fyb_switch_to_sp_js

JA県央愛川 Feed

2018年4月21日 (土)

たらんぼ食べる? そだねー!!

今回は、愛川町から!たらの芽に注目!

お話を伺ったのは、愛川町中津でたらの芽を生産されています、
平川 利夫さんです。

20180413_10_01_11
平川さんは、全部で1200坪ほどの広さの畑で、
年間でおよそ40種類のお野菜を育てていらっしゃいます。
その中のひとつが、春の山菜の代表格、たらの芽です。

20180413_9_58_54
美味しいたらの芽を育てるためにも、
害虫となるアブラムシ対策には一番気を遣っていらっしゃるそうで、
なるべく農薬を使わない為にも、アブラムシを食べてくれる
カマキリやテントウムシを放して頑張ってもらっている、
とおっしゃっていました。

天然の栽培方法にこだわって育てられた、平川さんのたらの芽。
今回は特別に、収穫体験をさせて頂きました!

20180413_10_09_24
20180413_10_11_29
20180413_10_11_35
その後、「たらの芽の天ぷら」と、「たらの芽と三つ葉のおひたし」、
さらに、「たらの芽の甘味噌和え」も頂きました!

20180413_10_17_44

20180413_10_24_1620180413_10_16_22
平川さんが生産された たらの芽は、
愛川町にあります「ふれあい旬鮮市」の中津店と春日台店に出荷されています。
平川 利夫さんのお名前が書かれたシールが目印ですよ。

春の山菜を堪能したところで、続いては、愛川町のオススメスポットへ向かいました!

_______________________________________

今回、2か所目におじゃましたのは、
愛川町中津にあります 「割烹旅館 大進館」です。
代表取締役の、佐藤 淳一郎さんにお話を伺いました。

20180413_10_54_25
20180413_10_53_57
中津川が流れるそばで、田園風景に囲まれながら
くつろぎのひと時を味わうことができる、こちらの旅館。

館内には様々なタイプの客室のほか、宴会場もいくつかあり、
最大で100人利用できる場所もありました。
また、玄関や階段以外は比較的フラットな作りになっていて、
ファミリーでも安心して過ごすことができます。

20180413_11_14_15
20180413_11_24_12
もちろん、魅力的なのは客室やお風呂だけではありません。

日帰りプランで頂ける懐石料理のコースの中から、
愛川町のお米、「愛ちゃん米」を使った釜飯と、ごま豆腐を頂きました!

20180413_11_37_36
20180413_11_52_04
コースには、他にも蒸し物や揚げ物に、
お刺身、サラダ、デザートの葛餅までありました!

20180413_11_53_50
カップルやファミリー、団体など、
様々な形で贅沢なひとときが過ごせる「割烹旅館 大進館」。

20180413_11_56_39
詳しい情報についてはこちらをチェックして下さい!

【割烹旅館 大進館】
https://www.daishinkan.co.jp/
神奈川県愛甲郡愛川町中津6890−1
電話:046-286-3322

2018年1月13日 (土)

ライスショット!!

今回は、愛川町で生産されているお米、愛ちゃんに注目していきます!
最初にお話を伺ったのは、 JA県央愛川指導経済部の田島拓郎さんです。

愛川町のブランド米、「愛ちゃん」は現在、40人ほどの生産者の皆さんの
手によって栽培されていて、今シーズンは合計で
およそ3万9400キロの収穫量を予定されているそうです。

そんな愛ちゃんに会える?場所へ向かいました!

20171124_13_30_33
愛川町中津(なかつ)にあります、グリーンセンターあいかわの直売所、
「ふれあい旬鮮市 中津店」におじゃまして、スタッフの柳川敏行さんにお話を伺いました!20171124_13_45_33
取材した日には、お店にブランド米「愛ちゃん」の3つの品種、
「きぬひかり」、「こしひかり」、「はるみ」がそれぞれ販売されていました。
愛ちゃんに会いに行きたい!という方、ぜひこちらに足を運んでみて下さい!
20171124_13_33_33
20171124_13_51_35
さて、続いては柳川さんに伺いました、愛ちゃん米が頂けるスポットへ向かいました!


愛ちゃん米を使った料理を頂けるレストラン、ということでおじゃましたのは、
愛川町三増にあります、大相模カントリークラブです。
レストランを運営されています、株式会社サンローラル 取締役の、鎌内邦枝さんに
お話を伺いました。20171124_10_55_12
20171124_10_24_45

ゴルファーだけではなく、地元の皆さんが集う場所としても人気のこちらのレストラン。
眺めも素晴らしく、贅沢なひとときを味わいながら、オススメの一品を頂きたいと思います。20171124_10_26_35_2

地元の清川恵水ポークを使用した「とんかつ御膳」を頂きました!
他に、特製ハンバーグも頂きましたよ!20171124_10_35_08
20171124_10_35_12

メニューは約13種類。すごい品数です!
20171124_10_46_45
20171124_10_47_59
20171124_10_48_06


ゴルフが好きな方はもちろん、ゴルフはしないけど、美味しい料理を頂きたい!という方もぜひ、
こちらのレストランに行ってみてはいかがでしょうか!
(※お食事の際は事前予約をお願いします。)
20171124_10_36_35_2

2017年12月 2日 (土)

森の中の精なるしいたけ 

今回は、愛川町の森の中で育った名産品、木精しいたけに注目しました!

愛川町三増にあるハウスで木精しいたけを栽培されています、三浦 進さんにお話を伺いました。

20171124_12_41_09三浦さんは、大学を卒業された後に研究のお仕事をされていたそうで、
その頃にキノコの魅力に触れたことがきっかけで、農業をスタート。

木精しいたけの栽培に励み、今年で6年目。

あくまで自然の中で栽培する事にこだわった結果、
今では愛川町の名産品として、「愛川ブランド」にも認定されています!

20171124_12_31_18最高の環境で育てられた、「木精しいたけ」。

そんなハウスの中に足を踏み入れると、湿度が高かったです。

収穫体験もさせていただきました。

20171124_12_33_02
そして、その「木精しいたけ」を塩焼きにしていただいちゃいました!

焼き方のコツは、
フライパンに油、カサを下に、弱火でじっくりと、ヒダがキツネ色になるまで焼きます。
ヒダが焦げると香ばしくなるますが、カサが焦げると苦くなるのご注意ください!

20171124_12_47_16
木精(こだま)しいたけは、カサの部分だけでなく、
太い軸の部分も美味しく頂けますよ。

おすすめは、軸の部分を4分の1カット位に細く切ってから、
油でカリカリになる位まで焼くこと。

それにお塩をかけて食べると、またカサとは違った食感と美味しさが味わえます!

20171124_12_54_51

愛川町の名産品、木精しいたけ。
愛川町では、農産物直売所の「ふれあい旬鮮市 中津店」や、
愛川町三増にありますうみたて卵の「卵菓屋(らんかや)」、
あとは週末限定で愛川町役場のそばにあります「関根商店」などにも出荷されているそうです。

加工品として、「干ししいたけ」もあるそうですので、
気になる方はそちらも合わせてチェックしてみて下さい!



続いては、干ししいたけも大活躍するレシピを伺いに、愛川町中津へ向かいました。

美味しい加工品が毎日たくさん並んでいると評判の、グリーンセンターあいかわへ!

これからのシーズン、人が集まる機会が多くなります。
そこで、そんな時にも大活躍してくれるお料理、彩り鮮やかな「ちらし寿司」を作りました。

グリーンセンターあいかわで、評判の加工品を毎日作っていらっしゃいます、
JA県央愛川 加工所職員の古座野 恵美子さんと、小俣 明美さんにレシピを教わりました。

20171124_14_45_09
お2人にさんに教わったちらし寿司は、とても美味しく仕上がりました!

20171124_14_35_49

20171124_14_19_38

20171124_14_42_26

20171124_14_45_40
愛川町中津にありますグリーンセンターあいかわには、
今回の様な手作りの逸品が沢山並んでいます!

是非、お近くにお立ち寄りの際は
足を運んでみてください!

「グリーンセンターあいかわ」

2017年6月10日 (土)

愛川町で手作りランチ♪

今回は、愛川町で新鮮なお野菜を使ったサンドイッチ作り!


愛川町中津にあります梅澤周子さんとはる美さんの畑にお邪魔しました!

20170602_10_09_43

サニーレタスの収穫をさせて頂きました!

20170602_10_05_52

20170602_10_07_36

梅澤さんは、全部で1800坪ほどの広さの畑やハウスで
サニーレタスの他にも、夏にはスイカ、とうもろこし、キュウリ、ナス、ピーマン
夏以外には白菜やキャベツ、ダイコン、ブロッコリーなどなど、
色んなお野菜を生産されています。

20170602_10_02_26

20170602_10_04_11


育てる上で特に大切にされているのは土づくりで、
ポイントは、堆肥に米ぬかと、なたね油の油かすを使うこと。
これによって、苗を力強く育てているのだそうです。

夏にオススメの具材はトマト、キュウリ、サニーレタス。今年は最高との事!

梅澤さんのご協力のもと、取材の後にキュウリとトマトも収穫させて頂きました!

20170602_10_13_08

20170602_10_16_03_2

20170602_10_16_10

梅澤さんの野菜はJAふれあい旬鮮市 中津店と春日台店に出荷されています。
是非、梅澤周子さんのお名前でシールを探してみてください!

これらを手に、サンドイッチを作る場所へと向かいました!

愛川町中津にあります、グリーンセンターあいかわの一室にお邪魔しました。
店長の熊坂 功さんにお付き合い頂きました!

20170602_12_02_43_2

今回特別にご用意頂いたのは、ハンバーガーのバンズのような、丸い形のパンです。

そのパンを使って、見た目はサンドイッチというよりも
「野菜バーガー」といった感じになるように作ってみました!

20170602_11_51_33

焼きそばパンもご用意してくださいました。

20170602_11_53_32

20170602_12_04_52_2

この丸いパンにマヨネーズとマスタードを塗って…

20170602_12_09_45

20170602_12_11_35

ベジフルDJ木村英里特製の野菜バーガー完成!

20170602_12_11_50

梅澤さんの濃厚トマトジュースと一緒に

新鮮なお野菜を使った美味しいサンドイッチ、堪能しました!

さらに、グリーンセンターあいかわで販売されている作り立ての焼きそばを使って、
「焼きそばパン」も作りました!

20170602_12_19_55
フレッシュな具材を使えば、
どんなに簡単なレシピでも最高の一品に早変わりするということを再確認できました。


例えばお休みの日、
遠くにお出かけする際にまず最寄りの直売所で新鮮なお野菜などを買って

ランチタイムにはそれをパンにはさめて新鮮なサンドイッチを頂く!
というのもオススメです!


楽しいピクニック計画の参考にいかがでしょうか!



美味しいサンドイッチを食べた後は、お弁当のおかずにもピッタリかもしれません。
手作りの加工品に注目しました!

これからの暑い季節に頂くのはやっぱりサッパリしたもの!

愛川町三増にある畑にお邪魔しました!

生産者の天野幸江さんにお話を伺いました。

20170602_11_08_11

これからの季節にピッタリ!さしみこんにゃくを頂きました!

20170602_11_09_41

20170602_11_05_24

取材の後に、おでんのように煮込んだこんにゃくも頂きました。

20170602_11_04_47

20170602_11_05_54
こんにゃくの中にまでダシがしっかりとしみ込んでいて、
こちらも手作りならではの味でした。

気になった方は、愛川町にある直売所「ふれあい旬鮮市」の中津店と春日台店で
天野幸江さんのお名前が貼られたこんにゃくを探してみてください。

まずはお醤油やお味噌をつけるだけの「さしみこんにゃく」として頂いて、
手作りのこんにゃくの贅沢な美味しさを色んな形で味わってみてくださいね!


「ふれあい旬鮮市」中津店、春日台店

2016年12月31日 (土)

めざせ!ごぼうぬき

今年最後の日!大晦日!
来年は、リスナーの皆さんがライバル達をごぼう抜きできるように願いを込めて!
この時間は、愛川町中津にあるごぼう畑に行ってきました!

20161219_10_31_06

こちらでゴボウを生産されている、鈴木宏昌さんにお話を伺いました。

20161219_10_16_53

鈴木さんは、農業始めて60年!
普段は露地野菜を中心に、この時期だと大根、白菜、ほうれん草など、季節によって色んな野菜を育てていらっしゃいます。

ごぼうは早ければ9月頃から収穫できて、年末辺りが需要のピークだそうです。

20161219_10_20_21

20161219_10_20_26

特別にごぼう抜き体験をさせていただきました!

20161219_10_26_35

20161219_10_27_54_2

大きなごぼうをうまく収穫できました!


続いては、どんなお料理にも大活躍してくれる、緑黄色野菜の代表格、ニンジンに注目しました!
こちらも愛川町中津にある畑でしたよ

20161219_10_41_01
20161219_10_52_08

幡野力さんにお話を伺いました!

20161219_10_42_46

人参の他10種類以上の野菜を栽培されているそうです!
ニンジンは、10月終わり頃から年内いっぱい栽培なんだそうです。

20161219_10_46_21

20161219_10_50_06

収穫体験させていただきました!

20161219_11_10_06

今回収穫した、ゴボウとニンジンを使ったオススメ料理を頂きました!
レシピについて詳しくは、萩原元子さんにお話を伺いました。

20161219_10_58_25

「れんこんとごぼうのミルクきんぴら」
醤油ではなく、牛乳で煮込んだものなんだそうです!
ごぼうを笹掻きにし、レンコン、ニンジン、豚肉を煮込むだけ。
ニンジンは崩れるので最後に入れるのがコツだそうです。
醤油をひとさじ入れると、さらに美味しくなるそうですよ!

20161219_10_58_58

「人参ゼリー」

ミキサーでつぶし、エバミルクを入れるだけ!
ニンジンの甘さを生かした、美味しいゼリーでした!

20161219_11_04_10

今回最初におじゃましました、鈴木宏昌さんが育てたごぼうと、
幡野力さんが育てたニンジンはどちらも、愛川町にある農産物直売所「ふれあい旬鮮市」の中津店と春日台店に出荷されています。
お二人のお名前が書いてあるシールが貼られたお野菜を探してみてくださいね!

2016年11月12日 (土)

うどん打ち体験in愛川

今回は愛川町に行ってきました!
待ちに待った、うどん打ち体験の日!

20161105_12_39_24

20161105_12_43_38

まずは、どんな材料を使うのか伺いに、愛川町三増にある製粉所におじゃましました!
JA県央愛川 高峰支所の高瀬しゅういち支所長にお話を伺いました。

20161105_12_47_35

こちらは、組合員が生産した小麦やお米を製粉・精米する場所です。
小麦を機械に投入すると、砕かれ、小麦とふすまに分かれるんだそうです。
うどん打ちに使った粉は、町内で生産された小麦を使用しているんだそうです!

20161105_12_48_51

20161105_10_27_16

愛川町三増にあるJA県央愛川高峰支所の調理室を使わせていただきました!
抽選の上ご当選されたリスナーの皆さんとうどん打ち体験開始です!

20161105_13_04_31

うどんの打ち方は、天利かずおさんにお話を伺いました!

20161105_10_35_40

材料は、うどんの粉。それと食塩水です。
だいたい100グラムが一人前です。

20161105_10_42_45

20161105_10_49_35

20161105_10_49_53

20161105_10_53_37

食塩水は、少しずつ数回に分けて入れます。
あとは、こねるだけ!

20161105_10_51_04

20161105_10_52_53

20161105_10_54_57

参加した皆さんで、こねました〜!

20161105_10_56_57

20161105_10_59_42

20161105_10_59_00

その後、ビニールに入れて足でこねていきます。
コツは頑張ること!

うどんの生地が完成したら、製麺機で麺を作ります!

20161105_11_21_42

20161105_11_20_50

20161105_11_25_00
20161105_11_37_27

20161105_11_36_50

20161105_11_44_30

20161105_11_45_30

麺が出来たら、ゆでていきます!

20161105_11_46_24

20161105_11_40_22

20161105_11_34_14

20161105_11_34_39

20161105_11_52_11

うどん打ち体験に参加された皆さんの準備も整ったところで、
うどんを頂きました!

20161105_12_02_32

20161105_11_53_17

今回はうどんの他にも、愛川町産の野菜を使ったかき揚げとけんちん汁、
愛川町で生産されている清流米「愛ちゃん」を使って天利さんが握ったおにぎりなどが
テーブルに並べられ、お腹いっぱいになるまで頂きました!

20161105_12_04_07

20161105_12_08_19

20161105_12_06_34

20161105_12_07_29

20161105_12_06_09

20161105_12_05_31

また、今回のような企画をやりたいと思いますので、
その際には番組でお伝えしたいと思います!

20161105_13_06_22_2

今回イベントを開催した愛川町では明日・13日の日曜日、
「ふれあい JAまつり」と題した秋の大収穫祭が開催されます!
場所は、愛川町役場本庁舎裏側・かえでの広場で、朝9時30分から午後3時までの開催です。
季節の農産物や果物の販売のほか、お楽しみ大抽選会などの各種イベントもご用意しています。

詳細は下記のURLから!
http://www.jakanagawa.gr.jp/aikawa/flier/fureaiJAmatsuri28.pdf

2016年7月16日 (土)

エリーの休日♪ 〜愛川篇〜

今回は、愛川町で、夏休みにオススメのレジャーを満喫しました!
夏のレジャーといえば!アウトドア!
まずはアウトドアに欠かせないバーベキューの食材を調達しに、
愛川町中津にある農産物直売所、「ふれあい旬鮮市 中津店」に行ってきました!

20160711_9_43_37

20160711_10_05_24

JA県央愛川の木幡 純子さんにお話を伺いました。

20160711_9_42_54

20160711_9_59_51

夏の時期には愛川町産トマト、きゅうり、とうもろこし、スイカなど。
また、きゅうりのぬか漬け、梅干し、切り花の花束などもありましたよ!

20160711_10_02_09

20160711_9_45_07

こちらでは、とうもろこし、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、ナス、湘南ポモロンを購入しました!

20160711_9_44_27_2

営業時間は、
3月〜10月の期間は9:30〜17:30、
11月〜2月の期間は9:30〜16:30です。
定休日は、水曜日と金曜日ですよ。

20160711_10_33_57_4

野菜の買い出しの後は、メインの食材探し!
という事で、愛川町田代にある釣り堀、「中津川マス釣場」に行ってきました!

20160711_10_39_37

中津川漁業協同組合 組合長の、木藤照雄さんにお話を伺いました。

20160711_10_40_17

ビギナーさん向けにはマス類が釣れるところがあるんです。
子供、女性誰にでも釣れるそうですよ!
釣り場の近くにBBQが出来る場所があって、食材持ち込みで自由に楽しめます!

営業時間は、6:00〜17:00。
料金は、お一人様・3300円。
(ご入場者の半数の方だけ入場料が必要です。小学生以下の子供さんは除く)
10人以上は1枡無料貸切だそうです。

20160711_10_59_34

20160711_10_49_24

木藤さんに加えて、さらに「中津川マス釣場」のスタッフ、佐藤信男先生に
レクチャーして頂きながら、釣りにチャレンジしました!

20160711_11_02_08

20160711_11_24_49

20160711_11_24_36_2

およそ40分で、25センチ程のニジマスが4匹釣れました!
ビギナーにしてはかなりの成果だったのではないでしょうか!

20160711_11_46_32_4

20160711_11_47_12

20160711_11_48_57

釣った後は、近くのわたぬき場に移動しまして、ニジマスをさばきました。
包丁のご用意もして下さり、さらにさばき方について書かれたボードがありますので、安心ですよ!

20160711_12_48_42
いよいよ、BBQです!
ニジマスの塩焼きの他、湘南ポモロンとナスのホイル焼きを頂きましたよ!

20160711_12_59_46_2

20160711_12_17_24

20160711_13_24_02

20160711_13_15_43

ニジマスの塩焼きはパリッして、香ばしくて、とっても美味しかったですよ!
湘南ポモロンの味付けは、オリーブオイルと塩のみだったんですけど、
イタリアンのように、とっても美味しくできありましたよ!

20160711_10_34_15

BBQは無料ですが、食材はありません。
炉は無料ですが、炭・網・鉄板は有料で貸し出しされていますよ。

BBQ用品の貸し出し料金です。
鉄板 500円
金網 200円
木炭 500円
竹串 30円

詳しくは、「中津川マス釣場」のHPをご覧ください。
http://www.nakatugawa-gyokyou.jp/order2.htm
※インターネット環境によってはご覧になれない場合もございます。


2016年5月14日 (土)

新茶の香り届けます♪

新茶の季節到来です!
という事で、神奈川県内の美味しいお茶を求めて、
愛川町角田にある茶畑に行ってきました!

20160506_10_35_02

こちらの茶畑を管理されている、竹下 袈裟博さんにお話を伺いました。

20160506_10_01_23

20160506_9_57_30

今がまさに最盛期!
愛川町では10年前から大々的にお茶を栽培し始めたそうです。

20160506_10_27_59


20160506_10_31_55_2

普段は機械で作業をされているんですが、
今回は特別に、お茶の手摘み体験をさせて頂きました!

20160506_10_35_54

葉っぱが後ろ側に丸まっているものが甘くなって良いそうですよ。

20160506_10_15_07

お茶を栽培する上で大切な事は、
「木を素直に育てる」という事だそうです。
植えたばかり幼木は、お茶が採れるようになるまでの3~4年の間、
地道に草取りなどをして管理されているそうですよ。

20160506_10_28_48

ここで摘採したものはトラックで10分の荒茶工場に出荷するそうです。

そこで、愛川町半原にある
JA県央愛川 荒茶工場におじゃましました。

20160506_11_54_40

20160506_11_46_29

指導経済課の高津戸大貴さんにお話を伺いました!

20160506_11_03_06

20160506_11_07_16

平成26年5月から稼働している工場で、
摘採された生葉を加工して荒茶にしています。
その後、山北町の神奈川県農協茶業センターに出荷しているそうです。

20160506_11_18_27

20160506_10_52_51_2

蒸す工程から始まり、お茶の水分をとりながら熱風を送り、
乾燥させながら加工していきます。
1時間で約500キログラムの生葉を処理できるそうですよ。

20160506_11_38_33

今年の荒茶を飲ませて頂きました!

20160506_11_33_20

荒茶と製茶をご用意頂きました!
左が荒茶、右が製茶です。
荒茶は製茶に比べたら生っぽさがありました。

20160506_11_37_00

毎年より良いお茶を作って、生産者の収入を増やせるように頑張っているそうです!

ぜひこの時期に、足柄茶などの神奈川県で採れたお茶を頂いてみてはいかがでしょうか?

2016年2月27日 (土)

ラナンキュラスに魅せられて

今回は、魅力あふれる春の花、ラナンキュラスを求めて、
愛川町半原にある「愛川園芸」におじゃましました。

20160219_11_09_28

20160219_11_10_38

場所は、愛川ソーラーパーク近く。
入口では7歳のヤギ、ユキちゃんが待ってくれています。

20160219_10_11_21
お話を伺ったのは、
こちらでラナンキュラスを生産されている五月女 智一さん。

20160219_11_02_41

20160219_11_13_39

ラナンキュラスは春の花。
花言葉は「晴れやかな魅力」。
色も軽やかで、春を先取りしたような気分にさせてくれます♪

20160219_10_29_21

20160219_10_53_42

20160219_10_57_07

色んな表情の花びらがあり、
ここ最近では、日本生まれのラナンキュラスが世界で高い評価を得ています。
2012年には、花のオリンピックといわれるオランダの「フロリアード」という国際大会で、
表彰台の上位に日本で生まれたラナンキュラスが多数並んだそうですよ。

五月女さんのラナンキュラスは、
愛川町中津にあるグリーンセンターあいかわ等、JAの直売所で購入できます。
また、卸売りとしては大田市場、横浜南部市場でお取り扱いされているそうです。

グリーンセンターあいかわ

さらに!明日、2月28日(日)に、
「よこはま大さん橋フェスタ2016」に参加してラナンキュラスを販売、
当日はラナンキュラスを使った生け花のワークショップ等もあるそうですよ。

よこはま大さん橋フェスタ2016

そして、3月5日(土)~13日(日)には
神奈川県立フラワーセンター大船植物園で「ラナンキュラス展」を開催。
日本でも他では見れない位のラナンキュラスが集まります!
3月5日(土)午後1時半からは五月女さんによる無料講習会も!
こちらは当日受付となっています。

神奈川県立フラワーセンター大船植物園


晴れやかな気分になったところで、次のスポットへ!
愛川町半原にあるパン屋さん「パン処 あんずのしっぽ」!

20160219_11_22_42

※半原小学校入口交差点を宮ケ瀬ダム方面へ100m程上がって右手にあるお店です。

お話を伺ったのは、店主の岡崎裕之さん。

20160219_11_52_57

20160219_11_25_17

半原の綺麗な水と、天然酵母でパンを作っています。
卵や乳製品を使っていないので、アレルギーがあるお子様にもオススメ!
8~9割位の焼き色にして提供されている為、
お家で焼くとちょうど良い加減になるそうですよ!

20160219_11_43_20

愛川町で採れた米の酵母で作られたパン「愛川うん米パン」と、
こちらの定番商品のひとつ、「クロワッサン」を頂きました!

20160219_11_35_53

岡崎さんのこだわりとやさしさが詰まったパン、
ぜひ召し上がってみて下さいね!

パン処 あんずのしっぽ

2015年12月 5日 (土)

愛川ブランド見~つけた

今回注目したのは、今年誕生した愛川ブランドの『自然薯』!

Photo_112715_10_06_06
愛川角田の畑にて
お話を伺ったのは、愛川自然薯同好会の和田好隆さんです。

Photo_112715_10_25_36
愛川町の知名度をあげるために町が企画したものが愛川ブランド。
愛川自然薯は、栽培しやすいように、改良した自然薯となっています。

さっそく、掘り取り体験をさせていただきました。

Photo_112715_10_34_12

Photo_112715_10_35_07 

Photo_112715_10_35_58
本来は、地面に垂直に伸びている自然薯ですが、
愛川自然薯は、地面と平行に育てていました。
そして、さっそく愛川自然薯をいただきましたよ!

Photo_112715_10_44_46 
4倍の出汁を入れて、なんと皮ごとするそうです!
本当に粘りが強いそしてのど越しもありました!

Photo_112715_10_52_43
和田さんの愛川自然薯は、対面販売を行っています。
お問い合わせは、
090-8811-5907まで!

Photo_112715_11_11_49

続いての愛川ブランドは、『やまっこ山詩舞』!
愛川山菜園にて小林忠行さんにお話を伺いました。

Photo_112715_11_31_46

Photo_112715_11_35_48 
やまっこ山詩舞とは、
シイタケを手作りこんにゃくなどと合わせて甘く煮たお惣菜のことです。
味付けは『ごぼう蓮根入り』『昆布山椒入り』『蒟蒻柚子入り』の3種類です。


この中から、蒟蒻柚子入り、と、
しいたけ煮ぃちゃん、をいただきました!

Photo_112715_11_39_58

Photo_112715_11_45_20
『やまっこ山詩舞』は、
愛川山菜園での店頭販売他、
宮ヶ瀬ダム近くの県立あいかわ公園の売店、
愛川中津にあるグリーンセンターあいかわなどで販売しています!
是非、一度お試しください!

Photo_112715_11_37_31_2

Photo_112715_11_27_00