fyb_switch_to_sp_js

JAよこすか葉山 Feed

2018年5月26日 (土)

峠でお待ちしています

今回は、横須賀市から!峠で育った季節野菜に注目!
横須賀市長浦町でお野菜を栽培されています、
垣内清美さんの畑におじゃましました!

20180518_9_51_56
横須賀といえば、港町のイメージがあるかもしれませんが、
こちらは十三峠といわれる、山の上です。

そんな場所にある畑で、垣内さんは、
現在もお母様と二人で沢山のお野菜を栽培されています。
そのお野菜の中から、今オススメのスナップエンドウを収穫させて頂きました!

20180518_9_53_22
収穫の後、垣内さんの畑で採れたお野菜を使ったお料理も作って頂きました!

ひとつは、採れたてのレタス、ホウレンソウ、
サラダからし菜、スイスチャードを使ったサラダ。
にんにくが効いたシーザー味で味付け。どれもシャキシャキでおいしかったです。

20180518_10_06_53
もうひとつは、じゃがいもの炒め。
オリーブオイルをにんにくで炒めて、じゃがいもを全部塩胡椒で炒めたもので、
じゃがいもは全部で6種類も使われています!

20180518_10_06_21
20180518_10_20_00
垣内さんが十三峠の畑で育てた季節野菜をたっぷり頂いたあとは、
そのお野菜が出荷されているという場所へ向かいました!

_______________________________

垣内さんにご案内頂いたのは、京急線「按針塚駅」から車で5分ほど。
十三峠地区で月に一度、第三金曜日に開催されているという、直売会です。
こちらの直売会を運営されています、「JA逸見野菜直売倶楽部」の代表、
梅田達男さんにお話を伺いました。

20180518_8_58_10
20180518_8_59_06
月にたった一度の開催なのに、
オープンからすぐにほとんどの野菜が売り切れてしまうほど、
地元の方を中心に人気の直売会です。

20180518_9_20_55
20180518_9_03_07
取材に伺った当日は、汐入駅の近くでレストランを営業されているシェフの方も、
朝早くから新鮮なお野菜を購入されていました。
また、珍しいお野菜の販売にも力を入れていらっしゃるそうで、
現在は、今年の秋の出荷を目指して、青パパイヤの栽培をされているそうです。
さらに、十三峠で採れただいこんを「十三峠だいこん」として売り出せるよう努力している、
ともおっしゃっていました。

20180518_9_28_50
十三峠での直売会、次回の開催は6月15日・金曜日の朝9時から!
予定では、順調に育てば夏野菜が並ぶかも!とのことです。
会場までのアクセス方法など、詳しくはこちらのページをチェックしてください。

JAよこすか葉山の直売所紹介ページ

2018年3月31日 (土)

キャベツ畑でつかまえて~

今回は、春キャベツに注目!

お話を伺ったのは、横須賀市津久井にある畑で春キャベツを育てていらっしゃいます、
森崎タツオさんです。

20180323_13_13_34
20180323_13_21_07
海と畑に囲まれた、見晴らしの良い丘の上で農業をされている森崎さん。
就農されてから今年で13年目。キャベツの他にも、
夏場にはかぼちゃ等を育てていらっしゃるそうです。
美味しい野菜を生産するためにも、
普段から雑草などをはやさないように心がけている、とおっしゃっていました。

20180323_13_18_35
そんな森崎さんの管理のもと、潮風を浴びて元気に育った春キャベツ。
収穫にチャレンジさせていただきました!

20180323_13_25_51
20180323_13_26_22
甘さが魅力の春キャベツ!そのままでももちろん美味しいですし、
色んなレシピにも活用してみたいですよね。
横須賀の潮風を浴びた春キャベツを、この旬の時期にぜひ、食べてみて下さい!

20180323_13_31_13

さて、潮風のにおいを辿って、続いては、丘の上から海岸方面へ向かいました!




今回、2か所目におじゃましたのは、
横須賀市津久井の海沿いにあるオシャレなお店、Cafe Sproutです!
オーナーの、鈴木 直樹さんにお話を伺いました。

20180323_15_10_12
店内にはサーフ系の雑誌やCDなどが並んでいて、鈴木さんの海への愛を感じました。
落ち着いた雰囲気も、とても魅力的なんですよ。

20180323_15_07_45
20180323_15_17_32
もちろん、メニューにも大変こだわりがあるということで、
今回はその中からおすすめの
「桜えびと春キャベツのパスタ」と「イチゴシフォンロールケーキ」を頂きました!

20180323_15_12_36
20180323_15_13_01
取材の後、「えびとカブのレモンクリームパスタ」も頂きましたよ!

20180323_15_11_56
横須賀方面へ海辺のドライブに行かれる際はぜひ、
Cafe Sproutに立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

20180323_15_22_01
【Cafe Sprout】
http://www.sprout2017.com/
〒239-0843 神奈川県横須賀市津久井2-3-2
OPEN:11:30~21:00
CLOSE:毎週水曜日


JAよこすか葉山からのお知らせです。

【津久井浜観光農園いちご狩り】

期間、金額、送迎バス有、混雑状況はJAよこすか葉山HPのいちご狩りカレンダーを確認、
現地案内所までお問い合わせください。

・開園期間
5月5日までの毎日午前9時~午後3時まで

・入園料(3歳以上)
3月1日~3月31日1,500円
4月1日~5月5日1,200円
※現地案内所にて「入園券」をお求めください

・京急津久井浜駅より送迎バスあり(随時運行)

・品種:紅ほっぺが中心

有機質肥料、低農薬でじっくり育てた大粒で甘い香り豊かないちご
いちご狩りでしか味わえない、ハウス完熟したで中まで真っ赤ないちごの
とれたてのおいしさをぜひ味わってください。
皆さんのご来園をお待ちしています。


お問合わせ
津久井浜観光農園事務局(平日 午前9時~午後3時まで)
TEL 046(849)4506

現地案内所(開催期間中 午前9時~午後3時まで)
TEL 046(849)5001

場所
津久井浜いちご狩り  現地案内所
横須賀市津久井5-15-20(京急線津久井浜駅下車・徒歩20分)

http://ja-yokosukahayama.or.jp/tourism/

2017年12月16日 (土)

♪よこすかで花あそび♪

今回は、「よこすかで花あそび♪」
ということで、まずは横須賀市秋谷でお花を生産されています、
新倉勝則さんと、奥様のよしこさんにお話を伺いました。

20171208_11_13_00
新倉さんは、60年以上も農業を続けている、大ベテランでいらっしゃいます!
戦後、食糧を補うためにエンドウ豆を育てたのがきっかけで、現在はお花を中心に生産されています。

20171208_10_58_22
明るくて優しい雰囲気の新倉さん。
ご自宅にもおじゃましたのですが
お部屋の戸棚の中には盾やトロフィーなどがズラリと並んでいました!

なんと、お花の品評会において
これまでにも農林大臣賞をはじめとした数々の賞を受賞されていて
1970年に開催された大阪万博には2万鉢相当の菜の花を出荷されたりと
その腕前は昔から高く評価されています!

ちなみに昔は、横須賀市秋谷周辺だけでも
およそ60軒ものお花の農家さんがいらっしゃったそうですが
現在では2軒のみ。

そんな中、大変な作業をよしこさんと二人で続けていらっしゃいます。

20171208_10_55_51
新倉さんが育てたお花は、横須賀市長井にあります
JAの大型農産物直売所、「すかなごっそ」に出荷されています!

お花のコーナーで、新倉勝則さんのお名前が書かれたシールを探してみてくださいね!




さて、「よこすかで花あそび♪」
次にお話を伺う方も、同じニイクラさん。

横須賀市秋谷でお花を生産されています、新倉 良夫さんにお話を伺いました。

20171208_10_32_36
日々、ストイックにお花を管理されている良夫さん。

20171208_10_16_28_2
畑には沢山の綺麗なお花が咲いていましたが、
それでも出荷に見合ったクオリティーのお花はほんの一部しかないのだそうです。

20171208_10_00_29
良夫さんの目によって厳しく選定されたお花だけが、
横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」に出荷されているそうですよ。

20171208_10_09_04

20171208_10_17_01

20171208_10_16_04
天候の変化などにも耐えながら、凜として咲くお花。
今年一年、頑張った人への贈り物や、年末年始のイベントを飾るのにもピッタリです!
出荷されている皆さんの想いも汲み取りながら、じっくりと愛でたいですよね!

 

2017年6月17日 (土)

かぼちゃを食べに行かなくちゃ!

今回は三浦半島で生産されている
全国的にも評価が高い「こだわりかぼちゃ」に注目しました!

横須賀市津久井にあるカボチャ畑で、
生産者の長谷川茂さんと、息子さんの徹さんにお話を伺っていました。

20170609_10_36_53

長谷川さんは、およそ8000坪の広大なカボチャ畑で
毎年、箱にして7000ケースほど、かぼちゃを出荷されているそうです。

20170609_10_21_37

20170609_9_23_19

ひと箱につき10キロ相当のかぼちゃを詰めているそうなので、
重さで計算すると出荷量は一年でおよそ7万キロ!

長谷川さんのご家族とお手伝いさんで管理されているそうですが、
その大変さがうかがえます。

20170609_9_30_31

20170609_9_32_43

20170609_10_11_43

遠くに海が見渡せる丘の上。
辺り一面に、かぼちゃの葉っぱの緑が広がっていました。

その中に足を踏み入れさせていただきました!



20170609_10_32_10
下を覗けばお宝が!

20170609_10_20_29
そのお宝かぼちゃを収穫させていただきました!

20170609_10_34_16

20170609_10_34_41

こだわりかぼちゃを収穫させて頂いた後
長谷川茂さんの奥様、ゆみ子さんと、徹さんのお嫁さん、美幸さんに、
こだわりかぼちゃの煮物とスープを頂きました!

20170609_9_50_19

20170609_9_50_03

色んな調理方法が楽しめるかぼちゃですが、
今日ご紹介した他にも、天ぷらや、そのままシンプルに焼いて食べたり
ホットケーキミックスに混ぜて一緒に焼くのもオススメだそうです。

20170609_9_55_56

共販で出荷されているという長谷川さんのかぼちゃには、シールが貼ってあります。
「自然の味 こだわり よこすか葉山 かぼちゃ」と書かれたシールを見かけたら
ぜひ手にとって、全国に誇るこだわりのかぼちゃの味を堪能してみてくださいね!

20170609_9_58_37



次にお邪魔したのは
横須賀市長井一丁目にあるお店、「kipoint(キーポイント)」。

20170609_11_17_07
こちらのお店を経営されています、一ツ谷きよ恵さんと旦那さんの昌生(まさむ)さんに
お話を伺いました。

20170609_11_43_06

もともと、横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」などに
ご自慢のシフォンケーキを出荷されていたんですが
そのお味の評判が広がっていくとともに
それまで使っていたオーブンだと生産が間に合わなくなるということで
業務用のオーブンを取り入れたことをきっかけに
4月からお店での直売もスタートされたそうです。

20170609_11_29_30_2
もともとの評判も相まって、連日大人気というそのシフォンケーキ。

20170609_11_10_59
その人気のシフォンケーキをいただいちゃいました!

20170609_11_30_54
しっとり、ふわっふわなシフォンケーキ。
気になるお味を確実に手に入れたい方は、早めの時間帯がオススメですよ!

「kipoint(キーポイント)」の住所は

横須賀市長井一丁目。
三浦縦貫道を下りて国道134号線を三崎口方面へ。すかなごっその手前右手側。

営業時間は朝10時から夕方6時。
定休日は火曜日と水曜日。

すかなごっそでも買う事ができます。

是非チェックしてみてください!

2017年4月29日 (土)

キングオブ山菜!

今回最初に注目したのは、山菜の王様、「たらの芽」!

横須賀市平作にある畑でたらの芽を栽培されています

辺見敏彦さんにお話を伺いました!

20170421_10_18_37

辺見さんは、6年程前に定年退職されたタイミングで農業をスタート。

ちょうどその頃に横須賀市長井に大型農産物直売所、「すかなごっそ」がオープンしたとの事

「すかなごっそ」への出荷用にと、たらの芽の栽培を始めました。

20170421_9_43_24

20170421_9_42_59

20170421_9_50_54

現在は100平方メートル程の広さで栽培していますが 今後はさらに規模を拡大する予定だそうです。

20170421_9_51_56

春を告げる野菜として親しまれている「たらの芽」。

山菜の王様と呼ばれるだけあって栄養価も高く、ビタミンやミネラルのほか、

特にカリウムが豊富で、高血圧で悩んでいる方にはオススメです。

20170421_10_01_05 

そんなたらの芽の収穫をさせて頂きました!

20170421_10_06_21

20170421_10_05_06

現在、市場に出荷されているふきのおよそ6割が、「愛知早生」という品種だそうです。

お弁当の定番、「すじの通ったふき」も、一般的にはこの品種なのかもしれませんね。

そして、この「ふき」と「たらの芽」のお料理を頂きたい!

というわがままなお願いを快く聞いてくださった辺見さん。

大きなテーブルが用意されたご自宅の庭に案内して頂きました!

20170421_11_07_07

20170421_10_56_07
見敏彦さんの奥様、和子さんに、「たらの芽」と「ふき」と「たけのこ」、

春に食べておきたい山菜を贅沢に使ったお料理をたくさん頂きました!

そんな辺見さんが育てた山菜は、横須賀市長井にある大型農産物直売所、

「すかなごっそ」に出荷されているということで、次はそちらへ向かいました!

20170421_12_24_02_2

京急久里浜線「三崎口駅」からソレイユの丘方面へ車で5分ほど。

横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」の店長

塚原 仁さんにお話を伺いました!

20170421_12_47_50

この時期のおすすめ野菜はたけのこ! たらの芽とふき等、木の芽類も旬で人気との事!

20170421_12_54_08

20170421_12_28_18

ちなみに、「すかなごっそ」の、Instagram公式アカウントもあり
お得な情報も沢山ありますので、ユーザーの方はこちらもぜひチェックしてみてください!

20170421_12_40_19_2

GWはガーデニングの野菜の苗やお花の苗が沢山でるらしいです。

5月1日(月)・2日(火)は営農担当による栽培相談会も行われるとの事で

色んなことが聞けます!初めての方もぜひ!


大型農産物直売所「すかなごっそ」
http://ja-yokosukahayama.or.jp/sucanagosso/

すかなごっその営業時間は、朝9時30分から夕方6時まで。

定休日は水曜日となっていますが、祝日の場合は営業されるそうです。

ゴールデンウィーク、横須賀方面に行かれる際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

2017年1月21日 (土)

三浦半島に行っタカナ♪

今回は、炒めても漬けても美味しい野菜、たかなに注目しました!
おじゃましたのは、横須賀市浦賀にある畑です!

20170116_13_21_11

タカナを栽培されている、長島次郎さん、タクエさんにお話を伺いました。

20170116_13_21_34

三浦半島では昔から、たかなの栽培が盛んだったそうで、
特にこの地域で育てられているものは、「三浦たかな」という名前で親しまれているそうです。

長島さんは他に育てている野菜も含めて、日々、低農薬にこだわり、
年間では5トンほど「三浦たかな」を出荷されているそうです。

20170116_13_27_58

まずは生の葉をご用意して頂いたので、生でいただきました!
シャキシャキだけど、とっても辛いんです!

20170116_12_55_08

「浅漬け」「ごま油炒め」「調味漬け」を頂きました!
どれもとっても美味しかったですよ!

20170116_13_51_47

長島さんが育てた「三浦たかな」は、普段は横須賀市浦賀周辺のスーパーや直売所、
横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」に出荷されています。


また、出荷者3名で結成した「はこべ会」として、
土日限定で、横須賀温泉湯楽の里へも出荷されているそうですよ!




続いて、長島タクエさんに先ほどは教えて頂いた、
はこべ会の皆さんがお野菜を出荷されている「横須賀 湯楽(ゆら)市場」にも行ってきました!
京急線「馬堀海岸駅」から歩いて10分ちょっと。
よこすか海岸通り沿いの「馬堀海岸四丁目東 交差点」そばです。

20170116_14_27_51

20170116_14_22_34

はこべ会の皆さん、長島タクエさん 齋藤幸子さん 長島絹江さんにお話を伺いました。

20170116_14_23_44

家で作った野菜を収めているんだそうです。

横須賀温泉湯楽の里について、横須賀 湯楽市場の松下さんにもお話を伺いました。
こちらは、横須賀や三浦の野菜を中心にフルーツやお土産を販売。
毎週土日は、はこべ会から提供された野菜の販売を行っています。
また野菜の詰め放題もあるんだそうですよ!

20170116_14_23_09


20170116_14_14_45

人気商品の「焼き芋」をいただきました!
「紅はるか」という品種です!
とろとろで美味しかったですよ!

20170116_14_25_06

「横須賀 湯楽市場」は入場無料。特定日以外は年中無休。
営業時間は朝10時から夜7時までです。

横須賀温泉「湯楽の里」でリフレッシュした後は、ぜひこちらの直売所に立ち寄ってみてください!

2016年11月26日 (土)

海風が育む甘いみかん

今回は、海風に育まれた甘~いみかんがあるということで、横須賀市津久井にあるみかん畑にお邪魔しました。

20161118_13_41_47

20161118_14_18_48

こちらでみかんを栽培されていて、津久井浜みかん狩り組合の役員でもある
原田宗輝さんにお話を伺いました!

20161118_14_09_01

20161118_14_12_50

土日だと一日2800人、年間3万人弱の人が、みかん狩りを楽しみに来るんだそうです。
原田さんはみかんを育てて9年目。家族でみかんを作っています。

20161118_14_12_50

横須賀のみかんは甘く、酸味がある昔ながらのみかんなんです!
シーズンは10月20日~11月30日までだそうです。

20161118_14_22_56

原田さんは「宮川早生」と「興津」の二つを作っているそうです。
今回は、宮川早生のみかん狩り体験をさせていただきました!
みかんは、枝の先端に栄養がいきやすいので、先のほうのみかんがおすすめだそうです。

20161118_14_24_39_2

その場で、すぐにいただきました!
甘さがとっても濃くて、美味しかったですよ!

20161118_14_17_34

みかん狩りはこの週末ぐらいがラストチャンスです!
みなさんぜひ、このチャンスをものにしてください!

でも、シーズンが終わっても、家で販売や津久井浜観光農園の案内所でも販売しているそうですから、安心してください。

20161118_13_48_50

20161118_14_34_28_2

横須賀のみかんを食べてみたいという方は、津久井浜観光農園に問い合わせてみてください。
津久井浜観光農園
http://www.jakanagawa.gr.jp/kn5128/kanko/top.html

そして、大川農産物直売所「すかなごっそ」でお買い物がてら、
お腹が空いたので近くでランチを…と思っていたら、道路をはさんで向かい側に気になるお店を見つけました!
ビュッフェ、「Bistro エース」です!

20161118_15_14_59

20161118_16_01_43

「Bistro エース」の総料理長、遠田浩二さんにお話を伺いました!

20161118_15_20_45

20161118_15_20_56

今年8月2日にオープンした、ビュッフェスタイルのこちらのお店。
金額毎に10種類ほどメニューがあって、バイキングを楽しみながらメインディッシュを選べるんです。
三崎まぐろを使ったオードブルなどが人気で、デザートも8種類だそうです。

20161118_15_59_34

バイキングのメニューも、それぞれがひと口サイズの小皿に乗せられて並んでありました。
盛り分ける手間も少なく、安心して頂けるのが、女性からの評価が高いポイントだと思います。
メニュー一品一品に対するこだわりが強く、アイデアが豊富なんです!

20161118_15_31_05

20161118_15_37_19

特別に「津久井みかんを使ったミルフィーユ」をいただきましたよ!
ティラミスのクリームとみかんにパイ生地こちらのミルフィーユ、数量限定で販売されています!

20161118_15_21_26

営業時間は、11:30~ラストオーダー14:00/土日祝日16:30(平日17:00)~ラストオーダー20:00
定休日は、水曜日と第3火曜日。
混み合うことがあるので、予約いただいた方がスムーズだそうですよ!

20161118_15_30_40


他にも、現在試作段階だとおっしゃっていたメニューも特別に頂きました!
クリームチーズとアボカドをサーモンで巻いて、みかんの御酢をゼリーにしたものを乗せた一品でした。

「Bistro エース」
http://www.sukaichi.com/pc/tenpo/?tel=0468456530




2016年9月17日 (土)

ふしぎ発見!〇〇のジャム♪

今回は、意外な食材を使ったジャムがあるということで、葉山町上山口に行ってきました!

20160909_13_16_16

その噂のジャムを加工されていらっしゃいます、永津幸江さんにお話を伺いました。

20160909_13_14_58

20160909_13_20_42

実は、「ナスのジャム」だったんです!
パンの上に乗せていただきました。
国産レモンが入っていて、さわやかな感じでしたよ!
甘すぎず、さわやかさもあって、すごくちょうど良いお味でした!

20160909_13_19_57

このナスのジャム。主な材料は、ナスとレモンとお砂糖だけとのこと。
そんなシンプルな組み合わせで出来ているというのも驚きでした。
ナスが苦手な方にも美味しく頂けるお味でしたよ!

20160909_13_15_21

ヨーグルトに乗せて食べたりもしましたが、
クセなどは一切なく一般的なジャムとして使えますので、
他にも色んな組み合わせで試してみるのも良いかもしれませんよ!

20160909_11_40_52

20160909_11_34_36

20160909_11_34_58_2

永津さんの「ナスジャム」は、
農産物直売所「すかなごっそ」や観光農園、
9月1日オープンのショッピングプラザ HAYAMA STATIONに置いてあります!

横須賀や葉山周辺に行かれた際には、お土産にひとつ、
ナスジャムを購入してみてはいかがでしょうか!

20160909_13_07_42_2

20160909_13_07_58

20160909_13_08_10
永津さんのお宅には、かわいいネコちゃんもいましたよ〜!



続いては、三浦半島の食材を使っているというイタリアンレストラン、
「イタリアン ミウラーゼ」におじゃましました。
こちらは、横須賀市長井にあります。

20160909_14_49_57

 

20160909_15_06_46

オーナーシェフの鈴木 誠さんにお話を伺いました!

20160909_14_42_01

20160909_14_45_37

こちらのお店は、独立して自分の店を持ちたいという夢と、
三浦半島の食材が素晴らしいという動機から、去年3月オープンしたそうです。

20160909_14_41_05

Photo_7

席数は、全部で14席。
調理場の様子やオシャレな手作りのピザ窯も外から見えたりと、
他には無いお店のつくりになっています!

20160909_14_36_24

20160909_14_37_33_2

メニューは、主に薪で焼いたピッツァとパスタ。
地元の季節野菜をイタリア料理ベースに作っていらっしゃいます。

20160909_14_52_34

Photo_6

20160909_14_55_38

ナスのマルゲリータをいただきました!
ふっくら、もっちりで、とっても美味しかったですよ!

20160909_15_04_57

気になるメニュー、他にも沢山ありました!
イタリアンの定番料理にこだわる事なく、
三浦半島の季節の食材を活かしたものをと、鈴木さんが常に考えて提供されているので、
他のお店にはないようなメニューばかりでしたよ。

20160909_14_41_30

営業時間です!

詳細は、お店のHPをご覧ください。
https://www.facebook.com/italianmiurase212/

20160909_14_46_31_2

20160909_15_21_21

2016年6月11日 (土)

すかなごっそ5周年!

今回は、横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」におじゃましました!

20160603_10_49_18
オープンから5周年を迎えたということで、
「すかなごっそ」店長の塚原 仁さんにお話を伺いました。

20160603_10_00_37

400名会員登録、毎日200名程出荷されているそうです。
県内で唯一、お肉の対面販売を行っていて、お魚も販売しています。
様々なお野菜があって、この時期はトマト、きゅうり、ナス、枝豆などが
オススメだそうですよ!

20160603_10_10_09

地元の関口牧場からソフトクリームの原料を提供されていて、
キャベツを使った「すかな焼き」が自慢のイートインコーナーもありました。

20160603_9_55_43

20160603_10_06_23
「すかな焼き」をいただきました!
大きめに切ったキャベツの大きさを揃えていて、
シャキシャキして、とっても美味しかったです!

値段は380円。ハーフサイズは200円です。

20160603_10_10_21_2
他にも、よこすかメイプルメロンアイスやホットドックなど、
オススメのメニューがたくさんありましたよ!

20160603_10_24_32

続いて、「すかなごっそ」の店内にある、お肉コーナーに行ってきました!
精肉店長 関場 克行さんにお話を伺いました。

20160603_10_12_51

20160603_10_14_05

一番の目玉は、「葉山牛」。
幻の牛肉と呼ばれているんだそうですが、いつも扱っているそうですよ。
葉山牛はお米を与えていてるので、脂が甘いんだそうです。

20160603_9_27_22

20160603_10_23_30_1

お惣菜も扱っていて、葉山牛入りメンチカツと葉山牛コロッケがオススメということで、
メンチカツをいただきました!
メンチカツは、ひとつ210円で、
お肉の旨味がたっぷりで、とっても美味しかったですよ!

20160603_10_19_14

葉山牛以外にもこだわりのお肉が多く、
県産の牛肉など、肉質にこだわっているそうです。

20160603_9_36_26

続いては、「すかなごっそ」の敷地内にあります、さかな館におじゃましました!

20160603_10_46_24_3
さかな館スタッフの、金子 敬雄さんにお話を伺いました。

20160603_9_39_20

20160603_10_28_31

長井港からの朝どれの魚や海産物、三崎のマグロなどを販売していました。
今はイサキ、スズキなどが旬だそうですよ!

20160603_10_30_32

20160603_10_41_15

ワラサ、メジナ、アジ、イサキ、マグロ、ネギトロ、スズキが乗った、
海鮮丼をいただきました!
海鮮丼は698円で、時期によって旬の魚に変わるそうです!

20160603_10_47_02

20160603_10_43_26

6月11日・12日に、すかなごっそ5周年を記念したイベントを開催するんだそうです!
先着800名様に記念品を用意していて、
3000円以上のレシートで応募、5000円相当のプレゼントが当たるかもしれませんよ!

20160603_9_46_53_2

当日は、フランクフルトの試食販売やAコープ商品の用意、
野菜の詰め放題もあるそうです!

行ってみようかなと思っていらっしゃる方は、お早目に!
6月11日も12日も、オープンは朝9時30分となってます!

20160603_9_59_39

実は、すかなごっその新商品、「三浦半島産かぼちゃのロールケーキ」もいただきました!
かぼちゃのクリームがすごくクリーミーで、優しいかぼちゃの香りがして、
とっても美味しかったですよ!
ぜひ、お土産にどうぞ!












2016年3月26日 (土)

「EAT LOCALLY」 ~横須賀~

今回最初に向かったのは、横須賀市阿部倉にある竹林。

20160318_11_06_03

こちらでタケノコ掘りにチャレンジ!
鈴木謙一さん、娘さんのともこさん、お孫さんのかりんちゃんにお話を伺いました。

20160318_11_39_39

20160318_11_22_49

20160318_11_36_28

20160318_11_31_36

鈴木さんのご自宅でタケノコ料理をご用意して頂きました!

20160318_11_43_17

「タケノコの土佐煮」…縦に切ったタケノコを下茹でして、
         醤油・酒・砂糖を入れて、鰹節で煮たもの。

20160318_11_46_47

「タケノコのお味噌汁」…味噌汁の中に入れるだけ。アクをとって完成。

タケノコ本来のおいしさを味わうなら、
なるべく掘りたてのタケノコをすぐに調理するのがオススメ!

20160318_12_40_57

20160318_12_36_35

横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」には、
鈴木さんの朝採れのタケノコが並びます。
そちらを使って美味しいタケノコ料理を作ってみてはいかがでしょうか!

続いては、神奈川の地場野菜が美味しく頂けるお店、
横須賀市佐島にあるレストラン、「Marine & Farm SAJIMA」へ!

20160318_14_01_38

20160318_14_25_51

※佐島マリーナの近く、天神島の手前にあります。

20160318_14_48_37

20160318_14_26_18

20160318_14_26_46

Marine & Farm SAJIMAマネージャーの加藤了三さんと、
シェフの天川雅孝さんにお話を伺いました。

20160318_15_13_18

こちらのレストランがコンセプトに掲げているのが、「EAT LOCALLY」。
三浦半島を中心に、地元でとれた旬の食材をふんだんに使ったメニューを提供されています。

頂いたのは…

 「三浦野菜のローカルグリーンサラダ」

20160318_14_59_35

「地卵とイベリコ豚ベーコンのエッグベネディクト」

20160318_14_59_30

「地卵と関口牧場牛乳のプリン」

20160318_15_01_25


三浦半島周辺をドライブする際にはぜひ、
こちらのお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

MARINE & FARM SAJIMA

さて、今週で私 小野木梨衣のレポートはラストとなりました。

20160318_15_23_16

2014月8月からのベジフルDJ担当、
お聴き頂きありがとうございました!