fyb_switch_to_sp_js

« 地産地消の健康食! | メイン | 「EAT LOCALLY」 ~横須賀~ »

2016年3月19日 (土)

きのこのこのこ小野木のこ

今回は、原木椎茸の菌の植え付け体験にチャレンジ!

Img_0465

お話を伺ったのは、相模原市緑区牧野の山の中で
原木椎茸を栽培されている黒木 工さん。

20160311_10_21_13

椎茸の栽培方法は、大きく分けて2つ。

「菌床栽培」
広葉樹のおがくずなどで出来たブロックに菌を植え付ける方法で、生産効率の良さが評判。


「原木栽培」
広葉樹の木に直接穴をあけ菌を植え付ける方法。
菌床栽培に比べると生産効率は落ちてしまうが、
原木から自然の栄養を吸収できるため、
しいたけ本来が持つ香りや歯ごたえが味わえると言われている。

20160311_10_29_47

20160311_10_35_26

20160311_11_19_13

20160311_11_29_39

20160311_11_31_49

原木椎茸の菌の植え付け作業を体験できるイベントが、
今日と明日、3月19日(土)・20日(日)の二日間、
相模原市緑区中野にある大型農産物直売所「あぐりんず つくい」で開催!
午前10時30分からスタート。数に限りがありますのでお早めに足を運んでください。
参加料金は700円。あぐりんず つくいのカードをお持ちの方は200円引きになります。
菌を植え付けした原木はお持ち帰りできますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

20160311_14_32_27

あぐりんず つくい

また、黒木さんのシイタケは「ふじのしいたけ」というネーミングで直売をされています。
全国発送もされていますよ。
(電話番号:042-689-2359)

20160311_11_49_09

Img_0467


続いては、相模原市緑区小倉にある畑で柑橘系の果物を生産されていらっしゃる、
金子弘二さんの畑へ!

20160311_14_03_04

一年を通して、いろんな品種の農作物を栽培している金子さん。
比較的気温が上がらない地域である津久井ですが、
柑橘類を栽培する農家さんも多くいるそうです。
そんな中、金子さんは特に柑橘類の栽培を多く手掛けていらっしゃいます。

20160311_13_51_02

今まさに収穫の時期を迎えているのが、夏みかん。
こちらの収穫体験をさせて頂きました!

20160311_13_54_05

金子さんの夏みかんは、あぐりんず つくいに出荷されています。
もうすぐ出荷が終了するそうなので、お早めに!

コメント

花粉症にも関わらず、お仕事お疲れ様です。鼻声も味があっていい感じでしたよ。
なんやら、今日の放送はいままでで一番よかったです。夏みかんのところですかね。農家の方からの突っ込みのあと、とても楽しそうで聞いてる私もなんか嬉しくなっちゃいました(笑)
こんな楽しい小野木さんが卒業なんて悲しいですー。来週も楽しみにしてます。

コメントを投稿