fyb_switch_to_sp_js

JAさがみ Feed

2017年12月 9日 (土)

男の料理「俺のネギ」

今回は、長ネギに注目しました!
まずは、茅ヶ崎市中島にあります、石原 裕司さんの畑で、長ネギの収穫体験をさせて頂きました!
20171201_13_30_52
馬糞で堆肥を作っているんだとか。
ネギの植え方にもこだわりが!

20171201_13_26_30

20171201_13_26_48_3

20171201_13_29_38
お話にもありましたが、石原さんが生産された長ネギは
JAの大型農産物直売所、「わいわい市・寒川店」に出荷されています。
石原 裕司(いしはら・ゆうじ)さんのお名前が書かれたシールが目印です。
ぜひ探してみて下さいね!

お鍋はもちろんのこと、色んな料理に大活躍する長ネギのオススメレシピをご紹介しました!

レシピをご紹介頂いたのは、茅ヶ崎営農経済センターの職員の宮治 直斗さんです!

「長ネギを使った男の料理」を3つ、作って頂きました!

その3つが、《ネギの一本焼き》《ねぎまとん》《かちゅ~ゆ》!

20171201_14_56_06
《ネギの一本焼き》20171201_14_23_27

石原さんのおすすめレシピ。ネギを1本まるごと焼いて、塩コショウで食べる!
ネギは長いまま焼くとおいしさが出てきて、ネギの甘さをストレートに味わえるんだとか。
ネギの一本焼きなら、お酒やワインにもぴったり!

《ねぎまとん》

20171201_14_45_43_3
つるみねのネギは豚肉との相性が抜群。
なので、ネギマの肉をマグロでも鶏でもなく、
豚肉にすると、相乗効果でネギがおいしくなるそうです。

《かちゅ~ゆ》

20171201_14_38_30
ネギを小口切りにして鰹節をまぶし、お湯を注ぐ沖縄の郷土料理「かちゅ~ゆ(鰹湯)」。
ネギ、味噌、鰹節を丼に入れ、熱いお湯を注ぐ。スープ代わりにいただく1杯。
体も暖まり、風邪をひいたときにもおススメ。

男の料理を3つ、美味しくいただきました!

簡単にできますので、長ネギの収穫の最盛期にあたるこの時期に、ぜひ作ってみて下さい!

20171201_14_45_56

         

2017年9月16日 (土)

彼岸に花咲くユリ一輪

今回は、秋のお彼岸を前に、海老名市中河内でお花を栽培されています
青木 賢一さんにお話を伺いました。

20170908_9_51_17
青木さんは、昭和43年頃からお花の栽培をスタートされ
現在は息子さんと一緒に温室を管理されています。

20170908_9_15_32
以前はおよそ1,000坪の温室でカーネーションを栽培されていたそうなのですが
3年前からカーネーションの量を半分に減らして、半分空いたところで、菊やユリ、スターチスなど
様々な品種のお花を栽培されるようになったのだそうです。

20170908_9_17_06
今回、秋のお彼岸にオススメされたのが、ユリです。

20170908_9_24_43

20170908_9_24_02
青木さんはこちらの温室で、「LAハイブリッド」という品種をメインで栽培されています。
こちらは、大輪の花を沢山つけるのが特徴なのだそうですよ。

現在はお彼岸に向けて育てられているというユリの花ですが、
今回はつぼみの状態のものを、摘み取りさせて頂きました!

20170908_9_45_2820170908_9_45_15

20170908_9_49_38

最近では、海外から輸入されたお花も多いですが
地元で育ったものだと咲いている期間も長いそうで、その分じっくりとお花を楽しめそうです。

青木さんが育てたユリは、寒川町宮山にあります大型農産物直売所「わいわい市 寒川店」と
海老名市大谷にあります「海老名グリーンセンター」に出荷されています。

今度のお彼岸には、お供えするお花にユリをワンポイント、加えてみてはいかがでしょうか!



続いては、お彼岸の他にも色んな場面で利用してみたい、スポットへ!

ご家族やご親戚が揃う時には、美味しいお茶も用意しておきたいですよね!
JR相模線「寒川駅」北口から歩いて3分ほど、ボウリング場のすぐそば!
寒川町岡田にあるお店、「お茶のまるしげ」にお邪魔しました!

20170908_10_45_45
寒川町岡田にあるお店、「お茶のまるしげ」の店長、福田さとみさんと、
藤沢市宮原にある和菓子屋さん、「ゑびすや本店」の4代目、森 弘善さんにお話を伺いました!

20170908_11_35_27_2
ご用意いただいたのは、「ゑびすや本店」の新作和菓子、「濃厚 栗あんどらやき」と、
甘い和菓子にピッタリの、「お茶のまるしげ」のオリジナルブレンド茶です!

20170908_11_10_26
和菓子とお茶の美味しい組み合わせ!

お茶はまず、お水が大事との事!
お茶→お菓子→お茶という順でいただくのがおススメなんだそうです。

20170908_11_09_16

「濃厚 栗あんどらやき」は、ゑびすや本店のほか、わいわい市寒川店、藤沢店、
グリーンセンター綾瀬、ごしょみ~なで販売

「お茶のまるしげ」はわいわい市寒川店でオリジナルブレンドのお茶を販売されています。
お店の喫茶スペースで試飲、お抹茶を飲むことができるとの事。

東京五輪にむけて、海外の方にはウェルカムドリンクのお茶でおもてなしをぜひ。

「お茶のまるしげ」
                

2017年8月12日 (土)

藤沢の梨 ひまわりを添えて 

今回は藤沢市から!

最初にお邪魔したのは、
藤沢市下土棚にある果樹園、「フルーツパーク 長後」。

20170804_13_07_25
こちらを経営されている井上 睦裕さんにお話を伺いました。

20170804_14_10_37

直売所の奥にある梨畑におじゃましてみますと、ちょうど私の背丈ほどの高さに梨棚があって、
屋根のように広がる枝から、沢山の梨がぶら下がっていました。

20170804_13_11_49

「フルーツパーク 長後」は、神奈川県が特許を持っている
「ジョイント栽培」という梨の栽培方法を開発当初から手掛けている、
いわば「ジョイント栽培の先駆け」です。

20170804_13_28_54

「ジョイント栽培」とは、簡単に言いますと、梨棚を利用して、梨の樹々を隣同士でつなげて
一本にしてしまう技術で、これによって、栽培の管理を効率よくすることができるのだそうです。

この様な技術を活用して、沢山の品種を育てていらっしゃる井上さんに、
収穫時期を迎えた梨の品種のエリアに案内して頂きました!

20170804_13_18_24
その中の梨の「筑水(ちくすい)」を収穫体験させていただきました。

そして、井上さんが自信を持って「美味しいですよ!」と言って下さった「筑水(ちくすい)」!
皮だけ剥いて、丸かじりでいただいちゃいました!

20170804_13_44_09

8月23日・水曜日には、イトーヨーカドー湘南台店で藤沢市の果樹部による持ち寄り品評会が
あります。藤沢の夏のフルーツの魅力を堪能したい方はぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか!

「フルーツパーク 長後」


藤沢で美味しいフルーツを楽しんだら、ちょっと寄り道!ということで、
藤沢市長後の住宅街の中に広がるひまわり畑で、
長後塾メンバーの井上 毅さんにお話を伺いました!

20170804_14_48_52

長後塾とは、地域活性を目指したNPO団体で、フルーツパーク長後から車で5分程の住宅地の中にあります。

一面にひまわりが!約4500㎡。5万本位はあるとの事!

今はまだ咲いていませんでした……

20170804_14_41_40

そこで、長後塾ホームページより昨年のひまわりの様子のお写真をいただきました!
とってもきれい!
お近くの方は是非、足を運んでみてくださいね!
Img_4798

Img_4871

2017年4月22日 (土)

おうちで野菜、育てませんか!

今回は、おうちで出来る、野菜づくりに挑戦しました!


最初にお邪魔したのは、海老名市大谷にある
海老名グリーンセンターです。

店長の山本 大輔さんにお話を伺いました!

20170414_10_55_43_2

20170414_10_52_06

地元の農畜産物が並ぶ直売所、海老名グリーンセンター。

20170414_9_11_17

取材に行ったのは平日の朝だったんですが
朝9時のお店の開店から沢山のお客さんで賑わっていて
新鮮なお野菜などを購入されていました!

それだけではなく、こちらではお店の外の園芸コーナーも充実!

20170414_10_43_40_2

何も分からない初心者でも簡単に、野菜苗やプランターを購入することができました!

20170414_10_48_06_2

20170414_10_50_38

次に購入した苗の生産者、間宮一夫さんにお話を伺っていました!

20170414_10_31_43


間宮さんが主に出荷されているのが、苗は苗でも「接ぎ木の苗」!

土からまっすぐ上に伸びている茎の真ん中あたり
はっきりと茎の色が変わっている部分があるのですが
そこが、二つの植物をくっつけた境目にあたるそうです!

20170414_10_01_33

20170414_9_54_35

とても不思議ですが、これによって病害対策に繋がるそうです。

20170414_9_53_53

間宮一夫さんのアドバイスのもとに、まずはピーマンの苗をプランターに植えることができました!

20170414_10_23_04

20170414_10_26_20

20170414_10_29_04

20170414_10_31_37

ここから6月上旬の収穫の時期まで、無事に育ってくれるでしょうか…
どうなったかは、その頃に報告したいと思います。

家庭菜園をすでにされている方も、これから始める方も!
皆さんの今シーズンの様子をぜひ、教えてくださいね!


さて、海老名グリーンセンターに再び戻りまして
ちょっと気になった場所に立ち寄りました!

最初に立ち寄った海老名グリーンセンターで
移動販売車「えっちゃんのお店」を見つけました!


「えっちゃんのお店」、スタッフの、大澤 悦子さんにお話を伺いました!

20170414_9_06_28

海老名市をPRしたいと、2013年7月から市のイメージキャラクターを使った
3種類のえび~にゃ焼きでキッチンカーを始めた悦子さん。


えび~にゃ焼きはたい焼きに近いですが
できたては皮がかりっと、中身はもっちりとしていて、老若男女に愛されているそうです!

20170414_9_12_39

20170414_9_09_09

20170414_9_07_53

「えび~にゃ焼き」の色んな種類の味の中から、「クリーム」と「苺づくし」を頂きました!

20170414_11_00_05

ちなみにこちらの「えび~にゃ焼き」
この度、今月27日に認定式が行われるとか!

「えびな名店・名産品」の名産品部門に選ばれたそうです!
これを機に、さらに注目されそうですね!

ちなみに、「えび~にゃ焼き」は売り切れ次第終了となります!
気になる方は早い時間帯に購入されることをオススメします!

来月は、9:00~15:00位までで
10日の大売り出しの日と27日・土曜日にいらっしゃるそうです!

雨が降っているときや風が強いときは、販売はしていないとの事です!

20170414_11_00_22

「えっちゃんのお店」
happy-ebina.lolipop.jp/


また、今回おじゃました海老名グリーンセンターをはじめとした
各所で、技術顧問や営農指導員の方が、園芸のアドバイスをする
「みどりの相談会」を開催するそうです!

日程・会場は

4月22日(土)・29日(祝・土)・30日(日)
海老名グリーンセンター(海老名市)

4月27日(木)・28日(金)
グリーンセンター渋谷(大和市)

4月29日(祝・土)
米ディハウスくげぬま(藤沢市)

5月3日(祝・水)・4日(祝・木)・5日(祝・金)
わいわい市寒川店(寒川町)

5月13日(土)・14日(日)
大和市民まつり 引地台公園(大和市)

開場時間はどの会場でも
午前10時から午後3時の予定です!

園芸に興味のある方はぜひ、参加してみてください!


「海老名グリーンセンター」
ja-sagami.or.jp/tenpo/detail/j_08.html

2017年2月25日 (土)

エリーのかりんとう完成!

ベジフルDJ 木村英里 考案のJA Fresh Marketオリジナルスイーツが完成しました!
まずは、どんなスイーツなのかご紹介するべく、今回このお菓子づくりにご協力頂いた、
藤沢市宮原にある和菓子屋さん、ゑびすや本店におじゃましました!

JR「寒川駅」近くを通る、県道45号 「丸子中山茅ヶ崎線」を車で北上して15分ほど。
宮原南交差点を過ぎたところの左手にあります。
「はまぐり最中 ゑびすや本店」と書かれた看板が目印です。

20170217_10_24_29

ゑびすや本店の、森 弘善さんにお話を伺いました。

20170217_9_58_44

20170217_10_11_50

1895年創業のこちらのお店、森さんで4代目。122年続く老舗です。
「はまぐり最中」、「栗どら焼き」、「どら焼き」などがおすすめです。

20170217_10_06_08

20170217_10_09_38

オリジナルスイーツは、さつまいもを使ったかりんとう!
地元の粉、地元のさつまいもを入れて頂きました。
名前は、「おいもdeかりんと」です!

20170217_10_07_55

2種類のかりんとうを用意していただきました。
油で揚げる前のかりんとう、そして、完成したかりんとうです。

20170217_10_19_21

オリジナルスイーツ、「おいも de かりんと」。
本日から3月12日・日曜日までのおよそ二週間限定の販売となります!
一袋税込180円。

「ゑびすや本店」さんの他、大型農産物直売所「わいわい市」の寒川店と藤沢店、
「JAさがみ グリーンセンター綾瀬」、ファーマーズマーケット「ごしょみーな」で販売されます。
数に限りがありますのでご注意を!

一般的なかりんとうとは違うこだわりの製法で作っている為、
ご購入された際にはお早目にお召し上がりくださいね!

20170217_10_32_47

20170217_10_00_45_2

「ゑびすや本店」の営業時間は、
午前9:30~午後7:00。
毎週水曜日定休です。



続いて、オリジナルスイーツ、「おいも de かりんと」を販売するお店のひとつ、
藤沢市宮原にあるファーマーズマーケット「ごしょみ~な」におじゃましました!
JAさがみ緑化流通センター売店内にあります。

20170217_9_12_23

20170217_9_46_42

ごしょみ~な組合長の、高橋芳晴さんにお話を伺いました。

20170217_9_12_42

町の声を反映して、市の協力のもとできた「ごしょみ〜な」。
お店は組合で運営されていて、今年5月で8年を迎えるそうです。
農産資材のエリアは農協が運営されているそうです。

ミ~ナちゃん、ゴーショのキャラクターグッズもあり、
コシの強い、地粉が特におすすめだそうですよ!

20170217_9_28_15

20170217_9_44_37

大豆の生産者、大貫勉さんにもお話を伺いつつ、
月に一回、第三金曜日に販売される、「どんぶり豆腐」をいただきました!
ごしょみーなと農協御所見支店のふれあいまつりで販売されていますよ。

20170217_9_32_41

「ごしょみ〜な」の営業時間は、毎週、月火金土の9:00-15:00。

オススメの地粉をはじめとした加工品や新鮮なお野菜など、
御所見の地域の魅力がたっぷり詰まった店内となっています!
本日からはこちらにも数量限定でJA Fresh Marketオリジナルスイーツ「おいも de かりんと」が並びますよ!
合わせてチェックしてみてくださいね!

 

2016年12月 3日 (土)

冬キャベツが食べた~い!

今回は座間市からです!
まず初めに注目するのは、冬キャベツ!
おじゃましているのは、座間市新田宿にあるキャベツ畑です!

20161125_10_28_22

こちらで冬キャベツを栽培されている、大矢 恵介さんにお話を伺いました!

20161125_10_09_37

20161125_10_09_57

全国的には価格が高騰しているようですが、こちらのキャベツは例年通りの価格だそうです。

冬キャベツは、春キャベツに比べて葉がしっかりと巻かれて、重量があるんだそうです。
食感は冬キャベツの方がシャキシャキで、火を通すお料理向き。
ロールキャベツなどにしても、割と煮崩れしないんです。

20161125_10_15_37

大きくて重たいものを作るようにしているそうで、肥料の量などの調整をされています。
また、大矢さんは、主に露地野菜の栽培をされるなか、
業務用でカット野菜として使用される、加工キャベツの栽培にも2年前から取り組んでいるそうです。

20161125_10_22_18

20161125_10_24_00

特別に収穫体験をさせていただきました!
そして、採れたてを生でいただきましたよ!
シャッキシャキで、みずみずしく、美味しかったです!

20161125_10_25_36

20161125_8_36_36

今がちょうど旬を迎えている大矢さんの冬キャベツは、
座間市栗原中央にある農産物直売所「米ディハウスくりはら」と、
座間市入谷にある「米ディハウスざま」の2店舗に、12月いっぱいまでは出荷する予定だそうです!
ぜひチェックしてみてください!


続いては、女性に人気のイタリア野菜を育てている農家さんがいらっしゃると伺ったので
座間市栗原中央にある畑にやってきました!

20161125_9_04_20

20161125_9_38_38

こちらで農業をされている、飯島聡さんにお話を伺いました!

20161125_9_09_06

飯島さんほか、座間に住む5組の若い農家さんが、
地元の直売所の活性化の為にも新しい野菜を生産してみようと今年から始めたのが、イタリア野菜なんだそうです!

現在は、寒さ対策や鳥獣被害対策などを徹底しながら、
消費者の皆さんに喜ばれるようなイタリア野菜を育てようと日々奮闘されていらっしゃいます。

20161125_9_09_28

フェンネル、ルッコラ、カリフローレ、ゴルゴ、ロメインレタス、スイスチャードのイタリア野菜を育ててらっしゃいます!

20161125_9_31_06

20161125_9_37_22

特別にスイスチャードの収穫体験をさせていただき、生でいただきました!
みずみずしくて、ほうれん草のような味がしましたよ!

20161125_8_37_08

イタリア野菜は「米ディハウスざま」、「米ディハウスくりはら」に出荷されています。
飯島さんのお名前が貼ってあるので、チェックしてみてください!


「米ディハウスざま」
http://ja-sagami.or.jp/tenpo/detail/j_06.html


「米ディハウスくりはら」
http://ja-sagami.or.jp/tenpo/detail/j_07.html

20161125_8_38_33

「米ディハウスざま」、「米ディハウスくりはら」では今週末、「初冬感謝セール」を行っています。
皆さん、お出かけしてはいかがですか?
大矢さん、飯島さんの野菜もあるそうですよ!

2016年10月22日 (土)

大きい柿み~つけた♪

今回は、小さい秋ではなくて、「大きい柿」見~つけた♪
ということで、茅ヶ崎市芹沢にある柿農園におじゃましました!

20161014_15_18_00

こちらで柿を生産されていらっしゃる、鈴木 武勝さんにお話を伺いました。

20161014_14_51_42

20161014_15_23_37_1_2

鈴木さんは農業歴52年。
果樹専門で、栗、梨、梅、ブドウなどを育てながら、
柿も30アール、およそ3000平方メートルの広さで栽培されていらっしゃいます。

20161014_14_53_27

若い人にも好まれるような柿をということで生み出された品種、太秋。
大きいサイズで、収穫も早いんです。
梨のような、リンゴのような食感のある柿なんです。

20161014_15_00_12

20161014_14_51_19

収穫体験をさせていただきました!

20161014_15_02_06

太秋はその特徴の食感・甘さを活かすために青い時期にもぐんだそうです。

20161014_15_03_11

20161014_15_05_01

特別にもぎたての太秋をいただきましたー!

20161014_15_05_32

20161014_14_57_34

鈴木さんが育てた柿は、大型農産物直売所「わいわい市寒川店」に出荷されているそうですが、
太秋は収穫する時期が早い柿なので、これからは2つの品種、次郎柿と富有柿を中心に出荷されるそうです。
これらはちょうど収穫のシーズンを迎えて、11月1日からは鈴木さんの農園で、
一般のもぎ取り体験も開催されています!
ぜひチェックしてみてください!



美味しい柿に続いては、お米の話題!
「渡り鳥を守るお米」があるということで、茅ヶ崎市西久保におじゃましました!

20161014_13_36_15

20161014_14_05_32

詳しいお話を、鈴木 國臣さんに伺いました。

20161014_13_40_59

鈴木さんは三翠会代表をつとめていて、
シベリアからくる、渡り鳥タゲリを守っています。
エサ場の田んぼを維持することが大切なんだそうです。

20161014_13_33_16_2

「湘南タゲリ米」とは、タゲリ・環境を守るお金が上乗せされたお米。
お米を5キロを買うと八畳分の田んぼを守れるんだそうです。

20161014_13_03_23_2

20161014_13_03_58_2

湘南タゲリ米は、白米や玄米の他、白米と黒米をバランスよくブレンドして
桜色に炊きあがるお米など、様々の種類をキューブ米で販売しているそうです。

20161014_13_08_00

20161014_13_09_35

その他、加工品にも力を入れています。
例えば、焼酎。
「米焼酎 たげり」という名前で販売されているそうですが、
ファンの方のお話によると日本酒のような味で、美味しくて飲み過ぎちゃうそうですよ。

他にも地元・茅ヶ崎のおせんべい屋さん、
「三河屋(みかわや)」にお願いして完成したお菓子があるんです。

20161014_13_00_35

20161014_13_17_54

おせんべい「麻Q呂(まっくろ)」を試食させていただきました。
烏帽子岩の形のおせんべいで、味は二種類あります。

20161014_13_58_14

「サザンラスク」も試食させていただきました!
三河屋の社長が提案したラスクで、
タゲリ米を米粉にしてフランスパンを作り、ハートの形にカットしてラスクを焼きあげています。
味はチョコ、ホワイトチョコの二種類です。

20161014_14_02_39

20161014_13_37_06_2

おせんべい「麻Q呂」と「サザンラスク」は、三河屋さんでお菓子購入可能です。
タゲリ米は三翠会のホームページ、Facebookページに購入方法が書いてあります。
とっても美味しいので、皆さんもチェックしてみてください!

三翠会
http://sannsuikai.eco.to

https://www.facebook.com/tagerimai/
















2016年7月 9日 (土)

金メダル級の甘さ ゴールドラッシュ

今回は、金メダル級の甘さがあるとうもろこし、「ゴールドラッシュ」を求めて、
綾瀬市早川にあるとうもろこし畑に行きました!

20160701_9_36_35
こちらでとうもろこしを育てていらっしゃる、福島 尚泰さんにお話を伺いました。

20160701_8_50_34

20160701_8_53_29

綾瀬全体で720アール。こちらの畑だけでも100アール栽培しているそうです。
“ゴールドラッシュ”は非常に甘く、皮も柔らかい品種で、北海道にも出荷しているんです!

20160701_8_54_02

綾瀬市では、13年程前から栽培をスタート。
現在、全体のトウモロコシ生産量の中でも ゴールドラッシュの品種の割合は、
9割ほどにもなるそうです。
ちなみに福島さんは、綾瀬市のトウモロコシ部会の部長を担当されているんです。

20160701_9_09_37

20160701_9_12_06_2

収穫体験をさせて頂きました!

20160701_9_14_11

20160701_9_17_35

生でも、茹でたものもいただきました!
甘くて、とっても美味しかったですよ!

20160701_8_42_55_2

福島さんが何よりもオススメしていたのは、
朝取れのトウモロコシを早めに購入して、なるべく早く茹でて頂くこと。
トウモロコシの鮮度は収穫した時間帯や収穫してからの時間によって、
大きく変わってくるそうです。

20160701_9_40_49

ちなみにトウモロコシを茹でる際は、お湯を沸騰させてから通常5分程茹でるのですが、
鮮度が良いゴールドラッシュであれば、3分~4分程でも良いそうですよ。

20160701_9_33_24

20160701_9_58_36

福島さんのトウモロコシは県内百貨店、青果店、量販店等に出荷されています。
また、今年からJAさがみの綾瀬グリーンセンターで数量限定で販売しているそうです。
目印は、ポスターをPOPにしたものを店舗に掲載されています。
まずは、“綾瀬「菜速」とうもろこし”のPOPが掲げられているトウモロコシを
探してみてくださいね!



続いては、綾瀬市で今年誕生したばかりのご当地グルメがあるという事で、
綾瀬市吉岡東にある大久保商店に行ってきました。

20160701_10_29_18

20160701_11_06_30

まずは、「あやせ市ブタッコリ~ロケ隊」隊長の、比留川 実さん、
「大久保商店」店主の大久保 豊さんにお話を伺いました。

20160701_10_49_55_2

20160701_10_56_27

今年4月に発売開始したばかりのご当地グルメ「あやせとんすきメンチ」です。
豚のすき焼きをメンチにしているんです!
綾瀬市をPRする為に、色んな方一丸となって作ったそうです!

20160701_10_49_11

20160701_11_07_22

「あやせとんすきメンチ5か条」というものがあるんだそうです。

・綾瀬産の豚肉を必ず使用すること
・綾瀬産の野菜を原則使用すること
・具材は、豚肉・ゴボウ・長ネギ・しらたきを使用すること
・肉と野菜の比率は50対50とすること
・綾瀬に代々伝わる秘伝の味付けであること

こちらの5か条を満たしていないと「あやせとんすきメンチ」ではないんです!

20160701_11_00_40_2

20160701_10_59_02_2

「あやせとんすきメンチ」を頂きました!
色んな具材が入っているので、ひとつだけでも満足感のあるメンチカツでした!

20160701_10_29_42

20160701_10_28_39

1日100個以上、3か月で8000個以上売り上げているそうです!
税抜き180円で販売されています。

現在、綾瀬市内では「大久保商店」「高座豚手造りハム 綾瀬本店」「CAFE KAKA」の
3店舗で販売されています。
ぜひ、食べ比べをしてみてください!

2016年4月23日 (土)

シャッキシャキ『さがみのレタス』

今回、まずは海老名市からシャッキシャキのさがみのレタスに注目しました!

20160415_10_41_20

シャキシャキな「レタス」を求めて、海老名市でレタスを栽培されている、
川口さんのレタス畑におじゃましました!
こちらでレタスを栽培されている、川口勝治さんにお話を伺いました。

20160415_10_11_34

20160415_10_28_51
川口さんは年間でキャベツを4ヘクタール程栽培しているそうです。
海老名市園芸協会レタス部会の部会長であり、
出荷をメインに、栽培研究なども行っています。

20160415_10_57_24

「さがみのレタス」は、かながわブランドに認定されています。

20160415_10_26_34

20160415_10_39_50

収穫体験をさせて頂きました!

シャキシャキで瑞瑞しく、
噛めば噛むほど水分が出てきてとっても美味しかったです!

20160415_10_40_10_2
有機物をふんだんに使っているという川口さんのレタスは、
通常のレタスと比べて外葉の部分がふわっと広がっています。
そのため苦みが少なく、そして日持ちが良くなるのだそうです。

20160415_10_24_55

レタスが新鮮だと焼き肉に巻いたり、
しゃぶしゃぶなどに使っても美味しいそうですよ!

20160415_11_20_36

川口さんが育てたさがみのレタスは、
JAさがみ管内にある農産物直売所「グリーンセンター」や、
「わいわい市」などに6月上旬ごろまで出荷されています。
ぜひ、川口さんの名前がシールに記載されてあるレタスを探してみてくださいね!

続いてはシャキシャキのレタスとも相性バツグンな食材、「卵」に注目しました!
おじゃましたのは、海老名市中野にある養鶏場「清水鶏園」です!

20160415_13_01_04

20160415_13_08_18

「清水鶏園」の代表取締役、清水幸一(しみず こういち)さんにお話を伺いました。

20160415_13_12_49

こちらでは鶏が全体で12000羽、育成鶏が2000羽いるそうです。
昭和34年頃から家族で営んでいる鶏園なんです。

20160415_13_05_33

エサをを吟味し、新鮮な水を与えているため、
鶏は健康で、卵は甘くておいしいそうですよ!

20160415_13_35_31_2

そんな卵を使って、マヨネーズ作りにチャレンジしました!
卵黄、マスタード、レモン汁、そして塩を混ぜたものに、
少しずつサラダ油を加えながら泡だて器で地道にかき混ぜていく作業です。

20160415_13_26_07

20160415_13_26_15

頂いたレタスとゆで卵、そして手作りマヨネーズでサラダを作りました!

20160415_13_44_20

20160415_13_47_08_3

海老名で育ったレタスと卵。
まさに相性ピッタリでした。

20160415_11_28_03

20160415_11_29_33

「清水鶏園」の卵も、川口さんのレタスと同じく
JAさがみ管内にある農産物直売所「グリーンセンター」や、
「わいわい市」などに出荷されていますので、合わせてその味を堪能して下さいね!

20160415_14_06_15

手づくりマヨネーズのレシピです。
みなさんも、マヨネーズ作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Photo_6

2016年1月 9日 (土)

いちご「おいCベリー」グッド♪

今回は、おいしいと評判のいちごの品種、その名も「おいCベリー」の話題!

20160109_1_47_17_3

座間市栗原中央にあるStrawberry farm OYAで、
こちらを経営されている、大矢朝仁さんにお話を伺いました!

20160109_1_47_14

20160109_1_47_16_5_2

こちらは、4年程前に登録されたばかりの比較的新しい品種。

他の品種に比べてビタミンCの含有量が高く、糖度も高いそうで、
直売所の店頭に並ぶとすぐに売り切れるほどの人気なのだとか!

さらに二つの品種、「紅ほっぺ」、「やよいひめ」の摘み取りと、
三品種の食べ比べもしました!

20160109_1_47_16_6

三つの品種の特徴の違いは…

「おいCベリー」は見栄えがよく、、ケーキ屋さんなどでも人気。
「紅ほっぺ」は比較的水分が多く、甘さ、酸味、香りのバランスも良い。
「やよいひめ」は比較的大きくなりやすい。色は薄いけど食べるとおいしい。

さらに!昨年の春から作り始めたという、手作りのいちごのジャムも頂きました!
いちごと砂糖とレモンだけで作ったというジャム。パンに合いそうなお味でした。

20160109_1_47_16_4

美味しいと人気のいちご「おいCベリー」は、

例年からすると、4月上旬位までは出荷される予定だそうです。

いちごのジャムとともに、座間市にある農産物直売所
「米ディハウスくりはら」で販売されています。

続いては、その直売所「米ディハウスくりはら」へ!

20160109_1_47_16_2

20160109_1_47_16_1

相鉄線「さがみ野駅」から車で15分ほど。
座間市立 栗原中学校のそばにあります。

20160109_1_47_17_2

20160109_1_47_18_2

パートさんが作る手書きのPOPも見ごたえあり!!

20160109_1_47_17


店長の、三留 聡さんにお話を伺いました。

20160109_1_47_16_3

大矢さんのいちごも!

「米ディハウスくりはら」では、
毎月、第3火曜日に、「火曜市」という特売を開催。
店内商品、お求めやすい価格に設定されています。

さらに毎月6のつく日は「お米の日」。
5キロ以上精米された方に卵のパック6個入りをプレゼントするそうですよ!


JAさがみ 米ディハウスくりはら