fyb_switch_to_sp_js

« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月24日 (土)

ハマの八百屋は大忙し! 

今回最初におじゃましたのは、
京浜急行「神奈川駅」から歩いて10分ほどのところにある八百屋さん、
「濱の八百屋」です!代表取締役の、三橋 壮さんにお話を伺いました。

20180216_15_34_55
20180216_15_08_18
もともと、横浜市西区にあるスーパーマーケットで20年以上、
青果部の主任をされていた三橋さん。
そのスーパーがコンビニエンスストアに変わるというタイミングの時に、
それまでお取引きされていた農家さんの出荷先を確保したい
という思いもあって一念発起。八百屋さんをオープンすることにしたのだそうです。
三橋さんと、農家の皆さんとの信頼関係があるからこそ、
新鮮なお野菜が並ぶ八百屋さんとして人気となっているんですね。

20180216_15_17_19
そして、八百屋さんというスタイルで営業することによって、
お客さんと野菜を通じてコミュニケーションをとることができるようになったそうです。
私も取材当日に並んでいたお野菜について、魅力をたっぷりと教えて頂きました!
例えば大根だけでも種類は様々で、甘味が強い紫大根、緑色のビタミン大根、
中が赤いもみじスティック、見た目の黒さにビックリな黒大根など、味もそれぞれ全く違って、
お料理によって使い分けてみたくなりました!

20180216_15_26_27
20180216_15_27_51
「濱の八百屋」では、周辺エリアへのお野菜の配達や、通信販売もされています。
お店の詳しい情報については「濱の八百屋」のHPと、
通信販売についてアップされている「濱の八百屋 本舗」のHPをチェックしてみて下さい!

20180216_16_00_00
さて、続いては「濱の八百屋」のお野菜を使っていて、
三橋さんもお気に入りだというお店に向かいました!




今回二か所目におじゃましたのは、横浜駅から歩いて5分ほど、
ムービルのお隣、サイトウビルの一階にあるお店、バー&レストラン「STOVE’S」です!
店長の、藤田真也さんにお話を伺いました。

20180216_17_25_4120180216_16_49_40
ラフな雰囲気の中で頂く、地物の新鮮なお野菜を使ったサラダバー。
横浜野菜のお好みサラダと、アボカドチーズバーガーを頂きました!

20180216_16_58_47
20180216_17_01_02
20180216_17_01_14
横浜駅周辺のお買い物がてら、ちょっと休憩するのにもピッタリですし、
美味しいお料理を頂きながらゆっくりと時間を過ごしたいという方にもオススメです!

20180216_16_50_29
20180216_16_57_26

【濱の八百屋】
http://hamanoyaoya.com/

【濱の八百屋本舗】
http://www.hamanoyaoya.jp/

【STOVE'S】
http://stovesyokohama.com/stoves/

2018年2月17日 (土)

ワンダフル♪ベジタブル♫

今週は、今が食べ頃のお野菜を収穫!ということで、
川崎市宮前区菅生にある畑におじゃましました。
お話を伺ったのは、こちらの畑を管理されています、杉田 広行さんです。

20180209_13_04_27
『消費者に楽しんでもらうための直売所作り』を目指していらっしゃる杉田さん。
年間およそ70品目も栽培して、直売所では常に15品目以上の農産物が
並ぶように心がけているそうです!

例えば…大根やネギやトマト、キウイフルーツ、カスタードフルーツ、ミカンなど、
季節に合わせて、定番なものから珍しいものまで野菜や果物を育てていらっしゃいます。

そして今回、収穫させて頂くのは、川崎の伝統野菜、「のらぼう菜」。
歴史はとても古く、この地にやってきたのは
今からおよそ800年前、鎌倉時代の辺りだそうです。
その頃から現在に至るまで、自然環境や食文化に影響されることなく、
そのままの味が受け継がれています。
そんなのらぼう菜を、さっそくですが収穫させて頂きました!

20180209_13_05_10
20180209_13_07_01
20180209_13_05_51
その後、川崎市宮前区菅生にある杉田 広行さんのご自宅で、
川崎の伝統野菜、「のらぼう菜」を使ったお料理、
「おひたし」と「軸の部分を茹でたもの」、
さらに、取材の後には、のらぼう菜とベーコンのペペロンチーノも頂きました!

20180209_13_19_57
のらぼう菜の他にも、たくさんのお野菜や果物を並べています、杉田さんの直売所。
気になる、という方。川崎北部市場の近くで、
「杉田農園野菜直売所」という名前で営業されています。

また、JAセレサ川崎のHPでは、川崎市内の農畜産物直売所の情報が掲載されている、
「川崎の直売所マップ」がアップされています!
そちらで詳しい情報をチェックすることができますよ。

さて、続いては杉田さんもお野菜を出荷されているという、こんなお店へ向かいました!



20180209_15_01_12
今回二か所目におじゃましたのは、
川崎市中原区新城にあります、地域活動支援センター メサ・グランデ。
こちらの施設長でいらっしゃいます、前田 瑞穂さんにお話を伺いました!

営業時間外には、レンタルスペースとしても活用されているそうです。
店内には沢山のボードゲームが並んでいたのですが、そちらを楽しむ方々だったり、
またはコンサート会場として利用される方もいらっしゃったりと、
色んな方々に愛されている場所のようです。

20180209_15_00_23
20180209_14_59_18
そんなメサ・グランデで、地元旬野菜たっぷりプレートを頂きました!

20180209_15_06_25
週末は、カフェと八百屋さんの営業はお休みとのことですので、
平日、お近くに来られる際はぜひ立ち寄ってみてください!

20180209_15_08_20

【川崎の直売所マップ - JAセレサ川崎】
http://www.jaceresa.or.jp/farmersmarket/


【地域活動支援センター メサ・グランデ】
http://mesa-grande.blogspot.jp/

2018年2月10日 (土)

3種の卵におったまげ!

今週は、津久井から卵に注目!

20180202_10_23_30
最初におじゃましたのは、相模原市緑区根小屋にある養鶏場です。
こちらを管理されています、菊地原 頼子さんにお話を伺いました。

20180202_10_40_32
今回は特別に、しっかりと消毒をしたうえで、鶏舎の中へ案内してくださいました。

そこには、平飼いで育てられた3種類の鶏(アローカナ、黒翡翠鶏、ホシノブラック)が
ノビノビと動きまわっていました。

20180202_10_38_51
20180202_10_46_55
横にはいくつもの巣箱が並んでいて、その中には産み落とされたばかりの沢山の卵が!

3種類の鶏それぞれ、卵の殻の色が違っていて、
アローカナは水色、黒翡翠は黄色みがかったグレー、
ホシノブラックは市販の赤たまごに近い、茶色でした。

20180202_10_50_40
その卵をひとつずつ採取しまして、どんな違いがあるのか、
食べ比べをさせて頂きました!

20180202_11_14_20
20180202_11_11_37
私は、自宅でアローカナをゆで卵にしてみましたが、
黄身の大きさに改めてびっくりしました。
風味豊かなゆで卵が仕上がりましたよ!

黒翡翠は私の中で一番濃厚で、味がしっかりとしている印象だったので、
卵かけごはんにして頂きました。卵のうま味をガツンと味わうことができました!

そして、ホシノブラックはふわふわオムレツにして食べてみたいなと
考えているところです。

菊地原さんが育てている卵は、相模原市緑区中野にある
ファーマーズマーケット「あぐりんずつくい」に出荷されています。

20180202_13_25_58
見かける機会が少ない珍しい卵。皆さんもまずはおひとつ、いかがでしょうか!

20180202_11_17_36
さて、続いては卵つながりで、こんなお店へ向かいました!



20180202_12_03_16
津久井湖のすぐそば、相模原市緑区太井にありますお寿司屋さん、
「大道寿し」で、大将の河口 大道さんにお話を伺いました!
 20180202_12_17_11
お寿司のネタの中でも、「職人の腕の見せどころ」といわれるのが、玉子焼き。
河口さんは、先ほどの菊地原さんの黒翡翠などを使って、
素材からこだわった玉子焼き作りをされています。

20180202_12_05_18
20180202_12_23_04
こだわりの玉子焼きのほかにも、
メインとなるお寿司のランチメニュー、「にぎりセット」も頂きましたよ!

《この日のネタは、甘エビ、たこ、こはだ、ヤリイカ、サーモン、ブリ、本まぐろ!》
20180202_12_18_45
20180202_12_23_21


【大道寿し】
神奈川県 相模原市緑区 太井 102
JR・京王「橋本駅」北口バス停1番乗り場「三ケ木行」⇒「小網」バス停下車⇒徒歩1分
国道413号線⇒「ファッションセンターしまむら」脇の道入ってすぐ

2018年2月 3日 (土)

安全安心「やまゆりポーク」

今回は、神奈川県で生まれたブランド豚「やまゆりポーク」に注目。

最初におじゃましたのは、神奈川の畜産部門において要となる場所、
平塚市土屋にあるJA全農かながわ 畜産部 畜産事業センター。

20180126_11_22_11
こちらで、JA全農かながわ 畜産部 畜産事業センター相談課 課長の
瀧田基道さんと、職員の 村田真秀さんにお話を伺いました。

20180126_10_53_39
瀧田さんに、まずは畜産事業センターでの取り組みについて教えて頂きました。
畜産農家さんと、こちらに勤めていらっしゃる職員の皆さんの努力によって、
私達の食卓に、安全で美味しいお肉が届けられているんですよね。

20180126_10_54_28
お近くのJAの直売所に足を運ばれた際にはぜひ、消費者の皆さんに向けて真心込めて作られた
「畜産農家の元気だより」、チェックしてみてくださいね!

20180126_11_18_17
まずはひと口、味を確かめてみたいという方。オススメのイベントが今日この後、あります!
平塚市田村にありますJAグリーンかながわでは本日、農業機械展示予約会が開催されるのですが、
こちらで、やまゆりポークの試食販売を行う予定です。
この後、朝9時からスタートで、数に限りがありますので、
気になる方はお早目にお立ち寄りください!

20180126_11_03_49
20180126_11_21_24
さて、続いては先ほどのお話にも出てきました、気になるスポットへ向かいました!



厚木市小野にあります、やまゆりポークを使ったお料理が頂けるお店、
HAPPY Café食堂で、オーナーの秦野 誠さんにお話を伺いました!

20180126_13_53_37
20180126_13_53_25
秦野さんのご結婚を機に、夫婦で始められたというこちらのお店。
お二人とスタッフの皆さんで、切磋琢磨しながらも楽しく営業されています。

20180126_14_12_04
お店のお名前の通り、和やかな雰囲気にあふれたHAPPY Café食堂で、
今回ご用意頂くのが、やまゆりポークを使ったお料理。
その魅力をたっぷりと堪能できる、
「厚切りバラ肉のポークジンジャー」を頂きました!

20180126_14_19_41
20180126_14_17_27

【HAPPY Café食堂】