fyb_switch_to_sp_js

« キングオブ山菜! | メイン | 足柄チャ・チャ・チャ♪ »

2017年5月 6日 (土)

愛を伝える横浜カーネーション



今回は、愛を伝えるのにピッタリなお花、カーネーションに注目しました!

横浜市泉区和泉が丘でカーネーションを育てていらっしゃいます
安西俊之さんにお話を伺いました!

20170428_14_21_48_3

安西さんがこちらでカーネーションを育てられてから、およそ10年。

それまでは花の苗や種を販売する種苗メーカーに勤められていて
そこからUターンする形で現在は花を栽培されているそうです。

20170428_14_14_04

200坪ほどの面積で、およそ1万株のカーネーションを栽培されている安西さん。
ハウスの中には、胸ほどの高さまでまっすぐに育った
様々な形や色のカーネーションがありました!

20170428_13_54_31

主な種類として挙げられていたのは…

20170428_13_57_15_2
花が真っ赤な「ピアフ」。花弁が丸く、花の先のフリルが無いのが特徴。

20170428_14_02_47
花の先がとがっている「剣弁」という種類の
「スターダブルフェスティバルテッシノ」
花が幾重にも重なっていて、赤と白、二つの色のコントラストが綺麗でした。

20170428_14_02_35
ピンクと白の二色のカーネーションは、「コンチェルト」。
昔からある種類だそうですが、どんなものにでも合う色合いが人気だそうです。

20170428_14_03_06_2
そのほか、「アメリ」という品種の淡い黄色のカーネーションも気になりました。

送る人の好みに合わせてセレクトできるのも、カーネーションの魅力のひとつかもしれませんね。


選ぶポイントは
ぜひ新鮮な国産を、そして、つぼみがあるものを!
より長く、変化を感じることができるそうです。

20170428_13_56_14

泉区にあるJA横浜「ハマッ子」直売所みなみ店か
または旭区にある南万騎が原店で

奥様の安西美代さんのお名前が貼られているそうなので
是非、安西美代さんのお名前が貼られているカーネーションを探してみてくださいね!


続いては、相鉄いずみ野線「弥生台駅」のすぐお隣にあるフレンチレストラン
「ペタル ドゥ サクラ」にお邪魔しました!

オーナーシェフの難波 秀行さんにお話をお伺いしました。

20170428_16_08_58


2014年12月にオープンされたお店で
「今、畑にある野菜を料理に」がお店のスタイルだという難波さん。
収穫したての食材の美味しさを追求した結果、オーナー自ら農家さんの畑へ向かって
旬の食材を仕入れ、すぐに調理をするというやり方になったそうです。

実際にそれを実行するのは大変なことなんですが
お客さんの喜ぶ顔を見ると、辞められなくなるとの事。

20170428_15_45_40

そんな難波 秀行さんに
母の日をテーマにリクエストした一品、「お花畑」を頂きました!

20170428_16_04_12

20170428_16_07_34
なでしこというカーネーションのお花、ハナダイコン、金魚草、ミステリーローズ
での一品。

フレンチレストランというと、格式が高いイメージがあると思いますが
こちらのお店は気軽に足を運べる雰囲気もまた人気のひとつ!

まずは電話で予約をして、大切な人と最高のひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか!


「ペタル ドゥ サクラ」

相鉄いずみ野線「弥生台駅」より徒歩1分
ランチは11:30~15:00[14:00L.O]、ディナーは17:30から22:00[21:00L.O]

定休日は月曜日です。

20170428_15_54_59

20170428_15_45_25


「ペタル ドゥ サクラ」
petaledesakura.com/

 

コメント

コメントを投稿