fyb_switch_to_sp_js

JA県央愛川 Feed

2016年12月31日 (土)

めざせ!ごぼうぬき

今年最後の日!大晦日!
来年は、リスナーの皆さんがライバル達をごぼう抜きできるように願いを込めて!
この時間は、愛川町中津にあるごぼう畑に行ってきました!

20161219_10_31_06

こちらでゴボウを生産されている、鈴木宏昌さんにお話を伺いました。

20161219_10_16_53

鈴木さんは、農業始めて60年!
普段は露地野菜を中心に、この時期だと大根、白菜、ほうれん草など、季節によって色んな野菜を育てていらっしゃいます。

ごぼうは早ければ9月頃から収穫できて、年末辺りが需要のピークだそうです。

20161219_10_20_21

20161219_10_20_26

特別にごぼう抜き体験をさせていただきました!

20161219_10_26_35

20161219_10_27_54_2

大きなごぼうをうまく収穫できました!


続いては、どんなお料理にも大活躍してくれる、緑黄色野菜の代表格、ニンジンに注目しました!
こちらも愛川町中津にある畑でしたよ

20161219_10_41_01
20161219_10_52_08

幡野力さんにお話を伺いました!

20161219_10_42_46

人参の他10種類以上の野菜を栽培されているそうです!
ニンジンは、10月終わり頃から年内いっぱい栽培なんだそうです。

20161219_10_46_21

20161219_10_50_06

収穫体験させていただきました!

20161219_11_10_06

今回収穫した、ゴボウとニンジンを使ったオススメ料理を頂きました!
レシピについて詳しくは、萩原元子さんにお話を伺いました。

20161219_10_58_25

「れんこんとごぼうのミルクきんぴら」
醤油ではなく、牛乳で煮込んだものなんだそうです!
ごぼうを笹掻きにし、レンコン、ニンジン、豚肉を煮込むだけ。
ニンジンは崩れるので最後に入れるのがコツだそうです。
醤油をひとさじ入れると、さらに美味しくなるそうですよ!

20161219_10_58_58

「人参ゼリー」

ミキサーでつぶし、エバミルクを入れるだけ!
ニンジンの甘さを生かした、美味しいゼリーでした!

20161219_11_04_10

今回最初におじゃましました、鈴木宏昌さんが育てたごぼうと、
幡野力さんが育てたニンジンはどちらも、愛川町にある農産物直売所「ふれあい旬鮮市」の中津店と春日台店に出荷されています。
お二人のお名前が書いてあるシールが貼られたお野菜を探してみてくださいね!

2016年11月12日 (土)

うどん打ち体験in愛川

今回は愛川町に行ってきました!
待ちに待った、うどん打ち体験の日!

20161105_12_39_24

20161105_12_43_38

まずは、どんな材料を使うのか伺いに、愛川町三増にある製粉所におじゃましました!
JA県央愛川 高峰支所の高瀬しゅういち支所長にお話を伺いました。

20161105_12_47_35

こちらは、組合員が生産した小麦やお米を製粉・精米する場所です。
小麦を機械に投入すると、砕かれ、小麦とふすまに分かれるんだそうです。
うどん打ちに使った粉は、町内で生産された小麦を使用しているんだそうです!

20161105_12_48_51

20161105_10_27_16

愛川町三増にあるJA県央愛川高峰支所の調理室を使わせていただきました!
抽選の上ご当選されたリスナーの皆さんとうどん打ち体験開始です!

20161105_13_04_31

うどんの打ち方は、天利かずおさんにお話を伺いました!

20161105_10_35_40

材料は、うどんの粉。それと食塩水です。
だいたい100グラムが一人前です。

20161105_10_42_45

20161105_10_49_35

20161105_10_49_53

20161105_10_53_37

食塩水は、少しずつ数回に分けて入れます。
あとは、こねるだけ!

20161105_10_51_04

20161105_10_52_53

20161105_10_54_57

参加した皆さんで、こねました〜!

20161105_10_56_57

20161105_10_59_42

20161105_10_59_00

その後、ビニールに入れて足でこねていきます。
コツは頑張ること!

うどんの生地が完成したら、製麺機で麺を作ります!

20161105_11_21_42

20161105_11_20_50

20161105_11_25_00
20161105_11_37_27

20161105_11_36_50

20161105_11_44_30

20161105_11_45_30

麺が出来たら、ゆでていきます!

20161105_11_46_24

20161105_11_40_22

20161105_11_34_14

20161105_11_34_39

20161105_11_52_11

うどん打ち体験に参加された皆さんの準備も整ったところで、
うどんを頂きました!

20161105_12_02_32

20161105_11_53_17

今回はうどんの他にも、愛川町産の野菜を使ったかき揚げとけんちん汁、
愛川町で生産されている清流米「愛ちゃん」を使って天利さんが握ったおにぎりなどが
テーブルに並べられ、お腹いっぱいになるまで頂きました!

20161105_12_04_07

20161105_12_08_19

20161105_12_06_34

20161105_12_07_29

20161105_12_06_09

20161105_12_05_31

また、今回のような企画をやりたいと思いますので、
その際には番組でお伝えしたいと思います!

20161105_13_06_22_2

今回イベントを開催した愛川町では明日・13日の日曜日、
「ふれあい JAまつり」と題した秋の大収穫祭が開催されます!
場所は、愛川町役場本庁舎裏側・かえでの広場で、朝9時30分から午後3時までの開催です。
季節の農産物や果物の販売のほか、お楽しみ大抽選会などの各種イベントもご用意しています。

詳細は下記のURLから!
http://www.jakanagawa.gr.jp/aikawa/flier/fureaiJAmatsuri28.pdf

2016年7月16日 (土)

エリーの休日♪ 〜愛川篇〜

今回は、愛川町で、夏休みにオススメのレジャーを満喫しました!
夏のレジャーといえば!アウトドア!
まずはアウトドアに欠かせないバーベキューの食材を調達しに、
愛川町中津にある農産物直売所、「ふれあい旬鮮市 中津店」に行ってきました!

20160711_9_43_37

20160711_10_05_24

JA県央愛川の木幡 純子さんにお話を伺いました。

20160711_9_42_54

20160711_9_59_51

夏の時期には愛川町産トマト、きゅうり、とうもろこし、スイカなど。
また、きゅうりのぬか漬け、梅干し、切り花の花束などもありましたよ!

20160711_10_02_09

20160711_9_45_07

こちらでは、とうもろこし、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、ナス、湘南ポモロンを購入しました!

20160711_9_44_27_2

営業時間は、
3月〜10月の期間は9:30〜17:30、
11月〜2月の期間は9:30〜16:30です。
定休日は、水曜日と金曜日ですよ。

20160711_10_33_57_4

野菜の買い出しの後は、メインの食材探し!
という事で、愛川町田代にある釣り堀、「中津川マス釣場」に行ってきました!

20160711_10_39_37

中津川漁業協同組合 組合長の、木藤照雄さんにお話を伺いました。

20160711_10_40_17

ビギナーさん向けにはマス類が釣れるところがあるんです。
子供、女性誰にでも釣れるそうですよ!
釣り場の近くにBBQが出来る場所があって、食材持ち込みで自由に楽しめます!

営業時間は、6:00〜17:00。
料金は、お一人様・3300円。
(ご入場者の半数の方だけ入場料が必要です。小学生以下の子供さんは除く)
10人以上は1枡無料貸切だそうです。

20160711_10_59_34

20160711_10_49_24

木藤さんに加えて、さらに「中津川マス釣場」のスタッフ、佐藤信男先生に
レクチャーして頂きながら、釣りにチャレンジしました!

20160711_11_02_08

20160711_11_24_49

20160711_11_24_36_2

およそ40分で、25センチ程のニジマスが4匹釣れました!
ビギナーにしてはかなりの成果だったのではないでしょうか!

20160711_11_46_32_4

20160711_11_47_12

20160711_11_48_57

釣った後は、近くのわたぬき場に移動しまして、ニジマスをさばきました。
包丁のご用意もして下さり、さらにさばき方について書かれたボードがありますので、安心ですよ!

20160711_12_48_42
いよいよ、BBQです!
ニジマスの塩焼きの他、湘南ポモロンとナスのホイル焼きを頂きましたよ!

20160711_12_59_46_2

20160711_12_17_24

20160711_13_24_02

20160711_13_15_43

ニジマスの塩焼きはパリッして、香ばしくて、とっても美味しかったですよ!
湘南ポモロンの味付けは、オリーブオイルと塩のみだったんですけど、
イタリアンのように、とっても美味しくできありましたよ!

20160711_10_34_15

BBQは無料ですが、食材はありません。
炉は無料ですが、炭・網・鉄板は有料で貸し出しされていますよ。

BBQ用品の貸し出し料金です。
鉄板 500円
金網 200円
木炭 500円
竹串 30円

詳しくは、「中津川マス釣場」のHPをご覧ください。
http://www.nakatugawa-gyokyou.jp/order2.htm
※インターネット環境によってはご覧になれない場合もございます。


2016年5月14日 (土)

新茶の香り届けます♪

新茶の季節到来です!
という事で、神奈川県内の美味しいお茶を求めて、
愛川町角田にある茶畑に行ってきました!

20160506_10_35_02

こちらの茶畑を管理されている、竹下 袈裟博さんにお話を伺いました。

20160506_10_01_23

20160506_9_57_30

今がまさに最盛期!
愛川町では10年前から大々的にお茶を栽培し始めたそうです。

20160506_10_27_59


20160506_10_31_55_2

普段は機械で作業をされているんですが、
今回は特別に、お茶の手摘み体験をさせて頂きました!

20160506_10_35_54

葉っぱが後ろ側に丸まっているものが甘くなって良いそうですよ。

20160506_10_15_07

お茶を栽培する上で大切な事は、
「木を素直に育てる」という事だそうです。
植えたばかり幼木は、お茶が採れるようになるまでの3~4年の間、
地道に草取りなどをして管理されているそうですよ。

20160506_10_28_48

ここで摘採したものはトラックで10分の荒茶工場に出荷するそうです。

そこで、愛川町半原にある
JA県央愛川 荒茶工場におじゃましました。

20160506_11_54_40

20160506_11_46_29

指導経済課の高津戸大貴さんにお話を伺いました!

20160506_11_03_06

20160506_11_07_16

平成26年5月から稼働している工場で、
摘採された生葉を加工して荒茶にしています。
その後、山北町の神奈川県農協茶業センターに出荷しているそうです。

20160506_11_18_27

20160506_10_52_51_2

蒸す工程から始まり、お茶の水分をとりながら熱風を送り、
乾燥させながら加工していきます。
1時間で約500キログラムの生葉を処理できるそうですよ。

20160506_11_38_33

今年の荒茶を飲ませて頂きました!

20160506_11_33_20

荒茶と製茶をご用意頂きました!
左が荒茶、右が製茶です。
荒茶は製茶に比べたら生っぽさがありました。

20160506_11_37_00

毎年より良いお茶を作って、生産者の収入を増やせるように頑張っているそうです!

ぜひこの時期に、足柄茶などの神奈川県で採れたお茶を頂いてみてはいかがでしょうか?

2016年2月27日 (土)

ラナンキュラスに魅せられて

今回は、魅力あふれる春の花、ラナンキュラスを求めて、
愛川町半原にある「愛川園芸」におじゃましました。

20160219_11_09_28

20160219_11_10_38

場所は、愛川ソーラーパーク近く。
入口では7歳のヤギ、ユキちゃんが待ってくれています。

20160219_10_11_21
お話を伺ったのは、
こちらでラナンキュラスを生産されている五月女 智一さん。

20160219_11_02_41

20160219_11_13_39

ラナンキュラスは春の花。
花言葉は「晴れやかな魅力」。
色も軽やかで、春を先取りしたような気分にさせてくれます♪

20160219_10_29_21

20160219_10_53_42

20160219_10_57_07

色んな表情の花びらがあり、
ここ最近では、日本生まれのラナンキュラスが世界で高い評価を得ています。
2012年には、花のオリンピックといわれるオランダの「フロリアード」という国際大会で、
表彰台の上位に日本で生まれたラナンキュラスが多数並んだそうですよ。

五月女さんのラナンキュラスは、
愛川町中津にあるグリーンセンターあいかわ等、JAの直売所で購入できます。
また、卸売りとしては大田市場、横浜南部市場でお取り扱いされているそうです。

グリーンセンターあいかわ

さらに!明日、2月28日(日)に、
「よこはま大さん橋フェスタ2016」に参加してラナンキュラスを販売、
当日はラナンキュラスを使った生け花のワークショップ等もあるそうですよ。

よこはま大さん橋フェスタ2016

そして、3月5日(土)~13日(日)には
神奈川県立フラワーセンター大船植物園で「ラナンキュラス展」を開催。
日本でも他では見れない位のラナンキュラスが集まります!
3月5日(土)午後1時半からは五月女さんによる無料講習会も!
こちらは当日受付となっています。

神奈川県立フラワーセンター大船植物園


晴れやかな気分になったところで、次のスポットへ!
愛川町半原にあるパン屋さん「パン処 あんずのしっぽ」!

20160219_11_22_42

※半原小学校入口交差点を宮ケ瀬ダム方面へ100m程上がって右手にあるお店です。

お話を伺ったのは、店主の岡崎裕之さん。

20160219_11_52_57

20160219_11_25_17

半原の綺麗な水と、天然酵母でパンを作っています。
卵や乳製品を使っていないので、アレルギーがあるお子様にもオススメ!
8~9割位の焼き色にして提供されている為、
お家で焼くとちょうど良い加減になるそうですよ!

20160219_11_43_20

愛川町で採れた米の酵母で作られたパン「愛川うん米パン」と、
こちらの定番商品のひとつ、「クロワッサン」を頂きました!

20160219_11_35_53

岡崎さんのこだわりとやさしさが詰まったパン、
ぜひ召し上がってみて下さいね!

パン処 あんずのしっぽ

2015年12月 5日 (土)

愛川ブランド見~つけた

今回注目したのは、今年誕生した愛川ブランドの『自然薯』!

Photo_112715_10_06_06
愛川角田の畑にて
お話を伺ったのは、愛川自然薯同好会の和田好隆さんです。

Photo_112715_10_25_36
愛川町の知名度をあげるために町が企画したものが愛川ブランド。
愛川自然薯は、栽培しやすいように、改良した自然薯となっています。

さっそく、掘り取り体験をさせていただきました。

Photo_112715_10_34_12

Photo_112715_10_35_07 

Photo_112715_10_35_58
本来は、地面に垂直に伸びている自然薯ですが、
愛川自然薯は、地面と平行に育てていました。
そして、さっそく愛川自然薯をいただきましたよ!

Photo_112715_10_44_46 
4倍の出汁を入れて、なんと皮ごとするそうです!
本当に粘りが強いそしてのど越しもありました!

Photo_112715_10_52_43
和田さんの愛川自然薯は、対面販売を行っています。
お問い合わせは、
090-8811-5907まで!

Photo_112715_11_11_49

続いての愛川ブランドは、『やまっこ山詩舞』!
愛川山菜園にて小林忠行さんにお話を伺いました。

Photo_112715_11_31_46

Photo_112715_11_35_48 
やまっこ山詩舞とは、
シイタケを手作りこんにゃくなどと合わせて甘く煮たお惣菜のことです。
味付けは『ごぼう蓮根入り』『昆布山椒入り』『蒟蒻柚子入り』の3種類です。


この中から、蒟蒻柚子入り、と、
しいたけ煮ぃちゃん、をいただきました!

Photo_112715_11_39_58

Photo_112715_11_45_20
『やまっこ山詩舞』は、
愛川山菜園での店頭販売他、
宮ヶ瀬ダム近くの県立あいかわ公園の売店、
愛川中津にあるグリーンセンターあいかわなどで販売しています!
是非、一度お試しください!

Photo_112715_11_37_31_2

Photo_112715_11_27_00

2015年6月27日 (土)

三増でブルーベリーを見まっせ!

今回はじめに伺ったのは、
愛川町三増にあります「愛農園 三増ブルーベリーファーム」

20150619_11_48_07 
山田孝治さんにお話を伺いました。

20150619_10_02_23

20150619_10_06_10
こちらで摘み取り体験&食べ比べを行いましたよ!

20150619_10_13_13

20150619_10_18_35

20150619_10_23_58

20150619_16_41_43

20150619_16_43_17 
種類によって大きさはもちろん、硬さや甘酸っぱさが違いました!

20150619_10_30_41 
愛農園 三増ブルーベリーファームでは、
入園料1000円で、ブルーベリー食べ放題!しかも、なんと時間は無制限!!
さらに、お茶と、カップ一杯分のブルーベリー(約400g)のお土産付き!

20150619_16_43_38
目印の看板はこちらです↓

20150619_11_48_28
愛農園 三増 ブルーベリーファーム
例年では6月頃から9月上旬まで(8月一杯は大丈夫かと!)
営業時間09:00~16:00
定休日 火曜日
お問い合わせ 046-285-5418
愛川町観光協会



続いては、JA県央愛川 高峰支所におじゃましまして
児島恵美子さん、野村和子さんから、
Aコープ商品「らっきょう酢」を使った料理を教えてもらいました!

20150619_11_28_06

20150619_16_42_25

20150619_11_27_40


《イカのマリネ》(8人分レシピ)
・イカ・・・2杯
・玉ねぎ・・・2個
・にんじん・・・2/3個
・きゅうり・・・2本
・生姜・・・1片
・らっきょう酢・・・1カップ
・ぶどうオイル・・・大さじ4

20150619_10_52_58_2

20150619_10_53_05_2 
①玉ねぎを薄切り、人参を千切り、キュウリを薄切り、生姜を千切りにします。
②イカは沸騰した湯でさっとゆでます。
③イカも輪切りにします。
あとはそれらをよく混ぜ合わせるだけ!
時間を少し置いた方が、味も馴染みます。

20150619_11_00_54

20150619_11_09_13

20150619_11_13_11 
ちなみに、ぶどうオイルというものもAコープ商品です。

20150619_11_13_57 
続いて
《キュウリの中華風即席漬け》
・きゅうり(まわし切り)・・・5本
漬け液
・しょうが(みじん切り)・・・1片
・ニンニク(みじん切り)・・・1片
・赤唐辛子・・・1~2本
・らっきょう酢・・・大さじ10杯
・しょう油・・・大さじ2杯
・ごま油・・・大さじ2杯

こちらは漬け液にキュウリを漬けこむだけ!

20150619_11_17_32

20150619_11_15_32
そして《玉ねぎのカレーピクルス》
・玉ねぎ(くし形に切る)・・・600g
・カレー粉・・・小さじ1杯
・らっきょう酢・・・1カップ

20150619_11_20_05
こちらは、切った玉ねぎを、カレー粉を少しいれたらっきょう酢に漬けるだけ!

どちらも美味しくいただきました!

20150619_11_34_18


万能調味料《らっきょう酢》
疲労回復効果も期待でき、これからの夏バテにも期待できます!
是非お試しください!



2014年12月27日 (土)

年越しは、あなたのそばで、手打ちそば

今回は愛川町三増にある、
JA県央愛川 高峰支所にやってきました!
まずはじめは、こちらの女性部の皆さんと一緒に、
そば打ちをさせてもらいました。


今回のそば打ち、そばの実はこちらの女性部の方々が
種まきから作ったものだそうで、今年は約16kgも採れたそうです。


指導してくださったのは、天利秀雄さんです。

20141219_13_14_57
用意したものは、


・そば粉 200g
・中力粉   50g
・山芋      70g
・水       100g

20141219_13_17_53 

~作り方~


①そば粉とつなぎである小麦粉を混ぜる。
②混ぜた粉に山芋と水を全体に万遍なく混ぜる。
③耳たぶほどまで硬くなるまでこね、三つに分ける。
④わけたものを、ローラーのついた機械で薄く長く伸ばす。
⑤同じ機械にかけ、麺の形にしたら茹でる!



20141219_13_22_33

20141219_13_24_23

20141219_13_37_24_2

20141219_13_39_32

20141219_13_47_35

20141219_14_11_41_3

と、一見すると簡単ですが、これが非常に難しかった!!
この日は乾燥の影響か、麺にしようとするとばらばらになってしまい、
その場の全員が何度もやり直しとなっていました! 

20141219_14_09_12 


そして・・・ようやく、おそばが出来上がりました!

20141219_14_38_46

20141219_15_14_38

出来上がりのそばは、風味も良く、
しっかりと歯ごたえもありとっても美味しかったです!
天利さんからもお褒めの言葉をいただいきましたよ!


そして女性部部長の天野幸江さんにもお話を伺いました。
種まきから始まったそば作りですから、
無事に完成して食べることが出来た時は、
感激もひとしおだったようです。

20141219_15_35_03

続いては愛川町中津にあるグリーンセンターあいかわにおじゃましました。
こちらではミニ門松づくりに挑戦しました!
引き続き先生は、天利さんです!

20141219_11_54_31_2

20141219_10_12_01

材料はこちら

20141219_10_10_16 
こちらはとっても簡単でしたよ!

20141219_10_45_41

20141219_10_49_19

20141219_10_58_11

20141219_11_13_32_2 

完成!!
短時間でしっかりとした、各自個性が光るミニ門松が出来ましたよ~♪

20141219_11_43_59
中津支所女性部部長の元村まり子さんにもお話を聞いてみました。
こちらの女性部は、環境にやさしい活動ということで、
廃油による石鹸作り、年に数回段ボールや
雑誌の資源回収などの活動も行っているそうです。
そして2月には恵方巻き作りと、たくさんの活動をされています!


また県立あいかわ公園にある、工芸工房村では、今回のミニ門松のように、
竹細工や陶芸体験もできるそうなので、是非行ってみてください!

県立あいかわ公園 工芸工房村 公式HP

2014年8月 9日 (土)

愛川町で見つけた家庭の味

今回は、JR相模線「原当麻駅」から車で10分ほど、
愛川町中津に昨年6月にリニューアルオープンした、
グリーンセンターあいかわに向かいました!

20140801_11_26_28
お話を伺ったのは、センター長の、熊坂功さん。

20140801_11_36_27
店内には、農作業に使う工具や肥料、食料品、ご贈答用のギフトなどなど、
様々なニーズに合わせた商品が沢山置いてありました。
さらに、こちらのすぐお隣にある「ふれあい旬鮮市」には、
今が旬のお野菜なども並んでいました。

20140801_11_27_57

Dscn5844
その中でも気になったのが、
こちらの加工所で作られているという、オリジナルの加工品!
人気の酒まんじゅう、おはぎ、手作りピザの他にも、
こちらのお店で販売されている「みかん畑ジュース」をそのまま使った
「みかん畑のゼリー」や「スイカのゼリー」、各種手作りパンなどなど、
ついつい手がのびてしまいそうなものが沢山ありました。

20140801_11_29_55
美味しいのはもちろん、こちらのお店に並んでいる全ての加工品、
なんと添加物を一切使用していないという事で、
安心して頂けるのも魅力のひとつのようです。

さて、そんな加工品が毎日作られている2階の加工所で、今回特別に、
家庭の味の再現にチャレンジさせて頂きました!

教えて頂いたのは、加工所のスタッフ、
榎本美幸さんと小島昌子さん。

20140801_12_26_12
まずは、「三五八漬け」!

20140801_12_01_29
ぬか床を管理するのが大変な「ぬか漬け」に比べると、作業工程はとてもカンタン!

お米と麹と食塩で作られた「三五八漬けの素」一袋と、
それに対してお水とご飯を茶碗一杯分(90g)。
これを混ぜたものに、今だとキュウリ、ナス、人参などの旬のお野菜を入れて
一晩置いておくだけ!

20140801_12_01_43
続いては「おはぎ」!

20140801_12_02_24
あんこは、あずき10に対してお砂糖8の割合で2時間程煮込みます。
最後の仕上げにお塩。
お米は、もち米を炊いたものを用意。

あとは、お米が50gであずきが60gの割合で包むだけ!

20140801_12_09_57
三五八漬けは、夏にピッタリなさっぱりとした味でした!
おはぎのあんこも甘すぎず、食卓にあると喜ばれそうな逸品でした!

親戚どおしの集まりなども多いこの時期。
皆さんもぜひこの機会に、家庭の味にチャレンジしてみてくださいね!

今回おじゃました、グリーンセンターあいかわの営業時間は、
朝9時30分から夕方6時までとなっています。
今回作ってみた「おはぎ」をはじめとした加工品も沢山置いてありますので、
ぜひ一度、お店を覗いてみてはいかがでしょうか!

さて…今週をもって、
中込真理子さんがベジフルDJを卒業することとなりました。
今後のご活躍もお祈りしています!

20140806_12_53_22
Have a Nice ベジフル Day!

2013年8月17日 (土)

手づくりホウキにまたがって♪

今週は、愛川町で伝統の「ほうき」作りを体験。

そしてリニューアルした「グリーンセンターあいかわ」に行って来ました。

まず、「ほうきの博物館」=「市民蔵常右衛門(しみんぐらつねえもん)」へ。

08171

建物は、もともと「ほうきもろこし」を貯蔵していた蔵。

こちらで伝統的な「中津ほうき」が制作、販売されています。

こちらが、材料の「ほうきもろこし」

08172_2

店内は、様々なほうきが展示されています。

08173_2

そして、ほうき作り体験。

基礎の部分は、職人さんに作ってもらい、ほうきの持つ部分の編み込みを体験!

08174_2

指導して頂いた職人の留松里詠子さん。

ちなみに、左から職人さん、影山、スタッフが作ったものです。

08175

「市民蔵常右衛門」の詳しいお問い合わせは、046-286-7572

または、こちら

ほうき作り体験の後、材料となっている「ほうきもろこし」畑に!

08176

続いて、同じ愛川町にある「グリーンセンターあいかわ」へ。

こちらは、今年6月にリニューアルオープンし、とてもモダンなお店になっています。

08177

リニューアルで直売所などもすべて1つに集約されました。

さらに加工食品も。センター長に沢山頂いてしまいました。

08178

「グリーンセンターあいかわ」のセンター長、熊坂功さん。

センターの営業時間は、朝9時30分〜夕方6時まで

08179

<お知らせ>

JAグループ神奈川は、9月28・29日に相模原市の淵野辺公園で開催される

がん征圧の大切さを社会に訴えるチャリテイーイベント

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン2013相模原」を応援します。

関係者のみならず、一般の方々も自由に参加できる魅力的なイベントです。

また参加者および協賛者の寄付金は、

日本対がん協会を通してがん患者支援のために役立てます。

是非とも多くの方々にご参加いただけますようお願い申し上げます。

詳しくはホームページへ。