fyb_switch_to_sp_js

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

エリーのかりんとう完成!

ベジフルDJ 木村英里 考案のJA Fresh Marketオリジナルスイーツが完成しました!
まずは、どんなスイーツなのかご紹介するべく、今回このお菓子づくりにご協力頂いた、
藤沢市宮原にある和菓子屋さん、ゑびすや本店におじゃましました!

JR「寒川駅」近くを通る、県道45号 「丸子中山茅ヶ崎線」を車で北上して15分ほど。
宮原南交差点を過ぎたところの左手にあります。
「はまぐり最中 ゑびすや本店」と書かれた看板が目印です。

20170217_10_24_29

ゑびすや本店の、森 弘善さんにお話を伺いました。

20170217_9_58_44

20170217_10_11_50

1895年創業のこちらのお店、森さんで4代目。122年続く老舗です。
「はまぐり最中」、「栗どら焼き」、「どら焼き」などがおすすめです。

20170217_10_06_08

20170217_10_09_38

オリジナルスイーツは、さつまいもを使ったかりんとう!
地元の粉、地元のさつまいもを入れて頂きました。
名前は、「おいもdeかりんと」です!

20170217_10_07_55

2種類のかりんとうを用意していただきました。
油で揚げる前のかりんとう、そして、完成したかりんとうです。

20170217_10_19_21

オリジナルスイーツ、「おいも de かりんと」。
本日から3月12日・日曜日までのおよそ二週間限定の販売となります!
一袋税込180円。

「ゑびすや本店」さんの他、大型農産物直売所「わいわい市」の寒川店と藤沢店、
「JAさがみ グリーンセンター綾瀬」、ファーマーズマーケット「ごしょみーな」で販売されます。
数に限りがありますのでご注意を!

一般的なかりんとうとは違うこだわりの製法で作っている為、
ご購入された際にはお早目にお召し上がりくださいね!

20170217_10_32_47

20170217_10_00_45_2

「ゑびすや本店」の営業時間は、
午前9:30~午後7:00。
毎週水曜日定休です。



続いて、オリジナルスイーツ、「おいも de かりんと」を販売するお店のひとつ、
藤沢市宮原にあるファーマーズマーケット「ごしょみ~な」におじゃましました!
JAさがみ緑化流通センター売店内にあります。

20170217_9_12_23

20170217_9_46_42

ごしょみ~な組合長の、高橋芳晴さんにお話を伺いました。

20170217_9_12_42

町の声を反映して、市の協力のもとできた「ごしょみ〜な」。
お店は組合で運営されていて、今年5月で8年を迎えるそうです。
農産資材のエリアは農協が運営されているそうです。

ミ~ナちゃん、ゴーショのキャラクターグッズもあり、
コシの強い、地粉が特におすすめだそうですよ!

20170217_9_28_15

20170217_9_44_37

大豆の生産者、大貫勉さんにもお話を伺いつつ、
月に一回、第三金曜日に販売される、「どんぶり豆腐」をいただきました!
ごしょみーなと農協御所見支店のふれあいまつりで販売されていますよ。

20170217_9_32_41

「ごしょみ〜な」の営業時間は、毎週、月火金土の9:00-15:00。

オススメの地粉をはじめとした加工品や新鮮なお野菜など、
御所見の地域の魅力がたっぷり詰まった店内となっています!
本日からはこちらにも数量限定でJA Fresh Marketオリジナルスイーツ「おいも de かりんと」が並びますよ!
合わせてチェックしてみてくださいね!

 

2017年2月18日 (土)

味にこだわり 原木シイタケ

今回は、品質にこだわった贅沢なしいたけ、「原木しいたけ」に注目しました!
おじゃましたのは、松田町 寄にあるしいたけ園です。

20170210_10_25_02

こちらで「原木シイタケ」を栽培されている、椎茸屋の佐藤啓太さんにお話を伺いました。

20170210_9_57_06

シイタケの旬は2回。春と秋なんだそうです。
「原木シイタケ」とは、木から生えたシイタケ。
「菌床栽培」とは、おがくずをブロック状に固めたものから生やす方法なんだそうです。

20170210_9_57_20

ちなみに、シイタケにも品種が沢山あるそうで、夏と冬で、使う品種が大きく分けられるそうです。また、他の作物と違って数字で品種が表され、見せて頂いた原木シイタケは、
Aの526(ゴーニーロク)という品種名なのだとか。

20170210_10_12_49

20170210_10_06_17

526という品種はリンピ(傘のふちにある白い毛)がすごくキレイに出るんだそうです。
軸から傘が少し離れた位から、開ききったまでのものを収穫します。
開きかかったものは流通向き。開ききったものは直売向きだそうです。

20170210_10_19_55

特別に収穫体験をさせていただきました!

20170210_10_34_23
20170210_10_45_29

そして!とっても贅沢に網焼きして頂きました!
網焼きにした原木シイタケに、少しお塩を振っただけ。
素材の魅力をそのまま活かした、最高のお味でした!

20170210_10_12_49_2

いしづきだけ捨てて、傘と軸は切り離して調理するといいそうですよ!
傘の部分にチーズをのせたりなど、アレンジしてもおいしいおつまみになりますよ!

20170210_10_21_35

佐藤さんのシイタケは、新松田の駅前の小さい直売所「物産店」で、佐藤勘平さんのお名前で売られていますよ!
現在、松田町の桜まつりも行われています!




続いて、春を先どりできるイベントが松田町で開催されているという事で、西平畑公園に行ってきました!

20170210_11_50_03

20170210_12_05_00

松田町観光経済課の石川英麻さんにお話を伺いました!

20170210_11_40_15

現在行われている「まつだ桜まつり」。
早咲きの河津桜が360本ほどあり、それを楽しんで頂くお祭りです。
今年は例年よりも、2週間位早く咲き始めたことで、菜の花と一緒に楽しめますよ!

20170210_11_51_58_2

20170210_11_53_16

色々な屋台が出展されていて、県西地域最大の吊るし雛もありました!
飲食ブースでは、この時期限定のさくらのソフトクリーム、さくらますの塩焼きなども楽しめます。
天気が良ければ、富士山や初島なども見られるそうですよ!

20170210_12_06_12

開催期間は、2月11日(土)〜3月12日(日)まで。
午前9時~午後5時です。
桜のライトアップは午後5時から午後9時まで。

アクセス方法は、小田急線新松田駅から徒歩25分、JR御殿場線(松田駅)北口から徒歩20分。
JR御殿場線 松田駅からは会場までのシャトルバスも出ているので、こちらを利用すると便利ですよ。

「まつだ桜まつり」
http://letsgo-matsuda.com/?page_id=1148

2017年2月11日 (土)

いちごがデッカクなっちゃった!

大きなイチゴを育てている農家さんがいるという噂をきいて、
 川崎市幸区南加瀬にあるイチゴハウスに行ってきました!

Photo

こちらで農業をされている、新堀 智史さんにお話を伺いました。

20170203_13_33_10

現在25歳の新堀さんは、農業はじめて5年目。
季節の旬の野菜を育てていて、トマトとイチゴを軸に、年間40品目ほど生産されているそうです!

なぜ、大きなイチゴにこだわっているのかというと、神奈川県の試験補助を受けているからなのだとか。
県が色んなイチゴの販売方法を試して今後の参考にしたいということで、
大きくて美味しいイチゴを生産・販売する係として、日々、新堀さんが努力をされているそうです。

20170203_13_34_50


特別に、イチゴを収穫させていただきました!

Photo_2

こ〜んなに大きいイチゴでした!

20170203_13_36_23

20170203_13_49_48


新堀さんのイチゴは、直売所で週二回、販売。
または近くのスーパーでされています。

もちろん直売所ではお野菜も販売しています。
火曜日と土曜日の午後2時からです!

新堀さんの直売所、「しんぼりファーム」
http://ameblo.jp/shimbori-farm/

20170203_13_59_36

20170203_14_02_22

販売はされていませんが、特製のイチゴミルクも頂きました!




続いて、新堀さんが育てられたイチゴを使った、オリジナルのお菓子を作っていらっしゃるというお店、
川崎市幸区南幸町にある、新岩城菓子舗におじゃましました!

20170203_15_29_09

20170203_15_08_33

徳植健太さんと、お母様の由美子さんにお話を伺いました。

20170203_15_25_44

昭和6年創業した老舗で、去年12月で85周年。
健太さんで4代目なんだそうですよ!
一番人気は、毎朝焼いている「朝焼きどら焼」で、
今のブームはスイートポテトの中にクリームチーズが入っている「川崎ポテト」だそうです!

20170203_14_36_39

20170203_14_36_15

「ジャンボいちご大福」もあるんです!
びっくりするほどの大きさでした!

20170203_14_47_26_2

「生クリームどら焼」をいただきました!
イチゴの香りと甘さが感じられて、とっても美味しかったですよ!


夏頃にはミニトマトを使ったさわやかな「トマト大福」も登場するらしいですよ!
ヘタが上についている可愛い大福なんだそうです。


営業時間は、朝8:00~夜8:00。
月二回、不定休。

「新岩城菓子舗」
http://shiniwaki.com

2017年2月 4日 (土)

地域とふれあう ~秦野~

今回は、地域に根差した農協の活動に注目しました!
秦野市今泉にある、秦野市農協 南支所におじゃましました。

20170127_13_20_38

南支所 所長の、澤岻直樹さんにお話を伺いました。

20170127_13_08_04

JAはだのでは各支所単位で協同組合活動を活発、地域を活性化しようとされています。
2016年4月に支所を中心に各地区に運営委員会を設立。
地元を愛する様々な業種の方々で構成させているそうです。

南地区の秋祭りに参加したり、生産者による秦野産野菜の宝船の作成、対面販売、フラワーアレンジメント教室、などなど。
活動は多岐にわたっています。

20170127_13_07_33

20170127_13_21_34

この先、支所運営委員会の取り組みを通じて、人と人とのつながりを大切に。
メンバー自身も楽しめる企画をして、地域の方に喜んでもらえるようにしていきたいとのことでした。


続いて、南支所運営委員会 青年部 副委員長の原 聡さんが管理する、中井町にある畑に行ってきました!

20170127_13_46_36

20170127_14_12_53

原 聡さんにお話を伺いました。

20170127_13_46_45

今は長ネギとキャベツを栽培されています。
一番大切なことは、苗作りなんだそうです!

20170127_14_14_05

20170127_14_42_06

トラクターを使って畑仕事をする姿がかっこいい原さん。
普段は、家族や親せき、パートさんなどを含め、9人ほどで作業をされています。
他のシーズンにはトマトやきゅうりなど、合計10品目、栽培されているそうですが、
将来的には品目を少なくして、限られた野菜を極めたいとおっしゃっていました。

20170127_14_09_55

20170127_14_28_38

長ネギの収穫体験をさせていただきました!

20170127_14_29_49

20170127_14_13_24

20170127_14_11_54

キレイなネギが収穫できました!

20170127_14_19_08

「ネギの素焼き」をいただきました!
香ばしくて、甘さもあって、とっても美味しかったです!
一本まるまる焼いてから切ることで、香りも一層高まるそうですよ!

20170127_14_18_43

「ネギの根っこの素揚げ」もいただきました!
1分ほど油で揚げたもので、シャキシャキで美味しかったです!

20170127_14_11_37


原さんのネギは、秦野のじばさんずや秦野市農協の特産センター他、市内スーパーに出荷させています。
原さんの名前でシールが貼られているので、ぜひチェックしてみてください!

20170127_14_38_06