fyb_switch_to_sp_js

« ツール・ド・清川 | メイン | いせはらアスパラダイス♪ »

2016年4月23日 (土)

シャッキシャキ『さがみのレタス』

今回、まずは海老名市からシャッキシャキのさがみのレタスに注目しました!

20160415_10_41_20

シャキシャキな「レタス」を求めて、海老名市でレタスを栽培されている、
川口さんのレタス畑におじゃましました!
こちらでレタスを栽培されている、川口勝治さんにお話を伺いました。

20160415_10_11_34

20160415_10_28_51
川口さんは年間でキャベツを4ヘクタール程栽培しているそうです。
海老名市園芸協会レタス部会の部会長であり、
出荷をメインに、栽培研究なども行っています。

20160415_10_57_24

「さがみのレタス」は、かながわブランドに認定されています。

20160415_10_26_34

20160415_10_39_50

収穫体験をさせて頂きました!

シャキシャキで瑞瑞しく、
噛めば噛むほど水分が出てきてとっても美味しかったです!

20160415_10_40_10_2
有機物をふんだんに使っているという川口さんのレタスは、
通常のレタスと比べて外葉の部分がふわっと広がっています。
そのため苦みが少なく、そして日持ちが良くなるのだそうです。

20160415_10_24_55

レタスが新鮮だと焼き肉に巻いたり、
しゃぶしゃぶなどに使っても美味しいそうですよ!

20160415_11_20_36

川口さんが育てたさがみのレタスは、
JAさがみ管内にある農産物直売所「グリーンセンター」や、
「わいわい市」などに6月上旬ごろまで出荷されています。
ぜひ、川口さんの名前がシールに記載されてあるレタスを探してみてくださいね!

続いてはシャキシャキのレタスとも相性バツグンな食材、「卵」に注目しました!
おじゃましたのは、海老名市中野にある養鶏場「清水鶏園」です!

20160415_13_01_04

20160415_13_08_18

「清水鶏園」の代表取締役、清水幸一(しみず こういち)さんにお話を伺いました。

20160415_13_12_49

こちらでは鶏が全体で12000羽、育成鶏が2000羽いるそうです。
昭和34年頃から家族で営んでいる鶏園なんです。

20160415_13_05_33

エサをを吟味し、新鮮な水を与えているため、
鶏は健康で、卵は甘くておいしいそうですよ!

20160415_13_35_31_2

そんな卵を使って、マヨネーズ作りにチャレンジしました!
卵黄、マスタード、レモン汁、そして塩を混ぜたものに、
少しずつサラダ油を加えながら泡だて器で地道にかき混ぜていく作業です。

20160415_13_26_07

20160415_13_26_15

頂いたレタスとゆで卵、そして手作りマヨネーズでサラダを作りました!

20160415_13_44_20

20160415_13_47_08_3

海老名で育ったレタスと卵。
まさに相性ピッタリでした。

20160415_11_28_03

20160415_11_29_33

「清水鶏園」の卵も、川口さんのレタスと同じく
JAさがみ管内にある農産物直売所「グリーンセンター」や、
「わいわい市」などに出荷されていますので、合わせてその味を堪能して下さいね!

20160415_14_06_15

手づくりマヨネーズのレシピです。
みなさんも、マヨネーズ作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Photo_6

コメント

甘い卵ぜひたべてみたい

さがみのレタスの
シャキシャキ感いいですね

コメントを投稿