合いが一人もおらず、話す相手がご主人しかいないことから、毎日泣いてばかりいたそうです。

しかしそこで泣いて終わらないのが、根っからのポジティブマインドの川崎さん!

家にいたって仕方ない!と、以前から興味のあったポーセラーツのお教室に通い始めると、自然とお友達や知り合いも増え…

今後の転勤生活の中でも、こういうコミュニティを自分で作れるようになれば良いんだ!との発想から、ポーセラーツの先生の資格を取得!

その後は、出産や育児を通してどんどんコミュニィは広がり、自身もポーセラーツのサークルを立ち上げるなどして、楽しい岐阜ライフを送っていたそうです。

その他、産後ママの体力作りの為に、バランスボールエクササイズの資格も取得!

どちらも、現在横浜で教えてらっしゃるので、興味のある方は、川崎さんのblogをチェックしてみて下さい☆

そして、今週の土曜日に海老名で開催されるお寺deマルシェ ふぁみりーフェスVol.5というイベントに参加するそうです!

海老名で不登校支援をしているIDEA educationが主催で、親子で楽しめるイベントなんだそう♩

ハンドメイドマルシェでは、子供のお弁当グッズや、ママのアクセサリー、体験ブースではポーセラーツやネイルやヘッドスパなど、リラックスできるようなブースもあります^^

川崎さんは、お寺DEバランスボールエクササイズを行います♩

詳細については、ふぁみりーフェスのblogからチェックしてみて下さい!

☆おまけ

バランスボールを持つ姿も可愛い川崎さん(笑)

20160602_100830

産後は体がユルユルに…

そんなママの体を、楽しく適度に鍛えてくれるのが、このバランスボール!

川崎さんご自身も産後太りをバランスボールエクササイズで解消したんだとか!

体が弾むと、ココロも弾む♩

川崎さんの元気の源に、バランスボールあり〜☆

2016年5月30日 (月)

LM総合法律事務所 弁護士 國澤絵里さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、LM総合法律事務所の弁護士の國澤絵里さんでした。

20160526_132321LM総合法律事務所はエフヨコも入ってる、ランドマークタワーの43階!

エフヨコは10階なので、随分景色が良いんだろうなぁ〜羨ましい♩

花火大会の時には、事務所からも花火が良く見えるそうですよ!

お打ち合わせに来る、お客様からもとっても好評なんだそうです^^

國澤さんは、東京大学経済学部卒の才女!

卒業後の自身の将来を考えた時に、お医者さんをしているお父様の影響もあり、何か専門職に就きたいと思い、司法試験を目指すことにしたそうです。

大学卒業後から本格的に勉強を始めたそうですが、その道のりは厳しく、今までに8回試験にチャレンジしたそう!

4回目、5回目あたりで心が折れそうになったそうですが、「合格してケリをつける!」との強い気持ちで、修行僧の様に勉強を続け、見事に合格!

最初に勤めた事務所が横浜でそれ以来、ずっとここ横浜で弁護士として活躍をされています。

裁判所のある日本大通りなどでランチをすることなどもあるそうですよ〜^^

女性弁護士という事で、相談に来ていただける事も多いそう。

困った時にはLM!と言ってもらえるような事務所にしていきたいとおっしゃっていましたよ!

國澤さんに相談したいという方は、まずはHPから相談のご予約をお願い致します♩

★おまけ

これぞ弁護士の証!

20160526_132237

弁護士バッチです!想像していたよりズッシリしていましたよ!

男性のスーツとは違って、女性のスーツにはフラワーホールがないので、毎回同じ所につけると穴が開いてしまうそうです(涙)

きっと女性弁護士あるあるですね〜!

2016年5月23日 (月)

女優 渋谷はるかさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、女優の渋谷はるかさんでした。

20160510_093939

自然体でナチュラルな雰囲気の渋谷さん。

小さい頃は、引っ込み思案だったそうですが、小・中・高と演劇部に所属し、子供の頃から演じることは好きだったそうです。

その後、大学でも演劇を学び、文学座の養成所に入所、30倍の倍率をくぐり抜け晴れて27歳で座員になりました。

渋谷さんは舞台でのお仕事以外にも、アテレコのお仕事をたくさんしていて、スタジオジブリ作品では崖の上のポニョや風立ちぬなど、その他私の大好きな映画アバウトタイムのヒロイン役など、皆さんの知っている映画にも多数出演されているんです!(実際に、渋谷さんの声のファンになった方が、舞台を見に来てくださったりすることもあるんだそうですよ!)

映画は字幕だけではなくて、吹き替えでも是非お楽しみくださいね♩

そして渋谷さんは来週の6月3日〜12日まで、新宿・紀伊国屋サザンシアターで行われる舞台に出演します。

タイトルは「何かいけないことをしましたでしょうか?と、いう私たちのハナシ。」というちょっと変わったタイトル。

女優9人芝居で、1964年の東京オリンピックがあった年を舞台に、南九州の離れ小島に東京で騒動を起こした女たちが逃げてくるところから始まります。

人間の強さやたくましさが描かれている内容で、生きていると色々なことがあるけれど悪いことばかりじゃないよね…と感じるストーリー。

チケットは文学座チケット専用電話まで。0120-481-034(10:00〜17:30/日祝除く)

http://www.bungakuza.com/

そして、7月14日〜18日まで渋谷さんが所属している女優7人ユニットOn7(オンナナ)の公演、ま○この話〜あるいはヴァギナ・モノローグス〜がKAAT神奈川芸術劇場で行われます。

http://onnana.com/

こちらをご覧になりたい方は、チケットかながわ0570-015-415までどうぞ!

★おまけ

さすが女優!という持ち物。

20160523_101943

携帯加湿器です!

20160523_102207

パカっと蓋を開けて、水を注ぎ、スイッチオンで蒸気が出てきます!

お母様からプレゼントしていただいたそうで、アテレコのお仕事の前などに愛用しているそうです。(通販生活で売っているそうですよ!)

私も欲しい〜!!

2016年5月16日 (月)

ガムラン奏者 櫻田素子さん

こんにちは!桐島瑞希です。

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、ガムラン奏者の櫻田素子さんでした。

20160503_095303

お召し物も、アジアンな雰囲気たっぷり〜^^

ガムランはインドネシアに分布している、青銅や鉄や竹でできた打楽器などのオーケストラのこと、そしてその音楽自体もガムランと呼びます。

有名なのはジャワ島やバリ島で、櫻田さんが演奏しているのはバリ島のガムラン。

実は桜田さんは元々音楽大学で西洋音楽を学び、音楽教育を専攻していました。

日本人なのに日本やアジアの音楽も知らずにどうやって音楽を教えるんだ!という先生がいらっしゃり、その言葉に素直に感化され、学校の中にあるガムランのサークルに入る事にしたそうです。

ガムランのサークルがある!ということも珍しいですが、民族音楽学を専門に教えている先生が、ガムランは面白い音楽だから勉強したほうがいい!という声掛けでそのサークルは発足したそうです。

ガムランの一般的な編成は多くて30人、通常でも20人から25人くらいで、使う楽器は16〜17種類くらいなんだそう!本当にオーケストラですね!みんなでワイワイ楽しそう(笑)

ほとんどが打楽器で、鉄琴のような楽器や、ドラ、小さなドラで鉄琴のように音階が調律してやあるものや、その他に太鼓と笛と、歌も入ります!本当に大賑わい♩

櫻田さんは日本におけるガムランの先駆けの様な存在で、ガムラン専門のカルチャースクールや、大学でも教えていらっしゃいます。そして横浜では戸塚区でレッスンを開催中!

習いたい方は、櫻田さんのブログかFacebookからお問い合わせをどうぞ♩

blog→http://motosbulan.exblog.jp/

Facebook→https://www.facebook.com/motoko.sakurada


そして、6月11日には渋谷のモンキーフォレストと言うレストランで演奏を行います!

ガムランを演奏する桜田さんとダンサー、そして日本のお琴とのコラボレーション!

聞きたいと言う形はお店に直接予約をお願いいたします。

http://www.monkey-forest.jp/

★おまけ

スタジオにガンサという楽器をお持ちいただきました!

20160512_092407

楽器の土台の木の部分にも、繊細な彫刻が!楽器というより芸術品です!

櫻田さんがガムランにはまった理由のひとつは、彼らの美意識や、アートが日常の中にある感じがとても面白いと感じたからなんだそう。

もっともっと知りたい!と言う気持ちにさせてくれたそうです^^

人生の中でそういった物に出会えるって…本当に素敵なことですね〜!

2016年5月 9日 (月)

子どもの未来サポートオフィス代表 米田佐知子さん

桐島瑞希です!
今日のファンケル ヨコハマなでしこは、子どもの未来サポートオフィス代表の米田佐知子さんでした。

20160426_094253

子どもの未来サポートオフィスは、団体名ではなく米田さんの個人事務所で、主に子育て支援や子供支援、地域で人がつながる場づくりのコンサルタントやコーディネーターなどを行っています。
 
具体的には大きく分けて3つ。
 
1つ目は子育て支援や子供支援のお手伝い、またそれに関する助言や運営支援。
 2つ目は地域での人の繋がりづくり、居場所などの場づくりの助言、またコミュニティーカフェをやりたいという相談など。
 
3つ目は講演活動で、子育て支援や子供支援、ファンドレイジングやコミュニティカフェに関してなど、いろいろなテーマでご依頼をいただいているそうです。
 
米田さんは元々大阪出身で結婚を機に横浜へ引っ越してきて、子連れで出かけられて、ホッとできる居場所が街の中にないなぁ…と感じ、それ故友達作りもとても大変だなぁと感じていたそう。
そういった居場所が無いんだったら作るしかない!との思いで、港南区のまちづくりのテーマ募集に手を挙げて、子連れ母のまちづくりNPOを立ち上げることになりました。
 
そういった活動をしているうちに、居場所づくりをやっている様々な団体に出会い、そういった団体を応援する事で、子供を社会で支えるそんな仕組みづくりができないかと考え、市民ファンドの立ち上げに関わり、そのまま10年間のスタッフとして、寄付金を募ってそのお金を子育て支援や子供支援のNPOの助成金としてお届けするという仕事をしていたそうです。
 
しかし体調を崩し退職、その後お金に限らない子育てや子供の支援をしたいと思い、今の事務所を立ち上げました。
 
横浜には親子の広場や子育て支援拠点が沢山あり、妊娠中から足を運んで、どんな情報があるのか見ておくと良い!とアドバイスをいただきました。
 
妊娠中はつい育児グッズなどを揃える期間にしてしまいがちですが、育児は子供が生まれてからがその先が長いので、一歩外に出て、積極的に外とのつながりを作るということが大切なんだそうです。
 
子供といえば…最近では、子供の貧困についてメディアで取り上げられることが多くなりましたが、子供たちと一緒に食事を作って食べる「子供食堂」の取り組みが横浜でも盛んになってきています。
 
先行して取り組んでいる何団体かに、問い合わせが殺到していて、そういうものがあるならば手伝いたい!という方も、多くいらっしゃるそうです。
みんなで集まって情報交換をしたりエリアごとにどんな連携ができるか話し合う会として、
 横浜子供食堂ネットワーク準備会を立ち上げたそうなので、情報を知りたいという方は、是非アクセスしてみて下さい^^
 
また米田さんに相談したいという方はコチラからどうぞ!
★おまけ
米田さんのお仕事に書かせないグッズ!

20160426_093747

バインダーに紙にペン!
ノートではなく、バインダーに紙!
書いた物を、すぐに渡せるのが便利なんだそうです^^
私たちにも…

20160507_154742

この様に、図に書いて説明して下さって、とても分かりやすかったです!
そして、可愛いパンフレットを見せていただきました。
街の中には、人が繋がる仕組みのあるカフェ「コミュニティカフェ」が沢山あるそうです!

20160507_154809

あなたの家の近くにも、あるかもしれませんよ〜♩
 

2016年5月 2日 (月)

アカシック ボーカル 理姫さん

桐島瑞希です!
今日のファンケル ヨコハマなでしこは、アカシックのボーカル理姫さんでした。

20160419_095446

ピンクヘアがとってもキュート!
フレンドリーなキャラクターとは裏腹に、ちょっぴりミステリアスな一面も持つ理姫さん。
お話を聞けば聞くほど、どんどん理姫さんの事が知りたくなっちゃうから不思議~!
理姫さんって珍しいお名前ですが、実は本名なんですって!
まるで芸名のようにオシャレな名前ですよね~^^
小さい頃のあだ名は「リッピー」だったそうですが、ファンの方からは「理姫さん」と呼ばれる事が多いそうです。
ある意味さん付けって良いですね(笑)
とあるライブでファンの方から「理姫ー!」と呼び捨てにされたそうですが、なんだか地元の友達に呼ばれているような感じがして、嬉しかったんですって!
皆さんもライブでは勇気を出して(笑)、呼び捨てで呼んでみましょう~!
アカシックは現在5人組ですが、元々はギターとベースの3人が同じ音楽専門学校の友達で、8年ほど前にバンドを組んだそうです。
その後、ドラムとキーボードの2人を誘い込んみ、2年前に今のメンバーになったそうです。
そして今年の3月にファーストフルアルバム「凛々フルーツ」をリリースしました!

20160419_0946495月6日金曜日から、横浜 club Lizardから全国5ヶ所を巡る「日本凛々ツアー」がスタート!

地元横浜がスタートということもあって、理姫さんも気合が入っています!

6月25日土曜日に、東京キネマ倶楽部でワンマンライブを行い、ツアーを締めくくるそうなので、是非「理姫ーーー!!!」と声援を送りに行きましょう^^

チケットは、各種プレイガイドからお買い求め下さいませ♪

http://www.akasick.info/

★おまけ

理姫さんの必需品は…

20160419_091519落ちにくいリップカラー!

韓国のブランドの物なんだそう。

歌っている時にマイクについてしまうので、落ちない!ということは大切なんだそうです!

女性ボーカルあるあるですね♪

2016年4月25日 (月)

料理研究家 枝元なほみさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、料理研究家の枝元なほみさんでした。

20160412_095032NHkきょうの料理や毎日新聞で連載中の西原理恵子さんとのおかん飯など、様々なメディアで拝見している枝元さん!お会いできて感激でした~(T_T)

実際にお会いした印象も、明るく朗らかなキャラクターはそのまま!

すっかり枝元さんの魅力に引き込まれてしまいました^^

枝元さんは横浜の戸塚出身で、おじい様はなんとあの氷川丸の乗組員だったんだとか!

高校卒業後、都内の大学に進学、戸塚の自宅から十分通えたそうですが一人暮らしをしたくて19歳で家を出て上京し、アルバイトをしながら大学生活を謳歌していたそうです。

そんな中、大学の3年生の時に友達から、劇団の公演のチケットもぎりを手伝って欲しいと言われ、気づけばそちらの道へ…26歳の時に劇団に入団し劇団が解散した時には32歳だったそうです。

劇団解散後は、劇団員時代に友達のレストランのキッチンでアルバイトをしていて、料理が得意だったことから、これまた友達の依頼で、女性週刊誌の料理ページのお仕事をすることに…

それまで、料理研究家という職業があることも知らなかったそうですが、節約料理!というテーマが劇団員生活を送っていた枝元さんにピッタリで、大ハマり!

そこから徐々に料理研究家としてのお仕事の依頼が来るようになり、道が開けていったそうです。

そんな異色の経歴と、枠にとらわれない自由な発想、そして家庭的でみんなが笑顔になれるレシピで現在では各方面で引っ張りだこ!

現在では、日本の農業を応援する為に、農業支援活動団体「むかご」の代表理事もつとめていて、規格外の野菜を使ったドレッシングの制作・販売など、活動の幅を広げてらっしゃいます!

これからも美味しいレシピを私たちに届けて下さいね~♪

★おまけ

こちらが枝元さんが作っているドレッシング!

20160412_09415701私も早速サラダにかけていただきましたが、自然な味わいで野菜がモリモリ美味しくいただけました!

購入したい方は、むかごのHPからどうぞ!(http://mukago.jp/

そしてこちらは収録当日の朝に焼いて持ってきて下さったクッキー!

20160412_09074701今話題のココナッツオイルを使った塩味のクッキーで、ほろほろ口の中でほどける食感が絶妙!

美味し過ぎて、あっという間に食べてしましました(笑)

レシピ4は、4月28日木曜日発売の日経ヘルスという雑誌に掲載される予定ですので、私も買わなくちゃ!!

2016年4月18日 (月)

ジャズヴォ-カリスト オークラミカさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、ジャズヴォ-カリストのオークラミカさんでした。

20160405_095000_2春らしい色合いの鮮やかなワンピーススタイルにアップヘア!

ジャズヴォ-カリストというとカッコいい男前なイメージがありましたが、オークラさんは女性らしくとても華やかな雰囲気です。

オークラさんが小学生くらいの頃は歌謡曲が全盛で、ピンクレディーやジュリーが大流行していて、家に帰ると歌番組!というのがどの家庭でも定番だったんだそう。

オークラさんにとっても小さな頃から音楽はとても身近な存在だったんですね。

そして、音楽を聞いて楽しむ側だったオークラさんが歌う側の人間になったきっかけは、あのレベッカが登場したこと!

小さな体で圧倒的な歌声とパフォーマンス!

「NOKKOさんみたいになりたい!」という気持ちからオーディションを受けたそうですが、NOKKOさんの真似事では駄目!と言われ落選…

NOKKOさんへの憧れから、歌手への道を目指したものの、では自分は何を歌って自分を表現したら良いのか?という事を考え始めたそうです。

ジャズを歌うようになったのは、横浜博覧会YES’89にロックバンドのボーカルとして参加した時に、ビックバンドのリーダーから「パンチのある良い声をしているね~」と誘いを受けたことがキッカケなんだそう。

そこから徐々にジャズの道へと導かれていったそうです。

2012年にFAROUTジャズヴォーカルオーディションに優勝した事をキッカケに、様々な場所でオーディションを受けるようになり、昨年神戸新開地ジャズヴォーカルクイーンコンテストにて新開地特別賞を受賞。

そして5月7日日曜日に行われる同コンテストに今年も再挑戦します!

15時からユーストリームでも生中継を行うので、ここ横浜からオークラさんに皆でエールを送りましょう!!

そして、5月29日日曜日には19時からBarBarBarにてRenewal CDリリース&ライブが行われますよ♪

事前にご予約いただけると、テーブルチャージがサービスになりますので、是非ご予約を~!

ご予約は、BarBarBar(http://www.barbarbar.jp/top.html )までどうぞ!

★おまけ

オークラさんのカバンには…

20160417_135434可愛いポーチの中に、大ぶりのアクセサリーが♪

ステージに立つ時には、普段よりも華やかで目立つものが良いんですね~^^