fyb_switch_to_sp_js

JA湘南 Feed

2017年9月23日 (土)

キノコじゃないよ マコモタケ

今回は、マコモタケに注目しました!

大磯町西小磯でマコモタケを生産されています西方 安雄さんにお話を伺いました。

20170915_10_49_02
イネ科の多年草、マコモタケ。

20170915_10_35_43
初めて聞く食材です、なんていう方は多いと思いますが、
実は中華料理の世界では高級食材としておなじみなのだそうです。
お料理の活用方法の多さから、和食や洋食にも向いているということで、
これからさらに食卓に浸透していくべき、注目の食材なんだそうですよ。

20170915_10_22_43
ちなみに西方さんは、35年間、都立高校で数学の教師をされていたそうで、
定年退職されてから農業を本格的にスタート。

町の職員さんから、マコモタケの試験栽培を依頼されたことがきっかけで
4年程前に、積極的に生産を始めたのだそうです。 

そんな西方さんに教わりながら、マコモタケの収穫のお手伝いしました!

20170915_10_48_34
そして、その後にマコモタケの炊き込みご飯を頂きました!

20170915_10_54_00
マコモタケは、9月下旬から出来始めて、11月の中旬くらいまで味わえる、期間の短い食材です。

「春のタケノコ、秋のマコモタケ」。

その美味しさを一度味わったら、クセになると思います。

もうすぐ、出荷の時期を迎えるということで、直売所で見かけた際には
ぜひ、手に取ってみて下さい!

続いては、マコモタケを使った加工品をチェックしました!

大磯町東小磯で、お野菜やフルーツを使った加工品を生産されている会社
大磯野菜工房の代表取締役、請川 和博さんにお話を伺いました!

20170915_9_25_36

加工品づくりを始めて今年で15年目という請川さん。
その前まではフレンチのシェフでいらっしゃったそうで、
その時の経験をもとに、大磯町で採れた食材を使ってピクルスなどを生産されています。

20170915_9_37_25
そんな請川さんに今回ご用意いただいたのは、マコモタケのピクルス。

20170915_9_34_28
作り始めて今年で3年目。
次第にファンも増えてきたというそのお味をいただきました!

20170915_9_35_01

マコモタケの収穫シーズンに入ると、平塚市寺田縄にある大型農産物直売所、
「あさつゆ広場」に並ぶそうです。

気になる方はぜひチェックしてみてください!

 

2017年7月 8日 (土)

とりあえず枝豆!あとメンチも!!  

今回は、皆大好き、枝豆に注目しました!


話を伺ったのは、平塚市大島にある畑で枝豆を育てていらっしゃいます、一杉 操さんと
JA湘南 露地野菜部会 城島支部の支部長、石塚 幸男さんです。

20170630_15_06_25

一杉さんは、ハウス栽培と露地栽培、
ふたつの栽培方法で枝豆を生産されています。

20170630_14_45_16
ハウス栽培で育てた枝豆は、ちょっと早めの5月頃から収穫できるのに対して、
露地栽培はちょうど今頃が収穫時期となります。

20170630_14_39_50

取材した日には、高さ30センチほどに育った枝豆の木が畑一面に広がっていました。

緑色に生い茂った葉っぱをかき分けると、
まっすぐに伸びた茎から、おなじみの枝豆のふさが沢山生えていました。

20170630_14_39_44

20170630_14_40_24

この地域で栽培されていて、
かながわブランドにも登録されているという「しょうなんえだまめ」。

収穫のお手伝いもさせて頂きました!

20170630_14_52_14

「湘南えだまめ」の収穫の後に、塩茹でにしたものを頂きました!

20170630_14_51_26

水田地帯に囲まれた環境で、甘く美味しく育てられたそのお味は、
おやつにもおつまみにもピッタリです!

「湘南えだまめ」と書かれたパッケージを見つけたらぜひ手に取ってみて下さい!

20170630_15_04_55



枝豆の味の魅力は、塩茹でだけではありません!
枝豆を使った加工品にも注目しました!

JR平塚駅から車で5分ちょっと、神奈川県立平塚工科高校の近くにあります
平塚市黒部丘にある鶏肉専門店、「鳥仲商店」にお邪魔しました。
専務の鈴木崇さんにお話を伺いました。

20170630_16_27_44_2

創業から60年以上経つ今も、地元の皆さんを中心に愛され続けているこちらのお店。

取材したのは平日の午後でしたが、店内は色んな世代のお客さんで溢れていて、
一番人気のから揚げを中心に、お惣菜などを両手に抱えるように
沢山購入されていました。

20170630_16_22_13

20170630_16_22_47

20170630_16_30_19

そんな「鳥仲商店」では現在、
地元産の食材を活かした加工品づくりにも力を入れていらっしゃいます。

今回注目したのが、平塚市城島地区特産の枝豆を使っているという、
【ひらコロ☆メンチ】。

20170630_16_28_27

さやに1粒しか入っていなかったりと、
高品質なのに出荷できない枝豆の活用方法のひとつとして、昨年開発されたそうです。

地元特産の枝豆を使った【ひらコロ☆メンチ】を頂きました!

その他、人気のから揚げも気になったので買って帰りましたよ!


「鳥仲商店」の営業時間は

営業時間は朝9時30分から夜7時まで。

日曜日・祭日はお休みです。

人気のお惣菜が欲しい場合はお早めに!

また、7月7日から7月9日まで開催している「湘南ひらつか七夕まつり」に
出店されます。
そちらも是非、足を運んでみてください!


「鳥仲商店」

2017年4月15日 (土)

パリッとウマイ!湘南きゅうり

今回は、かながわブランドにも認定されています
パリッと美味しい!「しょうなんキュウリ」に注目!

平塚市岡崎でキュウリをハウス栽培していらっしゃいます
上原平さんにお話を伺っていました!

20170407_14_14_05

外に比べて暖かいハウスの中にお邪魔すると
支柱を伝って私の背丈以上に高く育ったキュウリのつるが
まるで緑の壁のようになっていて、それが何列かに分けられて栽培されてありました!

20170407_14_00_37

約540坪!ちょうどキュウリの量が増えてきたころだとか!
そこから生えている緑の大きな葉っぱの影に
上原さんの長年の研究の成果でもある沢山のキュウリの実がなっていました!

20170407_13_58_46

「しょうなんキュウリ」とは……
湘南管内で生産されているものの事をいいます。

かながわブランドにも認定されていて、3月末~6月までが春キュウリを収穫時期なんだとか!
トゲは新鮮な証拠!

ちなみに上原さんは
平塚市と大磯町で野菜や果樹の栽培をする若手の生産者によるグループ
「青友会」の一員でいらっしゃいます。

そのつながりもあって、現在、上原さんのハウスの一部は
「青友会」の栽培技術の向上を目的とした研究に活用されています。

また青友会では
平塚にある大型農産物直売所「あさつゆ広場」や平塚市役所などで
年に3回から4回、直売イベントを行うなど
地元の農業を後継者たちの力で盛り上げようと頑張っていらっしゃいます!

そんな上原さんがこだわりをもって生産されている「しょうなんキュウリ」!
特別に収穫体験をさせて頂きました!

20170407_14_06_52

キュウリの断面からしずくが溢れ出るほどのみずみずしさ!
いかに新鮮なのかが一目で分かりました!

トゲがある、切り口の渇きが少ないものを選ぶのがいいそうです!


収穫したキュウリをいただいちゃいました!
このまま生で頂くのももちろんですが
お味噌やマヨネーズを付けて食べたりするのも最高ですよね!

苦みの少ない甘味があり清涼感があると評判の上原さんのキュウリなら
どんな味にもピッタリ合うと思います!

20170407_13_57_07

次に向かったのは
上原さんが育てたキュウリも出荷されています平塚市片岡にあるJA湘南集荷場!

営農販売課・指導販売係の濱端興樹さんにお話を伺いました!

20170407_14_33_49_2

キュウリの他に、ステビア栽培のトマト、岡崎地区で生産された里芋、平塚土ねぎ等々
私の好きなものばかりが集まってくるこちらの集荷場!

沢山運ばれてくるダンボール箱の中身をついつい覗いてしまいます!

20170407_14_36_28

こちらに集まってきた野菜は、すぐにお店へと運ばれるという事で
続いては、濱端さんがオススメされていた大型農産物直売所「あさつゆ広場」へ向かいました!

小田原厚木道路 平塚ICの近く、花菜ガーデンから道路を挟んだ向かい側にあります。

店長の、鈴木駿平さんにお話を伺いました!

20170407_15_04_37

お店で販売されているものだけを使って特別に作ったというピクルスを頂きました!

20170407_15_02_42

キュウリの他にもニンジン、大根、玉ねぎ、さらにアスパラガスやトマトなど
見た目も彩り鮮やかでしたがそれぞれの野菜の味も活かされていて、大満足の内容でした!

20170407_15_10_37

ピクルスを作った方に詳しい作り方を伺ったところ
「ただ野菜を適当に切ってらっきょう酢に漬けただけです!」とおっしゃっていました!

野菜もらっきょう酢もあさつゆ広場で購入できますので
誰でも本当に簡単にピクルスを作ることができます!

皆さんもぜひ、新鮮な野菜を使って贅沢なピクルスを作ってみて下さい!

20170407_15_21_19

20170407_15_16_58


「あさつゆ広場」
www.jakanagawa.gr.jp/shonan/05einou/asatsuyu.html

2017年1月 7日 (土)

湘南ストロベリー♡ 

イチゴの季節!
今回は、平塚市で、甘酸っぱ~いイチゴを堪能しました!
まずは、平塚市南豊田にあるイチゴハウス「ベリコの不思議の苺園」です!

20161226_9_33_51

JA湘南いちご部会 部会長の、岸幸一さんにお話を伺いました。

20161226_9_02_43

20161226_9_03_25

奥まったところなので面白い看板を立ててお客さんを呼ぶ作戦だそうです!

20161226_9_04_02
店内にはイチゴが販売されていますよ!
「さちのか」という種類だそうです!

20161226_9_13_09

JA湘南いちご部会には現在22人が在籍。
その内いちご狩りを行っている農家さんは9件で、岸さんをはじめその他の農家さんは、
直売を専門に行っているそうです。

20161226_9_18_13

ハウスにはイチゴがいっぱい!
1月中旬から3月終わり位までは美味しいそうです!

20161226_9_18_38

20161226_9_23_31
大きくて、甘くて、みずみずしい、素敵なイチゴでした!

20161226_9_29_59

できるだけ農薬使わないことがこだわり!

岸さんのイチゴは8~9割直売だそうです。
その他、スーパーやあさつゆ広場へも出荷しているそうですよ!

JA湘南いちご部会では1月20日に品評会があります。
ぜひチェックしてみてください!

「ベリコの不思議の苺園」
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/nousan/shounannrose1.htm



続いて、平塚産のイチゴを使ったいちご大福を販売されている和菓子屋さん、
「井筒屋」に行ってきました!
場所は、平塚市田村。旧田村十字路を少し入ったところにあリます。

20161226_10_29_57

20161226_10_37_44

井筒屋の7代目、小林 盛一郎さんにお話を伺いました。

20161226_10_39_35

明治四年創業の老舗!
お茶屋さんだったそうですが、井筒屋に戻って7年になるそうです。

20161226_10_38_52

「たむら渡し最中」や平塚のいちごを使った「いちご大福」が人気だそうです!

20161226_10_41_10

20161226_10_49_32

「いちご大福」をいただきました!
あんこが白あん。餅ではなく牛皮を使っているんです!

基本的にお店で常時販売されています。
月一回、二宮町でも販売されていますよ。

20161226_10_43_42

営業時間は、9:30〜18:30
定休日は、毎週月曜日です。


「井筒屋」
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/syougyou/shop-204.htm

2016年8月 6日 (土)

落花生アラカルト

今回は、おつまみや一品料理にも大活躍!落花生に注目しました!
平塚市岡崎にある、落花生畑に行ってきましたよ!

20160801_10_49_08

こちらで落花生を育てていらっしゃいます、森せつ子さんにお話を伺いました。

20160801_10_27_09

神奈川では、秦野と平塚が落花生の主な産地で、
岡崎地区では昨年、農家15軒でおよそ8トン出荷したそうです。
また岡崎地区では里芋も盛んで、森さんは20アールほど栽培されています。
その他、ブロッコリー、ほうれん草、お米なども栽培されているそうですよ!

Photo_7

落花生栽培は35年位前に転作の一環として集団でスタートしたそうです。

こちらの畑がある岡崎地区では、作物の生産性を向上させるため、
地区全体を数ブロックに分けて、一年ごとに栽培品種をローテーションさせるという
集団転作の方法が実施されているんだそうです。

20160801_10_39_43

その落花生。森さんのお話によると、その土の中にあるそうです…。
収穫体験をさせていただきました!

20160801_10_40_14

Photo_8

土の中から沢山の落花生が出てきました!
落ちる花に生まれると書いて、「落花生」。

20160801_10_40_24

20160801_10_47_32_2
収穫したものを洗って陰干し、それを圧力鍋で塩茹でにしたものをいただきました!
柔らかくて、ほんのり甘く、とっても美味しかったですよ!

20160801_10_50_12

森さんが育てた落花生は、JAへ共販出荷をされているほか、
ご自宅前の直売所でも販売されていますよ。


さて、ついついそのまま食べてしまう落花生ですが、楽しみ方は他にも色々!
次は、落花生を使ったおいしいお料理を教えて頂きに行ってきました。
お話を伺ったのは、
JA湘南 女性部 岡崎加工グループの奥山重子さんと川口眞理子さんです!

20160801_11_40_12

岡崎加工グループでは、JA湘南の農産物直売所「あさつゆ広場」などに
お弁当を出されています。
岡崎地区で採れたきゅうりの佃煮を使った「ふるさとおこわ」が人気で、
他にも「お赤飯」なども作られているそうですよ。

20160801_11_10_27

そんなお二人が愛情込めて作って下さった、落花生レシピ。
今回は3品、紹介して頂きました。

20160801_11_19_58

「落花生の炊き込みご飯」(下)
「ダイコンとニンジンのピーナツあえ」(右上)
「ピーナツの鉄火みそ」(左上)

の3品です!

20160801_11_24_08

どれも落花生の味が絶妙で、とっても美味しかったです!
レシピを参考に、皆さんも是非チャレンジしてみてください!


【落花生の炊き込みご飯】レシピ
◇材料
米…………2合
落花生…‥正味100g
塩…………2g
酒…………大さじ1

◇作り方
①米は洗って30分以上置いておく。
②落花生はさっと茹でて、殻をむく。渋皮は残しておく。
③炊飯器に①をうつし、「2合」の線に合わせて水を入れる。
④③に酒・塩を入れてかき混ぜ、②の落花生を加えて炊く。


【ダイコンとニンジンのピーナツあえ】レシピ
◇材料(4人分)
ダイコン……………………1/2本(正味500g)
ニンジン……………………50g
塩(下ごしらえ用)………小さじ1
落花生(乾燥タイプ)……100g

◇作り方
①ダイコンは皮をむき、4㎝の長さの千切りにする。ニンジンも同様に千切りにする。
②ボールに①を入れて、塩(下ごしらえ用)をふり入れて混ぜ、約30分おく。
③落花生をから炒りして、渋皮をむく。電子レンジを使用する場合は、
 紙袋に入れて600wで4分。渋皮をむいた落花生をすり鉢に入れてすりつぶし、
 調味料(酢・砂糖・塩)を加えて混ぜ合わせる。
 ※フードプロセッサーを使ってすりつぶしても良い。
④しんなりした②の水気を絞り、③をあえる。


【ピーナツの鉄火みそ】レシピ
◇材料(6人分)
ピーナツ…………200g
赤みそ……………100g
砂糖………………50g
みりん……………大さじ2
酒………………‥‥大さじ2
油………………‥‥大さじ2

◇作り方
①ピーナツは渋皮をつけたまま、香ばしくなるまで油で炒め、皿に取る。
 (炒ったピーナツなら、渋皮をはぎ、焦がさないように油で炒める。)
②鍋に赤みそ、砂糖、みりん、酒を合わせ、火にかける。
③つやのある練りみそを作り、①のピーナツをあえる。

2016年5月 7日 (土)

感謝をこめて花束を 〜平塚〜

明日は母の日という事で、
まずおじゃましたのは、平塚市入野にあるフラワーハウスです。

20160415_15_56_15

お花を生産されている、井澤リツ子さんにお話を伺いました。

20160415_15_22_18

市場用8種類、小売り用4種類で12種類のカーネーションを生産されています。
大輪のもの、スプレー、ソネットなどのカーネーション。
赤・ピンク・黄色・グリーンなどの単色のものも作られていました。

20160415_15_34_44

井澤さんは、平塚市周辺では唯一のカーネーションの専門農家さんなんだそうです。
同じ品種ばかりではなく、頃合いを見て新しい品種にしているそうですよ。

20160415_15_47_09

20160415_15_47_37

毎日お花に声をかけたり、お水の具合をみたりする事が
お花を長く楽しむ為のコツだそうですよ!

2

1

井澤さんが愛情を込めて育てたカーネーションは、
平塚市 寺田縄にある大型農産物直売所「あさつゆ広場」に出荷されています。
アレンジメントもあるそうです。
数に限りがあるので、気になる方はお早目に!



母の日にピッタリのプレゼント探し。
続いては平塚市上吉沢にあるフラワーハウス、「花工場」におじゃましました!

20160415_16_17_07

20160415_16_48_27

こちらでお花を育てていらっしゃる、二宮光正さんにお話を伺いました。

20160415_16_27_10

カーネーションをはじめ、色んなお花がありました。
草花は50種類はあるかもしれないとのこと!

20160415_17_09_31

カーネーションを入れたアレンジメントを作っていて、
1500~3000円位でラッピングしているそうです。

20160415_16_32_17

二宮さんは「花工場」でお花を栽培されていらっしゃいますが、
現在はお店の経営の他にも、平塚市園芸協会花き部会の部会長も務めていらっしゃいます。

20160505_173728


20160415_17_46_34

特別に、お花の寄せ植え体験をさせて頂きました!

20160415_17_48_46

ピンクのカーネーションの他に、
マーガレット、わすれな草、ステラを加えた寄せ植えにしました。

20160415_17_10_11

今日ご紹介した、井澤リツ子さんや二宮光正さんが育てた花々は、
どちらも平塚市寺田縄にある大型農産物直売所「あさつゆ広場」に出荷されています。
お買い物がてら、明日の母の日に備えてチェックされてみてはいかがでしょうか!

2016年4月 9日 (土)

トマトdeピューレ

今回は平塚市で真っ赤に実ったトマトに注目しました!

20160401_13_30_35

まずは、平塚市徳延にあるトマトのハウスの中におじゃましました。
こちらでトマトを生産されている、臼井秀企さんにお話を伺いました。

20160401_13_00_55

510坪の敷地の中で、2700本弱のトマトを栽培。
温度の均一化のため、40×40の四角ハウスを使用しています。

20160401_13_17_19

さっそく収穫にチャレンジ!
ヘタが丸まってて、いきいきしているものがオススメ。

20160401_13_37_57

20160401_13_18_02

ウーロン茶を噴きかけてピカピカ、キレイに。
カテキン効果で殺菌もできちゃいます。

20160401_13_00_29

臼井さんが育てたハウストマトは、
今月下旬頃から5月上旬頃にかけて収穫のピークを迎えて、
6月下旬頃まで出荷されるそうです。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」。
そんなことわざがあるように、トマトは栄養豊富な食材です。
新生活を迎えて食事のスタイルも変わりがちなこの時期にこそ、沢山頂きたいですよね。

続いて伺ったのは、
話題のトマトの加工品を作っているという噂の、
平塚市上吉沢(かみきさわ)にある「しんわルネッサンス」。

20160401_14_06_25

20160401_15_44_22

20160401_15_04_42

「しんわルネッサンス」の所長、瀬戸利彦さんにお話を伺いました。
農産物加工工場「湘南工房」でオリジナルブランドの開発なども手がけています。

20160401_14_25_39_2

湘南工房の「トマトジュース」。
原材料はトマトのみ。
トマトを一週間から10日熟成させ、旨味成分が出てきてトロトロになっています。

20160401_14_25_29

湘南工房の「トマトピューレ」
トマトジュースをさらに煮詰めたもの。
甘くて、フルーティでとっても美味しかったです。
トマトが苦手な方もお料理に使ったら、楽しいと思いますよ。
でも購入された方はまずはぜひ、一度そのまま一口味見してみてください。

20160401_15_30_17

20160401_14_08_35

こちらのトマトジュース、トマトピューレは、
JA湘南「あさつゆ広場」、ともしびショップ湘南平、
徳延のパン屋さん「プチ・ブーケ」、平塚市役所1階の福祉ショップなどで、
ご購入できますよ。

また、ネットショップ「楽天市場」でも販売されています。
ぜひご利用下さい!
http://www.rakuten.co.jp/syounankoubou/

2016年2月 6日 (土)

二宮なばな物語♪

今回は、春の花、菜花のレポート!
二宮町二宮で菜花を栽培されている、原 洋子さんにお話を伺いました!

20160129_13_31_12

20160129_12_49_47

二宮町で、この時期の風物詩として盛り上がりをみせている、菜の花。

それを一番堪能できる観光スポットが、吾妻山公園。
今月14日・日曜日までは、「吾妻山菜の花ウォッチング」という
イベントが開催されています。

吾妻山菜の花ウォッチング

そんな二宮町の菜の花観光のお土産にと、
食用の菜花も栽培されています。

20160129_12_50_06

この日の朝に採ったばかりの菜花を使って作って下さった、
「菜花のからし和え」と、「菜花のペペロンチーノ」。

20160129_13_08_42

20160129_13_09_10

原さんの菜花は、ご自宅の直売所(コインロッカー式)と

二宮駅前にあるJAの直売所、
さらに、洋菓子屋さん「芦の屋」でロールケーキに菜花を入れているそうです。

そこで!その洋菓子屋さん、「芦の屋」に向かいました!

20160129_14_06_34

JR東海道線「二宮駅」北口から
「ニノスはな通り」を歩いて5分程の所にある洋菓子店、「芦の屋」。
オーナーシェフの芦川 孝幸さんにお話を伺いました。

20160129_14_14_48

20160129_14_09_19

菜の花の花言葉がそのまま名前に付けられた商品、
「小さな幸せ(菜の花のロールケーキ)」(ワンカット税込216円)を頂きました!
原さんの菜花がしっかりと活かされていました。

20160129_14_10_08

20160129_14_09_26

20160129_14_09_41

「芦の屋」では他にも、人気の洋菓子やパンを沢山揃えていらっしゃいます。
「菜の花のロールケーキ」、姉妹品「湘南二宮みかんロール」、
2つがセットになった「吾妻山恋物語」と合わせてぜひ、食べてみてください!

芦の屋

2015年10月24日 (土)

水田からひょっこりいも♪

今回は、平塚市岡崎市にある畑に行ってきました!

20151021_11_57_05_3
お話を伺ったのは、和田清さんと奥様の貴美江さんです。

20151021_11_57_05_4

 

20151021_11_57_08
和田さんが利用している『ブロックテーション』は、
畑全体をいくつかのブロックに分けて管理する集団転作の技術です。
この作業のメリットは、病虫害や、雑草害の発生の連鎖障害を避けられるという所。
これによって、和田さんは、生産性を高めることに成功されました。

そして続いては、和田さんの育てている里芋を見せていただきました!

20151021_11_57_05_1

20151021_11_57_05_2

20151021_11_57_05
里芋は、大きさが異なり、親芋、子芋、里芋と呼ばれています。
ここから、里芋は子孫繁栄の縁起物!と言われている由縁かもしれませんね!


そしていただいた、ひょっこり芋!

20151021_11_57_07_3
そして他にも、里芋の胡麻和え

20151021_11_57_06_1_2
湘南そだち米のキヌヒカリで使ったおにぎり

20151021_11_57_06 
どれもとても美味しく、堪能させてもらいました!

20151021_11_57_08_1 
スタッフも絶賛する里芋の胡麻和えのレシピです。
材料(2人分)
・里芋(小)   0.75㌔
・練りごま(白)150g
・醤油      50cc 
・砂糖        50~60g


作り方
① 里芋の皮をむいて塩を少々(分量外)でもみ洗いする
② 竹串が通るくらいまで軟らかく茹で、ざるにあげて水気をよく切る
③ ボウルに入れ混ぜ合わせた練りごま、醤油、砂糖をからませる
☆塩分や甘みの加減でおやつにもおかずにもなるレシピです。


和田さんの里芋は、
平塚市寺田縄のJA湘南大型農産物直売所『あさつゆ広場』などに出荷しています!

20151021_11_57_08_2

20151021_11_57_11_1

20151021_11_57_09

20151021_11_57_10_2 


そして番組でお知らせしたイベントのご紹介です!
JA湘南 でてこい祭り2015
平成27年11月7日(土)~8日(日)
場所は、平塚市総合公園(平塚のはらっぱ)
たくさんの催し物がありますので、是非遊びに行ってはいかがでしょうか!

2015年9月19日 (土)

トロプチの果実!いちじく ~横浜~

今回まず伺ったのは、
横浜市青葉区と都筑区の境にあります荏田町のビニールハウスです!

20150914_10_34_07 

こちらでいちじくを育てている志村さつきさんにお話を伺いました。

20150914_10_47_07

Photo_5 

露地栽培のいちじくは今が最盛期です。
完熟したいちじくはみずみずしく、絶品でした!

20150914_10_47_28 

20150914_10_49_08 

そして、ドライフルーツにした「わたしんちのお宝 いちじく」
柔らかい弾力を残したこのドライフルーツのいちじくは、
お酒がすすむ一品でした!

Photo_6 
志村さんのいちじくとドライフルーツは
志村農園直売所で毎週金曜日の午後から販売。
また、たまプラーザ駅前にありますJA横浜「ハマっ子」直売所でも販売しています!

20150914_10_33_24 
続いて向かったのは、JA横浜「ハマっ子」直売所

Photo_7
店長の、磯貝宏樹さん、
そして以前番組でもご紹介した、黄色いキノコ『タモギダケ』。
こちらを育てている青葉ファームランドの営業担当、平野健二さんにお話を伺いました。

20150914_11_34_37 
ただいまの時期は、栗やサツマイモ、
そして店頭には大きなしいたけが置いてありました!

20150914_11_37_57

20150914_11_37_47


いただいたものは、
しいたけの佃煮と、タモギダケを使ったキムチです!
ご紹介したしいたけは『鉄(くろがね)』という名前で販売しています。
そのほかのオススメは、バターを使ったソテーにしたり、
生姜焼きにした「しいたけステーキ」です!


JA横浜「ハマっ子」直売所では、本日、鉄しいたけをソテーにして試食販売が行われます!
是非足を運んでみてください!

JA横浜「ハマっ子」直売所