fyb_switch_to_sp_js

« 安全安心「やまゆりポーク」 | メイン | ワンダフル♪ベジタブル♫ »

2018年2月10日 (土)

3種の卵におったまげ!

今週は、津久井から卵に注目!

20180202_10_23_30
最初におじゃましたのは、相模原市緑区根小屋にある養鶏場です。
こちらを管理されています、菊地原 頼子さんにお話を伺いました。

20180202_10_40_32
今回は特別に、しっかりと消毒をしたうえで、鶏舎の中へ案内してくださいました。

そこには、平飼いで育てられた3種類の鶏(アローカナ、黒翡翠鶏、ホシノブラック)が
ノビノビと動きまわっていました。

20180202_10_38_51
20180202_10_46_55
横にはいくつもの巣箱が並んでいて、その中には産み落とされたばかりの沢山の卵が!

3種類の鶏それぞれ、卵の殻の色が違っていて、
アローカナは水色、黒翡翠は黄色みがかったグレー、
ホシノブラックは市販の赤たまごに近い、茶色でした。

20180202_10_50_40
その卵をひとつずつ採取しまして、どんな違いがあるのか、
食べ比べをさせて頂きました!

20180202_11_14_20
20180202_11_11_37
私は、自宅でアローカナをゆで卵にしてみましたが、
黄身の大きさに改めてびっくりしました。
風味豊かなゆで卵が仕上がりましたよ!

黒翡翠は私の中で一番濃厚で、味がしっかりとしている印象だったので、
卵かけごはんにして頂きました。卵のうま味をガツンと味わうことができました!

そして、ホシノブラックはふわふわオムレツにして食べてみたいなと
考えているところです。

菊地原さんが育てている卵は、相模原市緑区中野にある
ファーマーズマーケット「あぐりんずつくい」に出荷されています。

20180202_13_25_58
見かける機会が少ない珍しい卵。皆さんもまずはおひとつ、いかがでしょうか!

20180202_11_17_36
さて、続いては卵つながりで、こんなお店へ向かいました!



20180202_12_03_16
津久井湖のすぐそば、相模原市緑区太井にありますお寿司屋さん、
「大道寿し」で、大将の河口 大道さんにお話を伺いました!
 20180202_12_17_11
お寿司のネタの中でも、「職人の腕の見せどころ」といわれるのが、玉子焼き。
河口さんは、先ほどの菊地原さんの黒翡翠などを使って、
素材からこだわった玉子焼き作りをされています。

20180202_12_05_18
20180202_12_23_04
こだわりの玉子焼きのほかにも、
メインとなるお寿司のランチメニュー、「にぎりセット」も頂きましたよ!

《この日のネタは、甘エビ、たこ、こはだ、ヤリイカ、サーモン、ブリ、本まぐろ!》
20180202_12_18_45
20180202_12_23_21


【大道寿し】
神奈川県 相模原市緑区 太井 102
JR・京王「橋本駅」北口バス停1番乗り場「三ケ木行」⇒「小網」バス停下車⇒徒歩1分
国道413号線⇒「ファッションセンターしまむら」脇の道入ってすぐ

コメント

コメントを投稿