fyb_switch_to_sp_js

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月30日 (土)

締めはやっぱり手打ちそば!

今回は、年越しそばづくりに挑戦しました!
まずは天ぷらに使う具材探し!ということで、
秦野市蓑毛にあります安藤 正平さんの畑で、
ニンジン、「アロマレッド」を収穫させて頂きました!

20171222_10_37_26

20171222_10_43_56

20171222_10_44_24

20171222_10_44_37

20171222_10_47_41  
ニンジンが苦手な方にもオススメできるということで、
調理にお困りの方は一度、使ってみてはいかがでしょうか?
秦野市平沢にありますJAの大型農産物直売所「はだのじばさんず」で、
安藤 正平さんのお名前が書かれたシールが貼られてある「アロマレッド」を
探してみてくださいね!

20171222_10_02_42

20171222_10_02_56

20171222_10_03_16

20171222_10_03_27
さて、無事、具材をゲットしたところで、年越しそばづくりの会場へ向かいました!

そば打ちの先生、お三方、JAはだの女性部の熊澤淳子さん、
桐山容子さん、宮村菊江さんと一緒に、年越しそばとかき揚げを作りました!

20171222_11_29_33_2

20171222_11_56_57_2

20171222_12_15_27

20171222_12_13_27

《手打ちそばの作り方》20171222_12_45_30
20171222_12_20_12

20171222_12_24_54

20171222_12_29_50

20171222_12_41_11
かき揚げ入りの年越しそばをひと足早く、頂きました!
20171222_12_49_25

20171222_12_51_35

2017年12月23日 (土)

横浜野菜でクリスマス☆

今回最初におじゃましたのは、横浜市港南区日野中央にあります、
内田 浩康さんが管理されている畑です。
20171215_14_15_42

内田さんは、JA横浜野菜部 日野支部の支部長をされていらっしゃるそうで、
お話を伺った時にはちょうど、港南区で農業をされているお仲間の皆さんも
集まっていらっしゃいました。

20171215_14_31_03

港南区の農家さんは人数が少ない分、絆も強いそうで、
地場産のお野菜の魅力を広める為に協力して、
JAの支店や区役所が定期的に開催する直売会にも積極的に参加されているそうです。

20171215_14_18_29

より多くの方にその味を知ってもらいたい!という、
内田さんの強い思いがこもった、沢山のお野菜たち。

今回は特別に、レタスの収穫体験をさせて頂きました!

20171215_14_25_31

港南区周辺にお住まいの方に、新鮮なお野菜としてぜひオススメしたいのが港南野菜です!

内田さんが生産されたお野菜は、普段はご自宅の直売所や、
横浜市磯子区田中にあるJAの直売所「メルカートいそご」などで購入することができます。
内田さんのお名前が書かれたシールを探してみてくださいね!

20171215_14_25_55  
続いては、そんな港南野菜を美味しく頂けるスポットへ向かいました!



今回2か所目におじゃましたのは、JR根岸線「港南台駅」目の前のショッピングセンター
「港南台バーズ」の3階にあるレストラン、「銀座フランス屋 港南台バーズ店」です。

20171215_15_07_12

こちらで料理長をされています、松本裕幸さんにお話を伺いました。

20171215_15_19_36

港南台駅からすぐということで、駅で待ち合わせして、
その足でランチやディナーを頂くのにおすすめの場所です!

20171215_15_07_49

港南台バーズでお買い物がてら休憩できるのも魅力で、
気軽に美味しい料理を堪能することができます。

20171215_15_07_34

20171215_15_07_37

20171215_15_24_41

20171215_15_25_49  
そんな「銀座フランス屋 港南台バーズ店」で、
オススメのお料理を二品、ご用意頂きました!

20171215_15_35_06

《来月からメニューに加わる予定の「港南野菜を使ったポトフ」》20171215_15_33_40

《人気のハンバーグ》20171215_15_31_46

20171215_15_33_49

20171215_15_38_28

20171215_15_38_49




銀座フランス屋 港南台バーズ店

2017年12月16日 (土)

♪よこすかで花あそび♪

今回は、「よこすかで花あそび♪」
ということで、まずは横須賀市秋谷でお花を生産されています、
新倉勝則さんと、奥様のよしこさんにお話を伺いました。

20171208_11_13_00
新倉さんは、60年以上も農業を続けている、大ベテランでいらっしゃいます!
戦後、食糧を補うためにエンドウ豆を育てたのがきっかけで、現在はお花を中心に生産されています。

20171208_10_58_22
明るくて優しい雰囲気の新倉さん。
ご自宅にもおじゃましたのですが
お部屋の戸棚の中には盾やトロフィーなどがズラリと並んでいました!

なんと、お花の品評会において
これまでにも農林大臣賞をはじめとした数々の賞を受賞されていて
1970年に開催された大阪万博には2万鉢相当の菜の花を出荷されたりと
その腕前は昔から高く評価されています!

ちなみに昔は、横須賀市秋谷周辺だけでも
およそ60軒ものお花の農家さんがいらっしゃったそうですが
現在では2軒のみ。

そんな中、大変な作業をよしこさんと二人で続けていらっしゃいます。

20171208_10_55_51
新倉さんが育てたお花は、横須賀市長井にあります
JAの大型農産物直売所、「すかなごっそ」に出荷されています!

お花のコーナーで、新倉勝則さんのお名前が書かれたシールを探してみてくださいね!




さて、「よこすかで花あそび♪」
次にお話を伺う方も、同じニイクラさん。

横須賀市秋谷でお花を生産されています、新倉 良夫さんにお話を伺いました。

20171208_10_32_36
日々、ストイックにお花を管理されている良夫さん。

20171208_10_16_28_2
畑には沢山の綺麗なお花が咲いていましたが、
それでも出荷に見合ったクオリティーのお花はほんの一部しかないのだそうです。

20171208_10_00_29
良夫さんの目によって厳しく選定されたお花だけが、
横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」に出荷されているそうですよ。

20171208_10_09_04

20171208_10_17_01

20171208_10_16_04
天候の変化などにも耐えながら、凜として咲くお花。
今年一年、頑張った人への贈り物や、年末年始のイベントを飾るのにもピッタリです!
出荷されている皆さんの想いも汲み取りながら、じっくりと愛でたいですよね!

 

2017年12月 9日 (土)

男の料理「俺のネギ」

今回は、長ネギに注目しました!
まずは、茅ヶ崎市中島にあります、石原 裕司さんの畑で、長ネギの収穫体験をさせて頂きました!
20171201_13_30_52
馬糞で堆肥を作っているんだとか。
ネギの植え方にもこだわりが!

20171201_13_26_30

20171201_13_26_48_3

20171201_13_29_38
お話にもありましたが、石原さんが生産された長ネギは
JAの大型農産物直売所、「わいわい市・寒川店」に出荷されています。
石原 裕司(いしはら・ゆうじ)さんのお名前が書かれたシールが目印です。
ぜひ探してみて下さいね!

お鍋はもちろんのこと、色んな料理に大活躍する長ネギのオススメレシピをご紹介しました!

レシピをご紹介頂いたのは、茅ヶ崎営農経済センターの職員の宮治 直斗さんです!

「長ネギを使った男の料理」を3つ、作って頂きました!

その3つが、《ネギの一本焼き》《ねぎまとん》《かちゅ~ゆ》!

20171201_14_56_06
《ネギの一本焼き》20171201_14_23_27

石原さんのおすすめレシピ。ネギを1本まるごと焼いて、塩コショウで食べる!
ネギは長いまま焼くとおいしさが出てきて、ネギの甘さをストレートに味わえるんだとか。
ネギの一本焼きなら、お酒やワインにもぴったり!

《ねぎまとん》

20171201_14_45_43_3
つるみねのネギは豚肉との相性が抜群。
なので、ネギマの肉をマグロでも鶏でもなく、
豚肉にすると、相乗効果でネギがおいしくなるそうです。

《かちゅ~ゆ》

20171201_14_38_30
ネギを小口切りにして鰹節をまぶし、お湯を注ぐ沖縄の郷土料理「かちゅ~ゆ(鰹湯)」。
ネギ、味噌、鰹節を丼に入れ、熱いお湯を注ぐ。スープ代わりにいただく1杯。
体も暖まり、風邪をひいたときにもおススメ。

男の料理を3つ、美味しくいただきました!

簡単にできますので、長ネギの収穫の最盛期にあたるこの時期に、ぜひ作ってみて下さい!

20171201_14_45_56

         

2017年12月 2日 (土)

森の中の精なるしいたけ 

今回は、愛川町の森の中で育った名産品、木精しいたけに注目しました!

愛川町三増にあるハウスで木精しいたけを栽培されています、三浦 進さんにお話を伺いました。

20171124_12_41_09三浦さんは、大学を卒業された後に研究のお仕事をされていたそうで、
その頃にキノコの魅力に触れたことがきっかけで、農業をスタート。

木精しいたけの栽培に励み、今年で6年目。

あくまで自然の中で栽培する事にこだわった結果、
今では愛川町の名産品として、「愛川ブランド」にも認定されています!

20171124_12_31_18最高の環境で育てられた、「木精しいたけ」。

そんなハウスの中に足を踏み入れると、湿度が高かったです。

収穫体験もさせていただきました。

20171124_12_33_02
そして、その「木精しいたけ」を塩焼きにしていただいちゃいました!

焼き方のコツは、
フライパンに油、カサを下に、弱火でじっくりと、ヒダがキツネ色になるまで焼きます。
ヒダが焦げると香ばしくなるますが、カサが焦げると苦くなるのご注意ください!

20171124_12_47_16
木精(こだま)しいたけは、カサの部分だけでなく、
太い軸の部分も美味しく頂けますよ。

おすすめは、軸の部分を4分の1カット位に細く切ってから、
油でカリカリになる位まで焼くこと。

それにお塩をかけて食べると、またカサとは違った食感と美味しさが味わえます!

20171124_12_54_51

愛川町の名産品、木精しいたけ。
愛川町では、農産物直売所の「ふれあい旬鮮市 中津店」や、
愛川町三増にありますうみたて卵の「卵菓屋(らんかや)」、
あとは週末限定で愛川町役場のそばにあります「関根商店」などにも出荷されているそうです。

加工品として、「干ししいたけ」もあるそうですので、
気になる方はそちらも合わせてチェックしてみて下さい!



続いては、干ししいたけも大活躍するレシピを伺いに、愛川町中津へ向かいました。

美味しい加工品が毎日たくさん並んでいると評判の、グリーンセンターあいかわへ!

これからのシーズン、人が集まる機会が多くなります。
そこで、そんな時にも大活躍してくれるお料理、彩り鮮やかな「ちらし寿司」を作りました。

グリーンセンターあいかわで、評判の加工品を毎日作っていらっしゃいます、
JA県央愛川 加工所職員の古座野 恵美子さんと、小俣 明美さんにレシピを教わりました。

20171124_14_45_09
お2人にさんに教わったちらし寿司は、とても美味しく仕上がりました!

20171124_14_35_49

20171124_14_19_38

20171124_14_42_26

20171124_14_45_40
愛川町中津にありますグリーンセンターあいかわには、
今回の様な手作りの逸品が沢山並んでいます!

是非、お近くにお立ち寄りの際は
足を運んでみてください!

「グリーンセンターあいかわ」