fyb_switch_to_sp_js

JAいせはら Feed

2017年3月18日 (土)

始めよう「朝たま習慣」♪

今回は新鮮でおいしいたまごに注目しました!
まずは美味しいたまごを求めて、伊勢原市西富岡にある養鶏場、安達養鶏におじゃましました。

20170313_14_53_31

有限会社 安達養鶏の、安達明弘さんにお話を伺いました。

20170313_14_30_37

20170313_14_43_59

後継者不足などで周辺の養鶏場が少なくなっている中、
お父様から養鶏の仕事を引き継ぎ、こだわりの卵を作り続けていらっしゃる安達さん。

20170313_14_44_48

20170313_14_44_55

時間をかけて育てた鶏たちが生むその卵は、
卵嫌いだったお子さんや、お年寄りの方にも食べてもらえたと評判なのだとか。

20170313_14_48_29

20170313_14_50_39

特別に卵かけ御飯をいただきました!

20170313_14_52_39

とっても美味しかったですよ!!
半熟ゆでたまごと茶碗蒸しがオススメらしいですよ!

20170313_14_29_33

店舗以外では、伊勢原市の農産物直売所「あふり~な 比々多店・伊勢原店」、「高部屋支所」「大山支所」「成瀬支所」で販売しています。

安達養鶏の営業時間は朝9時から夜6時まで。月曜日定休日。

大地で養う卵と書いて、「地養卵」。
その名前が入ったラベルが目印となっていますので、見つけたらぜひ、買って食べてみてくださいね!




続いて、「プリン」に注目しました!
伊勢原市西富岡にあるお店、勝栄舎牧場 菓子工房「Share」におじゃましました!

20170313_13_22_03

20170313_14_05_45

勝栄舎牧場 菓子工房「Share」の中村 康弘さんにお話を伺いました。

20170313_13_28_19_2

20170313_13_23_26

牧場を意識したナチュラルな雰囲気の店内。
牧場直営の搾り立ての牛乳と地元の卵を使ったプリンがメインなんだそうです!
「まきばの贅沢」が看板商品だそうですよ!

20170313_13_46_02

「とろけるプリン まきばの贅沢」と「カカオ香る 大人のショコラ」をいただきました!

20170313_13_51_13

その他、「キャラメルプリン」、「クリーミーチーズプリン」、「ロイヤルミルクティープリン」などなど…
どれもオススメですよ!

20170313_13_34_15

水・土曜日定休。
営業時間は、月、火、木、金の11時~15時。
日曜日・祝日は11時~16時30分。

売り切れ次第終了なので、お早目のご来店を!


勝栄舎牧場 菓子工房「Share」

2017年1月14日 (土)

エリーの休日♪~伊勢原篇~ 

2017年が、素晴らしい一年になりますように!
今回は、お参りをしながら大山周辺を散策に行ってきました!

20170106_11_42_55

伊勢原観光ガイドの西部周子にアテンドしていただきました!

20170106_12_02_30

神奈川県内屈指のパワースポットとして、現在も沢山の方に親しまれています。
取材した日はお正月三が日も終わった頃だったのですが、
新年を迎えたばかりということで、参拝客はもちろんのこと、ハイキングに来られた方も沢山いましたよ。

Photo

20170106_13_05_58

ケーブルカーに乗って大山寺に途中下車、その後大山阿夫利神社まで行ってきましたよ!

20170106_12_49_16

めぐろくにひこさんにお話をお伺いしました!

20170106_13_43_51

おみくじを引きました!
なんと!大吉でした〜!

20170106_13_44_43

大山詣りを堪能しました!




参拝も済ませたところで、ちょっと休憩がてら寄り道をしました。
大山ケーブル駅手前、「こま参道」沿いにあるお店、大山ウルワシ本舗におじゃましました!

20170106_14_18_34

20170106_13_57_40

大山ウルワシ本舗の、石井とし子さん、松本 秀樹さんにお話を伺いました。

こちらは、自家製のコンニャクイモ100%使った各種コンニャクが味わえるお店で、
大山の湧き水で冷やされたコンニャクは、登山に訪れる観光客の皆さんにも大人気となっているそうです!

Photo_2

今回は特別に、こちらでこんにゃくの手作り体験にチャレンジさせていただきました!

20170106_13_41_13

ちょっと休憩のつもりが…大変でした。

20170106_13_53_25

こんにゃくの味噌田楽、からし酢味噌をつけた田楽、こんにゃくの煮物をいただきました!

20170106_13_50_42

営業時間は、
平日は9時〜16時半。
土日は9時〜17時。
おやすみは、不定休だそうです。

20170106_11_23_19

こんにゃく本舗では、丹精込めて作られた手作りこんにゃくを手軽に頂くことができます!
こま参道を通る際にはぜひ立ち寄ってみてください!

こんにゃくの手作り体験、今回は特別にお店でやらせて頂きましたが、
イベントなどで体験教室を開いてみたいという方は、大山ウルワシ本舗へ問い合わせてみてください。

2016年8月27日 (土)

とうがらしどうかしら?

残暑が厳しい日が続きますが、そんな時こそ辛いものを食べて乗り切りましょう!
今日は、伊勢原の辛~い名産品、大山とうがらしを求めて、
まずは伊勢原市子易にある、とうがらし畑におじゃましました。

20160819_9_33_50_3

とうがらしを育てていらっしゃる、鈴木喜代子さんにお話を伺いました。

20160819_9_33_08

大山とうがらしは、大山で栽培される固有種として認められているそうです。
生産されている農家さんも少なく大量に作れないため、希少品として人気が高いそうです。

20160819_9_34_57_2

鈴木さんのとうがらし畑は、130年以上。
4代も続いている、歴史あるとうがらし畑なんです!

20160819_9_30_28

鈴木さんはこちらの農園で5種類のとうがらしを栽培されていらっしゃいます。
収穫時期は秋という事で、大山とうがらしはまだ緑色ものが多かったのですが、
特別に今回、少し食べさせて頂きました!
唐辛子の種類によって、辛みが全然違うんです。

20160819_10_33_01

鈴木さんはご自身のお店でのみ、とうがらしを出荷されているそうなので、
その「鈴木とうがらし店」におじゃまさせて頂きました!
大山ケーブル駅に向かう途中のこま参道沿い。
参道に描かれたコマの18番目付近に出店されています。
「元祖大山名物七味とうがらし おばあちゃんの店」という文字が目印です。

ご主人の鈴木幸男さんにお話を伺いました。

20160819_10_31_08
辛いものから辛くないものまであって、予約をすると特別に調合もしてくれるそうですよ!

20160819_10_45_13

「七味」は中辛⇒大辛⇒特辛の順に辛いそうです。
「一味」は純粋な唐辛子だそうですよ。
味見させてもらいましたが、それぞれとっても美味しかったですよ!

20160819_10_30_31

20160819_10_33_20_2

土日祭日と、大山のイベントの時だけ出店されるそうです。
営業時間は、9時半頃から4時半頃まで。
お正月は連日出店されているそうです。
宅配で郵送もされていますよ!

また、毎月第一日曜日に開催される伊勢原市民朝市にも出店しているそうです!
こちらは雨天の場合も屋内で販売されているそうですよ。

せっかくこま参道までやってきましたので、
続いてはどんなお店があるのか、歩いてみました!

こま参道の中では上のあたり、大山ケーブル駅寄りの辺りにあります、「ゑびすや土産店」におじゃましました!

20160819_11_38_22

鈴木靖彦さんにお話を伺いました。

20160819_11_39_08

木彫りのものや大山のこま、けん玉など昔ながらのお土産があり、コマづくりのスペースもあるんですよ!
大山のコマは縁起物で、金回りが良くなるそうです!
江戸時代中期から続く伝統工芸品「大山こま」。
当時は大山詣での参拝者向けに製造・販売されていたそうで、
現在は大山の代表的なお土産品となっているそうです。

また、大山の名産品はきゃらぶき!
かなり人気があるそうですよ。

20160819_11_40_19

食事もできるということでしたので、
お食事処の奥のお座敷におじゃましました!
横には川が流れていて、川の音が涼しげで最高でした。

20160819_11_22_06_2

20160819_11_19_57

冷たいとろろそばと冷ややっこを頂きました。
とろろそばは、のどごしも良く、つるっと頂けます。
あとをひく美味しさでした!
お豆腐も風味がしっかりしていて、まろやかで美味しかったです!

20160819_11_39_58

営業時間は、朝9時から夕方5時まで。
お休みは不定休だそうです。

20160819_11_38_36_2

こちらには他にも沢山メニューがあって、
川のせせらぎを聴きながら心地良いひとときが楽しめますよ。
大山の登山や阿夫利神社などに行かれた際には、
こま参道で、今日ご紹介したお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

2016年6月25日 (土)

生でも美味い!きくらげ

今回、炒め物やラーメンなどなど、中華料理にピッタリの食材、きくらげに注目しました!
おじゃましたのは伊勢原市西富岡にある、きくらげの栽培施設です!

20160617_13_03_03

JAいせはら、きのこ部会 委員長の武井隆次さんにお話を伺いました。

20160617_12_22_52_3

20160617_12_23_16_2

9年位前に夏場の栽培用として始めたそうです。

白くて四角い箱はキクラゲの菌床で広葉樹のコナラ、クリ、サクラなどが詰まっています。
菌床に切れ目を入れてから20日位で立派に育つんだそうです。
収穫は6月上旬から10月位までだそうですよ。

20160617_12_53_57

生きくらげは全国的にはまだまだ普及していなくて、沖縄などで盛んだそうです!

20160617_12_53_22_2

生きくらげの収穫にチャレンジしました!

20160617_12_58_04_2

20160617_12_58_15_2

耳のような形で、触った感触も耳たぶみたいに柔らかかったです!

20160617_13_11_56_2

酢の物で食べるのが、オススメだそうです。
キュウリ、ワカメ、イカかタコを三杯酢につけて食べると美味しいそうですよ!

20160617_11_56_51_2

20160617_13_13_17_2

武井さんのきくらげは、JAあふり~な伊勢原店、高部屋店、比々多店、大田店や、
市内のスーパー、横浜丸中青果、全農のベジフルセンター、
海老名サービスエリアなどで販売されています!
お立ち寄りの際は、武井さんのきくらげを是非探してみてください!

20160617_13_13_03_3

取材の後、収穫したての生きくらげを湯通ししたものを、わさび醤油で頂きました!

一般的に出回っているきくらげは、中国などからの輸入品が98%を占めるため、
安全・安心・顔の見える伊勢原産のものは、大人気となっているそうです。
生産量自体が少ない生のきくらげですから、まずはわさび醤油だけで
その食感を味わってから酢の物や中華料理などに使ったりする事をオススメします!

続いて、伊勢原市伊勢原にあるイタリアンレストラン、
「trattoria オリーヴの樹」におじゃましました!

20160617_14_10_42_2

オーナーシェフの米山一義さんにお話を伺いました。

20160617_13_48_35_2

こちらのお店は2000年秋にオープン。
伊勢原は農産物が豊富で果物も美味しいので、それを活かしたいという思いがあるそうです!

20160617_13_53_52_2

地元の農家さんが作ったお野菜中心に、
卵や豚肉、エディブルフラワーなども使っているそうですよ!

また米山さんは月に一回、厚木のヨーカドー上にある、
セブンカルチャークラブで料理教室の講師もご担当されているんだそうです!

20160617_13_49_16_2

20160617_13_48_24_3

20160617_13_50_22_2

地産地消と食材の旬を大切にして、メニューも定期的に更新しているというこちらのお店。
ランチタイム、ディナータイム共に、
食材を活かしたオリジナルメニューがお手頃な価格で頂けます!

20160617_14_09_12_2

旬のきくらげ、モロッコインゲン、王様トマト、旬のイカのトマトソースのパスタ。
番組の放送に合わせて、特別に作って頂いたメニューです!

“「JA Fresh Market」流 生きくらげの新感覚パスタ”と命名させていただきました!

20160617_14_09_36_4

生きくらげを使ったデザートも特別に作って頂きました!
生姜のゼリーと生きくらげを合わせたという、大胆な作りなんですが、
味も食感も新しく、とても美味しく頂けましたよ!

20160617_14_14_43

きくらげは中々出回らないので、食べてみたい方は
事前にお電話で確認をしてみてください。

営業時間は、
ランチ 11:00~14:15ラストオーダー
ディナー 17:30~22:00ラストオーダー
定休日は、毎週日曜日と第二土曜日です。

イタリアンレストラン 「トラットリア オリーヴの樹」
https://ja-jp.facebook.com/trattoria-オリーヴの樹-274070832630724/

2016年4月30日 (土)

いせはらアスパラダイス♪

 今回、まずは日々の献立にはもちろん、
お弁当にも欠かせないおなじみの野菜、アスパラガスに注目しました!

20160422_11_19_25

伊勢原市上粕屋にある、アスパラガスが育てられているという
ハウスの中におじゃましました。
アスパラガスを栽培されている、細野 真哉さんにお話を伺いました。

20160422_10_37_09

20160422_10_47_07

細野さんがアスパラガスの栽培を始めたのは、今から12年前。
周辺にアスパラガスの販売をされている方がいなかったことから、
直売所への出荷用にとチャレンジしてみたのだそうです。

20160422_11_12_56

アスパラガスは育つと木のように大きくなるんです。
皆さんはご存知でしたか?

20160422_10_45_27

当初は露地栽培で生産されていたそうですが、
現在では全部でおよそ1000平方メートルの広さで、
ハウス栽培をされているそうです。

20160422_11_21_10

20160422_11_21_25

そんな細野さんのアドバイスのもと、アスパラガスの収穫体験に挑戦しました!

20160422_11_04_13

20160422_11_05_51

アスパラは油との相性が良く、揚げたり、マヨネーズと一緒に頂くと美味しいそうです。
春のアスパラは茹でただけのものがオススメ!
上よりも、下の部分の方が甘味が強んだそうです。

20160422_12_39_35

20160422_10_07_29

細野さんが育てたアスパラガスは、地元の直売所の他に
伊勢原市田中にある大型農産物直売所「あふり~な 伊勢原店」でも、
準備が出来次第出荷されるそうです。
細野 真哉さんのお名前があるアスパラガスを見つけたら、ぜひその味を楽しんで下さい!

20160422_11_21_39_2

続いては、伊勢原市岡崎にある、旬の地場野菜が頂けるという料理店、
「家庭風懐石料理 花と器の店」におじゃましました!
岡崎城址「無量寺」の近くの住宅地の中にある、民家のような隠れ家的お店でした。

20160422_13_42_07

20160422_13_42_41

20160422_13_51_20

「花と器の店」の店主、宮川 美知子さんにお話を伺いました。

20160422_13_48_45

18年前にオープンした、家庭風懐石のお店です。
野菜を中心とした季節の旬なものを使っているそうです。

20160422_14_19_24_2

手作りがモットーで、料理は宮川さん一人で全部作っているそうです。
和室は全部で3部屋あり、奥は囲炉裏もある人気のお部屋になっていました。

20160422_14_18_55

メニューは毎月変わり、昼食には3つのコースがあるそうです。

20160422_14_05_50

20160422_14_12_37

20160422_14_00_45

今回は、一番人気の2160円コースをご用意して頂きました。

20160422_14_30_26_2

20160422_14_31_22

2品のデザートもおいしく頂きましたよ!

20160422_14_04_30

こちらのお店は完全予約制となっていますので、お電話で事前予約をお願いします。
詳しくは、お店のHPをチェックしてください!

家庭風懐石料理 『花と器の店』
http://hanatoutsuwa.jp/top.htm





2016年3月12日 (土)

地産地消の健康食!

20160304_16_02_17

今回は、伊勢原協同病院の地産地消の取り組みに注目!
お話を伺ったのは、栄養室長の石井洋子さんと、栄養室・主任の杵淵 香純さん。

20160304_15_57_44

小田急小田原線「伊勢原駅」から歩いて15分ほど、
伊勢原市役所のすぐそばにある伊勢原協同病院。

JAいせはら野菜部会の地場野菜出荷グループと契約して、
平成17年から入院患者さんの給食に地場野菜を積極的に使っています。

こちらで実際に出されている地産地消メニューの中から、
「焼き葱」と「ねぎのポタージュ風」、そして「キャベツしゅうまい」を頂きました!

【焼き葱】

20160304_15_16_42

20160304_14_56_03

【ねぎのポタージュ風】

20160304_15_21_50

20160304_14_55_49
【キャベツしゅうまい】

20160304_15_19_38

20160304_14_56_23

伊勢原協同病院では、広報誌「すこやか」に毎回、健康レシピを載せている他、
地場野菜料理教室なども行っています。

詳しくは伊勢原協同病院のHPをチェック!

伊勢原協同病院・栄養室


続いては、伊勢原協同病院にお野菜を出荷されている
伊勢原市小稲葉の農家さん、吉野誠さんにお話を伺いました!

20160304_14_01_48

吉野さんは、伊勢原協同病院に野菜を納品している
JAいせはら野菜部会「地場野菜出荷グループ」の代表を務めていらっしゃいます。

ちなみに、吉野さんと伊勢原協同病院の栄養室長、
石井さんは大学時代の同級生だったそう!

20160304_13_27_04

現在収穫の時期を迎えていて、実際に病院に出荷されている
一本ねぎの収穫体験をさせて頂きました!

20160304_13_57_39

20160304_13_23_51

体の中から調子を整えてくれる、病院給食。
せっかくなら、地元のお野菜を使った美味しいメニューを頂きたいですよね。
伊勢原協同病院の取り組みに、今後も注目していきましょう!

2015年11月28日 (土)

祝✩番組放送400回!収穫祭

今回は、『JAFreshFarm』のサツマイモ収穫を行いました!
ご協力いただいたのは、JAいせはら 営農技術相談員、二見敬男さんです。

Photo_112515_14_31_54_1

Photo_112515_14_31_57_1

Photo_112515_14_31_55_1 
蟹もいましたよ♪

Photo_112515_14_31_54 
そしてこのサツマイモを持って
先週行われた『JAいせはら農業祭』に行ってきましたよ!

Photo_112115_08_58_35
この日はお天気にも恵まれ、絶好のイベント日和でした。

Photo_112115_09_07_32 
収穫したさつまいもをスティック状にし、素揚げして、砂糖と塩で和えたもの、
それと、JAFreshMarketのオリジナルグッズを無料配布いたしました!

Photo_112115_08_58_07 

Photo_112115_09_02_10

Photo_112115_10_47_47

Photo_112115_09_05_40

Photo_112115_10_56_48

Photo_112115_10_56_58 
並んでくださった方、ありがとうございました!



JAいせはら農業祭りは、非常に盛り上がっていましたよ!

Photo_112115_08_36_42

Photo_112115_08_39_12

Photo_112115_08_43_59

Photo_112115_08_44_50

Photo_112115_08_58_35_2

Photo_112115_09_14_25

Photo_112115_09_24_03

Photo_112115_10_19_29

Photo_112115_10_19_55

Photo_112115_10_20_39

Photo_5

そして、JAいせはら青年部のブースでは、ポン菓子が作られていました。

Photo_112115_08_55_00 
お話を伺ったのは、今年度委員長の山本一浩さんです。

Photo_112115_10_01_04 
実際に聴いたポン菓子の音には驚きました!

Photo_112115_09_25_00

Photo_112115_09_26_04

Photo_112115_09_33_10

Photo_112115_09_34_36


にんじんを模した袋がとても可愛かったです!

Photo_112115_09_45_02

続いてお話を伺ったのは、
JA神奈川県中央会、副会長の長嶋喜満さんです。

Photo_112115_12_15_08_2
農業だけではなく、市民と一体になって、農業事業を理解し、
今後も取り組んでいきたい!とのことでした。


そして、番組でもお伝えした放送400回を記念したプレゼント情報です!

・JAFreshMarketのオリジナルグッズ 5名様

Photo_2
・米屋きゃらぶき本舗の佃煮「きゃらぶき」 2名様

Photo_3

・横浜市磯子区岡村の洋菓子店「欧風菓子フリアンドール」から
 横浜産のレモンを使った『檸檬ケーキ』5個入り  3名様

Photo_4 
応募メールアドレス
fresh@fmyokohama.co.jp

件名に、ご希望の商品「○○希望」と書いて
住所、氏名、年齢、電話番号を明記の上ご応募ください。
締め切りは、11月28日(土)、本日までです!
※当選者の発表は、発想をもってかえさせて頂きます。 

2015年10月17日 (土)

ご飯に佃煮が、つくだにぃ~♪

今回まず訪れたのは、
伊勢原市下谷にある、下谷検査場。

20151009_18_32_57_1
お話を伺ったのは、JAいせは農営経済部 直販課、
お米の検査員でもいらっしゃいます坂上浩幸さんです。

20151009_18_33_02 
阿夫利清流米 とは、
JAいせはら管内でとれた『キヌヒカリ』という品種のことです。

20151009_18_32_59

20151009_18_33_00_1

20151009_18_33_00

20151009_18_33_01_1_2


こちらでは、農家さんから届けられたお米が、
検査員による検査後、機械で選別、そして小分けされるわけですが、
こちらでは精米はしていない、玄米販売となっております。

20151009_18_33_01

20151009_18_33_03
白くてツヤがあり、冷めても美味しい阿夫利清流米
伊勢原市内6か所のJA直売所で今年も新米が出荷されています!


新米は、水分が多く含まれているため、
いつもより水分を少なめに炊くと美味しく炊けるそうです!

20151009_18_32_41

20151009_18_32_43_1_2

20151009_18_32_44_1_2
続いて伺ったのは、伊勢原市大山、旧大山参道沿いにあります、
『米屋きゃらぶき本舗』にやってきました!

20151009_18_32_52
お話を伺ったのは、槇島由妃代さんです。

20151009_18_32_52_1
きゃらぶき とは、
野山に自生しているノブキを塩漬けし、大山の水で一日がかりで塩出しし、
その後二日がかりで国産1番絞りの天然醸造のお醤油で煮詰めた物。

20151009_18_32_56_1 

20151009_12_36_06

20151009_18_32_51_2
そして、ごはんにあう一品
試食させていただきました!

20151009_18_32_54_2_2

20151009_18_32_54_1

20151009_18_32_55

 

20151009_18_32_54_3

20151009_18_32_55_1

20151009_18_32_54

20151009_18_32_56 
こちら、『米屋きゃらぶき本舗』の佃煮は、
小田急線「伊勢原駅」にて販売他、
伊勢原駅北口の観光案内所でも販売しております。
また地方発送もしているそうなので、是非お試しください!

20151009_15_10_05

20151009_15_12_09

20151009_15_12_50

20151009_18_32_57
そしてこの週末は、今回訪れた伊勢原でも最も大きなお祭り
伊勢原道灌まつりが開催されます!
こちらも是非足を運んでみて、そしてきゃらぶきも是非お試しください!

20151009_18_32_51_1

2015年8月29日 (土)

ブドウひとつぶどう?

今回は、伊勢原市田中にあるぶどう園にやってきました!

20150825_6_43_40_1

20150825_6_43_42_3_2 
JAいせはら果樹部会ぶどう部長の吉川裕樹さんにお話伺いました!

Dscn8924_2 

20150825_6_43_43_2_3
吉川さんのぶどう園で、
収穫と試食をさせていただきましたよ!

20150825_6_43_41_1_2

20150825_6_43_42_2_2

20150825_6_43_41_2
ちなみにぶどうの新鮮さを見分けるポイントは『ブルーム』だそうで、
ぶどうの実に白い粉がふいているのがオススメだそうです。
あとは、軸の色が緑色のものを選ぶと良いそうです!

20150825_6_43_38_2

20150825_6_43_40_2_2 

伊勢原市は県内でもトップクラスのぶどうの一大生産地です!
今が旬を迎えた、いせはらのぶどう、
是非この機会にご賞味ください!
お問い合わせは、
JAいせはら営農経済部営農課まで↓↓↓
0463-93-8115

20150825_6_43_40_3_2

20150825_6_43_38_1_2

20150825_6_43_38_3

20150825_6_43_39_2_2

続いておじゃましたのは、小田急小田原線「愛甲石田駅」から徒歩15分、
伊勢原市高森にあります『パン酵母 シーバー』です。

20150825_6_43_44_2
お話を伺ったのは、
オーナーの椎葉恒春さんです。

20150825_6_43_49_2_2
お店は、ログハウス調の心地よい店内。

20150825_6_43_44_2_2

20150825_6_43_44_1_2

20150825_6_43_45_1 
テラス席からは、ロマンスカーも見渡せます。

Dscn8970 
そして椎葉さんご自慢のパンをいただきましたよ!

20150825_6_43_45

20150825_6_43_47_2

20150825_6_43_47_3

20150825_6_43_47

20150825_6_43_48
黄金のパンと呼ばれる『パンドーロ』

20150825_6_43_49_3
フルーツが入った『パネトーネ』

20150825_6_43_50_1

椎葉さんが、作るパンは、長年修業を積んで得た技術で
手間暇かけて作り上げるパンです。防腐剤も添加物も一切入っておらず
長時間発酵して作るため、芳醇豊かな味わいは、珈琲や紅茶はもちろん、
ワインなどにも相性抜群です。

20150825_6_43_51

20150825_6_43_53 
パンドーロはホールサイズ¥1,620(税込)
        1/4サイズ ¥   410(税込)
パネトーネは特大サイズが¥2,268(税込)となっております。


他にも、メニューは多彩で、自家製のハムやベーコンを使ったりと、
そちらも美味しかったです!

20150825_6_43_46_1

20150825_6_43_46_2

20150825_6_43_46_3

20150825_6_43_46

20150825_6_43_48_2

20150825_6_43_49
パン酵母シーバーのパンは、
JAいせはら大型農産物直売所『あふり~な』でも販売されています。

20150825_6_43_39


『パン酵母シーバー』
営業時間 07:00-19:00
詳しくはHPをご覧ください。

20150825_6_43_52_2

20150825_6_43_49_1_2




2015年6月 6日 (土)

『JA Fresh Farm』オープン

今回は、JA Fresh Marketの畑『JA Fresh Farm』を伊勢原比々多にオープン!!
ご協力いただいたのは、JAいせはら営農技術相談員の二見敬男さんです。

20150529_19_58_50_2 
準備もばっちりです!

20150529_19_58_51

今回はサツマイモの土づくり、畝づくり、定植を行いました!
サツマイモはほとんど手がかからず、簡単にできます!

20150529_19_58_50

20150529_19_58_50_1

サツマイモの他には、とうもろこし、ミニトマト、ズッキーニも植えましたよ!
今回植えた野菜は、いつか大きくなった姿を皆様にお見せしたいと考えています!


続いて伊勢原市上粕屋市にある趣ある古民家
『雨岳文庫・山口家住宅』におじゃましました。

20150529_19_58_44

こちらを管理されている山口匤一さん、
そして日本茶インストラクターの上原美奈子さんにお話を伺いました。

20150529_19_58_47_2
20150529_19_58_45_2

20150529_19_58_47_1

20150529_19_58_45 

20150529_19_58_43 
雨岳文庫・山口家住宅
こちらは毎週日曜日に一般公開されています。
また資料はHP上でも公開されています。
そして、NPO法人『雨岳文庫を活用する会』が
敷地内でのお茶摘会、農業体験、ウォーキングツアーなども開催しています。


詳しくはHPをご覧ください
雨岳文庫


そして、上原さんから美味しい紅茶もいただきました!

20150529_19_58_49_1

自然豊かやなこの地で、無農薬の茶葉を使った紅茶をいただきました。
上原さんは今月の19、20日に清川村でお茶摘体験を開催されるそうです!
詳しくは、『夢見る茶畑』のFaceBookページをご覧ください
『夢見る茶畑』FaceBook

20150529_19_58_49

20150529_19_58_48


もうすぐ夏ですね!

20150529_19_58_49_2