fyb_switch_to_sp_js

« ハマッ子もハマる浜ぶどう♪ | メイン | はやく食べてクリ♪   »

2017年9月 2日 (土)

いまが食べごろ「あしがらいちじく」

今回は、かながわブランドにも認定されています「あしがらいちじく」に注目しました!

まずは、南足柄市怒田にあります、JAかながわ西湘 福沢総合選果場で
スタッフの齋藤さんに、「あしがらいちじく」の特徴などについて伺いました。

20170825_9_20_56
「あしがらいちじく」は、主に南足柄市と大井町の辺りで生産されている、
いちじくのブランド商品です。

いちじくにもいくつか品種はあるのですが、
あしがらいちじくは「桝井ドーフィン」という品種にあたるそうです。

昔、庭先や河川敷にあったもののほとんどは「日本(にほん)いちじく」という品種で、
それと比べるとサイズは大きめで、色は赤みが増しています。

20170825_8_54_59

20170825_9_00_59

ちなみに「あしがらいちじく」は、
環境に優しい栽培方法で育てられているのも特徴のひとつです。

スーパーなどで「あしがらいちじく」を買われたお客さんからは「甘くて美味しかった」とよく手紙が届くそうですよ!

そんなエピソードからも評判の高さが伺えます。

続いては、実際にどの様に育てられているのか見に行きました。

大井町西大井にあります、いちじく畑にお邪魔しました。          
いちじくを生産されています、高橋則宏さんにお話を伺いました。

20170825_10_02_49

もぎ頃で畑には甘い香りが!
いちじくの樹の高さ1m80cm強くらいで、上を切って止めてありました。

20170825_9_47_31     
いちじくを収穫!採れたてのいちじくをそのままいただいちゃいました!

20170825_9_15_08

高橋さんも育てていらっしゃる「あしがらいちじく」は、福沢総合選果場での検査などを経て、
スーパーなどに並びます。

まさかりといちじくを持っている金太郎の絵に、ひらがなで「あしがらいちじく」と
書かれた札が目印です。
見つけた際はぜひ、そのお味を確かめてみてください!

20170825_9_01_15
生で頂いた後は、加工品もチェックしましたよ!

小田原市下堀(シモボリ)。国道255線「成田南交差点」を国府津方面へ1キロ程
小田原厚木道路「小田原東IC」からも近い場所にあります。

あしがらいちじくを使ったスイーツを提供されているという小田原のケーキ屋さん、
「SweetBerry」にお邪魔しました!

20170825_10_24_16
オーナーシェフの江原稔夫さんにお話を伺いました。

20170825_10_53_03
広い店内のあちらこちらに並んでいる、様々なスイーツ。

20170825_10_27_59
ついつい目移りしちゃって、それだけでも時間が過ぎていきそうな位でしたが、
今回は、この時期ならではの、あしがらいちじくを使ったスイーツに注目しました!

あしがらいちじくを使った「いちじくのコンポート」!
いただいちゃいました!

20170825_10_29_13

20170825_10_41_51

今回おじゃましました「下堀店」と、久野にあります本店。

下堀店の営業時間は9:00から19:00、定休日は毎月第2・第3水曜日です。

本店の久野店の営業時間は9:00から19:30、定休日は毎月第2・第3火曜日です。

詳しい情報は「SweetBerry」のHPをチェックしてください!

「SweetBerry」

コメント

コメントを投稿