fyb_switch_to_sp_js

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

エリーの沿線マップ~田園都市線~

FMヨコハマ JA Fresh Market。今回は特別企画!
エリーの沿線マップと題しまして、東急田園都市線沿いで、
食にまつわる魅力的なスポットを巡りました!

20180625_9_20_06
最初に降りた駅は、「溝の口駅」です!周辺を歩いてみると・・・
溝の口駅の南口から歩いてすぐ、
高津区役所から道路をはさんだ向かい側のところに、気になる直売所を見つけました!
「木所農園直売所」というお店だそうです。
看板娘、木所紗織さんにお話を伺いました。    

20180625_9_45_32
駅から徒歩30秒ほどと、とっても近い場所にあるこちらの農場。
野菜は地元の下作延で夫が作っているそうです。
日によって変わりますが、なるべく10種類以上は揃えるようにしていて、
バターナッツ、ひもなす等、目新しい物を入れて、楽しいお店にしようと
努力していらっしゃいます。

20180625_9_57_46
20180625_9_45_50
そんな中から、一番人気のトマトを試食させていただきました!
本当に赤くて濃くて、立派なもの。甘くてジューシーで、
皮が薄くてみずみずしかったです!

20180625_9_47_08
営業は、月曜・火曜・木曜・金曜の朝10時から正午まで。完売次第閉店するそうです。
気になる方は、早めの到着をお勧めします!

20180625_10_07_52
____________________________________

続いては、たまプラーザ駅で降りてみました!
周辺でフレッシュなオススメスポットを、探していると・・・

横浜市青葉区元石川町の辺りを歩いていたら、
気になる看板が立っている畑を見つけました。
看板には、「横浜市認定 特区農園 青空農園 美しが丘」と書かれていました。

20180625_10_49_37
こちらを管理されています、とらっくふぁーむ合同会社の営業部、
濱野穂乃香さんにお話を伺いました!

20180625_10_54_03
「特区農園」とは、横浜市が事業推進している市民農園のこと。
青空農園は全部で32区画あり、13名の方が利用されているそうです。
今の時期は、トマトやなす、きゅうりなど夏野菜を育てていらっしゃるそうですよ。

20180625_10_54_36
そんな青空農園 美しが丘で、オクラの苗の植え付け体験をさせていただきました!

20180625_10_58_10
20180625_11_01_31
20180625_11_04_22
____________________________________

最後は、あざみ野駅で降りました!
駅から5分ほど歩くと、西勝寺北側交差点のそばにお店を見つけました。

20180625_14_50_06_2
20180625_15_02_09
青葉区のおかんが営む健康レストラン、「Mom'sダイニング」です!
「Mom'sダイニング」を経営されています、株式会社さくら工房の代表取締役、
櫻井友子さんにお話を伺いました。

20180625_15_05_58_1
駅の近くに、こんなゆったりくつろげるお店があるなんてびっくり。
一昨年の10月にオープンして、まもなく2年が経つこちらのお店。
女性の方たちにくつろいでいただいて、元気になって家に帰って欲しい、
そして家事のヒントにもしてもらえれば・・・というコンセプトで
ランチを作っていらっしゃいます。

20180625_15_00_56
20180625_15_10_11
昔ながらの日本の料理を再現した1汁3菜プレートから、
豚バラ肉、豆腐、オクラ、ニンジンを巻いた物などを頂きました!

20180625_15_14_32
20180625_15_15_34
また、取材の後、Mom'sダイニングでお土産に大人気の
「米粉のシフォンケーキ」を買って帰りました!
私が頂いたのは、珍しい「チャイ味」のもの。
甘さが控えめで、チャイ独特の香辛料の香りもしっかりついていましたよ。
そして、米粉のシフォンということで、ふわふわさと、しっとりさ、
もっちりさも兼ね備えたシフォンケーキでした!


今回訪れた3か所のスポットについて、詳しい情報は
以下をチェックして下さい!

【木所農園直売所】
神奈川県川崎市高津区下作延2丁目2−24
営業時間:5~8月、10~12月(月・火・木・金) 10:00~12:00

【青空農園 美しが丘】
https://truckfarm.amebaownd.com
横浜市青葉区元石川町7286-1

【Mom'sダイニング】
https://www.sakura-factory.jp/momsd
神奈川県横浜市青葉区新石川2丁目15−1

2018年6月23日 (土)

エリーのアカデミックな体験

今回は、日本大学 生物資源科学部 食品ビジネス学科の活動について、
食品ビジネス学科の川手督也先生と、ゼミ生の皆さんにお話を伺いました。

20180615_9_57_53
20180615_10_21_23
20180615_10_37_11
一坪農園では、ゼミ生の皆さんが育てていらっしゃいますハーブを使ったメニューとして、
 チョコミントアイスと、レモンバームというハーブを入れたお水を頂きました!

20180615_10_33_58
20180615_10_34_17
チョコミントアイスは、一見チョコチップを混ぜたバニラアイスなんですが…
口に入れてみると、バニラとチョコの甘い香りと共に、爽やかなミントの香りが!
なんとバニラアイスも手作りなんだそうです!
20180615_10_35_28
レモンバーム水は、飲むと、レモンバームの良い香りが一気に鼻に抜けて、
口の中が一気にすっきり!暑い季節にピッタリで、
あっという間に飲み干してしまいました!

20180615_10_37_35_1
さて、キャンパス内を移動しまして…

せっかく大学に来たら、やっぱりここに寄らないと、ということで、
日本大学 生物資源科学部の学食へ!

20180615_10_59_14
ゼミ生の中嶋晴香さんと、吉田匠吾さんに、
日本大学 生物資源科学部 食品ビジネス学科の活動について伺いました。

20180615_11_27_41
お話の後、食品ビジネス学学術研究会の皆さんが企画・開発されたレトルト製品、
「野菜とけこむ手作りトマトスープ」を頂きました!

20180615_11_16_30
20180615_11_35_29
こちらは、卒業生の井出トマト農園のトマトと、ジャガイモ、ナス、赤インゲンマメ、
さらに、学校で作られたというベーコンを使用しているそうです。

20180615_11_38_15
とにかく具沢山!トマトの濃さもちょうどよくて、
ベーコンがいいアクセントになっていました。とてもおいしかったです!

こちらは、学内の加工実習所で販売されています。
また、電話やFAXなどで問い合わせて購入することもできるそうですよ。

お野菜の生産から食品の企画・販売に至るまで、様々なことが学べる食品ビジネス学科。
興味深いことが沢山学べます。お子さんの進路の参考にいかがでしょうか!

20180615_11_41_28
さて、日本大学 生物資源科学部のキャンパスを出まして、
次に注目する大学の施設へ向かいました!

_________________________________________

20180615_13_37_37
最後に、東京農業大学「食と農」の博物館について、
事務室長の黒川孝明さんにお話を伺いました!

大学の農場で使われていたトラクターや、
ニワトリのはく製、醸造科学科(旧醸造学科)の
卒業生の皆さんが作っていらっしゃる日本酒など、
興味深い展示がたくさんありました!

20180615_13_44_27
20180615_13_46_26
20180615_13_48_07
ちなみに、こちらの施設のすぐそばには自動販売機がありまして、
取材の後、そちらで購入できる人気商品、
「アマゾンの果実 カムカムドリンク」を頂きました。

20180615_14_31_58
これは、東京農業大学で作られているというジュースなんです。
カムカムは、ビタミンCがとても豊富なんだそうです。
飲んでみると、まるでアセロラジュースのように甘くて飲みやすく、
体に染み渡るようなおいしさでしたよ!

20180615_14_22_38

【東京農業大学「食と農」の博物館】
http://www.nodai.ac.jp/campus/facilities/syokutonou/
東京都世田谷区上用賀2-4-28
TEL:03-5477-4033

休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は火曜)、
    毎月最終火曜日、大学が定めた休日

開館時間:4月~11月 10:00~17:00
     12月~3月 10:00~16:30
     ※ 入館は閉館の30分前まで

2018年6月16日 (土)

“マダケ”はまだだっけ?

今回は、津久井から!マダケに注目しますよ!
お話を伺っているのは、相模原市緑区寸沢嵐で竹林を管理されています、
山口 義信さんです。

20180608_11_07_31
20180608_11_07_40
私たちが「タケノコ」として頂いてるものにも種類がいくつかあって、
神奈川周辺だと大きく分けて3種類あるそうです。
ひとつが、お話にも出てきました、
4月頃に旬を迎える最も一般的なタケノコの「モウソウチク」。
ふたつ目が、それよりもちょっと遅い5月頃に収穫される「ハチク」。
そのさらに後、まさに今が旬の「マダケ」です。

気になるのは、そのお味です。
今回は特別に、マダケ狩りにチャレンジ!
山口さんのご案内のもと、竹林の奥へと進み…

20180608_11_09_16
今が旬のマダケの収穫体験をさせて頂きました!

20180608_11_18_31
20180608_11_21_15
20180608_11_24_20
そして、取材の後、山口さんの奥様に、
マダケを湯がいて醤油と砂糖で軽く味付けしたものを頂きました!

20180608_11_58_46
収穫の時期が短い、マダケ。この週末から週明けにかけてが、
旬の味を楽しめるチャンスとなっています。直売所などで見かけたらぜひ、手に取ってみて下さい!

20180608_11_34_50
続いては、山口さんのマダケも出荷されています、直売所へ向かいました!

___________________________________________

相模原市緑区中野にあるJAの大型農産物直売所、「あぐりんずつくい」に出店されています、
移動販売のお店『サニー食堂』について、オーナーの小野沢 友博さんにお話を伺いました。

20180608_12_34_27
20180608_12_35_11
直売所に出荷されたばかりの新鮮な朝どれ野菜を使った、
手作りの中華のお弁当屋さん、というだけでもとても魅力的ですよね。
ただ、それだけではありません。小野沢さんは、以前、横浜中華街にある有名店で
中華料理を振る舞っていたそうで、お料理の腕前も一流でいらっしゃいます。
そんな贅沢なお弁当が600円ほどで販売されているということで、
私もさっそく注文してみました!

20180608_12_54_29
ちなみに、これから先、どんなお野菜がお弁当に出てくるのか伺ってみたところ、
すぐに傷んでしまってお弁当には不向きだと思われている空心菜を、
朝どれのものを使って新鮮な状態でメニューに活用してみたい!
とおっしゃっていました。こちらも楽しみです!
お昼時に、あぐりんずつくいへのお買い物がてら、ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

20180608_14_00_22
【サニー食堂】

公式Twitterアカウント

公式Instagramアカウント

2018年6月 9日 (土)

最新トレンドはミニ野菜

今回は、ミニ野菜に注目!
おじゃましたのは、相模原市南区下溝にある畑です。

こちらで農業をされています、新鍋 哲郎さんにお話を伺いました。

20180601_13_50_22
最近は、相模原市内でも少人数の世帯が増えているそうです。
そうなると、せっかく購入したお野菜も使いきれずに困ってしまう、
なんていうケースも増えるため、今、注目されているのが、
通常よりも小ぶりなサイズの「ミニ野菜」なんです!

新鍋さんは、「新鮮な食材を使い切り」で食べてもらいたいと、
去年からこちらの畑で、ミニ野菜の生産をされています。

ちなみに、新鍋さんは、ミニ野菜の他にも季節によって
小松菜、ホウレンソウ、ルッコラ、ズッキーニなども栽培されているそうですよ。

その見た目も気になるミニ野菜。
今回は特別に畑の中におじゃまして、
 ミニ白菜の収穫体験をさせて頂きました!

20180601_14_05_59
20180601_14_06_50
すぐ隣にはミニチンゲン菜も栽培されていました。
こちらも、手のひらに乗ってしまうほどの小ぶりなサイズで、
一人暮らしの方にもオススメしたいです。

20180601_14_12_33_2
気になるという方は、相模原市中央区青葉にあります、
JAの大型農産物直売所「べじたべーな」などに
ミニ野菜が並んでいますので、ぜひ、手に取ってみて下さい!

20180601_14_10_13
__________________________________

続いては、相模原でも人気の、相模原市南区相南にあるラーメン店、
『Sagamihara 欅』の店主、佐野 全さんにお話を伺いました。

20180601_15_23_47
オシャレな店内の雰囲気から、食材は100パーセント自家製の麺や、
相模原産のお野菜を取り入れたりと、色んなところにこだわりが感じられるラーメン店です。
去年9月にオープンされたばかりということで、
すでに注目されているラーメン通の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

20180601_15_04_2220180601_15_10_40
そんな『Sagamihara 欅(さがみはら けやき)』のラーメン、
醤油ラーメンと、トッピングの味玉子を頂きました!

20180601_15_13_29
20180601_15_15_05
取材の後でさらに、「味噌ラーメン」も頂きました!
相模原の味噌を使ったラーメン。生姜たっぷりで、アクセントに一味唐辛子も!
体も温まりますし、濃厚ながら後味すっきりでおいしかったですよ!

20180601_15_16_55
20180601_15_20_16
20180601_15_42_22

【Sagamihara 欅】
https://www.keyaki-sagamihara.com
相模原市南区相南4-1-33
営業時間 : 11:00〜15:00 / 18:00〜24:00
※食材無くなり次第終了
定休日 : 木曜日
TEL : 042-747-0139

2018年6月 2日 (土)

県民の食卓はおまかせ!

今回は、スーパーマーケット、「エーコープ」に注目!
まずは横浜市営地下鉄ブルーライン「中田駅」のすぐ近くにあります、
「エーコープ中田店」におじゃましています!
お話を伺ったのは、こちらの店長でいらっしゃいます、山内康弘さんです。
20180525_8_48_01
20180525_9_03_13
エーコープは、神奈川周辺だけでも15店舗ほどあります。
皆さんが住んでいらっしゃる地域にも、もしかしたらあるかもしれませんね。
そのスーパーマーケットの特徴は、直売所の様に、
農家さんから直接仕入れる新鮮なお野菜やお肉!
安全・安心な食材が、毎日並んでいます。

20180525_9_01_10
20180525_9_06_15
他のコーナーも充実していて、日用品はもちろん、
「エーコープ中田店」では、お店で精米したごはんを使ったお弁当や
手作りのおにぎりなども並んでいました。
お料理を作る時間が無い時にも活用したい、とても便利なお店なんです!

スーパーマーケット「エーコープ」では、
「あぐり倶楽部」の会員になると、一部の店舗を覗いて、お会計金額からの割引など、
お得なチャンスが沢山あります。詳しくは、エーコープ関東のホームページをご覧ください。
エーコープ関東

続いては、人気のブランド豚、「やまゆりポーク」が美味しく頂ける場所へ向かいます!

20180525_9_18_04
______________________________________

「湘南台駅」東口から歩いて8分ほど、
「カフェ ターブル ビジュー」のオーナーシェフ、飯嶋泰さんにお話を伺いました。
20180525_10_33_43
20180525_10_29_06
色んな方面からアクセスがしやすい「湘南台駅」の近くということもあって
遠くからのお客さんも多いそうで、美味しいお料理を求めて、
沢山の方がこちらのお店を利用されています。

食材は、地元のJAの直売所「わいわい市」で購入されることもあるそうで、
お肉だけでなく、お野菜の新鮮さも人気の秘訣なんです!
20180525_10_41_23
そんな「カフェ ターブル ビジュー」で、やまゆりポークを使った看板メニュー、
「やまゆりポーク厚切りロースト」と、「やまゆりポークカツレツ」を頂きました!
20180525_10_48_06
20180525_10_46_25
取材の後でさらにもうひと品、「やまゆりポークソテー」も頂きました!
20180525_10_48_58_2
20180525_10_50_11
20180525_10_53_40
20180525_10_53_18

【カフェ ターブル ビジュー】
http://cafetablebijou.com/

藤沢市湘南台1-21-18 メイハウス1F
小田急・相鉄・市営地下鉄湘南台駅東口より徒歩8分
TEL:0466-46-0121
営業時間 11:40 ~ 22:00(ラストオーダー21:30)
定休日:火曜日