fyb_switch_to_sp_js

« フレッシュな香り♪湘南ゴールド | メイン | ツール・ド・清川 »

2016年4月 9日 (土)

トマトdeピューレ

今回は平塚市で真っ赤に実ったトマトに注目しました!

20160401_13_30_35

まずは、平塚市徳延にあるトマトのハウスの中におじゃましました。
こちらでトマトを生産されている、臼井秀企さんにお話を伺いました。

20160401_13_00_55

510坪の敷地の中で、2700本弱のトマトを栽培。
温度の均一化のため、40×40の四角ハウスを使用しています。

20160401_13_17_19

さっそく収穫にチャレンジ!
ヘタが丸まってて、いきいきしているものがオススメ。

20160401_13_37_57

20160401_13_18_02

ウーロン茶を噴きかけてピカピカ、キレイに。
カテキン効果で殺菌もできちゃいます。

20160401_13_00_29

臼井さんが育てたハウストマトは、
今月下旬頃から5月上旬頃にかけて収穫のピークを迎えて、
6月下旬頃まで出荷されるそうです。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」。
そんなことわざがあるように、トマトは栄養豊富な食材です。
新生活を迎えて食事のスタイルも変わりがちなこの時期にこそ、沢山頂きたいですよね。

続いて伺ったのは、
話題のトマトの加工品を作っているという噂の、
平塚市上吉沢(かみきさわ)にある「しんわルネッサンス」。

20160401_14_06_25

20160401_15_44_22

20160401_15_04_42

「しんわルネッサンス」の所長、瀬戸利彦さんにお話を伺いました。
農産物加工工場「湘南工房」でオリジナルブランドの開発なども手がけています。

20160401_14_25_39_2

湘南工房の「トマトジュース」。
原材料はトマトのみ。
トマトを一週間から10日熟成させ、旨味成分が出てきてトロトロになっています。

20160401_14_25_29

湘南工房の「トマトピューレ」
トマトジュースをさらに煮詰めたもの。
甘くて、フルーティでとっても美味しかったです。
トマトが苦手な方もお料理に使ったら、楽しいと思いますよ。
でも購入された方はまずはぜひ、一度そのまま一口味見してみてください。

20160401_15_30_17

20160401_14_08_35

こちらのトマトジュース、トマトピューレは、
JA湘南「あさつゆ広場」、ともしびショップ湘南平、
徳延のパン屋さん「プチ・ブーケ」、平塚市役所1階の福祉ショップなどで、
ご購入できますよ。

また、ネットショップ「楽天市場」でも販売されています。
ぜひご利用下さい!
http://www.rakuten.co.jp/syounankoubou/

コメント

新鮮なトマトからできてるトマトジュースと、トマトピューレ(^。^)栄養たっぷりで是非試してみたいです(=^ェ^=)
平塚まで、ちょっと遠いので楽天市場で購入したいと思います

コメントを投稿