nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

2016年12月 5日 (月)

株式会社ライズサーチ代表取締役 内田奈津子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、株式会社ライズサーチ代表取締役の内田奈津子さんでした。

20161115_093211

好きなことをとことんやるタイプの内田さん!そういう生き方って、素敵〜^^

お話を伺っていて、勉強になることが沢山ありました!

株式会社ライズサーチは、演奏会のチラシを専門にインターネットで通販している会社で、若い演奏家のソロリサイタルや合唱団、オーケストラなどのチラシを作っています。

何故、演奏会に特化したチラシを作っているかというと…

内田さん、実は元々オペラ歌手を目指していてイタリアにまで留学をしていたのです!

webの知識は、そのイタリア留学中に独学で習得したんだとか。

当時は、ブログなどのサービスもない時代で、自身でページを立ち上げイタリアでの様子を日記として投稿していたんですって!凄すぎます!

オペラ歌手としては挫折してしまった内田さんでしたが、帰国後はそのwebの知識を活かし、webサイト制作のお仕事をスタート。

当時、インターネットが普及し始めたばかりだったので、様々な企業からお仕事の依頼があり、人手が必要になりデザイナーさんを雇うことに。

その方に「フリーランスの人に雇われるのはちょっと…」と言われたので、会社にすることにしたんだそう!それが2007年、起業のきっかけになったそうです。

世の中には才能のある演奏家が沢山いる…自分のスキルを活かしてそんな演奏家達をサポートできたら…との思いで、演奏会のチラシを作るようになったとのこと。

ライズサーチの売りは「物語を語れるチラシ」です!

クライアントからヒアリングを行い、その内容をなんと会社の全員で話し合うんだそう(笑)

例えば「卒業」というキーワードなら、「飛んでいる鳥」を描いて、卒業して羽ばたいていく様子を連想させる…など、チラシを渡す人が貰う人にストーリーを伝えられて、記憶に残るチラシになる仕組みなのです!考えられていますよね~

そんなライズサーチでは、10周年を記念して「第一回演奏会のチラシコンテスト」を開催します!(日本初!?)

そう考えると・・・演奏会のチラシって素敵な物ばかりですよね!

演奏会が終わって捨てられてしまうなんて、勿体ない!

是非多くの方にチラシを見てもらいましょう♪しかも審査の結果優勝したら3万円貰えるそうですよ〜

2月28日まで募集をしているそうなので、どしどしご応募下さい♪

応募はコチラから。

そして4/26~4/30まで戸塚のさくらプラザで「演奏会のチラシ展」を行います。

美しいチラシが沢山並んだら圧巻だろうなぁ〜!

こちらもどうぞご期待ください♪

★おまけ

内田さんの好きなことはとことんシリーズ(笑)

20161115_092705

マーケティングがお好きなんだそう!本を読んで勉強しているんだとか。

こうした日々の蓄積が、内田さんを輝かせているのですね〜^^

2016年11月28日 (月)

カフェ「ハートフル・ポート」店主 五味真紀さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、カフェ「ハートフル・ポート」の五味真紀さんでした。

20161108_094810パワフルウーマンでお話を伺っていて、とても元気をいただきました^^

五味さんは相鉄線希望ヶ丘駅から徒歩10分ほどのところにあるご自宅の一階でカフェを営んでらっしゃいます。

元々は二世帯住宅で、一階部分にはご主人のお母様が住んでらっしゃったそうですが、介護の末5年前にご自宅で看取られたそう。

その後はぽっかり心に穴が空いた様な気持ちになり、ご主人と相談した上で空いた部屋を自分たちで使うのだけではなく、地域の人たちに開かれた場所にしよう!と、カフェを作ることにしたそうです。

ハートフル・ポートには地域の人を始めとする多くの方が集まり、五味さんが「多世代交流型住み開きカフェ」と呼んでらっしゃるように、0歳から90歳まで(!?)の方がホっとできる憩いの場として、利用をされています。

イベントも頻繁に開催していて、「歌唱健康法」や、「ママと赤ちゃんの親子サロン」、「楽しい筆文字」など、ジャンルも様々!

第3金曜日には「みなと食堂」と題して、子供100円大人300円でみんなで食卓を囲みます。

次回の開催は12月16日。宿題を持っていったら、勉強も教えてもらえるそう!

一人でも、お友達とでも、家族とでも…手作りのあったかいご飯を一緒に食べましょう♪

詳しくはHPからチェックしてみて下さい!

また「ちょっこっと応援団」として、地域の高齢者の困り事のサポートもしてらっしゃる五味さん。

枝払いや草取り、電球を取り替えて欲しいなど、家庭のお父さんがやる様なお仕事を地域のサポーターの皆さんが1時間500円で行ってくれます。

その他、ご出身でもある熊本県でも「オープンハウスのおしゃべり会」をお母様のマンションの一室で企画。

熊本地震の後、引きこもりがちになってしまった地域の皆さんにも、喜んでいただけたそうです^^

カフェの店主という役割以上に、地域のコーディネーターやイベントプロデューサーの様に大活躍の五味さん!

これからも体に気をつけて、頑張って下さいね~^^

★おまけ

20161108_093644

最近ではハートフル・ポートの様な場所を作りたいと言ってくださる方も多いそう!

そういった方が増えて、色んな所に地域の居場所ができたら良いな~とおっしゃっていました^^

詩集は、15年前に子育て中の悩みや苦しみ、でも子育てってこんなに楽しい!という思いを綴ったもの。

母親とは港の様な存在であり、子供は少しずつ港を離れていくが、疲れて港に帰ってくれば燃料を補給し元気になって、また大海原へと旅立っていく。

ご自身の3人のお子さんはもう大学生になり、巣立とうとしている中、カフェ「ハートフル・ポート」が地域の方にとっての港になり、疲れた時、誰かに話を聞いて欲しい時、気軽に立ち寄ってもらって、明日へまた一歩踏み出して欲しいとおっしゃっていました^^

2016年11月21日 (月)

三昧琴奏者 福島千種さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、三昧琴奏者の福島千種さんでした。

20161101_093501テーブルに並んでいるお皿の様な物が三昧琴です!

20161101_092640

上から見ると…お月様みたい…美しい!そしてお仏壇においてあるバチ(笑)

三昧琴とは、お皿の様な形をしたチタンで出来ている鐘の様な楽器です。

ひとつひとつ手作りで作られていて、石川県に住んでいる鍛冶師の河上知明さんが作ったオリジナル楽器なんだそう!

小さなものは8cm程、大きい物はかぶれる位の大きさなんだとか(笑)

大きさや厚さによって、音色が変わるんだそうです。

友人の紹介で河上さんを紹介してもらい、初めて三昧琴の音色を聴いたところ、音の響きや広がりに感動して、一目惚れならぬ一聴き惚れしてしまったんだそう!

スタジオでも演奏していただいたのですが、思わずゾクゾクっとしてしまいました!

音がわんわんわん…と波紋の様に広がって重なってゆくのです!

初体験の感覚でした^^

普段は祐天寺にある自身のサロンで、小さな演奏会や音を使った瞑想会、キャンドルアーティストの方とのコラボでキャンドルナイトを行ったりしているそうです。

詳しくはスペースUのHPからチェックしてみて下さい♪

なんと今年はオーストラリア・上海・アメリカ・ヨーロッパなど海外でも演奏をする機会があったそう!

言葉は通じなくても、音の素晴らしさは世界共通!

皆さん、この未知の楽器に興味津々だったそうです^^

今後は映画のサウンドトラックに三昧琴を演奏してみたいとおっしゃっていました^^

日本の楽器が世界へ羽ばたく日もそう遠くはなさそうですね♪

★おまけ

旅先のキーホルダーを集めるのが趣味なんだそう♪

20161101_095926

ハロッズは本場イギリスで、カンガルーはもちろんオーストラリア。

NYの本屋さんで買ったものや、大好きなミッフィーはオランダの空港で乗り換えた時にすかさずゲットしたそうです^^

旅の思い出がこうして増えていくのは嬉しいですね^^

2016年11月14日 (月)

NPO法人エンパワメントかながわ理事長 阿部真紀さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、NPO法人エンパワメントかながわ理事長の阿部真紀さんでした。

20161025_093040

香港やアメリカなど海外生活も経験している阿部さん。

とてもファッショナブルで、着ていらしたコートがとっても素敵だったのに、お見せできなくて残念です(笑)

NPO法人エンパワメントかながわは、いじめや虐待など子供たちのまわりの暴力をなくすために活動をしています。

「暴力はだめだよ!」と教えるのではなく、「一人一人が大切だよ」というメッセージを伝えるべく、学校に出向き子供達と一緒にワークショップを行っています。

神奈川県の端から端まで、年間約500回ものワークショップを行っているそうですが、「暴力を受けても良い人間なんて、一人もいない」ということを、全ての子供たちに知って欲しいのでまだまだ!とおっしゃっていました^^

阿部さんがエンパワメントかながわを立ち上げたきっかけは、CAPスペシャリストの資格を取ってから。

CAPとは、Child Assault Prevention(子供への暴力防止)の頭文字。

CAPスペシャリストの仲間16人と一緒に、それぞれの対象にあった暴力防止プログラムを作っていきたいね、という話になり、12年半前の2004年に設立をしたそうです。

小学校で行うワークショップでは、二時限を使って3人のスタッフが劇を通して子供たちに「安心して、自信を持って、自由に生きて良いんだよ」という事を伝えます。

例えば、学校帰りに友達にカバン持たされた。これから毎日持って欲しいと言われた。そんな時みんなはどうする?と身近な例から、子供たちに問いかけます。

劇中は、子供たちは目をキラキラ輝かせながら、手を挙げて発言してくれたりするそうです。

ワークショップの後は、個別に話ができる時間を設けるそうですが、「僕、友達をいじめてたんだけど、やめたい。どうすれば良い?」などと相談にくるそう。

自分が大事な人なんだと気づいたら、他の友達も傷つけたくないと気づく。

こういう子供達自身の気づきが、いじめなどの根本解決に繋がるんですね!

お話を伺ってとても勉強になりました。

現在エンパワメントかながわでは、1万人の子供にCAPを届けるキャンペーンを実施中です!

寄付とボランティアであなたの学校でも無料でワークショップが行えます!

ウチの学校にも来て欲しい!という方は、エンパワメントかながわのHPからお問い合わせをどうぞ♪

(寄付やボランティアも随時募集しています!こちらもHPからお問い合わせ下さい。)

★おまけ

20161025_092458スプリンググリーンリボン!(スプリンググリーン=萌黄色)

デートDV(恋人間の暴力)防止の啓発の為に、「あなたもわたしも大切な人」というメッセージを込めてリボン型バッジを5,6年前に制作したそう。

HPから購入でき、売上はデートDV電話相談の開設・運営のために役立てているそうです^^

2016年11月 7日 (月)

ポーセラーツ・ポーセリンアート教室Ronny's主宰 松本弘美さん

桐島瑞希です!

今日ファンケル ヨコハマなでしこは、ポーセラーツ・ポーセリンアート教室Ronny'sを主宰している松本弘美さんでした。

20161018_093629息子さんはまだ1歳9ヶ月の可愛いママです^^

ポーセラーツ・ポーセリンアートとは、白磁やガラスに色々なデザインの転写紙と呼ばれるシールの様な物を貼り付けたり、絵の具で色付けしたり金で縁取ったりして、オリジナルのテーブルウエアや小物を作るクラフトです。

作った物は実際に使えるので、とっても実用的なクラフト♪

さらに世界にひとつだけのオリジナル!というところもとっても魅力的~!

元々細かい事や物を作ったりすることが好きだった松本さん。

ネットサーフィンをしていて、ポーセラーツを紹介しているblogを発見し、こんなに楽しそうな物があるんだ!!とビビビっときたそうです^^

普段は行動力はない方(笑)とおっしゃっていましたが、その時はすぐにお申し込みをし、習いにいったそう。

当時は会社員をしていて、お仕事帰りにマグカップや和食器を作って楽しんでいたそうです。

まだメジャーではなかったポーセラーツを広めたい!との思いで、仕事をしながら資格を取得し、妊娠をきっかけに「本当にやりたいことをやりたい!」と決心。

出産を機に仕事を辞め、子育てしながら着々と準備を進め、なんと出産半年後にお教室を始めたんだとか!

出産で色んなことを諦める女性が多い中、子供が生まれたら新しい事を始めよう!というバイタリティが凄いです!!

現在はお教室を始めて1年半ほど経つそうですが、生徒さんはママ世代が多く子供の食器を作る方も多いそう。

名前や生まれたときの体重を入れたりできるそうで、ママからお子さんへの素敵なギフトになりますね^^

サロンの場所は、市が尾から徒歩4分。トライアルレッスンもございますので、やってみたいという方は、ブログからお問い合わせをどうぞ~♪

お子様連れや親子レッスンも大歓迎とのことですよ^^

★おまけ

作品を見せていただきました~

20161018_092959

20161018_093043

プレートやマグカップ&ソーサー。柄やモチーフも色んな種類があるんですね^^

和柄もモダンで素敵なデザイン。

これからの季節だと、陶器のお重などもお勧めですよ~^^

2016年10月31日 (月)

ジャズ・フルーティスト 小川恵理紗さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、ジャズ・フルーティストの小川恵理紗さんでした。

20161011_093238

今年の横濱ジャズプロムナードにも出演された小川恵理紗さん!

NHK横浜放送局で演奏を聴いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?^^

小学校3年生の時から、マーチングバンドでフルートを始めた小川さん。

ジャズとの出会いは、留学先のカナダ。

元々の目的は、語学の習得だったそうですが、フルートもカナダへ持って行ったそう!

フルートといえばクラシックなイメージですが、当時の学校の先生にアメリカのジャズ・フルート奏者のハービー・マンのCDを勧められて、こんな演奏の仕方があるんだ!と驚いたそうです。

高校卒業後は、アメリカのカンザス州にある総合大学の音楽科に入学し、その後バークリー音楽大学へ編入。

海外での音楽活動を経て、3年前に帰国したばかりなのです!

国内では、2015年9月に横浜にて第三回ちぐさ賞、ベストパフォーマンス賞を獲得。

受賞をキッカケに、今年の4月8日にChigusa RecordからCDとアナログレコードが発売されました!

小川さんは、日本人初となるフルートを吹きながらボイスパーカッションをするBeat Boxing Fluteをすることでも定評があります!

私もCDを聴いた時には、びっくりしましたが、一見の価値ならぬ一聴の価値があります!!

小川さんのデビューアルバム Sky is the limit はジャズ喫茶ちぐさ、有隣堂伊勢佐木町本店、有隣堂横浜駅西口店、ディスクユニオン、山野楽器、Amazonなどで手に入るそうです!

そして今後のライブは、12/11(日)@Jazz Spot Dolphy Yokohama などなど、詳しくは小川さんのblogからチェックして下さいね^^

生の演奏もご期待下さい!!

★おまけ

お気に入りのアクセサリーたち♪

20161011_092841

いただき物なんだそうですが、幸運のお守りなのだそう。

小川さんの雰囲気にピッタリです^^

これからも、小川さんに沢山の幸運を運んでくれますように…♪

2016年10月24日 (月)

SHOW BALLET JAPAN代表 椎屋真理子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、SHOW BALLET JAPAN代表の椎屋真理子さんでした。

20161004_093003

二人のお子さんがいらっしゃる可愛いママです^^

ご自宅はなんとスタジオから近いんだとか~!羨ましっ♪

SHOW BALLET JAPANは主に元バレリーナの活躍の場として、バレー教室の運営、モデル協力やメディアの取材協力、またバレエメソッドを作って、バレエ分野以外に提供しています。

椎谷さんご自身も3歳からバレエを習っていたんだそう。

しかし鳥取県出身ということもあり、身近にプロのバレエに触れる機会はなかなか少なく、そういった意味でも都会でバレエをやっている子の方が、プロのバレリーナへの道は開けているそうです!

女の子の習い事として、とても人気のあるバレエですが、「プロのバレリーナになるため!」と通わせている親御さんは少ないそう。

姿勢が良くなる、礼儀正しくなる、そういった目的で子供に習わせることが多いそうです。

そんな背景から見ても、プロのバレリーナとして活躍できる人はほんのひと握り。

そんな厳しい世界を戦ってきたバレリーナでさえ、日本ではバレエ教室の先生になるというのが現状…

海外に比べて、日本ではバレリーナの地位が認められていないのですね。

そんなバレリーナにもっと活躍の場を!という事で、立ち上がった椎屋さん。

バレリーナに美しい姿勢を活かしてモデルをしてもらったり、バレエメソッドを作ってもらったりと、活躍の場を提供しています。

また運営しているバレエ教室は、ショーレッスンという特徴があり、「毎日が発表会!」というコンセプトで、基礎ばかりでなく踊りのレッスンも行っているそうで、毎回子供たちも大盛り上がり♪

踊りのレッスンを通して、改めて子供たちに基礎の大切さを感じてもらっているそうです。

場所はみなとみらいや横浜、恵比寿でレッスンを行っているそうですが、現在11月の発表会に向けて準備の真っ最中とのことで、残念ながら生徒さんの募集はしておりません。

12月からまた募集を再開するそうなので、是非HPで詳細をチェックして下さいね♪

★おまけ

HPもっとってもキュートなのですが、パンフレットや出席カードまでとっても可愛いデザイン~^^

20161004_092445

育児にお仕事に、大忙しの椎谷さん。発表会の準備頑張って下さいね^^

2016年10月17日 (月)

Yogamarakata主宰 MIDORIさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、Yogamarakataを主宰しているMIDORIさんでした。

20160927_093912

ヨガの先生っぽいスタイルを想像していたので、ギャップにドキドキ^^

収録の後のお仕事の為にビシっとジャッケットを着てらっしゃったのですが、キャリアウーマンな雰囲気でとっても素敵でした~^^

MIDORIさんがヨガと出会ったのは、8年前のインド。

当時アメリカ留学していたMIDORIさんが日本へ帰国するタイミングで、お父様がなんとインドへ転勤することに!

高校生の時の担任の先生が、「インドは人を呼んでくれる国。人生の転機にたどり着いた時にインドに行ってみなさい。」と言っていた事を思い出し、インドへ渡る事を決意したそうです。

日本では全くヨガ経験がなかったMIDORIさん。ゼロから本場インドで学ぶことができたなんて、なんだか贅沢ですね^^

そして、帰国してからは、英会話講師として活動をスタート。

2011年の東日本大震災をきっかけに、やりたい事は先延ばしにせずに、今できる形で社会に貢献していこうという思いで、ヨガの講師としての活動を始めたそうです。

最初は「私なんかが教えて良いのだろうか…」と、ヨガ講師として自信がなかったそう。

そんな時、インド人のメンターの方の「MIDORIはいつまで学び続けるんだい?始めなくては何もはじまらないよ。」との言葉を胸に、まずはやってみよう!学びながら一緒に成長していけば良いんだ!と決意!

現在は、横浜や鎌倉エリアのお寺や地域の公民館で定期的にヨガのレッスンを開催しています。

また企業やNPOの研修、リトリートなどで多くの方の健康にも携わってらっしゃいます。

企業研修でヨガ!?とびっくりしましたが、ヨガを通じて健康の向上やモチベーションの維持、レジリエンス(心の耐久性)を高めてストレスに負けない心のつくる為なんだそう!

ヨガは、インドではラジオ体操のようなもので、人々にとってはとても身近なもの。

日本でも多くの方にヨガを楽しんで欲しいとおっしゃっていましたよ♪

はじめの一歩MIDORIさんのヨガレッスンに是非おでかけ下さい^^

Yogamarakata HP

★おまけ

20160927_093207

ヨガマットは厚手でずっしり!

鐘のような物は、レッスンで使うティンシャというもの。

チーンと鳴らすと、空気が澄んだような不思議な感覚になります!

アロマグッズは、アクタスで購入したそうです。

良い香りで収録中もリラックスできました!

私も買いに行かなきゃっ♪

2016年10月10日 (月)

プロ熱波師 安寺沢茜さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、プロ熱波師の安寺沢茜さんでした。

20160913_093441

お肌が本当につるっつる!!!

素っぴんなんです!とおっしゃっていましたが、こんなに素肌が綺麗な方ってらっしゃるんだ!と心底感動してしまいました^^

熱波師とは、サウナ室の中でサウナストーンにアロマのお水をかけて蒸気を発生させ、その蒸気をタオルで扇ぐことによってお客様に届けるというお仕事!

汗をたぁーっぷりかくことが、まさに美肌の秘訣ですね!

安寺沢さんがスタジオに来て下さったのは、実はリスナーの方からの推薦なんです^^

“鶴見にある「おふろの国」という施設で熱波師として活動している安寺沢さんを番組で紹介して欲しい!”というメールをいただいたのです!

きっとサウナ室で、安寺沢さんの熱波を浴びたたお一人でしょう^^

こお度はご推薦ありがとうございました♪

第2と第4月曜日は鶴見にある「おふろの国」で熱波師として活動しているので、まさに今日は安寺沢さんの出勤日!

17時・19時は女性、18時・20時は男性のサウナ室にてパフォーマンスを行うそうなので、是非熱波を浴びに「お風呂の王様」へおでかけ下さいね^^

安寺沢さんは山梨県のご出身で現在も山梨に住んでいて、地元の秋山温泉の温泉施設でインストラクターとしてキャリアをスタート、水中の中で介護予防教室をやったり、ハイドロトーンを使ったトレーニングなどを指導しています。

そこで熱波師というお仕事に出会い、現在ではプロの熱波師として、車で1時間半かけて鶴見まで通っているそうです。

プロになったきっかけは、熱波甲子園!という大会で優勝したこと。

サウナに関するクイズや風力テスト、サウナ内でのパフォーマンスなどで評価され、安寺沢さんは見事に1位に輝いたのです。

そんな安寺沢さんを見たおふろの国の林店長の声掛けで、横浜へ通うことになったそうですよ!

汗をたっぷりかいて、健康・美肌!?になれちゃう新しいサウナの楽しみ方を、みなさんも「おふろの国」で是非体感して下さいね♪

http://ofuronokuni.co.jp/

★おまけ

安寺沢さんの熱波グッズ(笑)

20160913_092227

「熱波道」だなんてかぁっこいい!!

熱波を送っているバスタオルは、アロマの良い香りがしました~^^

私も安寺沢さんに熱波を送られたぁ~い♪

2016年10月 3日 (月)

ジャズミュージシャン 寝占友梨絵さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、ジャズミュージシャンの寝占友梨絵さんでした。

20160920_095044

つやつやお肌で、笑顔がキュートな女性です^^

寝占さんは、生まれた時から音楽に親しみ、なんとお母様のお腹の中にいる頃から、色んなライブに連れて行ってもらっていたそうです^^

お母様は矢野顕子さんが大好きで、寝占さんはお母さんの膝の上で矢野顕子さんのライブを楽しんだりと、とっても贅沢~♪

ある意味音楽の英才教育ですね!

またジャズ好きの大人たちのセッションを見て育ったので、ピアノを始める事も自然ななりゆき。

小学校の卒業式では、「ジャズピアニストになります!」と宣言していたほど!

大人びた子供でしたね~^^

しかし、現在はジャズピアニストではなく、ジャズヴォーカリスト。

歌を始めたのは、国立音楽大学ピアノ科へ入学し、ちょうど2年生の終わりの頃。

ピアニストとして入ったジャズ研で、歌っている子を見て「あ、私も歌いたい。」と感じ、ヴォーカリストとしての活動をスタート。

2014年には、第34回浅草ジャズコンテストヴォーカル部門でグランプリを受賞するなど、順調にキャリアを重ね、今年の1~3月に放送していたTBS日曜劇場「家族ノカタチ」の挿入歌も担当。

このドラマで寝占さんの歌声を聴き、ライブに来てくださる方もいるそうですよ。

ドラマの影響力はやはり凄いですね!

そんな寝占さんの歌声は、今週末の横濱ジャズプロムナードで聴けちゃいますよー♪

出演は、10月8日土曜日12時~場所は関内ホール大ホールです。

是非生の歌声を聴きにおでかけ下さいね^^

★おまけ

愛用の…

20160920_094148

ipadと手帳たち。

ipadを楽譜代わりにすることもあるので、まるで洋書のような素敵なケースを使ってらっしゃいます^^

手帳は刺繍のカバーがお気に入り。来年の手帳も既に購入済み!

来年も素敵な予定でいっぱいになりますように…☆