fyb_switch_to_sp_js

JAグループ神奈川 Feed

2014年11月29日 (土)

熟成酵母豚が美味いブー

今回は、神奈川県立中央農業高等学校にやってきました!!
こちらの高校の『養豚部』におじゃまして、顧問の巻島弘敏先生と畜産科2年生、
小原麻美さんにお話を伺いました。


こちらには酵母発酵パン飼料で育てられている珍しい豚さんが
いるということでやってきたのですが・・・


~酵母発酵パン飼料とは~
・県内のパン工場から排出される廃棄パンを主原料に、酵母発酵させた飼料。
・アルコール発酵なので、お酒のような匂いが特徴的。
・旨み成分に関わる遊離アミノ酸、肉を柔らかくする不飽和脂肪酸を多く含んでいる。

20141121_16_09_22

20141121_16_07_52



小原さん達は他にも、おいしい品種の掛け合わせや、エサの工夫など、
美味しい豚肉づくり日々を勉強しており、
今回の取材でも、普段の頑張りがとても伝わってきました!

20141121_16_15_56




酵母発酵飼料についてさらに詳しく探るため、
飼料を製造されている会社、株式会社エスピージーフコク常務の
矢満田正司さんにお話をうかがいました。

パン工場からパンを有価で引き取り、独自のブレンドした飼料と合わせ、
酵母菌を加える。こうしてアルコール発酵ができます。
アルコール成分を含む飼料は、香りも栄養の消化吸収もよく、
血行を促し健康にも良いそうで、豚にかかるストレスも少ないそうです。


ただ、酵母発酵飼料は水分が30パーセントと水分量が多いため
自動給餌機にかからず、エサまきは人の手作業になっています。
こうした作業では豚を大量に飼育することが出来ず、
そのために酵母発酵飼料で育てている豚は大変貴重なものとなっているそうです。

20141121_16_05_26

20141121_16_04_14_2



こうしてできた酵母発酵飼料の豚肉は以下の場所で食べることができます!
お肉の加工販売は、相模原市中央区の真田畜産、
食べられるお店としては大和市南林間にある『焼肉飛鳥』があります。
またエスピージーフコクの自社ブランド「myポーク」は
料理教室のホームメイドクッキングの講座で取扱いのほか、
川崎駅仲見世通りに12月オープン予定の炭火焼バル『ばね豚』があります。
こちらで是非この貴重な豚肉を味わってみてください♪




続いては、酵母発酵飼料でできた貴重なブランド豚「とん勝(とんかち)」が食べられる、
『焼肉飛鳥』さんにおじゃましました。お話を伺ったのは小川勲さんです。

20141121_15_02_52 

20141121_14_28_41


こちらはお店を構えて約40年、
お肉は宮崎産の黒毛和牛を中心に力をいれ、
ほかにもキムチ、タレ、スープがすべて手作り!と、大変手が込んでいるお店です。


そして、ここでしか味わえない酵母発酵飼料で育てられた豚『とん勝』
一体どんなお味なのか早速いただきました!

20141121_14_01_24

20141121_13_58_21


まずは『豚バラ』

20141121_13_58_40

旨みが強く、赤身部分は臭みがなく食べやすい!
脂身が口の中でジュワッと溶け出し、柔らかくて大変おいしかったです!


続いては『豚トロ』

20141121_13_58_27


さっぱりして味わいで、歯ごたえも楽しみながら美味しくいただけました。
ちなみに豚トロは豚の肩周りの部分で、
1頭からだいたい800gほどしか取れない貴重な部位だそうです!

そして子供に大人気のウインナー

20141121_13_58_33 
こちらは食べた瞬間に肉の旨みが広がり、とてもジューシーで絶品でした!



小田急江ノ島「南林間駅」から徒歩3分ほどにある『焼肉飛鳥』
最大70名様まで収容の宴会場を完備、また最近ではメニューに鍋や宴会メニューも用意し、
これからのシーズンだと忘年会新年会等にもご利用ください、とのことでした♪

20141121_14_20_33

こちらは1番人気の黒毛和牛厚切りステーキ↓

Photo_2 
こちらも人気商品!ダイヤモンドカット↓

Photo_3



厳選された牛肉、自家製キムチ、特製のタレ・スープ、
そしてここだけでしか味わえない『とん勝』
詳しいお店の情報はこちらのホームページをチェックしてみてください↓↓↓
   
焼肉飛鳥HP


今日は1129(いい肉)の日ということで、
是非『焼肉飛鳥』さんに足を運んでみてはいかがでしょうか♪

2014年11月15日 (土)

神奈川うまいもの巡りin三浦半島 ~「かながわ旬菜ナビ」とコラボ企画~

今回は、三崎港産直センター『うらり』にやってきました♪

20141105_9_15_52
目の前に海が広がるうらりには、沢山の新鮮な海産物が並んでいました。
そんな中、農産物を置いている高梨農園の、高梨尚子さんにお話を伺いました。

20141105_9_42_37
こちらでは、三浦氏南浦下町金田の畑で栽培した採れたての農産物や、
さまざまな加工品が並んでいました。

20141105_9_45_18 

20141105_9_49_27_1

20141105_9_45_41 

20141105_9_49_51
さっそくこの中から、おすすめの野菜で作った一品をいただきました♪
レディーサラダの甘酢漬けです!

20141105_9_44_34 
レディーサラダとは・・・大根をサラダで食べられるように品種改良されたもので、
色味は綺麗な赤紫、中の果肉は白く、なんと皮ごと食べられるそうです!

20141105_9_46_22
レディーサラダは、甘酢漬けには少し辛みが強いため、
砂糖を多めに入れて食べやすくしているそうです。
酸味と甘みのバランスがちょうど良く、とてもまろやかな仕上がりでした!

それと、もう1つ!

20141105_9_44_51 
こちらはなんと三浦大根を使った飴です!
大根の果汁と国産の蜂蜜を合わせたもので色は透き通ったな黄金色で
蜂蜜の甘さと、大根の辛みも感じます。とっても喉に良さそうですね♪




続いておじゃましたのは、
横須賀の平作で農業を営む山田孝志さんのご自宅です。
ここからは姉妹番組「かながわ旬菜ナビ」で旬菜キャッチャーとして活躍中の
ザッキーこと山崎彩さんと一緒に、奥様の弘子さんにお話を伺ってきました。

20141105_12_20_22 

さっそく弘子さんに用意してもらったのが、
なんと三浦大根を使ったジャムです!

20141105_10_56_25

ゆずをたっぷり使っているため、見た目は綺麗なオレンジ色。
はたして大根を使ったジャムとは一体どんな味なのか、早速試食してみました!

20141105_12_08_49

大根の辛みも残しつつ、食感は大根おろしの水気を飛ばしたような感じで、
あとから、ゆずの香りもふわ~っと広がります。なんとも上品な甘さでした♪
このジャムは市場に出せない形のいびつな三浦大根などをを利用したものだそうです。
大根はほとんどが水分なため、ジャムにすると少量しか作れず、大変貴重なものだそうです。

こちらの三浦大根を使ったジャムは、
JAよこすか葉山農産物直売所『すかなごっそ』で11月14日から並んでいるそうです。
他にも、漬物専用の大根を使った甘酢漬けや、高菜を塩漬けして油で炒めたものなども販売しているので、気になる方はぜひ足を運んでみてください♪


ちなみに、今回一緒にきてくれたザッキーは、山田さん宅にある「おむすびッシュ」という農産物をリサーチしにきたそうで、
その模様は、tvk『かながわ旬菜ナビ』にて、明日11月16日と翌週23日に「旬ナビバスツアー 旨いもの大作戦」と題して放送されるので、そちらもぜひぜひチェックしてみてくださいね♪
かながわ旬菜ナビ 公式サイト

2014年10月18日 (土)

都会の「いなか」ステーション

今回は、東京都千代田区大手町にある、JAビルにおじゃましました!

場所は大手町一丁目。
大手町一丁目というと、金融機関や商社などの本社が集まるビジネス街。
その大手町に37階建てのJAビルがあり、
まずは4Fの屋上庭園「スカイガーデン」にお邪魔しました。

20141010_11_32_03
お話を伺ったのは、
こちらの管理マネージャーを務めていらっしゃる、川並三也さん。

20141010_11_34_10
里山を再現したそうで、茶畑や果樹園、田んぼ、
川を表現した水路が茂みの間を流れていました。

そして、室内から出てすぐ目に飛び込んできた「鳥居」には驚きました!

20141010_11_34_46
大手町神社と名付けられたこの神社は、
旧JAビル屋上にあった農協神社から移されたもの。

また、茶摘みや稲刈りといった収穫イベントもあるという事で、
楽しみもいっぱいの、見事な庭園でした!

こちらの「スカイガーデン」。
平日のみ午後4時まで解放されていて、JAの職員さんに限らず、
誰でもここへ来て休憩や昼食をとることができるそうです。

続いては、室内にある農業・農村ギャラリー「Minolé(ミノーレ)」へ!

20141010_11_38_39
こちらは2009年6月に開館。
JAグループ全農が全国でどの様な活動しているのかをお知らせしています。

20141010_11_38_58
入口から入ってすぐの場所には、
月替わりで各JAグループの方々によるパネル展示を行っています。
今月はJA全農の出展で、東日本大震災からの復興の取り組みについての
パネル展示があります。

20141010_11_40_30
さらに奥に進むと、直売所が!
こちらは毎月第2木曜日と金曜日の2日間、「JAまるしぇ」と題して開催。

全国各地の特産品の紹介や、各地域の情報を直接消費者に伝えることにより、
農業や国産の農畜産物の良さをPRするため、価格等も通常よりも抑えているそうです。
月替わりの直売会ということで、取材当日は「宮城県」のまるしぇが行われていました。

来月の「JAまるしぇ」は11月13日木曜日と14日金曜日。岩手県のJAです。
また、農業・農村ギャラリーでは、さまざまなセミナーや講座が開催され、
和食のプロから学ぶ「温故知新」セミナー、農を伝える食育ソムリエ講座、
ベジフルティーチャーの旬果旬菜!食農講座などなど。

神奈川県の食材も今年度は3回提供しており、次回は12月。
来年1月には七草の販売と七草粥を振舞う予定だそうです。

続いては毎日500食も売り上げるというJAのお弁当販売エリア、
食のコーナー「旬」を取材しました!

20141010_11_28_41
「みんなのよい食プロジェクト」推進担当の菅野由美さんにお話を伺いました。

こちらでは、国産の野菜やお肉で作ったお弁当が販売されていて、
こちらの厨房で作られて炊き立ての状態で提供されるご飯は
白米、玄米、十六穀米から2種類、選べます。

ちなみに「みんなのよい食プロジェクト」とは…
JAグループが取り組んでいる、心と体を支える食の大切さ、
国産や地元産の農畜産物の豊かさを伝えようと推進している運動のこと。

おかずも、手作りのこった献立が詰めあわされていて、
1日500食売り上げるというのも納得でした。

誰もが好きな洋食メニューの鉄板も!毎週金曜日は「カレー」。
こちらも500円で販売されていて、数に限りがあるので早い物勝ちだそうですよ!

そして、特別弁当として毎日50食限定で販売しているお弁当が
女子栄養大学とコラボした「みんなのよい食弁当」。

20141010_11_13_36
大学が推進している「四群点数法」にもとづいて作っています。

「四群点数法」とは…食品を栄養素の4つのグループに分けて、
そのグループの食品をどの位食べたら良いか、
食事のルールを分かりやすく示したもの

「1群」…生命をつくる(乳製品・卵)

「2群」…力のもとになる(お魚・肉・大豆製品)

「3群」…体の調子を整える(お野菜・お芋・果物)

「4群」…エネルギーを蓄える(ご飯)

2週間ごとにメニューを変えて販売しています。
今回は運動の前後に食べると良い栄養素が摂れるお弁当!

スポーツの前には、途中でエネルギー切れにならない様に炭水化物と、
もうひとつ、必要な栄養素はタンパク質。
運動の後にタンパク質と炭水化物を摂ると疲労が軽減します。

そこでおかずには「鶏肉の梅マヨネーズ焼き」など、
主にそれらの栄養素が摂れるよう工夫されています!

「みんなのよい食弁当」は、ひとつ500円。
一日限定50食なので、早く売り切れる事が多いそうです。
メタボが気になる方や、健康的なダイエットをしたい方はぜひ、
ランチタイムの早いうちに買いに行ってみてはいかがでしょうか!

20141010_11_41_27
こちら、食のコーナー「旬」でのお弁当の販売は午後三時までとなっています。
また、「みんなのよい食プロジェクト」のホームページでは、
イベントやお弁当の紹介をしています!

こちらのブログの左側にもバナーが貼ってありますので、
ぜひ、そちらからチェックしてみて下さいね!

2014年2月 1日 (土)

クリーン作戦展開中〜平塚〜

今週は、平塚駅南口でJA職員の地域貢献活動をレポート。

また湘南ひらつか逸品メニュー「湘南ご馳走ご膳」も頂いて来ました。

まずは、クリーン作戦。

毎月第2、第4金曜日の朝にJA共済連神奈川、JA湘南、JA全農かながわの3団体が

行っています。

02011

この活動は、地域貢献と職場のコミュニケーションの向上などを目的に、

今回で20回になるそうです。参加されていたJA共済連神奈川の方々。

_03_11_

お話を伺ったJA共済連神奈川の山内委員長。

02012

清掃活動に参加されていたJA湘南の方々

Ja

お話を伺ったJA湘南の金子明世さん

02013そしてJA全農かながわの方々

Ja_2

お話を伺ったのは、JA全農かながわの熊沢さちさん。

02014

続いて同じく平塚で評判のお魚料理の美味しいお店「旬菜屋NOBU」へ。

02015

「旬菜屋NOBU」のオーナーの相原伸美さんは、「湘南ひらつか逸品プロジェクト」の

会長でもあります。

この「湘南ひらつか逸品プロジェクト」は、現在41店鋪のお店が加盟しており、

今一番お勧めしたいメニューを切磋琢磨し、逸品メニューを作り上げて行くプロジェクト!

02016

今年の逸品が全て出揃い。こちらが「旬菜屋NOBU」の逸品。「湘南ご馳走ご膳」!!!

相模湾の地魚とこだわりの湘南野菜を生かした旬の料理です。

02017

「旬菜屋NOBU」のオーナーの相原伸美さん。

02018

逸品は、逸品カタログというフリー冊子で見ることが出来ます。

このフリー冊子は、平塚の商工会議所や湘南ひらつか逸品プロジェクト加盟店で

配布されています。また現在スタンプラリーも実施中です。

「旬菜屋NOBU」の営業時間は、11時30分からお昼2時30分まで

夜は、夕方5時30分から夜9時30分、日曜日は夜9時までとなっています。

木曜日と第3水曜日がお休みです。詳しくは、0463-35-2007

2013年8月10日 (土)

ハピネスクッキングin大和

今週は、綾瀬市にある野菜農園「コバヤシファーム」。

またその野菜を使った料理教室「大和クッキングスクール」にもお邪魔しました。

コバヤシファームのなす畑。

風や害虫などから守るために、ネットで覆われていました。

08101

エコファーマーに認定されている小林さんは、

なすやトマトの他に、80種類、180品種もの野菜を栽培されています。

中には、珍しい野菜も。

08102

08103

コバヤシファームで収穫した野菜

農園長の小林俊明さんと奥さんの真帆さん。

08104

続いて、小林さんの野菜を使用されている大和クッキングスクールへ。

08105

「ハピネスクッキング」という教室では、小林さんの野菜を使ったメニューが。

なす「サラダむらさき」とそうめんかぼちゃを使った「そうめんかぼちゃと山形のダシ」

08106

焼きトウモロコシのすり流し

08107

今回お話を伺った片山琴美さん。

08108

大和クッキングスクールは、相鉄線、小田急線「大和駅」目の前。

詳しいお問い合わせは、046-261-4914

または、こちらから!

2013年5月25日 (土)

薔薇の海に誘われて(5月25日放送分)

今回は、平塚市の神奈川県立花と緑のふれあいセンター
「花菜ガーデン」そして二宮のイタリアン「ROCCA」へ!
花菜ガーデンは、薔薇が見頃を迎えていました。
Ja05251
湯川さんのオススメの薔薇「花菜ローズ」。
この薔薇、咲き始めと終わりで色が変化するそうです。
上の薔薇の色と下の薔薇の色は、違いますが、同じ品種です。
Ja05252
横浜という名前が入った薔薇「ローズ・ヨコハマ」!
Ja05253
園内を案内して頂いたガーデナー責任者の湯川篤寛さん
園内はゆっくり回ると2時間ほどかかるほどの広さ。
Ja05254
花菜ガーデンの「ローズフェスティバル〜春〜2013」は、6月30日まで
詳しくは、こちら
そして、地野菜にこだわった評判のイタリアン、二宮の「ROCCA」へ。
アットホームな雰囲気の可愛いお店。
Ja05255
湘南野菜のバーニャフレイダ
アツアツのバーニャカウダとは違い、冷たいソースなのでニオイも軽減されています。
クセになる美味しさです。
Ja05256
ヤリイカと季節の緑野菜のパスタ
シャキシャキの野菜の食感も抜群。
Ja05257
オーナ&シェフの岩崎昭一朗さんとソムリエである奥さんの香織さん
Ja05258
JR二宮駅から西へ徒歩10分
0463-26-5678

2013年2月 2日 (土)

農水省推薦“やまと豚”の秘密(2月2日放送)

全国で高く評価されている純国産のブランド豚「やまと豚」に注目。
50年以上養豚業に携わっている株式会社フリーデンの取り組みを紹介します。

Ja_130202_1

株式会社フリーデン代表取締役社長の大谷康志さんを伺いました。
「日本一美味しい」というやまと豚の秘密は、その飼育環境にあるそうです。

Ja_130202_2

昨年は「第41回日本農業賞」優秀賞、平成24年度(第51回)農林水産祭「天皇杯」を受賞、
また日本初の養豚場としての「農場HACCP認証」を取得するなど、その品質はお墨付き!

そんなやまと豚を食べてみたい!ということで、豚肉料理の専門店を訪問。

Ja_130202_3

豚肉創作料理の専門店「やまと 横浜ランドマーク店」へ。店長の池上尚良さんに
ご案内して頂きました。ランドマークプラザ5階でロケーションもバッチリ!

Ja_130202_4

まずは、お肉の良さがストレートに実感できる「やまと豚コンビカツ膳」
ロースとヒレを同時に楽しめる贅沢ランチは1480円。

Ja_130202_5

そして「やまと豚リブロースの生姜焼き御膳」1180円。
ステーキのような厚みがあり、食べごたえ十分!タレとごはんに一緒にどうぞ◎

Ja_130202_6_2

やまと豚を丸ごと一頭、さまざまな部位の料理を楽しめるのも専門店ならでは。
夜のメニューの「薬膳不老長寿鍋」「コラーゲンさし」はぜひチェックしたいです!

豚肉創作料理 やまと ランドマーク店
横浜市西区みなとみらい2-1-1 ランドマークプラザ5F
045-225-6451
営業時間 11:00~15:30/16:00~22:30

2012年12月15日 (土)

緑の癒し空間へようこそ!(12月15日放送)

今週は茅ヶ崎から、農業や食がもっと身近になるレポートをお届けします!
自分の手でひと手間かけることで、もっと美味しく、楽しくなりますよ♪

Ja_121215_1

まずは、茅ヶ崎市矢畑の会員制農園グリーンコミュニティ&古民家を改装したイベントスタジオ
「RIVENDEL(リベンデル)」。“おばあちゃんち”に来たようなほっこりとした気分♪

Ja_121215_2

こちらのオーナー、熊澤弘之さんのおじいさんが住んでいた家と畑を改装した場所です。
自分の区画を持って農業体験ができたり、敷地内には小川や池なんかもあります。

Ja_121215_3

なんとツリーハウスも!子どもの頃の冒険気分で、大人だって登れます♪

Ja_121215_4

ビオトープの周りのミントを摘んで、フレッシュミントティーにして頂きました。
土や緑に触れながら過ごすゆったりとした時間が心を豊かにしてくれそうです。
会員ではない方もイベントなどに足を運んでまずは癒し空間体験を!
RIVENDEL  http://rivendel.web.fc2.com/
 
 
続いてはお正月の準備!おせち料理やお祝いにも活かせるレシピを教えて頂きました。
先生は茅ヶ崎市に住んで45年の大ベテラン、野菜ソムリエの広瀬啓子さんです。

Ja_121215_5

今回教えて頂いたのは「紅白すまし汁」「おっかけ煮」「黒豆のブランマンジェ」
大掛かりではないのに華やかな一品が加わると、おせち料理がぐっと身近になりますね。

Ja_121215_7

一緒に調理しながら、ごぼうの飾り切りを教わりました。
アイデアをひとつ知っておくだけで、見た目にも楽しい料理になります◎

Ja_121215_6

「おせち料理は買ってもいいから食卓に置いて、どうしてそれを食べるのか
過程で話をすることが大切」と広瀬さんは話してくれました。
広瀬さんに教えて頂いたおせち料理レシピはこちらで紹介しています!

2012年11月17日 (土)

挑戦!農業参入で新ビジネス(11月17日放送)

今週は…農業参入で新ビジネス!さまざまな角度から農業に取り組む人たちを
2つのレポートを通して紹介します。まずはコチラ↓のフレッシュな仲間たちと!

Ja_121117_1

海老名にある「かながわ農業アカデミー」を見学しました。野菜・切花・鉢物・
植木・果樹・畜産の6つのコースでおよそ90人の学生が学んでいます。

Ja_121117_2

こちらは切花のコース。取材で訪れた月曜日は校内直売を行う日で、直売に出す花束の
準備をやっていましたよ。「花があることで暮らしが豊かになる」と語ってくれました。

Ja_121117_3

この日は、タイとマレーシアから日本に研修に来ている学生の姿も。
アカデミーの学生と一緒になって直売に出す野菜の準備に励んでいました◎

Ja_121117_4

午後2時から校内直売スタート。畜産コースの学生が育てた鶏の玉子が人気で
あっという間に売り切れてしまいました!お近くの方はぜひ訪れてみてください♪
★かながわ農業アカデミーでは、来年度入校の学生を募集中です。詳しくはコチラで。
 

Ja_121117_5

さらに、もうひとつのレポートは大和にある会社、株式会社ニッコーへ。
使われなくなった農地を活用して、昨年から自社の菜園をスタートさせたそう。

Ja_121117_6

荒れていた土地を農作物が育つ状態にして、栽培した野菜は自社の冷凍食品の工場で加工。
野菜の切れ端などの生ゴミを活用して、堆肥にして畑で使うという循環もうまれています。

Ja_121117_7

代表取締役の山﨑雅史さんの言う「食卓と同じ」という言葉に想いが詰まっています。
株式会社ニッコーの商品は、食材の宅配サービスなどでチェックしてみてくださいね!

2012年9月15日 (土)

協同組合体験・交流学校

秋にかけて楽しめるイベント「協同組合体験・交流学校」をピックアップ。
神奈川県生活協同組合連合会 事務局長 朝見秀秋さんをお迎えしました。

5つのジャンルの協同組合のさまざまな体験ができます!
大人が楽しめる&勉強になるトピックスも満載です。たとえば…

農業 … お米の収穫体験、米粉を使った料理教室(藤沢 or 海老名)
林業 … 市場見学&水源林散策、間伐材を使った木工品づくり(秦野)
漁業 … ワカメ種付け&収穫体験(葉山)
生協 … 住宅型老人ホーム見学(横浜市港北区)
協同労働 … ワーカーズ・コレクティブの働き方について学ぶ(横浜)

全てのプログラムは 神奈川県生活協同組合連合会 のページでチェック!