fyb_switch_to_sp_js

« 藤沢の梨 ひまわりを添えて  | メイン | ハマッ子もハマる浜ぶどう♪ »

2017年8月19日 (土)

真夏の果実は津久井にあった!  

今回は…津久井から!
「真夏の果実は津久井にあった!?」、そんなテーマでお送りしました!

津久井にあるという、真夏の果実は、なんとパッションフルーツでした!
津久井湖から車で10分ほど、山のふもとにある住宅地にある
相模原市緑区根小屋でパッションフルーツを生産されていらっしゃいます
小室 諄さんにお話を伺いました。

20170807_10_23_31

なぜ、津久井でパッションフルーツを栽培し始めたのか伺ってみたところ、
きっかけは夏場のグリーンカーテン用にパッションフルーツの苗を購入したことからなんだそうです。
実際に育ててみるとしっかりと実を付けたことから、積極的に取り入れるようになったのだとか。

20170807_10_33_40

20170807_10_19_07

20170807_10_16_37
寒すぎず暑すぎず、温暖な環境を保つのが難しいとは言われるものの、
南国ではなくとも育つものなんですね…!

完熟するとワインレッドの様な色をしている、パッションフルーツの果実。
テニスボールよりも一回り小さいサイズで、表面が硬いのが特徴ですが、
初めての収穫体験をさせていただきました。

20170807_10_40_26
赤みがかった濃いやつが黒みがかってくると実がいってる証拠。
も、ある程度熟すると勝手に落ちる。それをさらに追熟させて食べるそうです。

熟するとシワが入ると食べごろなんだとか!

20170807_10_45_14
その更に!熟したパッションフルーツをいただきました!

20170807_10_52_38
他にもヨーグルトにのせたり、色んな楽しみ方があるパッションフルーツ。

小室さんのシールが貼ってあるものが、あぐりんずつくいと串川の朝市に出荷しているとの事!
お店に並んでいるのも珍しいですが、見つけたら手に取って、食べてみてくださいね!

20170807_10_56_56
小室さんとお別れした後は、南国気分そのままに、次のスポットへ向かいました。

津久井で真夏の果実を頂きましたが、もっと夏を感じたい!ということで、
中央高速道路「相模湖IC」から車で10分ほど、神奈川県立藤野芸術の家の近くにある
相模原市緑区牧野にある「ぶるべの樹」にお邪魔しました。
佐藤雅治さんにお話を伺いました。

20170807_14_10_25
今年の新商品、「ブルーベリー果汁アイスキャンディー」を頂きました!

20170807_14_16_50

ぶるべの樹では今月いっぱいまで、ブルーベリーの摘み取り体験ができます。
沢山摘み取った後に、ひんやりとしたアイスキャンディーを頂くのも最高ですよね!

20170807_13_59_35

20170807_14_00_39
ぶるべの樹へのアクセス方法や摘み取り体験の情報など、
詳しくは、ホームページをチェックしてみて下さい。

「ぶるべの樹」

さて続いては、
ぶるべの樹のアイスキャンディーや小室さんのパッションフルーツも出荷されているという、
大型農産物直売所、「あぐりんずつくい」に向かいました!

圏央道「相模原IC」から車で10分程、相模原市緑区中野にある
大型農産物直売所、「あぐりんず つくい」のスタッフ、斎藤早苗さんにお話を伺いました!

20170807_11_46_21
今年から販売がスタートしたという加工品、
「完熟 ブルーベリージェラート ミルク味」を頂きました!

20170807_11_35_23

みょうが、トマト、ピーマン、キュウリとナスなど夏野菜が並んでいたり
小室さんのパッションフルーツ、佐藤さんのアイスキャンディーも置いてありました。

20170807_11_37_56

20170807_11_38_15
津久井の生産者が作ったブルーベリーを使ったジェラート。
ミルク味、ヨーグルト味。どちらも250円。余興で、お茶のジェラートも二種類あるとの事。

「あぐりんず つくい」の営業時間は
3月~10月は9:30~18:00
11月~2月は9:30~17:00 です。

定休日は、毎週水曜日 12月31日~1月3日です。

その他にも、津久井の夏のオススメが沢山揃っている大型農産物直売所、「あぐりんず つくい」。
津久井周辺の観光がてら、ぜひ立ち寄ってみて下さいね!

「あぐりんず つくい」     




コメント

コメントを投稿