nadeshiko:Link

fyb_switch_to_sp_js

2016年9月26日 (月)

日本画家 守屋絵麻さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、日本画家の守屋絵麻さんでした。

20160906_093408

モデルさんの様なルックスで、ふんわりした雰囲気がとってもキュートな女性でした^^

守屋さんは、小さな頃から絵を描く事が大好きで、色で遊んでみたり、お父さんによく連れて行ってもらっていた野毛山動物園でも、動物の絵を描いたりしていたそうです。

動物好きという事もあり、獣医さんを目指していた時期もあったんですって!

守屋さんの絵は、動物をモチーフにした作品が多いのですが、ただ動物が好きだからという理由だけではなく、それは一枚の絵から物語を感じ取って欲しいからなんだとか。

おっしゃる通り、守屋さんの描く動物達は皆、なんともいえない表情をしています。

見る人の感性で、一枚の絵から色んなストーリーが広がっていきそうな、そんな作品です。

小さな頃から絵一筋かと思いきや、なんとモダンバレエを習っていたそう!

11歳からはフラメンコを始め、高校の部活ではヒップホップ!というように、ダンスはオールジャンルいけるそうですが、ご本人のイメージと全然違うので、本当にビックリ!

現在の日本画家という肩書きも今の守屋さんのイメージとは、これまた違うのですが…ギャップだらけで、そこがまた本当に魅力的な女性なのです^^

日本画は油絵と違って、染料が垂れてしまうので床の上に座って描くそう。

スタジオにも作品をお持ちいただいたのですが、色がとっても素敵なんです!!

日本画って、墨汁の薄いやつでサラサラ描いた物の事かと思っていましたが(笑)、大間違い!

まるで、女性のアイシャドウ様な、繊細な輝きとなんともいえない質感。

これは、岩絵具という伝統的な染料で、岩や貝が原料になっている天然のもの。

天然にこんなに美しい色が存在しているのかと思うと…うっとりしてしまいます^^

お札の様な水に強い和紙に描くそうで、和紙は和紙でも習字の半紙とは全くの別物です(笑)

去年の今頃は、なんとイタリアのヴェネチアで個展を開いていたそう!

イタリアの皆さんも、「何を使って描いているの!?」と興味津々。

質問攻めにあったそうですよ~

そして、ドイツ、スイス、リトアニアの方にお買い上げいただいたそうで、守屋さんの絵はヴェネチアから世界中へと旅立ってゆきました…それぞれの国で、日本画の美しさを楽しんでくれているといいなぁ~

まだ弱冠24歳の守屋さんですが、これからももっともっと日本画の素晴らしさを世界に発信していきたいとおっしゃっていました。

狙う拠点はなんと、チェコ!!

チェコアニメが昔から好きで、旅行に訪れたこともあるそう!

チェコは絵本発祥の地なんだそうですよ~

いつかは横浜から羽ばたいて、チェコを拠点に活躍する日がくるんだろうなぁ~

今からとっても楽しみです!

★おまけ

20160906_095327

20160906_095408

まるで外国の絵本の1ページのような世界観。

和紙に岩絵具で描いた日本画です!

20160906_093024

こちらが使っている岩絵具。

近くで見ると、本当にアイシャドウみたい^^

なんと、関内で購入できるそうです!

20160906_092910

手前は筆が連なっている連筆というもの。

奥は、お習字で使うような小筆。

毛の素材は、豚やたぬき、うさぎ、馬など、様々な物があるそうですよ~!

2016年9月19日 (月)

クラリネットアンサンブル アクアミューズ

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、クラリネットアンサンブルのアクアミューズでした。

20160830_09562301

スタジオにはファーストクラリネットの祐子さん、セカンドクラリネットの未樹さん、サードクラリネットの裕子さん、バスクラリネットの奈央さんの4名にお越し下さいました。

スタジオがとーーっても華やかな雰囲気に包まれました^^

アクアミューズは、全員洗足学園音楽大学の出身でクラリネット専攻の先輩後輩で結成したそうです。

元々は、クラリネットアンサンブルコンクールに出る為にグループを組み、なんとそのコンクールで見事に優勝。

2009年にはアクアミューズの前身となる「カラフル」というグループでメジャーデビューし、2014年までにCDを6枚リリースしたそう。

そして、2015年3月に事務所の移籍をキッカケに、今のメンバーで「アクアミューズ」として活動をスタート!

アクアミューズというグループ名は、アクアは“水”、ミューズはギリシャ神話で“芸術の女神”。

透明感のある音を奏でる女神たち…そんな存在を目指し、思いを込めて名付けたそうです。

まさに皆さんの雰囲気にピッタリなのです^^

クラリネットとの出会いについて伺ってみると、

祐子さんは中学校の時。本当は運動が大好きで陸上部に入りたかったそうですが、部員を募集していないとの理由で入部できず…そんな中、仲の良い友達が、吹奏楽部に誘ってくれて、しぶしぶついて行ったそう(笑)

行ってみると元々ピアノを習っていたこともあり、音楽も良いな~と感じ、中でも黒とシルバーの渋いルックスに惹かれ、楽器はクラリネットに決めたんだとか。また、クラリネットの先輩が可愛かったというのも、決め手になったそうです(笑)

未樹さんは、小学校の頃、学芸会や街のお祭りなどで演奏を披露する器楽クラブに入り、仲の良い先輩がクラリネットをやっていたことをきっかけに、ご自身もクラリネットを始めたそうです。

裕子さんは、元々ピアノやっていたので音楽に興味があり、中学校に入ったら吹奏楽部に入ろうと決めていたそう。本当はフルート志望だったそうですが、楽器体験の中に男の子がいたので、同じ楽器を吹くのが恥ずかしくて諦めてしまったそう(笑)

そこで人気のなかったクラリネットに行ってみると、先輩が美しい音色で吹いているのを聞き、クラリネットに決めたそうです。

奈央さんは中学校に入ったら吹奏楽部に入りたい!と思っていて、最初から音色が好きでクラリネットを志望していたそう!

しかしクラリネットを志望している生徒が多かったので、オーディションになったそうですが、その狭き門をくぐり抜け、定員の4人の中に選ばれたそうです!

元々楽器を持ってる子は有利な中、楽器を持っていない奈央さんは一生懸命に頑張ったんだそうで、その時の努力がとても良い経験になったとおっしゃっていました。

皆さんクラリネットを始めた理由は様々!皆さんの歴史を聞いているようで、とっても面白かったです^^

さて、アクアミューズの皆さんは、8月31日にデビューアルバム「アクアリズム」をリリースしました!

クラシックからラテンジャズ、映画音楽、オリジナル曲など様々なジャンルに挑戦しているので、クラリネット四重奏の可能性を皆に感じてもらいたい!とおっしゃっていました。

そして今週の土曜日9月24日に岩崎博物館・ホール(山手ゲーテ座)にて行われるCDリリースコンサートをO.A.でご紹介したのですが、なんとチケットは既に完売とのこと~大変申し訳ありません。。。

さすがの人気ぶり!!

10月2日(日)には茨城県ひたちなか市も関山楽器・BRICKS HALLにて「アクアミューズ クラリネットコンサート」、12月15日(木)には東京タワー大展望台1階にて「東京タワーClub333 Thursday's Concert」に出演する予定です!

詳細はアクアミューズのHPをチェックして下さいね^^

★おまけ

クラリネットを見せていただきました!

20160830_09251101

私、お恥ずかしながら、クラリネットを近くで見るのは初めて!

そもそも木管楽器だということも知りませんでした…(恥)

祐子さんがクラリネットのルックスに惹かれたとおっしゃっていましたが、私も同感!

音色だけではなく、見た目にも美しい楽器でした^^

2016年9月12日 (月)

ボルダリングジム B-PUMP横浜店副店長 正村紗季さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、ボルダリングジム B-PUMP横浜店副店長 正村紗季さんでした。

20160823_093524

ボルダリングジム B-PUMP横浜店は、フリークライミングの一種であるボルダリングのジムで、JR横浜駅から徒歩12分ほどの、平沼の川沿いにあります!

横浜店は小学校1年生から利用できるので、下は小学生から上は60代の方まで、幅広い年代の方がボルダリングを楽しんでいるそうです。

正村さんが、ボルダリングに興味を持ったキッカケは、テレビでプロクライマーの尾川智子さんを知ったことから。

「女性でもこんな風に登れるんだ!」と心を奪われてしまったそうです。

正村さんは、元々バスケやバレーボール、水泳などの経験があるスポーツウーマン。

プロクライマーの姿を見て、自分も挑戦したい!と思えるところがさすがです^^

正村さんの思うボルダリングの魅力は、自分の限界に常に挑戦し続けられること。

ルートを攻略した時の達成感で、更に上の目標を目指すことができるそうです。

かっこいいスポーツですね~!!

ボルダリングを初めて5年目になるそうですが、全身が引き締まってきたなぁと感じるそう!

これは女性にもお勧めです!

2020年の東京オリンピックからスポーツクライミングが加わり、ますます注目を集めるスポーツ!

日本人のメダル獲得も期待大です☆

みなんも、ボルダリングを気軽に始めてみませんか?

B-PUMP横浜店のHPから是非チェックしてみて下さい!

★おまけ

正村さんのクライミンググッズを見せてもらいました♪

20160910_144136

滑り止めを入れるチョークバッグと専用の靴、ウエアです!

こういったアイテムを揃えるのも、楽しみのひとつになりそうですね^^

2016年9月 5日 (月)

スタディラボ代表 阿見久美さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、スタディラボ代表の阿見久美さんでした。

20160809_094238_2スタディラボは一級建築士の二次試験に特化した受験指導を行っています。

もちろん阿見さんご自身も一級建築士の資格の持ち主!

一次試験と二次試験があり、合格率は1割ほどなんだとか。

本当に狭き門です!

一次は学科試験、二次では課題の条件に則した建物を設計し、制限時間内の6時間半の間に手描きで図面を書いていくそう!

そんな難関を突破したにも関わらず、転居や出産などでブランクができた阿見さんは、再就職するのがとても難しかったんだとか。

たとえ子育てが落ち着いてから復職しようとしても、この厳しい状況は変わらないだろう…

ならば、どこかに頼らなくても、自分で実績を作る方法として、自身の受験勉強のノウハウをサービスとして提供しよう!という思いに至ったそうです。

まだ小さなお子さんをおんぶしながら、書店で参考書のリサーチしたり(笑)

母強し!!ですね^^

実は阿見さんご自身も、二次試験に一度落ちた経験があるそうです。

「このままの勉強法ではだめだ!」との思いで、受験対策を一からやり直したそうです。

その経験があるから、今があるんですね!

阿見さんが編み出した勉強法のエスナビとは、“受験生のエスキース学習をしっかりナビゲートします”という意味。

阿見さんの学習ノートをベースに作った「がっちり合格ノート」という教材と、「Myカルテ」で弱点強化とスケジュール管理を徹底的に行います!

一級建築士の今年の二次試験は、10月9日(日)!

興味のある方は、がっちり合格ノートで検索してください^^

★おまけ

阿見さんの相棒は…

20160809_093544こちらの時計。

一級建築士の受験の時につけていたもの。

修理をしながら、大事に大事に使っているそうです。

20160809_09372501そしてこちらが「がっちり合格ノート」と「Myカルテ」

去年・おととしの生徒さんの合格率はなんと6割!!

スゴイ~!!

2016年8月29日 (月)

第16回 ファンケルクラシック2016

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、スタジオを飛び出して8月19日~21日に静岡県の裾野カンツリー倶楽部で行われた、第16回ファンケルクラシック2016の模様をお届けしました!

私は最終日の21日に行ったのですが、台風が近づいていた中、ご覧の通り見事なお天気!

20160821_114320きっと皆さんの日頃の行いが良いからでしょうね~♪

翌日は大荒れのお天気だったので…この写真を見ると、改めてお天気で良かった!!!としみじみ感じます(笑)

インタビューは広報グループの富田敏裕さんに伺いました。

20160821_1032534月に広報グループに異動してきたばかりという富田さん。

ファンケルクラシックはFANCLの社員の皆さんにとっても特別なイベント!

今までは、ドリンクのブースなどでスタッフとして関わってきたそうですが、今大会では様々なメディアの取材を受け、大忙し!

富田さんご自身にとっても思い出深い大会になったのではないでしょうか^^

私は今回で3回目の参加になりますが、毎年楽しみにしているのが、キッズパーク!

20160821_104018

浮かれて私もこのポーズ♪

年々キッズパークの充実度が増している気がします!

今年もポニーをはじめ、可愛い動物たちがたくさん♪

輪投げやパターゴルフなど、シニアプロと同じく子供たちも熱戦を繰り広げていました^^

「第16回ファンケルクラシック2016」は、通算10アンダーで室田淳プロが昨年に引き続き優勝し、2連覇を達成して幕を閉じました!

今度こそ3連覇なるか!?と熱い期待を胸に抱きつつ、今から来年のファンケルクラシックが楽しみでなりません♪

締めくくりは…

20160821_105833

青汁でカンパーイ!☆

インタビューに答えて下さったギャラリーの皆様、ご協力ありがとうございました^^

2016年8月22日 (月)

陶芸作家 大槻智子さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、陶芸作家の大槻智子さんでした。

20160802_095418作品が可愛い過ぎて、打ち合わせの時からキャーキャー言っていた私(笑)

大槻さんワールドはまさに私のどストライクです!

大槻さんは3歳の時、4歳年上のお姉さんの絵画造形教室について行った事がキッカケで、物づくりや美術が好きになったんだそう。

「いつか物づくりをお仕事にしたい!」とこの頃から夢描いていたそうです。

高校は美術を専門に教えてくれる学校に進学し、短大はインテリア・建築を専攻、しかし卒業後は金融機関に就職。

まわりの人と同じように、就職活動し、社会の経験を積む選択をした大槻さん。

そんな中OLをしながら、物づくりの習い事を探していたところ、高校の時の先生にバッタリ!

「陶芸が良いんじゃないか~?」とのアドバイスを受け、陶芸教室に通ってみたところ、あっという間にのめり込んでしまったそうです^^

実は大槻さんのお母さんも物づくりが好きで、自宅でシュガークラフトを楽しんでいたそう。

その影響が、パステルカラーで可愛らしい雰囲気の大槻さんの作品にも影響しているんだな~と感じました^^

今の作風は、陶芸教室のアシスタントをしている時から少しづつ作られていったもの。

色々な土を試していく中で、ある時磁器土に色の粉を混ぜ、焼き上がりを見た瞬間「わっ!これは!」と感じるものがあったんだそう。

教室を掃除している時に印花(スタンプのようなもの)を発見し、パステルの陶器に合わせてみたり…そこからはレースのモチーフやぷちぷちなど、大槻さんが子供の頃から変わらない好きな物をギュッと詰め込んで、現在の作風に至ったそうです。

大槻さんのアトリエは金沢文庫にあります!

陶芸を習いたいという方は、かまりや工房(ssat.ootsuki@gmail.com)までメールでお問い合わせ下さい。

なんと大槻さんは今、マレーシアにいらっしゃって展示の準備中!

9月11日~宮城県の遠刈田温泉近くのギャラリーで三人展、11月には愛知県でぐい呑み展・名古屋でチャリティー展、そして来年2月に東京で個展を控えてらっしゃいます。

これからの活躍に目が離せません♪

★おまけ

大槻さんの作品たち~

20160802_093738

20160802_09394001

20160802_094208うふふ…まるで砂糖菓子のような作品!

とびきり可愛いんですが、つぶつぶがちょっとだけグロテスク(笑)

そこがまた堪らない~^^

2016年8月15日 (月)

アイディア・パーク代表 北村ゆかさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、アイディア・パーク代表の北村ゆかさんでした。

20160719_100213

北村さんが開発した「ふえピタ」という商品は、ソプラノリコーダー用の滑り止めシールです!

リコーダーの穴にシールを張ることで、穴を指でしっかりとふさぐことができるので、上手にリコーダーが吹けるようになっちゃうお助けグッズ!

「ふえピタ」を作ろうと思ったきっかけは、今は中学一年生になっている息子さんが、小学校3年生の時に、「リコーダーのテストがあるから学校に行きたくない」と言ったことから。

そこで、北村さんは、上手に吹けるように、なんと魚の目パッドをリコーダーの穴の部分に貼ったんだとか!?

面白い発想ですよね~^^

使用感は、なんだかゴツゴツしていて、思わずはがしたい衝動に駆られるほど、違和感があるそうです(笑)

また穴が二つついている部分には、対応しきれないという事で、却下。

その次に試したのが木工用ボンド!

乾くと半透明に固まる事から、穴のまわりにこんもりのせてみたそう。

これは、意外と好評だったそうですが、はがれやすいという所が難点。

そこで、これはもうゼロから作るしかない!と決意。

「ふえピタ」という商品の原型は、北村さんが一般社団法人発明学会が主催している「身近なヒント発明展」に“音もれ~ず”という名前で出品し、見事努力賞に輝いた逸品!

息子さんのリコーダーの腕前が上達した事もあり、受賞後はそのまま寝かせていたそうですが、ご自身が起業するにあたり、あの便利グッズを商品化しようと一念発起!

作ってくれる工場を探し回り、試作品は6,7回程作ったそう!北村さん渾身の力作です^^

リコーダーが苦手だというお子さんやお孫さんのいらっしゃる方は、是非お試しください^^

ご購入はHPからどうぞ♪

http://idea-park.net/

★おまけ

こちらがその「ふえピタ」!

20160719_092731_3息子を想う気持ちは、母を発明家にするのですね^^

ふえピタで、リコーダーが大好きになる子供たちが増えると良いなぁ~♪

2016年8月 8日 (月)

歯科衛生士 表情筋トレーナー 上坂尚美さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、歯科衛生士で表情筋トレーナーの上坂尚美さんでした。

20160712_094047

年齢を聞いてびっっっくり(笑)若々しい~羨ましい~(憧)

二つの肩書きをお持ちの上坂さんですが、

皆さんご存知の通り、歯科衛生士というお仕事は歯科医師について、患者さんの虫歯や歯周病の予防と処置、歯のクリーニングやホワイトニングなどを行うお仕事。

気になるのは二つ目の肩書き!

上坂さんはデンタルエステスクール認定の表情筋エクササイズトレーナーなのです。

具体的なお仕事内容は、自宅のサロンで口腔内マッサージとアロマオイルを使ったお顔のマッサージ、表情筋マッサージを提供していて、歯科衛生士へこの施術の教育も行っています。

その他、セミナーなどで表情筋のエクササイズの指導も行っていますが、口腔筋機能療法といって解剖学にアプローチする医学に基づいたエクササイズなんだそうです!

わかりやすく言うと、口に関する悪い癖や舌の癖を知って、正しい筋肉の使い方を覚えるトレーニングのこと。

顔にも筋トレが必要なのですね~

表情筋エクササイズの第一歩は噛む事なんだそう。

噛む事で8割の顔の筋肉が動いているんですって~!噛むってそんなに筋肉を使っいるんですね。

上坂さんは20歳から歯科衛生士としてのキャリアをスタート。かれこれ31年のキャリアの持ち主です!

口の事を良く知っている歯科衛生士だからこそ出来る、筋肉の動かし方を的確にアドバイスしてもらえますよ♪

続けていけば、たるみ解消や、ほうれい線の改善、二重あごの改善、第一印象アップ、口角の上がった素敵な笑顔、小顔効果、などが期待できるそうですよ!女性であれば全部手に入れたいですね^^

現在は都筑区すみれが丘の自宅サロンと、都筑区仲町台の大久保歯科医院、月に1回世田谷区自由が丘のお話し処ゆるり庵で行う自由が丘サロンなどで施術や指導を行っています。

行きたいという方はブログのお問い合わせフォームからどうぞ~♪

★おまけ

上坂さんのお仕事グッズ~

20160803_114841パソコンや表情筋エクササイズのテキスト、そして拡大鏡付きのメガネ!

これからも美しい笑顔でお仕事頑張って下さいね~^^

2016年8月 1日 (月)

女優 扇けいさん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、女優の扇けいさんでした。

20160705_093632

同い年なのですが、オーラが全然違う〜!!!素敵すぎて、終始目がハートでした^^

扇さんは元宝塚歌劇団の花組で男役を演じてらっしゃって、背がスラ〜っと高く、173㎝!

中学校2年生の時に、近所の友達がダンスを習い始めて、「私も習いたい〜!」と思ってついて行ったのがたまたま宝塚の受験コースもあるダンススクール。

そこで初めて宝塚というものを知り、初めて見に行ったところ、そこからどっぷりハマってしまったんですって〜^^

初めて見た演目は真琴つばささんの月組のウエストサイドストーリー。

見たこともない凄い世界に思わず圧倒され、男役の皆さんの格好良さに思わず感動して、「私もやりたい!」「この舞台に立ちたい!」と強く思ったそうです。

そして、中学3年生の時に見事合格!2000年に宝塚音楽学校に入団し、2002年に第88期生として入団。10年間男役を演じ2012年に退団されました。

「男役10年」という言葉があるそうで、扇さんご自身も10年目を迎え振り返ってみた時に、とても充実した男役生活を送ってこられたと実感をしたそう。

今後は女性として表現をしていこうと退団を決意したそうです。

退団後はなんと韓国へ!

扇さんのお母様が韓国人で、昔から韓国の言葉や文化に触れていたということもあり、韓国のミュージカル界について知る為に、歌の勉強と語学の勉強も兼ねて留学をしたそうです。

そして、2013年に韓国ミュージカル「王の国」に出演し、第21回大韓民国文化芸能大賞ミュージカル部門外国人特別賞を見事に受賞!

異国の地でも、扇さんの演技や歌声は人々を魅了したのですね〜^^

昨年から本格的に日本での活動を再会させ、舞台やライブを中心に活動をしています。

そして現在は舞台「横浜グラフィティ」の真っ最中〜!

「横浜グラフィティ」はキャシー中島さんの原案で、脚本を娘の勝野雅奈恵さんが手がけ、1968年の横浜を舞台に、若者の青春ストーリーが描かれています。

60年代の横浜を想像すると…なんだかとっても煌びやか♩

音楽やダンスなどの流行が横浜から発信されていた時代で、横浜は皆が憧れる町でした。

扇さんが演じるのは、若者達のお姉さん的な存在で、皆の集まるバーで歌っている歌手兼モデル。

まさに扇さんにぴったりの役柄^^

洋楽をメインで歌うそうですが、横浜といえばやっぱりブルース!

扇さんが舞台で歌う姿が見たぁ〜い!!!

当時のファッションなども再現されているということなので、今からとっても楽しみです♩

いよいよ今週末!舞台にもなっているここ横浜での公演があります。

8月6日土曜日・7日日曜日の2日間、場所は県民共済みらいホールです!

チケットのお問い合わせは、(株)オフィス35 電話:03-3487-5681 またはHPからお願いいたします。

★おまけ

扇さんのポーチの中には…

20160705_093021マヌカハニー×プロポリスの飴!最強の組み合わせですね!

日常生活から喉のケアは必須なのですね〜^^

2016年7月25日 (月)

星崎会計事務所 代表 星崎明美さん

桐島瑞希です!

今日のファンケル ヨコハマなでしこは、星崎会計事務所 代表の星崎明美さんでした。

1_2

子供の頃にそろばんを習っていたという星崎さん。

昔から数字にはめっぽう強く、簿記を勉強したら面白いように頭に入って、これは自分に向いている!と気付き税理士を目指したんだそう。

高校を卒業後、専門学校に通いながら猛勉強!

なんと21歳で税理士試験に合格したんですって!本当にすごいっ!

試験に合格した後は、メーカーの経理部に勤務。

その後会計事務所で実務を積み、29歳の時に独立開業をしました。

勤めていた会計事務所の所長さんに「そろそろ独立してみたら?」と背中を押してもらったのが、キッカケになったそうです。

そして昨年の8月で開業20周年!パチパチパチ〜!

娘さんは現在中学2年生で、その娘さんを出産した当日も出勤していたというから本当に驚きです!女性経営者ってタフですね〜!いや、星崎さんは本当にタフです!

出産後はさすがに一ヶ月お休みをもらったそうですが、それでも何か用事があれば事務所まで出かけて行ったそうで…仕事熱心なお母さんの姿を見ている娘さんは、そんなお母さんに影響されているのか!?と思いきや、今熱中しているのはコーラスや合唱というからこれまた驚き!

カエルの子はカエルとは限りませんよ(笑)

星崎会計事務所は上大岡駅から徒歩5分程の所にあります!

相談したいという方はまずHPのお問い合わせフォームをご利用下さい。

★おまけ

星崎さんの相棒。

2

開業当時から使っている電卓!

数千円で購入したそうですが、ほぼ毎日、20年間も使っていても壊れないなんて、恐るべし!

星崎さんの道具への愛のなせる技としか考えられません!