fyb_switch_to_sp_js

JAあつぎ Feed

2017年9月 9日 (土)

はやく食べてクリ♪  

本格的な秋の訪れを前に、今回は、秋の味覚を先どり!栗に注目します!

20170901_9_30_16
厚木市下川入で栗を生産されています、小宮恒夫さんにお話を伺いました。

20170901_9_56_49
小宮さんは、ちょうど今収穫時を迎えている品種「丹沢」の他に、
そろそろ採れ頃になるものとして、一般的に知られている「筑波」や、人気が高い「利平(りへい)」
という品種などを育てていらっしゃるそうです。

今では厚木では数少ない栗農家さんとして
美味しい栗づくりに力を注いでいらっしゃる小宮さん。

20170901_9_41_16
そんな貴重な栗畑で、私も栗拾いに挑戦しました!

20170901_9_38_13

20170901_9_51_22

20170901_9_31_26
そして!奥様のケイ子さんに、採れたての茹で栗を頂きました!

20170901_10_09_04
小宮さんが育てた栗は、厚木市温水(ぬるみず)にある大型農産物直売所
「夢未市」本店に並んでいます。

小宮恒夫さんのお名前が書かれたシールが目印です!
皆さんも、美味しい秋の味覚を先どりしてみてはいかがでしょうか!


栗は、そのまま頂くだけではなく、様々な形でその美味しさを楽しむことができますよね!
次に注目したのは、そんな栗を使ったスイーツ!

厚木市飯山で、厚木産の栗を使ったシフォンケーキを生産されています
上野公子さんにお話を伺いました。

20170901_11_03_35
ケーキ職人直伝のシフォンケーキ!

20170901_11_27_22
今回は厚木産の栗を使った季節限定のものを頂きました!
上野さんが生産されていますシフォンケーキ、「黄シフォン」!

20170901_11_02_36
「黄シフォン」は、厚木市温水ある大型農産物直売所、「夢未市」本店で、
主に土曜日と日曜日、販売されているそうです。

小宮さんが育てた栗と一緒に、ぜひチェックしてみてください!

「夢未市」

2017年7月15日 (土)

夏野菜料理で納涼気分♪

今回は、暑い季節にオススメ、夏野菜を使ったレシピをご紹介!

ということで、まずはお料理に使う夏野菜を収穫しに、厚木市上荻野にある畑にお邪魔しました。
その畑で農業をされています、今鉾 忠さんと、奥様のセキコさんにお話を伺いました。

今鉾さんのご自宅のそばにある畑で、まずはアイコという種類のミニトマトの収穫から!

20170707_9_44_27

このアイコは、糖度が9度近くあるそうで、フルーツトマトとしても人気の品種です。

20170707_9_21_28

20170707_9_30_56

20170707_9_31_45
ハサミをお借りして、畑に足を踏み入れました!

ミニトマトとツルムラサキの他に、「坊っちゃんかぼちゃ」とよばれる、
小さめのカボチャも収穫させて頂きました。

20170707_9_51_00

20170707_9_51_52

20170707_9_59_32

今鉾さんの畑で収穫したばかりの夏野菜を使ったオススメレシピ、さっそく作ってみました!
この時間は、厚木市水引にあります、JAあつぎ 本所の4階、DaidoCoひなたにお邪魔しました。

レシピを教えて下さるのは、JAあつぎ サザエ会から、
山口洋子さん、小池よし子さん、作川愛子さんです。

20170707_11_53_40

JAあつぎ サザエ会の皆さんのアドバイスのもと、
「夏野菜を使った寒天料理」を作りました。

刻んだ夏野菜を入れて、さらに寒天の液体を注いだカップを、冷蔵庫で冷やして30分ほど。
詳しいレシピをご紹介!

●夏野菜寒天寄せ

20170707_11_54_50
【材料(4~6人分)】

・かぼちゃ・・・100g

・ミニトマト・・・5個

・オクラ・・・4個

・蒸し大豆・・・40g

・パプリカ(赤)・・・1/4個

・枝豆・・・50g

・茹でトウモロコシ・・・40g

・インゲン・・・40g

・ツルムラサキ・・・少々(穂先)

・水・・・400cc

・寒天粉・・・4g

・白だし・・・40cc

・塩・・・少々

 

【作り方】

①かぼちゃは1cm角に切り、柔らかく茹でる。ミニトマトは湯むきして半分に切る。オクラは茹でて3~5mmの小口切り。パプリカは皮をむき5mm角に切る。枝豆は茹でて薄皮をとる。インゲンは茹でて5mmななめ切りにする。ツルムラサキは穂先を使用し、湯通ししておく。

20170707_11_45_55

②400ccの水に寒天を入れ火にかけ、かき回しながら煮溶かし沸騰したら弱火で1~2分沸騰させる。火を止め白だし、塩を入れ味を確かめる。そしてバットに入れる。

20170707_11_25_44

③すべての野菜をバランス良く②のバットに入れ、冷蔵庫で冷やす。

2017年4月 8日 (土)

タケノコ、たべとこ♪

この季節になると食べたくなる「タケノコ」を求めて
厚木市小野にある竹林におじゃましました!

タケノコを生産されています、三橋美智代さんにお話を伺いました。

20170331_9_55_52

三橋さんの案内のもと、細い山道を10分ほど登った先に
空に向かってまっすぐと伸びている沢山の竹に囲まれた丘がありました。

20170331_10_02_40_2

ウグイスの鳴き声も響き渡っていて、とても清々しい場所なんですが、
三橋さんによると、どうやらその辺りに、タケノコが沢山生えているのだそうです!

去年はひとシーズンで出荷本数だけで500本!
お友達にあげた分も合わせると600本以上!

雨が降って日照もあると出てくるそうです。

しかし、今年は気温も関係して例年に比べて
タケノコが出てくるのが遅いそうで、見つけるのが大変でした。

そんな中、三橋さんの甥っ子、凜くんが立派なタケノコを見つけてくれました!

20170331_9_59_19

大人顔負けのセンスを持っていて、将来がとても楽しみです!

20170331_9_20_37

20170331_9_59_01

20170331_9_56_30

タケノコの掘り取りに成功しました!
今年初めて収穫!

三橋さんのタケノコは玉川の直売所メインに、時々夢未市へも出荷されるそうです。
三橋スズ子さんの名前が目印!

続いては、三橋さんがタケノコを出荷しているという直売所
厚木市小野にある「玉川農産物直売所」にお邪魔しました!

20170331_10_26_47

厚木市小野にある「玉川農産物直売所」について
JAあつぎ 女性部の、三橋都子さんにお話を伺いました!

タケノコの他に、三橋美智代さんが出荷されたという菜花を湯がいたものも頂きました。
こちらも酢味噌との相性がバツグンでした!

20170331_10_16_01

 普通に湯がいて、酢味噌で頂く。タケノコの甘味が感じられました。

採れたてのタケノコの目安のゆで時間を伺ったところ
圧力鍋だと20分位、普通の鍋だと1時間位が良いそうです。

ちなみにタケノコは、時間が経つにつれてすぐに味も変わってくる食材です。
採れたてのものをなるべく早く食べることをオススメします!

「玉川農産物直売所」は
本厚木駅から七沢温泉方面に向かう道の途中、玉川沿いにあります。

定休日は毎週水曜日、営業時間は10:00~15:00です。

「玉川農産物直売所」
http://www.jakanagawa.gr.jp/kn5152/store/storemap/tamagawanousanbutsu.html

20170331_10_36_20_2

20170331_10_29_23

今回三か所目におじゃましているのは、厚木市温水にある
JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市 本店」です!

こちらでは、季節限定商品、たけのこを使った加工品が販売されるそうです。
詳しいお話を、イトウユキさんにお話を伺います。

20170331_13_10_17

季節限定商品、「タケノコご飯を使った和風弁当」と、「タケノコと豚肉の山椒炒め」を頂きました!

20170331_13_00_21

20170331_12_59_36

取材後に、さらにもうひとつ、「タケノコの天ぷら」も頂きました!

20170331_12_59_31
JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市 本店」は
小田急線「本厚木駅」から車で10分程で
東京農業大学入口交差点のすぐ近くです!
定休日は第3水曜日、朝9:30~夕方6時まで営業しています。

JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」
http://www.jakanagawa.gr.jp/atsugi/s/yumemiichi/yumemiichi.html

是非チェックしてみてください!



2017年3月11日 (土)

かながわブランド大特集!

厚木市温水にあるJAの大型農産物直売所、「夢未市」本店に行ってきました。
神奈川県内の美味しい目印、「かながわブランド」に注目しました!

20170303_10_09_09

かながわブランド振興協議会事務局の、上原有裕さんにお話を伺いました。

20170303_10_03_19

20170303_10_03_53

かながわブランド登録品とは…
かながわブランド振興協議会が定めた一定要件を満たした、県内農林水産物やその加工品のことを言います。

今の時期でいうと、「三浦のだいこん」「平塚土ねぎ」「厚木トマト」などがあります。
平成29年2月末現在で58品目92登録品を登録されています。

20170303_9_56_46

<かながわブランドの主な要件>
①  消費者ニーズに対応した生産・販売に、組織的に取り組んでいる。
②県民にアピールできる安全性と商品としての特徴がある。
②  統一の生産・出荷基準を守り、一定の品質を確保している 他

20170303_9_54_50

<審査会の実施>
・一次審査(書類)と二次審査(食味など)を実施する。
・審査委員は、野菜ソムリエやおさかなマイスターなど有識者など。

<登録品は、「かながわブランドマーク」が目印>
・かながわブランドは、県内の直売所、スーパーなどで販売している。
・ネット上では、かながわ産品・地産地消アンテナショップサイト「かなさんの畑」。

「かなさんの畑」
http://kanasan-no-hatake.jp


かながわブランドのひとつ、「厚木トマト」。
どんなトマトなのか伺いに、厚木市温水にある厚木トマトのハウスにおじゃましました!

20170303_9_26_21

生産者の木原米雄さんにお話を伺いました!

20170303_9_04_41

木原さんは「マイロック」というトマトの品種をおよそ1700平方メートルの広さのトマトハウスで栽培されています。

20170303_9_07_18

味にこだわったトマトを作りたいという思いから、
あえて補給させる水分を抑えて、トマトの木の根の部分にストレスを与える栽培方法を実践し、
甘さと酸味のバランスが良く、コクのあるトマトに仕上げているそうです!

20170303_9_10_54

特別に収穫体験をさせていただきました!


木原さんのこだわりの味が気になるという方は、
厚木市温水にあるJAの大型農産物直売所、「夢未市」本店のトマトのコーナーで、
「味」と書かれたPOPを探してみてくださいね!


続いて、東名高速道路 下り線の海老名サービスエリアへ行ってきました!

20170303_11_04_11


かながわブランドがどんな風に関わっているのでしょうか?
西洋フード・コンパスグループ株式会社 海老名サービスエリア事業所
飲食担当支配人兼管理担当支配人の、百瀬達郎さんに伺いました。

20170303_10_59_08


東名高速道路上にある海老名サービスエリア下り(名古屋方面)は、全国SA売上高ランキングで1位になる実績を持っていて、
1日あたりの利用者数は、平日1万2000人~1万5000人で、休日はその倍!!

同施設内のフードコートがサポート店として、かながわブランド品をはじめ、
県内産を使った料理を全国から訪れる利用者に提供しています。

20170303_11_08_10

その中のひとつである「パスクーア」は、素材にこだわる本物感、
手作り感を追求した本格派パスタ専門店。この時期は、かながわブランド品の「湘南しらす」や
湘南トマトのピューレを使ったパスタを提供しています。

20170303_11_02_05

20170303_11_02_28

かながわブランドは評判がよく、ベスト5の売り上げ。
お土産コーナーにも「かながわブランド」に認定されているものを使った加工品があるんだそうです。

年に四回ほど、県産食材を使用した神奈川フェアを開催しているんだそうです。
今月から、フードコートメニューグランプリ開催しています。

東名高速道路 下り線の海老名サービスエリアで休憩される際はぜひ、
かながわブランドの味の魅力も堪能して下さいね!

2017年1月28日 (土)

夢未市で手作り甘味市

今回のテーマは、「夢未市で手作り甘味市」!
厚木市温水にあるJAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」で販売されている
おすすめのスイーツに注目しました!

20170123_14_24_09

せっかくなら、スイーツを作っていらっしゃる方に直接お話を聞いてみよう、ということで、厚木市戸田にある加工場に行ってきました!
大貫隆敏さん、そしてお母様のチエ子さんにお話を伺いました。

Photo_6

主にチエ子さんがスイーツ作りを担当されていて、
プリンやお餅などを作られています。
それらを夢未市にも出荷しているんだそうです。

20170123_14_10_20

いろいろ、見せていただきました!
夢未市に出している卵しか使用していない「プリン」です。

20170123_14_09_51

「つぶあんのあんこ」「苺大福」「よもぎのお餅」などなど、紹介していただきました!

20170123_14_16_33

「プリン」をいただきました!
懐かしい味のする、おいしいプリンでした!

20170123_15_21_16

目印は「ちえ子ばあちゃん」というポップです。
ぜひ探してみてください!



JAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」で販売されている、とっておきのスイーツ!
続いては「和菓子」に注目しました!
小田急線「愛甲石田駅」の目の前にある和菓子屋さん、「幸月堂」におじゃましました!

20170123_12_53_10

20170123_13_33_12

「幸月堂」の浅井幸一さんにお話を伺いました。

20170123_13_12_16

神奈川県指定銘菓でもある、「愛甲亀もなか」や焼き菓子の「栗っ娘」。
などなど、様々な和菓子がいっぱいでした!

夢未市には塩大福、最中、どら焼き二種類を出荷されています。

20170123_13_09_15

20170123_13_23_11

「愛甲亀もなか」と「栗っ娘」をいただきました!

「愛甲亀もなか」は大きくて、薄皮。ちょうど良い甘さでとっても美味しかったですよ!
「栗っ娘」は栗そのものを贅沢に楽しめる一品でした!

20170123_13_23_59

20170123_13_08_07

営業時間は、月曜日~土曜日 8:15~18:00
      日曜日は午前中のみの営業
定休日は、毎月第三水曜日です。

ぜひ食べてみたいという方は、「幸月堂」に直接来ていただくか、
または厚木市温水にあるJAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」に行ってみてください!








2016年11月12日 (土)

うどん打ち体験in愛川

今回は愛川町に行ってきました!
待ちに待った、うどん打ち体験の日!

20161105_12_39_24

20161105_12_43_38

まずは、どんな材料を使うのか伺いに、愛川町三増にある製粉所におじゃましました!
JA県央愛川 高峰支所の高瀬しゅういち支所長にお話を伺いました。

20161105_12_47_35

こちらは、組合員が生産した小麦やお米を製粉・精米する場所です。
小麦を機械に投入すると、砕かれ、小麦とふすまに分かれるんだそうです。
うどん打ちに使った粉は、町内で生産された小麦を使用しているんだそうです!

20161105_12_48_51

20161105_10_27_16

愛川町三増にあるJA県央愛川高峰支所の調理室を使わせていただきました!
抽選の上ご当選されたリスナーの皆さんとうどん打ち体験開始です!

20161105_13_04_31

うどんの打ち方は、天利かずおさんにお話を伺いました!

20161105_10_35_40

材料は、うどんの粉。それと食塩水です。
だいたい100グラムが一人前です。

20161105_10_42_45

20161105_10_49_35

20161105_10_49_53

20161105_10_53_37

食塩水は、少しずつ数回に分けて入れます。
あとは、こねるだけ!

20161105_10_51_04

20161105_10_52_53

20161105_10_54_57

参加した皆さんで、こねました〜!

20161105_10_56_57

20161105_10_59_42

20161105_10_59_00

その後、ビニールに入れて足でこねていきます。
コツは頑張ること!

うどんの生地が完成したら、製麺機で麺を作ります!

20161105_11_21_42

20161105_11_20_50

20161105_11_25_00
20161105_11_37_27

20161105_11_36_50

20161105_11_44_30

20161105_11_45_30

麺が出来たら、ゆでていきます!

20161105_11_46_24

20161105_11_40_22

20161105_11_34_14

20161105_11_34_39

20161105_11_52_11

うどん打ち体験に参加された皆さんの準備も整ったところで、
うどんを頂きました!

20161105_12_02_32

20161105_11_53_17

今回はうどんの他にも、愛川町産の野菜を使ったかき揚げとけんちん汁、
愛川町で生産されている清流米「愛ちゃん」を使って天利さんが握ったおにぎりなどが
テーブルに並べられ、お腹いっぱいになるまで頂きました!

20161105_12_04_07

20161105_12_08_19

20161105_12_06_34

20161105_12_07_29

20161105_12_06_09

20161105_12_05_31

また、今回のような企画をやりたいと思いますので、
その際には番組でお伝えしたいと思います!

20161105_13_06_22_2

今回イベントを開催した愛川町では明日・13日の日曜日、
「ふれあい JAまつり」と題した秋の大収穫祭が開催されます!
場所は、愛川町役場本庁舎裏側・かえでの広場で、朝9時30分から午後3時までの開催です。
季節の農産物や果物の販売のほか、お楽しみ大抽選会などの各種イベントもご用意しています。

詳細は下記のURLから!
http://www.jakanagawa.gr.jp/aikawa/flier/fureaiJAmatsuri28.pdf

2016年10月29日 (土)

料亭の味 かぼす

今回は、料亭の味に欠かせない食材のひとつ、カボスに注目しました。
おじゃましたのは、厚木市七沢にあるカボス畑です!

20161024_10_58_11

こちらでカボスを生産されている、井一信義さんにお話を伺いました!

20161024_11_02_33

20161024_10_59_06

約50アールに、400本のカボスの木があるそうです。

井一さんが代表を務めるNPO法人「里山ネットあつぎ」では、
平成15年ごろから地域の活性化と遊休農地対策としてカボスの栽培をスタート。
現在では神奈川県内では一番のカボスの耕作面積を誇っているそうです。

20161024_11_01_33

20161024_11_00_43

「黄熟かぼす」と「青かぼす」を栽培されていらっしゃいます。

20161024_11_04_21_1

特別に収穫体験をさせていただきました!
そして、青かぼすを搾ったものをいただきましたよ!

20161024_10_58_51

11月一杯位までが収穫時期だそうです。
NPO法人「里山ネットあつぎ」が栽培するカボスは、
毎週日曜日と祝日の午前9時から午後3時まで開催されている
朝市「七沢日曜なんでも市」で販売されています。
こちらは、黄金井酒造前で開催されていますよ!

20161024_11_25_00

20161024_11_22_21

また、七沢温泉郷にある温泉旅館 「七沢荘」には、
厚木の食ブランド「OECフード」に認定されている
オリジナルのかぼすゼリーが販売されていますので、温泉旅行のお供にもぜひチェックしてみてください!



NPO法人「里山ネットあつぎ」が栽培するカボス。
そちらを使ったラーメンを提供されているお店があるということで、
厚木市七沢にあるラーメン屋さん「ZUND-BAR」におじゃましました!

こちらは、東名高速道路厚木ICから県道64号線を宮が瀬方面へ25分程。
七沢荘の近くにあります。

20161024_10_27_04

20161024_10_11_17

店長の平田展祟さんにお話を伺いました。

20161024_9_45_22

大山の天然水を使って厳選素材を煮込んだスープのラーメンで、
女性一人でも入りやすいようなおしゃれな店構えなんです。

都内に7店舗、横浜に1店舗ある、「AFURI」が姉妹店なんです。

20161024_9_49_30

20161024_9_41_29

カボスが使われているのは、土日祝日のみの限定ラーメン「あら炊きらーめん」です。
こちらをいただきました!
魚介のいい香りがして、とっても美味しかったですよ!

20161024_9_42_10

20161024_9_42_43

20161024_9_42_52

お店の軸となっているのは、塩らーめんと醤油らーめん。
そこからさらにスープの味が2種類、さっぱりと頂ける「淡麗」と、
まろやかな味の「まろ味」が選べます。
もちろん、それ以外にもオリジナルのラーメンがあって、こちらもリピーターを中心に人気なんだそうです。

20161024_10_19_16

他にも、お客さんの3人に1人は注文すると評判のソフトクリームも頂きました!
なめらかで美味しかったですよ!

20161024_9_43_08

営業時間は、土日祝日 9:00-21:00 / 平日 11:00-21:00
水曜日定休、水曜日が祝日の場合は営業していますよ。

人気店ですので、ランチタイムの午前11時頃から午後1時頃までは大変混雑するそうです。
ただ、それ以外の時間帯ですと比較的スムーズにお席を用意する事が出来るそうですので、
ピーク時を避けてお店に行かれることをオススメです!

「ZUND-BAR」
https://www.facebook.com/zund01/






2016年6月 4日 (土)

シャキッとおいしいニラ〜

今回は、スタミナ料理などに欠かせない食材、「ニラ」を求めて、
厚木市戸田にある、ぶどうのハウスにおじゃましました!

20160530_11_02_42

ニラを栽培されている、鈴木久昭さんにお話を伺いました。

20160530_10_51_05

20160530_10_50_23

7年前、ぶどうの樹が小さかった頃にスペースを活用するために
ニラの生産を始めたんだそうです。
長さ45メートルのハウス。その両側に一列130株ほどのニラが栽培されていました。

20160530_10_58_23

20160530_10_59_53

ニラの収穫体験をさせて頂きました!

20160530_11_00_01

20160530_11_01_50

切った瞬間から、切り口にはニラの香りと共に
水分が溢れてきて、とても瑞々しかったです。

20160530_10_51_33

20160530_11_30_28_2

鈴木さんが育てたニラは、
厚木市温水にある大型農産物直売所「夢未市 本店」に出荷されています。
ぜひそちらで、鈴木さんのお名前のシールが貼られたニラを探してみてください!


続いてはおじゃましたのは、鈴木さんのニラも出荷されている
厚木市温水にある大型農産物直売所、「夢未市 本店」です。

20160530_11_27_33

20160530_10_04_10


そちらの調理室で、ニラを使ったオススメレシピを
JAあつぎ 生活技術顧問の、中澤美智子さんにお伺いしました。

20160530_9_42_03

20160530_9_46_33

ニラを使ったオススメレシピ、まずは「ニラ醤油」を教わりました!

20160530_9_59_12

20160530_10_05_42

一ヶ月程度なら冷蔵庫で保存できるそうなので、
この夏に向けて常備しておきたい一品ですね!

20160530_9_53_52

20160530_9_58_51_2

続いて、「ニラ醤油」と、それを使ったアレンジレシピ
「夏のスタミナうどん」を教わりました!

20160530_10_02_49

20160530_10_07_29

さっそく頂きました!
さっぱりとした中にも、ニラの香りがしてとっても美味しかったです。

20160530_10_11_53

ニラには、「ビタミンA」、「ビタミンK」、「ビタミンB2」など
多くの栄養素が含まれているので、
夏バテが心配なこれからの時期には
さっぱりと頂けるお料理の方がありがたく感じたりしますよね。

20160530_9_57_49_2

「ニラ醤油」と「夏のスタミナうどん」のレシピです。
皆さんもぜひ作ってみてください!

2016年1月30日 (土)

番組オリジナル弁当誕生!

今回は、厚木市から!
私・小野木梨衣考案、番組オリジナル弁当の完成と発売のお知らせです!

まずは、お弁当のメインとなる食材選びから!

20160122_13_04_02

やはりここはインパクトのあるお肉を!という事で、厚木市上落合にある
養豚農家「臼井農産」の直売所「うすいファーム」で、
厚木産の豚肉の肩ロースをセレクトしました。

20160122_13_29_36

お話を伺ったのは、「うすいファーム」マネージャーの渡辺竜之介さん。

20160122_13_23_30

20160122_13_09_42

20160122_13_19_22

20160122_13_31_30

こちらのお肉は鮮度の良さが素晴らしく、
レジカウンター横に売られているコロッケなども最高!
鮮度の良さから「レバカツ」という人気商品も!
お近くに来られた際にはぜひ立ち寄ってみて下さいね!

養豚農家臼井農産の直売所「うすいファーム」

「うすいファーム」で仕入れた豚肉の肩ロースを手に、
次は厚木市温水にあるJAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」へ!

20160122_9_58_55_2

店長の室賦克彦さんに、お弁当の販売に向けての交渉をしました!

20160122_9_56_07

20160122_9_17_20

こちらでお弁当の食材集めをして…

20160122_11_58_54
JAあつぎの栄養士、青柳ゆかりさんに
お弁当作りのポイントを教えて頂きながら、調理開始!

20160122_11_02_24

20160122_11_15_03
完成しました~~!!

題して、「とろーりやわらか 厚木肉肉チャーシュー弁当」!

20160122_11_32_33
室賦店長、加工室のイトウさんから満足な感想を頂けたので、
発売が決定しました!

20160122_11_23_08
発売は本日(1月20日・土曜日)から2月7日・日曜日までの九日間です!
場所は厚木市温水にあるJAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」。
朝9時30分開店です。
お値段は680円(税込み)。

POP.pdfをダウンロード

ぜひ、期間中に召し上がってみて下さい!

JAあつぎ ファーマーズマーケット「夢未市」

2015年11月14日 (土)

魁!あつぎ農業塾

今回は、漬物に注目!

20151111_11_47_01
まず訪れたのは、
厚木市三田南にある漬物加工工場、馬場食品さんです!

20151111_11_47_01_1
お話を伺ったのは、代表取締役、馬場博さんです。

20151111_11_46_56_2 
こちらは、白菜、きゅうり、大根づけが主力商品となっています。

Dscn9815

Dscn9818

Dscn9820

Dscn9821

Dscn9822

Dscn9823

Dscn9824

Dscn9825

Dscn9826
大事なのは加工技術より、野菜そのものの良さ!
なるべく野菜は、刻まないように心掛けているそうです。

Dscn9827
いただいた、『ゆずかぶ』は、生協などで販売。
また『かつお香る糠搾り大根』は関東エリアのローソンなどで、
『秋本食品 BS』という表示で販売されています!
是非一度、ご賞味ください!

20151111_11_46_59

20151111_11_47_00_1

20151111_11_46_58_1

20151111_11_46_59_1_2

続いては、馬場食品さんにお野菜を提供されている農家さんのもとへ。
厚木市下荻野の畑にて、
成瀬隆さん、息子さんのともひろさんにお話を伺いました。

20151111_11_47_02_1
漬物野菜は、夏はナス、春、秋にカブと大根を提供されているそうです。

20151111_11_47_04_1

20151111_11_47_03_2 
実は成瀬さん、つい3~4年ほど前までは、
システム開発の会社をやられていたそうで、
農業をはじめるにあたり、『JAあつぎ農業塾』に通ったそうです。
その『JAあつぎ農業塾』を担当されている鈴木泰裕さんにもお話を伺いましたよ。

20151111_11_47_02 
平成19年開校。今年で8年目をむかえた『JAあつぎ農業塾』
新規就農者の育成と地域住民に農業学習の場を提供することを目的としています。
1年目は基礎・応用コース、2年目が就農コース、
そして3年目が出荷・販売コースとなっています。
農業を1から教えてくださり、農機具の貸し出しも行っています。


さらに新規就農者の方のために、昨年4月からは
JAあつぎ、厚木市、厚木市農業委員会の3者が相談・支援窓口を一本化した
「厚木市都市農業支援センター」を開設し、
農地相談や、栽培指導、助成関係など相談を受けているそうです。


『JAあつぎ農業塾』は、来年度の募集は来年2月上旬に行う予定です。
詳しくは、下記サイトJA厚木までお問い合わせください。
JAあつぎ



そして、いよいよ来週の21日(土)22日(日)は、JAいせはら農業祭りが開催。
番組も放送400回を記念し、21日の土曜日に、こちらのお祭りに参加いたします!
11時から番組オリジナルグッズや、
番組内で収穫したさつまいもを調理し皆様にふるまう予定です!
是非こちらにも遊びに来てください!
JAいせはら農業祭り