fyb_switch_to_sp_js

JA相模原市 Feed

2014年10月25日 (土)

秋の味覚 in 相模原

今回は、相模原市でサツマイモを育てていらっしゃる、
山本行雄さんの畑におじゃましました!

20141017_14_08_07
場所は中央区と緑区の境あたり、JA相模原市営農センターの近くの畑。

20141017_14_30_32
山本さんによると、相模原市周辺は
根菜類を初めとした食材に適した土が広がっていて、
芋類などの栽培をされていらっしゃる方が多いそうです。

山本さんの畑では、地域の特産である大和芋やジャガイモ、
里芋などの他、サツマイモの栽培もされていました。

こちらで育てられているサツマイモの品種は、「紅あずま」。
焼き芋にすると、果肉の色が黄色く、見た目からもとても美味しそうに見えて、
甘味もあり、人気がある品種です。

さっそく、イモ掘り体験!

20141017_14_08_25

20141017_14_08_43

20141017_14_10_00
ビックリするほど大きなサツマイモ!!

顔まで土まみれに…!!

20141017_14_24_25
ちなみに山本さんがおっしゃるには、
美味しいサツマイモは見た目でだいたい分かるそうで、
色が鮮やかでハリ・ツヤがある方が甘くておいしいそうですよ。

続いては、山本さんのサツマイモも販売されるという農産物直売所へ!

20141017_17_11_22
JR横浜線「淵野辺駅」から車で10分ほど。
相模原市中央区青葉にあるJA相模原市農産物直売所「べじたべーな」で、
副店長の加藤真理子さんにお話を伺いました!

地元・相模原で生産された様々な旬の食材が、店内に並んでいました。

20141017_17_12_39
朝採れのお野菜を買い求めに、沢山のお客さんがいらっしゃってましたが、
こちらの直売所の魅力は、それだけではありません!

店内の一角には、お店の方が直接現地で買い付けたという
沖縄の特産物が販売されているコーナーが。

全国に沖縄の物産コーナーは数あれど、
他では中々手に入らない様な物がズラリと並んでいました。

そして!今回は特別に、
山本さんの畑で採ったサツマイモを焼き芋にして頂きました。

20141017_16_47_26
ホクホクで、しっとりなめらか!
噛めば噛むほど甘さが広がります。
秋の味覚、堪能させて頂きました♪

20141017_16_58_53

イベントが目白押しの「べじたべーな」。
今日(10月25日・土曜日)もこの後、
冷凍イカやしじみの販売などを行う予定です。

また、11月21日・金曜日と22日・土曜日には、
果物・お米・漬物の試食販売、

さらに12月上旬にはオープン1周年記念祭を計画中とのこと!

JA相模原市農産物直売所「べじたべーな」の営業時間は、
午前9時30分から午後6時まで。
(11月から2月にかけては、午後5時閉店となっています)

詳しくは、下記リンク先をチェック!

べじたべーな

2014年6月28日 (土)

相模原のサムライ?ブルーベリー

相模原で、立派に実ったブルーベリーを収穫!

JR相模線「南橋本駅」から車で10分ほど、
相模原市緑区田名にある「こだわり苑」におじゃましました!

20140620_13_55_28
お話を伺ったのは、こちらでブルーベリーの栽培をされている、
古木昭さん。

古木さんはもともと、産業用検査機の開発に長年携わっていたエンジニア!
そこで培ったノウハウを活かして、独自の方法で果樹園を運営されています。

ブルーベリーには大きく分けて2種類の系統があります。
「ハイブッシュ系」…主に大きい実を付けるのが特徴。
「ラビットアイ系」…こちらは、甘い実を付けるのが特徴。

その2つの特徴をうまく組み合わせる為に、古木さんは研究に研究を重ね、
ラビットアイ系の根にハイブッシュ系の枝を継ぐという、「接ぎ木」に成功されています。

そんな古木さんの研究の成果が実ったブルーベリー!
さっそく、摘み取りにチャレンジしました!

20140620_13_42_31

20140620_13_11_36
実際に手に取ってみれば、品種によるブルーベリーの違いが明らか!
特に、北部ハイブッシュ系の品種「チャンドラー」は、
大きい物だと500円玉位の大きさ!
(写真左)

一般的な大きさで、ハイブッシュ系の中で甘さが際立っているのが「オニール」。
(写真右)

そして、マニアの人気ナンバーワンというのが「スパルタン」。
(写真中央)
味が濃く、納得の品種でした。

実際に試食してみながら、自分のお好みのブルーベリーを選ぶ事ができる、
「こだわり苑」のブルーベリー摘み取り体験!
8月20日頃まで続く開園期間中、朝6時から、お昼12時頃まで行っています。

詳しくは…
こだわり苑 ホームページ

続いては、こちらのブルーベリーを使ったスイーツを
販売しているお店があるという事なので、そちらに伺いました!

JR横浜線「橋本駅」から車で10分ほどの場所。
相模原市緑区下九沢にあるパティスリー、アンファンネージュ。

20140620_14_10_36

20140620_15_02_22
オーナーシェフの笹野和夫さんにお話を伺いました。

笹野さんは、もともと和食を勉強されていたそうなのですが、
そのうちフランス菓子の魅力に気づき、
ケーキなどを作るようになったのだそう。

相模原にお店を構えたのは、近くにご実家があり、
お店を開いて地元の人においしいお菓子を食べてもらいたい
という思いからなのだそうです。

オープンして今年で10年。現在は地元の方だけでなく、
各地からファンが訪れる程のお店になっています。

こちらで、こだわり苑のブルーベリーを使ったスイーツ、
ブルーベリーのシフォンケーキ、ブルーベリーのチーズタルトを頂きました!

20140620_14_35_18
「こだわり苑」の古木さんも納得!
美味しさを十分に引き立たせた逸品でした!

その他、店内には大切な人へのプレゼントにもピッタリな
スイーツなども沢山ありました。

こちらの営業時間は、朝10時から、夜8時まで。
火曜日と第三月曜日はお休みとなっています。

また、相模大野にある「伊勢丹相模原店」にも出店されているので、
そちらも合わせてチェック!

アンファンネージュ ホームページ

2013年12月28日 (土)

祝300回!ベジたべ~なに集まれ~♪

今週は、今月5日にオープンしたJA相模原市大型直売所「ベジたべーな」の最新情報!

そして番組300回を記念して「ベジたべーな」ですいとんや番組記念グッズを

振る舞って来ました。

12281

「ベジたべーな」チーフの小林雅樹さんにお話を伺いました。

オススメの大和芋とともに。

12282

「ベジたベーな」の営業時間は、朝9時30分から午後6時まで。

年末は12月30日まで。年始は1月7日からとなっています。

詳しくは、042-851-3583

そして「ベジたベーな」の2階にある食育研修室で、女性大学「なごみカレッジ」の

みなさんが、講習会を開いていらっしゃいました。

そこに影山も参加させて頂きました。

12283

今回は、郷土料理講習会ということで、手打ちうどん、こんにゃく作りにチャレンジ。

出来上がった料理は、うどんのけんちん汁と生こんにゃく。

12284

今回の講師で、お話を伺った女性会会長の安藤弘子さん。

12285

そして女性会の皆さんに番組300回を記念して300人前の「すいとん」を

作って頂きました。

12286

ちょっとお味見。

12287

12288

番組記念グッズと共に「すいとん」を女性会の皆さん、

番組スタッフ一同で振る舞いました。

12289

寒い中、沢山の方に来て頂きまして、ありがとうございます。

予定時間よりも早く、なくなってしまいました。
今年は、今週でラストになりましたが、引き続き、来年も番組を宜しくお願い致します。

良いお年を!

2013年10月 5日 (土)

相模原産八つ頭でございマス。

今週は、収穫期を迎えた相模原産の里芋、八ツ頭の収穫体験、

そして相模原産の食材にこだわったイタリアンレストランを紹介します。

まず、相模原で里芋、八つ頭を栽培されている小俣さんの畑にお邪魔しました。

里芋、八つ頭ってこんな感じになるって知ってました?

ちなみに、上が八つ頭、下が里芋で、里芋の方がかなり大きくなっていました。

20131005_153322_2

で、里芋掘りをさせて頂きました。

茎を切って、スコップで掘ります。

10052

八つ頭は、手で簡単に掘れました。ごつごつしているのが、八つ頭の特徴で、

左が売られている状態の八つ頭。右が茎を取る前の八つ頭。

10053_2

続いて、相模原の地元食材にこだわったイタリアンレストラン

「トラットリア メルカート」へ。

20100422_161111

相模原産の朝穫れたて野菜サラダ

10056

宝夢卵という濃厚な卵を使った相模原のカルボナーラ

10057

ホカッチャ

10058

オーナーシェフの小川賢一さん、奥さんの淳子さん

10059

相模原市のイタリアンレストラン「トラットリア メルカート」

営業時間は、ランチタイムが11時〜午後3時(ラストオーダー14:30)

ディナータイムが、夕方6時から夜10時(ラストオーダー9:30)

詳しいお問い合わせは、042-776-0034

2013年7月27日 (土)

JA Fresh Farm夏の収穫祭

今週は、「JA Fresh Farm」夏の収穫祭ということで、

番組の畑で実った野菜を収穫、そして穫れたて野菜を軽く調理して食べて来ました。

07271

春に蒔いた野菜が、収穫時期を迎えていました。

07272_2こんなに沢山収穫出来ました。

トウモロコシ、ピーマン、なす、パクチーなどなど、、、

07273

その穫れた野菜を料理しました。

07274

エスニックサラダ(ニンジン、ピーマン、パクチー)

千切りなすの麺つゆあえ、ピクニックコーンを塩茹でたもの

そして秋冬の収穫のために、新しい種も蒔きました。

07275

こちらは、ポットに蒔いた種

07276

種蒔き無事完了!

JA相模原市営農センターの坂本貴司さん。JA Fresh Farmのアドバイザーです。

07277

秋冬の収穫も楽しみにしてて下さい。

気がつけば、顔は土で、、、、でも大満足!

2013年4月 6日 (土)

『JA Fresh Farm』オープン!(4月6日放送分)

相模原市のJA相模原市営農センターのすぐそばに

この番組の畑「JA Fresh Farm」がオープンしました。
Ja04061
作業に取りかかる前に強力なアドバイザー、JA相模原市営農センターの坂本貴司さんの指導を受け
作業スタート!
まずはトウモロコシの種「味甘ちゃん80」を植えます。その名の通り80日後に収穫出来るそうです。
Ja04062
Ja04063
種を2つ並べ、押し込んで、上に湿った土をかけて完了!これを何と300個!
そしてtvk「かながわ旬菜ナビ」の山崎彩ちゃんが突然登場!
坂本さんの指導のもと「ジャガイモ」を2人で植えることに。
Ja04064
機械を使って、ビニールマルチを張り、穴をあけて、ジャガイモを植えました。
6月には収穫出来る予定です。
途中経過も含め、定期的にレポートするのでお楽しみに。
Ja04065
作業を終え、充実感いっぱいの2人!
続いて、相模原市南区で津久井在来大豆の自然食品を作られている酒屋さん
「豊国屋」さんを訪ねました。
そこで、最初に「蒸かし豆」を試食!
Ja04066
凝縮された味で、日持ちもするので非常食にも最適との事。
続いて、「テンペ」も頂きました。
Ja04067
「テンペ」を紹介して頂いた奥さん、ご主人の岡本さん、そして息子さん
Ja04068
神奈川県相模原市南区新戸3024
(JR相模線 相武台下駅徒歩7分)
電話・FAX 046-251-0048
(木曜定休/9:00~21:00営業)

2012年10月20日 (土)

体に良い“ネバネバ野菜”(10月20日放送)

今週は、消化が良くネバネバと粘りの強いさがみはらの名産「やまといも」!
長期保存できるので、贈答品にも喜ばれている地元では定番の逸品です。

Ja_1210120_1

相模原市の田名地区でやまといもを栽培している佐藤勝さんの畑を訪れました。
就農してから20年、やまといもを育て続ける佐藤さんのこだわりは…「土」!

Ja_1210120_2

柔らかく緑肥をすき込んだ土づくりが命で、その年の天候で芋の形が随分変わるそう。
「掘ってみるまでわからない」という佐藤さんに教えてもらいながら掘ってみましたよ!

Ja_1210120_3

ジャーン!!今年はこんなワイルドな形のやまといもを掘れました。棒状に長い形、
扇の形、三味線のバチのような形など様々ですが、今年も味は上々とのこと◎

Ja_1210120_4

シャキッとした歯ごたえは天ぷらに、すりおろしてお好み焼きに♪
今年のお歳暮は、お世話になった方に“さがみ長寿いも”を贈ってみては?
JA相模原市営農センター  042-762-4336
 
さらに、相模原では今「さがみはらスイーツフェスティバル2012」を開催中!
地元の素材を使ったお菓子作りをしている「西洋菓子 海援隊」をピックアップ。

Ja_1210120_5

お店の名前のとおり、ご主人の小泉猛眞さんは大の坂本龍馬ファン。店内にも龍馬グッズが!
日頃から試行錯誤を重ね、七味や豆板醤などを活かした洋菓子なども考案・販売しています。

Ja_1210120_6

色鮮やかなショーケースには「誰もが美味しく食べられるように」と小麦粉や卵、
乳製品を使わないケーキなど、気づかいの込められた洋菓子も並んでいます。

Ja_1210120_7

こちらが「さがみはらスイーツフェスティバル2012」参加中の「シュー惑星イトカワ」。
シュークリームとカスタードプリンがドッキングした贅沢なお味を楽しんで!
さがみはらスイーツフェスティバル2012」は11月30日(金)まで開催しています。

西洋菓子 海援隊
相模原市中央区共和1-13-7 サンハイツさがみ野1F
042-757-1187
営業時間 11:00~19:00  木曜日定休

2012年6月30日 (土)

相模原ブルーベリー物語(6月30日放送)

今が旬のフルーツ狩りといったら…ブルーベリー!摘み取り体験ができる
相模原市中央区田名の「高橋フルーツ農園」をおじゃましました。

Ja_120630_1

露の降りたみずみずしい実がいっぱい!ブルーベリーには大きく分けて2種類。
粒が大きく早く収穫できる「ハイブッシュ」系と、小粒で赤い実の「ラビットアイ」系。
こちらの農園では、摘み取り体験をメインに大半がハイブッシュ系の樹だそう。

Ja_120630_2

定年退職後にブルーベリーの栽培を始めたというご主人の高橋健さん。
70歳を超えているとは思えないほどお若く、サービス精神がとっても旺盛!
ひとつひとつ樹の種類を教えて頂きながら、楽しく摘み取りさせて頂きました♪

Ja_120630_3

ブルーベリーの樹の間によーく見ると…ネギが?これは「カブネギ」というもの。
ブルーベリーのための肥料をうまく活用しながら、秋頃に収穫時期を迎えるそうです。

Ja_120630_4

朝早くから摘み取り体験に来ているお客さんにもインタビュー。お話を聞いてみると
地面に落ちているくらい完熟したものも美味しいよ!とアドバイスを頂きました。

Ja_120630_5

粒が大きく甘~い高橋さんのブルーベリー、今年は1キロ1500円で収穫できます。
品種によって旬が異なりますが、8月中旬頃まで摘み取り体験の予約を受付中です!

高橋フルーツ農園
神奈川県相模原市上溝1494-4
0427-56-5393
摘み取り時間:午前9時~午後5時(8月中旬頃まで)
 
 
 

Ja_120630_6

続いては、相模原市の麻溝台にある「小川フェニックス直売所」へ。
相模原では鶏卵の生産もさかんなんです!

Ja_120630_7

鶏のエサや水にまでこだわったという「鳳凰卵」。黄身の弾力と色の濃さが際立ちます!
この卵を使った“自家製生プリン”や“ロールケーキ”がウリです!

Ja_120630_8

「養鶏場の堆肥を使って栽培した農家さんたちの野菜の直売も行っている」と
こだわりを話して頂いた小川大造さん。一度は食べてみたい絶品の卵です!

小川フェニックス麻溝台直売所
 神奈川県相模原市南区麻溝台5-14−39
 042-742-6621
 営業時間 9:30~18:00 年中無休