fyb_switch_to_sp_js

JAセレサ川崎 Feed

2018年7月14日 (土)

かわさきそだちのブルーベリー

今回は、川崎市宮前区から!「ブルーベリー」に注目しています。
お話を伺っているのは、宮前区菅生にあります、
杉田農園の杉田公男さんです。

20180706_11_50_11
この地域は、坂を登ってそのまま一本道を入って降りていくと、
それまでの住宅地の様子からは異なり、
畑や林など、一気に自然が多くなる場所です。
杉田さんのご自宅がまた、縁側があって、
玄関先には、大きくて太い立派な木があって…
まさに夏休みに遊びに来たおじいちゃんの家!のようなイメージです。

20180706_11_30_47
そんな杉田さんのご自宅の周りに広がるのが、杉田農園!
ブルーベリー畑には、180センチくらいの鳥よけのネットが畑一面に張られていて、
その下にはたくさんのブルーベリーの木が、植わっています。

20180706_11_41_17
まさにその木に今が食べ頃のブルーベリーが実っている!
と、いうことで…ブルーベリーの摘み取り体験をさせていただきました‼

20180706_11_48_48
20180706_11_37_55
杉田さんおすすめ、“冷凍した”ブルーベリーもいただきましたよ!!

20180706_11_50_32
杉田さんが育てる、大きくて、実が詰まっていて、
酸味が少なくとっても甘〜いブルーベリーは、
直売所で販売されている他、摘み取り体験も行っています。
今年は、7月下旬からを予定しているそうです。
摘み取り体験は完全予約制となっているので、
詳しくはお電話でご確認をお願いします。

電話番号 044−977−1416まで。

20180706_11_55_06

20180706_11_47_53
続いては、杉田さんのブルーベリーも出荷されています、直売所へ向かいました!

______________________________________


先程取材させていただいた杉田農園のブルーベリーも出荷されている、
川崎市宮前区宮崎にあります、JAの大型農産物直売所「セレサモス宮前店」から、
店長の萩原勝さんにお話を伺いました。

20180706_11_04_56
20180706_10_38_54
広い店内に、多くの方が来店されているセレサモス宮前店。
みなさん、カゴいっぱいの新鮮な野菜をたくさんお買い物されていました。

お店の前にはテーブルやベンチもおいてあり、
座ってゆっくりと談笑されているお母さんたちもいらっしゃいました。

20180706_11_03_00
さて、そんなセレサモス宮前店のお店の外、そして中にもたくさん描かれている、
あの可愛らしいキャラクターについても、伺ってきましたよ!

20180706_11_04_34
「モスぴー」はセレサモスのキャラクター。カモメです。
昨年10月から今年10月までセレサモスのオリジナルキャラクター「モスぴー」と、
サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボ企画を実施しています。

ちなみに!私、実際にセレサモスのオリジナルキャラクター、
モスぴーにも会って来ましたよ!

20180706_10_50_27
そして、「モスぴー」のイラストやセレサモスに出荷される農産物が
カレンダー形式で描かれている袋ですが…
現在、この野菜出荷袋を10枚集めてサービスカウンターへ持っていくと、
モスぴーとハローキティの野菜収納袋を1枚プレゼント!という企画も実施中。

20180706_10_57_44
20180706_10_57_33
ぜひ、セレサモスでお買い物の際には、杉田農園のブルーベリーと併せて、
チェックしてみてくださいね。

20180706_10_59_36
20180706_10_51_45

2018年3月10日 (土)

麗しの大玉トマト♡

今回、最初におじゃましたのは、川崎市宮前区初山にあります、
川崎市内最大級という、トマトの温室です。
20180302_10_24_35
こちらを管理されています、矢澤水耕農園の矢澤 舜さんにお話を伺いました。

現在26歳、農業を始めてから4年目というまだお若い矢澤さんですが、
ご家族は、なんと江戸時代から続く農家さんで、舜さんの代で17代目。
3年前にお父様が他界されてから、その歴史と思いを、しっかりとつないでいらっしゃいます。
ちなみに、その若さと温かい人柄、そしてひたむきにトマトの美味しさを追求されている姿からか、
周辺の皆さんは「トマト王子」と呼んでいるそうですよ!
20180302_10_20_03
全部で7000本近くのトマトの株を育てているという矢澤水耕農園では、
様々な品種のトマトを生産されていますが、その中から今回注目するのは、「麗旬」。
収穫の最盛期を迎えているということで、私も特別に、収穫体験をさせて頂きました!
20180302_10_17_43
矢澤水耕農園のトマトは、多くの人に届けたいとの思いから、
ひらがなで「そらとぶとまと」という名前で出荷されていて、
ご自宅の直売所でも購入できるそうです。
ぜひチェックしてみてください!
20180302_10_23_56
20180302_10_21_07
続いては、そんな矢澤水耕農園のトマトも出荷されているというお店に向かいました!


今回、2か所目におじゃましたのは、
東名高速道路「東名川崎IC」の近くにあるお店、「Cafe83(かふぇ やみぃ)」です。
スタッフの竹中 真理子さんと、栗山 かおりさんにお話を伺いました。

20180302_12_38_30
20180302_11_11_53
パン職人さん、栄養士さん、パティシエ、一般職など、様々な経歴を経て
再び集まった4人の仲間達によって運営されているこちらのお店。
季節によっても違う、バラエティー豊かなメニューも魅力のひとつです。
そんな中から、今回はオススメのデリプレートをご用意頂きました!
20180302_11_09_18
サラダや大根の豚肉巻き、
天然酵母を使った手作りのフォカッチャなどがありましたよ!
他にも、ランチデザートとしてワッフルも頂きました。
20180302_12_20_38
水曜日と木曜日が基本的な営業日となりますが、
事前予約で他の日もOKで、お弁当やケータリングもご用意頂けるそうです。
詳しくは、Cafe83のHPをご覧ください。



【矢澤水耕農園】
https://www.soratobutomato.jp/

【Cafe83】
http://cafe83.jp/

2018年2月17日 (土)

ワンダフル♪ベジタブル♫

今週は、今が食べ頃のお野菜を収穫!ということで、
川崎市宮前区菅生にある畑におじゃましました。
お話を伺ったのは、こちらの畑を管理されています、杉田 広行さんです。

20180209_13_04_27
『消費者に楽しんでもらうための直売所作り』を目指していらっしゃる杉田さん。
年間およそ70品目も栽培して、直売所では常に15品目以上の農産物が
並ぶように心がけているそうです!

例えば…大根やネギやトマト、キウイフルーツ、カスタードフルーツ、ミカンなど、
季節に合わせて、定番なものから珍しいものまで野菜や果物を育てていらっしゃいます。

そして今回、収穫させて頂くのは、川崎の伝統野菜、「のらぼう菜」。
歴史はとても古く、この地にやってきたのは
今からおよそ800年前、鎌倉時代の辺りだそうです。
その頃から現在に至るまで、自然環境や食文化に影響されることなく、
そのままの味が受け継がれています。
そんなのらぼう菜を、さっそくですが収穫させて頂きました!

20180209_13_05_10
20180209_13_07_01
20180209_13_05_51
その後、川崎市宮前区菅生にある杉田 広行さんのご自宅で、
川崎の伝統野菜、「のらぼう菜」を使ったお料理、
「おひたし」と「軸の部分を茹でたもの」、
さらに、取材の後には、のらぼう菜とベーコンのペペロンチーノも頂きました!

20180209_13_19_57
のらぼう菜の他にも、たくさんのお野菜や果物を並べています、杉田さんの直売所。
気になる、という方。川崎北部市場の近くで、
「杉田農園野菜直売所」という名前で営業されています。

また、JAセレサ川崎のHPでは、川崎市内の農畜産物直売所の情報が掲載されている、
「川崎の直売所マップ」がアップされています!
そちらで詳しい情報をチェックすることができますよ。

さて、続いては杉田さんもお野菜を出荷されているという、こんなお店へ向かいました!



20180209_15_01_12
今回二か所目におじゃましたのは、
川崎市中原区新城にあります、地域活動支援センター メサ・グランデ。
こちらの施設長でいらっしゃいます、前田 瑞穂さんにお話を伺いました!

営業時間外には、レンタルスペースとしても活用されているそうです。
店内には沢山のボードゲームが並んでいたのですが、そちらを楽しむ方々だったり、
またはコンサート会場として利用される方もいらっしゃったりと、
色んな方々に愛されている場所のようです。

20180209_15_00_23
20180209_14_59_18
そんなメサ・グランデで、地元旬野菜たっぷりプレートを頂きました!

20180209_15_06_25
週末は、カフェと八百屋さんの営業はお休みとのことですので、
平日、お近くに来られる際はぜひ立ち寄ってみてください!

20180209_15_08_20

【川崎の直売所マップ - JAセレサ川崎】
http://www.jaceresa.or.jp/farmersmarket/


【地域活動支援センター メサ・グランデ】
http://mesa-grande.blogspot.jp/

2017年11月18日 (土)

ブロッコリーで「おはよう♪」 

今回は、この時期から収穫の最盛期を迎えます緑の野菜、ブロッコリーに注目しました!        川崎市宮前区野川にあります、ブロッコリー畑でブロッコリーを栽培されています
和田 正之さんにお話を伺いました!

20171110_11_45_55
収穫体験もさせていただきましたよ!

20171110_11_46_53
頂いたブロッコリーを手に、
続いて、簡単にできちゃうレシピを教わりに行きました!

川崎市宮前区宮崎にあります大型農産物直売所、セレサモス宮前店の調理室にお邪魔しました。

こちらで、ブロッコリーを使ったオススメ料理を教えていただきましたよ。
教えて頂いたのは、
食育ソムリエの、小川佳子さんと柴田知美さんです!

20171110_10_25_12ブロッコリーを丸々ひと株、ふんだんに使った
「ブロッコリーの茎の肉巻き」と「茹でブロッコリーのゴマソース」のレシピを
教えて頂きました。

20171110_10_03_43
詳しいレシピはこちら!

・「ブロッコリーの茎の肉巻き」

20171110_10_41_54

20171110_10_06_54
・「茹でブロッコリーのゴマソース」

20171110_10_41_31

20171110_10_23_13

是非、皆さんも作ってみてくださいね♪

調理室から下の階に降りて、沢山のお客さんで賑わう直売所の様子も取材しました。
今日特集していますブロッコリーも沢山並んでいましたよ!

東急田園都市線「宮崎台駅」から歩いて5分ほどの、こちら、セレサモス宮前店について、
副店長の山田 真さんにお話を伺いました。

20171110_11_07_01

JAセレサ川崎では、明日、19日・日曜日 朝9時から、
「JAセレサ川崎 創立20周年記念 農業まつり」を川崎市内11会場で開催します。

新鮮な市内産農畜産物の即売や、もちつき実演販売、バザー、模擬店のほかにも、
創立20周年を記念した特別イベントもあります。

ご家族友人、お誘いあわせのうえ、お近くの会場へご来場下さい。

詳しい内容はJAセレサ川崎のホームページをご覧下さい。

「JAセレサ川崎」

2017年7月 1日 (土)

川崎ですが“湘南レッド”

今回は、赤くて甘い玉ねぎ、湘南レッドに注目!

川崎市高津区千年(ちとせ)にあるハウスで、
湘南レッドの生産者でいらっしゃいます、成田 憲一さんにお話を伺いました。

20170623_10_22_35

湘南レッドは、1961年に県の園芸試験場で開発され、
湘南地区だけでなく川崎や小田原でも栽培が盛んな品種で、
半世紀以上にわたって多くに人々に愛され続けています。

20170623_10_24_30

成田さんは、お父様の茂さんとお母様の里子さんと一緒に年間で5トンほど、
湘南レッドを生産されています。

畑から採ってきた玉ねぎは、乾燥させた後、最終的には5キロずつダンボール箱に詰めて
出荷されるそうです。

少し、お手伝いさせて頂きました!

20170623_10_04_19

20170623_10_23_50

S~3Lまで5つあるプレートの穴でサイズ分けをされています。
小さいほうが固めなんだとか。

市場ではL~2Lが評価されているんだそうです。

成田さんが育てた湘南レッドは、市場への出荷が終わったあとは、
麻生区黒川と宮前区宮崎にある大型農産物直売所「セレサモス」に出荷されるそうです。

成田 憲一さんのお名前が貼られたシールが目印!
見つけた際にはぜひ手にとって、そのお味を確かめてみて下さいね!



続いてお話をお伺いしたのは
川崎市高津区子母口で農業をされています、森 和代さんです。

20170623_11_01_20

森さんは、市民プラザ通り沿い、子母口交差点の近くで直売所を経営されています。
「モリモリ卵の直売所 森正養鶏場」と書かれた看板が目印。

20170623_11_02_36

20170623_11_03_15

20170623_11_04_24

採れたて新鮮で、とてもリーズナブルなこだわりのお野菜も気になるところですが、
お話にあったように卵が特に人気との事!

20170623_11_04_01

5月に行われた川崎市畜産共進会(鶏卵の部)では、見事、金賞を受賞されたそうなんです!

高く評価されているそのお味を確かめるため
森さんに、湘南レッドと森さんの「モリモリ卵」を使った「冷やし中華」を
ご用意していただきました!

20170623_11_28_49

他にも森さんの直売所に並んでいるお野菜をふんだんに使って、
沢山のメニューをご用意頂きました。

・湘南レッド、鶏肉、かにかま、原木しいたけを添えた「そうめん」。

・湘南レッドときゅうりとトマトを並べた「棒棒鶏サラダ」。

・とうもろこしをすってコンソメで仕上げた「卵スープ」。
・ゆで卵、ニンジン、きゅうり、湘南レッド、ウインナーをコンソメで味付けして、
 ゼラチンで固めた「ゼリー寄せ」。

とっても美味しかったです!

「モリモリ卵の直売所 森正養鶏場」の営業時間は

午前9時から午後5時まで(12時から午後1時まではお昼休憩)、年中無休です。

是非、チェックしてみてくださいね!

20170623_11_10_20

20170623_11_02_55



「モリモリ卵の直売所 森正養鶏場」

2017年2月11日 (土)

いちごがデッカクなっちゃった!

大きなイチゴを育てている農家さんがいるという噂をきいて、
 川崎市幸区南加瀬にあるイチゴハウスに行ってきました!

Photo

こちらで農業をされている、新堀 智史さんにお話を伺いました。

20170203_13_33_10

現在25歳の新堀さんは、農業はじめて5年目。
季節の旬の野菜を育てていて、トマトとイチゴを軸に、年間40品目ほど生産されているそうです!

なぜ、大きなイチゴにこだわっているのかというと、神奈川県の試験補助を受けているからなのだとか。
県が色んなイチゴの販売方法を試して今後の参考にしたいということで、
大きくて美味しいイチゴを生産・販売する係として、日々、新堀さんが努力をされているそうです。

20170203_13_34_50


特別に、イチゴを収穫させていただきました!

Photo_2

こ〜んなに大きいイチゴでした!

20170203_13_36_23

20170203_13_49_48


新堀さんのイチゴは、直売所で週二回、販売。
または近くのスーパーでされています。

もちろん直売所ではお野菜も販売しています。
火曜日と土曜日の午後2時からです!

新堀さんの直売所、「しんぼりファーム」
http://ameblo.jp/shimbori-farm/

20170203_13_59_36

20170203_14_02_22

販売はされていませんが、特製のイチゴミルクも頂きました!




続いて、新堀さんが育てられたイチゴを使った、オリジナルのお菓子を作っていらっしゃるというお店、
川崎市幸区南幸町にある、新岩城菓子舗におじゃましました!

20170203_15_29_09

20170203_15_08_33

徳植健太さんと、お母様の由美子さんにお話を伺いました。

20170203_15_25_44

昭和6年創業した老舗で、去年12月で85周年。
健太さんで4代目なんだそうですよ!
一番人気は、毎朝焼いている「朝焼きどら焼」で、
今のブームはスイートポテトの中にクリームチーズが入っている「川崎ポテト」だそうです!

20170203_14_36_39

20170203_14_36_15

「ジャンボいちご大福」もあるんです!
びっくりするほどの大きさでした!

20170203_14_47_26_2

「生クリームどら焼」をいただきました!
イチゴの香りと甘さが感じられて、とっても美味しかったですよ!


夏頃にはミニトマトを使ったさわやかな「トマト大福」も登場するらしいですよ!
ヘタが上についている可愛い大福なんだそうです。


営業時間は、朝8:00~夜8:00。
月二回、不定休。

「新岩城菓子舗」
http://shiniwaki.com

2016年9月 3日 (土)

いちじくでキレイになりたい♡

 今回は川崎市から、イチジクの話題!
おじゃましたのは、川崎市高津区坂戸にある畑です!
溝の口駅から徒歩15分程、KSPかながわサイエンスパーク近くにあります。

20160826_11_27_09

こちらでイチジクを育てていらっしゃいます、髙橋信一さんにお話を伺いました。

20160826_11_17_43

20160826_11_16_50

髙橋さんは年間20種類位の野菜を栽培していて、今はイチジクが最盛期だそうです。
イチジクは「桝井(ますい)ドーフィン」を10アールほど栽培されていて、
天候にも左右されますが、収穫時期は8月下旬~9月上旬ごろだそうです。

20160826_11_16_18

特別に収穫体験をさせて頂きました!
桝井ドーフィンは、赤くなった時が収穫時。
上へ向けて折るように収穫するそうです。

収穫したてのイチジクをいただきました!
ほのかな甘みと上品な酸味があって、とっても美味しかったですよ!

20160826_11_27_26_2

髙橋さんが育てたイチジクは、東急田園都市線「宮崎台」駅から歩いて6分ほどの
大型農産物直売所「セレサモス宮前店」に出荷されている他、
KSPかながわサイエンスパーク近くの畑にある直売所でも販売されていらっしゃいます。
皆さんも、採れたてのイチジク、ぜひ食べてみてくださいね!


続いては、イチジクの加工品づくりに挑戦しました!
川崎市高津区久末でイチジクを生産されていらっしゃいます、森キクノさんにお話を伺いました!

20160826_9_41_19

森さんはイチジクの他に、春にはプラム。
他に栗なども生産して大型農産物直売所「セレサモス宮前店」に出荷しているそうです!

森さんのご自宅にあるイチジクの畑にもおじゃましました。
こちらでは「桝井ドーフィン」をはじめ、
4品種ほどのイチジクを生産されていらっしゃいました。
中には糖度が30度ほどあり、ケーキの様に甘~いイチジクもあるそうですよ!

20160826_9_41_41

普段はご友人などに配るだけ、という森さんお手製のイチジクのコンポート。
今回は、その作り方を教わりました。

20160826_9_41_48

20160826_9_51_27_2

①イチジクを皮のまま煮て、一晩水にさらすとアクがとれる。
②お砂糖、レモン(レモン果汁でも可)を味がしみこむまで(15分~20分)煮る。
 お砂糖は、使うイチジクに対して6割位の量。弱火でコトコト。
③お好みで、赤ワインを残り5分前くらいに入れる。

20160826_9_59_58

できたてのイチジクのコンポートをいただきました!
ちょっと熱かったですが、トロトロで柔らかく、美味しかったですよ!
そのままでも十分美味しいですが、ジャムにしたり、ヨーグルトに入れてもいいそうですよ!

20160826_9_20_02

取材の後には、冷やしたイチジクのコンポートも頂きましたよ!
甘みが良く染み込んで美味しかったですよ!

様々な栄養素をバランス良く含んでいて、
美肌やアンチエイジングにも効果が期待できると評判のイチジク。
今が旬ですので、色んな食べ方で楽しんでみてくださいね!

2016年8月13日 (土)

川崎の直売所で梨三昧

今回は、川崎市からのリポート!
まず最初におじゃましたのは川崎市宮前区宮崎にある、JA セレサ川崎 本店です!

20160805_9_14_36

今年3月に発刊されたばかりの「川崎の直売所マップ」について、
JAセレサ川崎 営農部 営農指導課長の安藤和彦さんにお話を伺いました!

20160805_9_04_34

20160805_8_46_45

20160810_16_02_39

JAとして市内の直売所を紹介しようということで
「川崎の直売所マップ」作成されたそうです。
女性担当者中心にデザインされているので、とても見やすく、かわいらしいデザインなんです。
JAセレサ川崎の38店舗のほか、川崎の各区役所で閲覧できるそうですよ!

20160805_8_44_45

20160805_8_36_25

こちらの直売所マップ。
全部でなんと177か所の川崎市内の農畜産物直売所の情報が掲載されてあります!
所在地はもちろん、経営されていらっしゃる方のお名前やお写真、営業時間、
季節ごとの販売品目まで記載されているので、眺めているだけでも楽しくなってくると思います!

JAセレサ川崎HPにも電子ブックとして掲載中です!
是非チェックしてみてください!
http://www.jaceresa.or.jp/farmersmarket/



続いては、「川崎の直売所マップ」に掲載されている直売所巡りをしました!
一店舗目におじゃましたのは、小田急線「登戸駅」から歩いて15分ほどの
長念寺の近くにある直売所、「玉五園」です。

20160805_11_19_18

20160805_12_01_57

こちらの直売所を管理されていらっしゃいます、田中謙次さんにお話を伺いました。

20160805_11_44_13_1_2

20160805_11_17_01

この時期は夏野菜全般。
ナス、きゅうり、ミニトマト、モロヘイヤ、オクラなどが売られていました。
野菜は100円のものが多く、買いやすい価格でしたよ!

20160805_11_22_36

20160805_11_30_46

20160805_11_30_49

畑も見させていただきました!
モロヘイヤ、ナス、トマト、マルオクラなど、たくさんの野菜が元気に育っていましたよ!

20160805_11_38_40_2

20160805_11_45_13

奥様の馨さんにお料理をご用意頂きました!
「モロヘイヤのおひたし」です!

20160805_11_44_13

苦味もなく、とっても美味しかったですよ!

20160805_11_38_29_3

20160805_11_38_34

取材の後、さらに「マルオクラのおひたし」と「葉とうがらしの佃煮」もご用意して頂きました!

もぎたて元気な農産物直売所「玉五園」。
「川崎の直売所マップ」には62ページに掲載されてあります!
営業時間は午前11時から午後2時まで。
取材中も沢山のお客さんがお店に来られていましたので、
買いに行かれる方は早い時間帯がオススメです!


「川崎の直売所マップ」に掲載されている直売所巡り!
続いては、川崎市多摩区生田。
府中街道沿いにある直売所に行ってきました!

20160805_10_07_36

20160805_10_26_43

香山恒夫さん、成夫さんにお話を伺いました!

20160805_10_10_29

20160805_10_13_56

何十種類の野菜、果物を販売されています。
なんと息子の成夫さんで5代目!
100年以上に渡って梨を栽培されていらっしゃる、昔ながらの梨農家さんです。

20160805_10_10_53

20160805_10_12_59

特産は多摩川梨!
多摩川梨の時期は、8月半ばから11月頃までだそうです。
香山さんが代々育てている多摩川梨は昔から品質が良いことで評判で、
銀座や築地などに出荷しては都内の某高級フルーツパーラーなどで
販売されていた事もあったそうですよ!

20160805_10_38_53

20160805_10_45_54

20160805_10_39_51

直売所から500メートルほど移動しまして、梨畑の中におじゃましました。
20種類くらい栽培されているんだそうです!

20160805_10_40_52

20160805_10_42_10

20160805_10_43_37

多くの梨の中から「幸水」の収穫体験をさせて頂きました!
そして収穫した梨を頂きました!

とっても甘くて、水分もたっぷりで、最高でした!

20160805_10_41_43

幸水の他にも、珍しい品種だとおっしゃっていた「八達(はったつ)」も頂きました!
旬は、これからだそうです。
皆さんもチェックしてみてください。

20160805_10_56_13

多摩川梨をはじめ、色んなお野菜や果物が販売されている直売所、「松屋梨園」。
「川崎の直売所マップ」には65ページに掲載されてあります!
ぜひ皆さんも、まずは「川崎の直売所マップ」を手にして、
気になる直売所を巡ってみてはいかがでしょうか!


また松屋梨園は、HPとFacebookもお持ちです。
こちらのチェックもお願いします!

松屋梨園 HP
http://www.matsuyanashien.server-shared.com

松屋梨園 Facebook
https://www.facebook.com/松屋梨園-732932280118215/



 

2016年3月 5日 (土)

川崎の新旧うまいもの巡り♪

今回のテーマは、「川崎の新旧うまいもの巡り♪」!

20160226_14_48_29

まずは、川崎で昔から育てられている野菜、のらぼう菜に注目!
川崎市多摩区菅野戸呂にある畑で、
のらぼう菜を育てられているという、高橋孝次さんにお話を伺いました。

20160226_14_09_45

20160226_14_00_31

のらぼう菜が日本に初めてやってきたのは、およそ800年前。
当時の中国の辺りをおさめていた、「唐」の国から種が送られたそうです。
当時から育てられている食材は沢山ありますが、のらぼう菜がすごいのは、
品種改良されることなく、当時から何も変わらずに
今も受け継がれている事なのだそうです。

20160226_14_18_49

20160226_14_42_55

奥様のひろこさんに作って頂いた、のらぼう菜のメニュー!

20160226_15_01_15

「のらぼう菜のおひたし」
4分程茹でて水に少しつける。その後水分を少し搾る。鰹節と薄い醤油で和える。

20160226_15_01_23

「のらぼう菜のベーコン炒め」
先に、細かくしたのらぼう菜をオリーブオイルで炒めて、
そのあと細かくしたベーコンを入れる。少し炒めて塩コショウをふる。

20160226_15_22_24

高橋さんののらぼう菜は、JR南武線「稲田堤駅」から歩いて10分ほどのところ、
セブンイレブン川崎菅野戸呂店むかいの高橋さんのご自宅で直売をされているほか、
大型農産物直売所「セレサモス 麻生店」にも出荷されています。

20160226_10_21_31


「川崎の新旧うまいもの巡り」。
続いては、川崎にできた新しい観光農園へ。

20160226_11_01_47

川崎市麻生区黒川にある、「元木いちご農園」!

※小田急線『黒川駅』から歩いて7分ほど。
   大型農産物直売所「セレサモス 麻生店」のすぐ近く

こちらでイチゴを栽培されている元木要介さんと、
奥様の成美さんにお話を伺いました。

20160226_11_31_52

20160226_11_17_50

2013年にハウスイチゴを本格的に開始。
紅ほっぺ、章姫、桃薫、おいしいベリー、とちおとめ、の5品種を栽培されています。

20160226_11_14_48

そして今年に入ってからは観光農園をスタート!
成美さんがコンセプトを考案して、ポップなども手作りで製作されています。

20160226_11_02_49

20160226_11_02_58

20160226_11_54_59

都心からもとても近い場所にあるいちごの観光農園という事で、
電車を使って来られる方も多くいらっしゃるそうです。
もちろん、駐車場もありますので、車でもOK!

詳しくは、こちらをチェック!

元木いちご農園 HP

元木いちご農園 facebook

2015年10月31日 (土)

柿を柿生でいただきます♪

今回まず訪れたのは、
川崎市麻生区岡上にあります、柿畑です!

20151028_12_01_14_1 

20151028_12_01_15
お話を伺ったのは、こちらで柿を育てている、薙澤正巳さんです。

20151028_12_01_14_4_2 
こちらで扱っているのは、
『前川早生次郎柿』・・・四角く、少し固めの美味しい甘柿。
『松本早生富有柿』・・・丸く大きい甘みのある柿。

20151028_12_01_17

20151028_12_01_11_1

20151028_18_47_38_2

20151028_18_47_39
そして奥様の直美さんの作った柿の料理もいただきました!

20151028_18_47_35_1 
いただいたのは、『柿の豚肉巻き』

20151028_18_47_38 
バターで炒めたお肉を焼肉のタレなどで味付け、
そのお肉で、輪切りにした柿、しそ、クリームチーズを一緒に巻いた物です。
彩りもとっても良く、おかずはもちろん、酒のつまみにもぴったりな一品です!


そして、『柿と鶏肉の照り焼き』

20151028_18_47_38_1
こちらは、
柿と鶏肉を食べやすい大きさに切ったら、小麦粉をまぶし、
フライパンで焦げ目をつけます。
そして、インゲンやネギなどのお野菜を混ぜて、
醤油、お酒、みりん、砂糖を少々混ぜたタレを炒めた物に流して、
焼きからめて煮詰まって照りが出たら完成です!


柿を使ったお料理、皆様も是非試してみてはいかがでしょうか!


薙澤さんの柿は、川崎市麻生区黒川にある
JAセレサ川崎 ファーマーズマーケット『セレサモス麻生店』で販売中!
そしてご自宅での販売も行っています!(宅配もされています。)
場所は、岡上駐在所前交差点を少し上がった先、『柿』と書かれたのぼりが目印!
11月中旬まで販売しているそうです!

20151028_18_47_36_2 

20151028_12_01_11

20151028_12_01_13_2_2
続いては、川崎市宮崎に10月27日(火)に新しくオープンした、
JAセレサ川崎 ファーマーズマーケット『セレサモス宮前店』にて、
店長の森文雄さんにお話を伺いました!

20151028_18_47_40

20151028_18_47_41 
オープン当日は、大盛況だった模様です!!

Photo

Ja

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_6

オープニングフェアとして、10月27日(火)から11月3日(火)までの8日間
JA京都やましろによる宇治茶、京野菜等の販売、
JA氷見市による氷見米、氷見牛コロッケの販売、
また全国の提携先JAによる特産品、名産品の販売を行っております。


JAセレサ川崎 ファーマーズマーケット『セレサモス宮前店』
東急田園都市線『宮崎台』駅から歩いて6分ほど。宮崎台幼稚園のすぐそば。
営業時間・・・10:00~18:00(定休 毎週水曜日、年末年始)