fyb_switch_to_sp_js

JA津久井郡 Feed

2014年7月12日 (土)

『つくいT-1グランプリ』開催!

今週は、津久井で、トウモロコシの味を競う
「つくいT-1ぐらんぷり」に注目!

20140704_11_23_09
相模原市緑区中野にある農畜産物直売所、あぐりんずつくいにおじゃましました!
お話を伺ったのは、店長の佐藤勲さん。

20140704_11_03_15
こちらで現在開催中のイベントが、「つくいT-1ぐらんぷり」!
津久井でナンバーワンのトウモロコシを決める大会です!

このつくいT-1ぐらんぷりの目的は、
試験栽培で採れた津久井産のスイートコーンを
消費者の皆さんに試食して頂き、どれが一番おいしいのか、
今後のスイートコーン作りの参考にするということ。

つくいT-1ぐらんぷりに出品されている
トウモロコシの品種は、全部で5種類。
その内、この日は三品種、並んでいました。
【ゴールドラッシュ】、【味甘ちゃん】、【ランチャー82】。
(他に、【ゴールドラッシュ86】、【未来390】があります)
トウモロコシを生産されている
長谷川晃さんにお話を伺いつつ、味比べ!

20140704_10_32_03
ただ、トウモロコシには
「あか」、「あお」、「みどり」と表示されているだけで、
一体どれがどの品種なのかは明かれません。
しかしながら、どれも全く味が違う!

20140704_11_19_15_1
トウモロコシの食べ残った部分を一つの袋にまとめて、
一番美味しいと思った品種の投票箱へ!

皆さん、思い思いのトウモロコシに投票していました。
佐藤さんも、今回の大会の結果が津久井の新たな名産を
生むきっかけになればと意気込んでいらっしゃいました。

さて、そんな津久井産のトウモロコシが
認定を目指している「かながわブランド」。
県内各地でよく耳にする言葉ですが、一体どんなものなのか、
県農業技術センター北相地区事務所 池田豊さんにもお話を伺いました。

昔は、津久井のトウモロコシもブランドになっていたそうですが、
鳥獣被害により面積が少なくなり、作る量も減り、
ブランドに成り得なくなったという経緯があるそう。

このあぐりんずつくいが出来た事をきっかけに、
もう一度この美味しいトウモロコシを消費者の皆さんに届けて、
そしてついでにブランドもしていこうということで、
今回、試験栽培やイベントをしているそうです。
ますます、T-1ぐらんぷりの結果が楽しみになってきますね!

20140704_10_21_19
現在開催中の「つくいT-1ぐらんぷり」。
次回は、来週、7月18日・金曜日と19日・土曜日の二日間、
あぐりんずつくいで行われます。

開催時間は、午前10時30分から午後2時30分まで。

参加費は無料となっています。
津久井で一番美味しいトウモロコシをジャッジしてみて下さい!

あぐりんずつくい

2014年4月26日 (土)

晩春の鳥屋 まんじゅう体験

今週は、津久井で、地元の特産品をチェック!

まずは、相模原市緑区鳥屋にある、
鳥居ふれあいのに行きました。

20140418_10_21_48
JR横浜線「橋本駅」から車でおよそ30分。
宮ヶ瀬湖のほとりにある、農産物販売もしている交流施設です。

お話を伺ったのは、館長の田中秋夫さん。

20140418_10_16_01
地元の地域振興を目的に、
「安心安全を食卓へ」というコンセプトで野菜を提供されています。

津久井の特産物コーナーも豊富!
特に有名なのが津久井の組みひも。

20140418_10_17_39
遠方から買いに来られる方もいらっしゃるそうですよ。
無料の組みひも作り体験もされているとのこと!

そして、農産物直売コーナーには、
沢山の蒸したておまんじゅうが!!

20140418_10_14_24

この日置いていたおまんじゅうだけでも14種類!
地元産の野菜などがたっぷり詰まったオリジナル饅頭。
全て、スタッフの齋藤ユウさんが発案したそうです。

20140418_10_19_20

齋藤さんにお願いして、
おまんじゅう作りにチャレンジ!作ってみたのは、炭酸まんじゅう。

20140418_11_00_54

20140418_11_05_57

20140418_11_34_24

20140418_11_44_31
おいしくできました~!!

齋藤さんの愛と、津久井産の食材が沢山詰まった、
まさに“津久井名物”のおまんじゅうを頂けるのは、鳥居原ふれあいの館だけ!

ゴールデンウィークの期間中は、見逃せないイベントもあります。
来週、5月3日・土曜日と4日・日曜日には、
空クジ無しの抽選会や地元・鳥屋のお囃子などを行う「感謝祭」を開催。
5日・月曜日には、薪割り体験教室も!
さらに期間中には、サボテンなどの多肉植物の、展示即売会も行うそうです。

詳しくは、鳥居原ふれあいの館のHP、または、
電話番号 042-785-7300 まで。

鳥居原ふれあいの館


20140418_12_45_39

20140418_12_28_53

20140418_12_34_02_1

帰りに、「あぐりんずつくい」にもおじゃましました~!
こちらにも、津久井の名産、沢山置いてありましたよ~!

あぐりんずつくい

2014年1月25日 (土)

津久井から 冬の贈りもの

今週は、津久井から冬の贈り物

原木椎茸と新ブランドのミルク、石老山麓牛乳をレポート!

原木しいたけの栽培ハウスへ。

01251_2

原木しいたけを炭火で焼いて頂きました。

01252

塩を振って頂くと、椎茸の風味が口一杯に広がります。

01253

お話を伺った黒木竜郎さん。

01254

続いて、相模湖のプレジャーフォレストのすぐ近くの中丸牧場へ!

こちらに新ブランド「石老山麓牛乳」という牛乳が。

01255

こちらの牧場では、ホルスタイン、エアシャー、ブラウンスイスの3種の牛を育て、

この3頭の牛乳を合わせて、「石老山麓牛乳」が作られています。

こちらはホルスタイン。

01256

こちらが、エアシャー。

01256_2

そしてブラウンスイス。

01256_3作られた牛乳が、こちら!

JA津久井郡のあぐりんず つくいで販売されています。

01257

中丸牧場の山口重久さん。

01259

今回ご紹介した「原木しいたけ」、「石老山麓牛乳」ともに

JA津久井郡の「あぐりんず つくい」で販売されています。

詳しくは、こちら

2013年10月12日 (土)

潜入!あぐりんずつくい!

今週は、10月10日にグランドオープンした「あぐりんずつくい」のプレオープンに

潜入。最新情報と生産者の方にもお話を伺って来ました。

まずは、「あぐりんずつくい」のプレオープンに。

10121

10122

オープン前に「あぐりんずつくい」店長の佐藤勲さんにお話を伺いました。

10124オススメの商品を紹介して頂きました。「ベーグル」と「谷中しょうが」

10123

そのベーグルを作られている藤野ベーグル工房の戸澤淳さんが、

お店にいらっしゃったのでお話を聞きました。

10125

続いて、「あぐりんずつくい」の店長に紹介して頂いた谷中しょうがを作られている

農家さんへ。

こちらが、生で食べて美味しい谷中しょうが!

10126

お話を伺った若手のホープ!Aコープの直売所組合の副組合長の小川寿さん。

10127

藤野ベーグル工房のベーグル、小川さんの谷中しょうがは、

「あぐりんずつくい」で購入出来ます。

相模原市緑区にオープンした「あぐりんずつくい」は、

現在、オープニングイベント開催中。

そして今日(10/12)は、店長に「ラジオ聞きました」と言って頂ければ、

先着順にステッカーが貰えます。佐藤店長を探してみて下さい。

営業時間は、9時30分〜午後6時。水曜日定休。

詳しいお問い合わせは、こちら

2013年4月27日 (土)

GW直前!津久井であそぼう♪(4月27日放送分)

いよいよGW突入!

GW前半は、お天気も良さそうです。
そんなGWのお出かけにピッタリ、津久井でマス釣り、BBQを楽しんで来ました。
まずは、JA津久井郡串川支所の野菜直売所に。
平日は支所の中に販売コーナーが設けられています。
Ja04271
野菜だけでなく、加工品も売られています。
土曜日はすぐ横の直売所で販売されます。
Ja04272
今回お話を伺った(左から)野菜販売部の会長の菊地原常康さん、門倉敏明さん、小室諄さん、市川弘さん

続いて、直売部の皆さんと早戸川国際マス釣場へ!
まずは、イクラをエサにしてスタート!
Ja04273
早戸川国際マス釣場のスタッフ、上岡佳弘さんにアドバイス、指導を受ける影山。
Ja04274
すると、一匹目が、、、
針の外し方を上岡さんに教えて頂き、ゲット!
Ja04275
そして2匹目!満足げな笑顔!女性やお子さんでも簡単に釣ることが出来ます。
Ja04276_2
そしてすぐそばにある施設でBBQ!
マスは、串に指し、塩焼きと串川支所で購入した津久井味噌をぬった味噌焼き!
その他、やまゆりポークやタケノコ、シイタケ、トウモロコシ。
皆さんでカンパーイ!
Ja04278
指導を受けた早戸川国際マス釣場のスタッフ、上岡佳弘さん!
そして食べまくりました。
Ja042782
道具などがレンタル出来るので、手ぶらで行けます。
また5月5日は、子供たち専用の区画も設けられるそうなので、家族皆で楽しめますよ。
相模原市緑区鳥屋3627
042-785-0704

2012年11月24日 (土)

青根で美味しい秋を満喫(11月24日放送)

寒〜い冬もまもなく本番。今週は山梨県との県境も近い津久井の青根地区から。
赤や黄色に色づいた紅葉が美しい風景を楽しみながらのレポート!

Ja_121124_1

合唱曲『遥かな友に』の誕生地としても有名な地域で、立派な石碑も立っています。

Ja_121124_2

この土地で栽培されているのが…なんと“りんご”!神奈川県にも産地があったとは。
うっすらと赤く色づいた実がたくさん成っていましたよ!

Ja_121124_3

りんご畑のご主人・佐藤行洋さんのこだわりは、りんごの実ひとつひとつに
袋をかけること。その他にも地面に平行に伸びた枝の手入れも大変そうです。

Ja_121124_4

今の時期は毎日、津久井湖観光センターに持っていって直売しているそうです。

青りんごの「王林」と、りんごの王様「ふじ」が旬ですよ!

 

Ja_121124_5

そして次に向かったのは、道志川の川沿いにある「このまさわキャンプ場」。
すぐそこでせせらぎが聞こえ、夏場は川遊びや釣りも楽しそうです!

Ja_121124_6

先ほどの佐藤さんの畑で収穫したりんごを、ダッチオーブンを使ってクッキング♪
ラム酒やシナモンを添えて「ベイクドアップル」にしました。

Ja_121124_7

ダッチオーブンで焼き上げること40分。りんごの実がトロットロ&ふわふわ〜に!
体もあったまり、身にしみる美味しさでした。ぜひお試しあれ◎

2012年9月15日 (土)

秋を満喫!津久井で栗拾い(9月15日放送)

今週のレポートは相模原市の藤野エリアから。収穫の秋、芸術の秋を満喫しますよ~♪

Ja_120915_1

“芸術の町”として知られる旧藤野町。藤野駅を降りてすぐ、山肌を見上げると発見♪
「緑のラブレター」でもおなじみです。町の中でもアートな作品を見つけられます。

Ja_120915_2

相模湖ICから5分ほどの名倉地区にある「藤野園芸ランド」へ。周辺の20軒の農家が
体験農園として開放されていて、栗拾いにサツマイモ掘り、山芋掘りを楽しめます。

Ja_120915_3

案内して頂いた倉田好江さん。夜のうちに風に揺られてイガを落とした栗がいっぱい!
ハサミを使ってイガから栗の実を取り出すのが楽しくて、どんどん拾っちゃいます♪

Ja_120915_4

倉田さんの東園の栗拾いは、9月中旬頃まで。その他、藤野園芸ランドで収穫できる
秋の味覚は コチラ(PDF) でチェック!電話で問合せて行くのがおすすめです。
 
続いては、自然の中にアートな空間が広がる「カフェレストランShu」へ。

Ja_120915_5

木製の看板や家具などには手作りの風合いが感じられ、このすぐ右手には畑が!
カフェメニューには、目の前の畑で採れた野菜を使っているそう。

Ja_120915_6

ハンモック発見!木漏れ日と風が気持ち良くて、しばしお昼寝…?

Ja_120915_7

こちらが定番メニュー「野菜たっぷりチキンカレー」。玉ネギがベースのルーのつぶつぶ感、
色とりどりの採れたれ野菜をじっくり召し上がれ!食後にはシソのラッシーもどうぞ♪

Ja_120915_8

「町で暮らすアーティストと地元の人が集まる場所をつくりたい」という思いでお店を始めた
ご主人の森久保周一さん。毎月ライブも行われていて、ゆったりとした時間を過ごせそうです。

カフェレストランShu
相模原市緑区日連981
042-687-2333
営業時間 11:30~21:00(L.O. 20:30) 月・火曜日定休