fyb_switch_to_sp_js

« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月26日 (土)

「EAT LOCALLY」 ~横須賀~

今回最初に向かったのは、横須賀市阿部倉にある竹林。

20160318_11_06_03

こちらでタケノコ掘りにチャレンジ!
鈴木謙一さん、娘さんのともこさん、お孫さんのかりんちゃんにお話を伺いました。

20160318_11_39_39

20160318_11_22_49

20160318_11_36_28

20160318_11_31_36

鈴木さんのご自宅でタケノコ料理をご用意して頂きました!

20160318_11_43_17

「タケノコの土佐煮」…縦に切ったタケノコを下茹でして、
         醤油・酒・砂糖を入れて、鰹節で煮たもの。

20160318_11_46_47

「タケノコのお味噌汁」…味噌汁の中に入れるだけ。アクをとって完成。

タケノコ本来のおいしさを味わうなら、
なるべく掘りたてのタケノコをすぐに調理するのがオススメ!

20160318_12_40_57

20160318_12_36_35

横須賀市長井にある大型農産物直売所「すかなごっそ」には、
鈴木さんの朝採れのタケノコが並びます。
そちらを使って美味しいタケノコ料理を作ってみてはいかがでしょうか!

続いては、神奈川の地場野菜が美味しく頂けるお店、
横須賀市佐島にあるレストラン、「Marine & Farm SAJIMA」へ!

20160318_14_01_38

20160318_14_25_51

※佐島マリーナの近く、天神島の手前にあります。

20160318_14_48_37

20160318_14_26_18

20160318_14_26_46

Marine & Farm SAJIMAマネージャーの加藤了三さんと、
シェフの天川雅孝さんにお話を伺いました。

20160318_15_13_18

こちらのレストランがコンセプトに掲げているのが、「EAT LOCALLY」。
三浦半島を中心に、地元でとれた旬の食材をふんだんに使ったメニューを提供されています。

頂いたのは…

 「三浦野菜のローカルグリーンサラダ」

20160318_14_59_35

「地卵とイベリコ豚ベーコンのエッグベネディクト」

20160318_14_59_30

「地卵と関口牧場牛乳のプリン」

20160318_15_01_25


三浦半島周辺をドライブする際にはぜひ、
こちらのお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか!

MARINE & FARM SAJIMA

さて、今週で私 小野木梨衣のレポートはラストとなりました。

20160318_15_23_16

2014月8月からのベジフルDJ担当、
お聴き頂きありがとうございました!


2016年3月19日 (土)

きのこのこのこ小野木のこ

今回は、原木椎茸の菌の植え付け体験にチャレンジ!

Img_0465

お話を伺ったのは、相模原市緑区牧野の山の中で
原木椎茸を栽培されている黒木 工さん。

20160311_10_21_13

椎茸の栽培方法は、大きく分けて2つ。

「菌床栽培」
広葉樹のおがくずなどで出来たブロックに菌を植え付ける方法で、生産効率の良さが評判。


「原木栽培」
広葉樹の木に直接穴をあけ菌を植え付ける方法。
菌床栽培に比べると生産効率は落ちてしまうが、
原木から自然の栄養を吸収できるため、
しいたけ本来が持つ香りや歯ごたえが味わえると言われている。

20160311_10_29_47

20160311_10_35_26

20160311_11_19_13

20160311_11_29_39

20160311_11_31_49

原木椎茸の菌の植え付け作業を体験できるイベントが、
今日と明日、3月19日(土)・20日(日)の二日間、
相模原市緑区中野にある大型農産物直売所「あぐりんず つくい」で開催!
午前10時30分からスタート。数に限りがありますのでお早めに足を運んでください。
参加料金は700円。あぐりんず つくいのカードをお持ちの方は200円引きになります。
菌を植え付けした原木はお持ち帰りできますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

20160311_14_32_27

あぐりんず つくい

また、黒木さんのシイタケは「ふじのしいたけ」というネーミングで直売をされています。
全国発送もされていますよ。
(電話番号:042-689-2359)

20160311_11_49_09

Img_0467


続いては、相模原市緑区小倉にある畑で柑橘系の果物を生産されていらっしゃる、
金子弘二さんの畑へ!

20160311_14_03_04

一年を通して、いろんな品種の農作物を栽培している金子さん。
比較的気温が上がらない地域である津久井ですが、
柑橘類を栽培する農家さんも多くいるそうです。
そんな中、金子さんは特に柑橘類の栽培を多く手掛けていらっしゃいます。

20160311_13_51_02

今まさに収穫の時期を迎えているのが、夏みかん。
こちらの収穫体験をさせて頂きました!

20160311_13_54_05

金子さんの夏みかんは、あぐりんず つくいに出荷されています。
もうすぐ出荷が終了するそうなので、お早めに!

2016年3月12日 (土)

地産地消の健康食!

20160304_16_02_17

今回は、伊勢原協同病院の地産地消の取り組みに注目!
お話を伺ったのは、栄養室長の石井洋子さんと、栄養室・主任の杵淵 香純さん。

20160304_15_57_44

小田急小田原線「伊勢原駅」から歩いて15分ほど、
伊勢原市役所のすぐそばにある伊勢原協同病院。

JAいせはら野菜部会の地場野菜出荷グループと契約して、
平成17年から入院患者さんの給食に地場野菜を積極的に使っています。

こちらで実際に出されている地産地消メニューの中から、
「焼き葱」と「ねぎのポタージュ風」、そして「キャベツしゅうまい」を頂きました!

【焼き葱】

20160304_15_16_42

20160304_14_56_03

【ねぎのポタージュ風】

20160304_15_21_50

20160304_14_55_49
【キャベツしゅうまい】

20160304_15_19_38

20160304_14_56_23

伊勢原協同病院では、広報誌「すこやか」に毎回、健康レシピを載せている他、
地場野菜料理教室なども行っています。

詳しくは伊勢原協同病院のHPをチェック!

伊勢原協同病院・栄養室


続いては、伊勢原協同病院にお野菜を出荷されている
伊勢原市小稲葉の農家さん、吉野誠さんにお話を伺いました!

20160304_14_01_48

吉野さんは、伊勢原協同病院に野菜を納品している
JAいせはら野菜部会「地場野菜出荷グループ」の代表を務めていらっしゃいます。

ちなみに、吉野さんと伊勢原協同病院の栄養室長、
石井さんは大学時代の同級生だったそう!

20160304_13_27_04

現在収穫の時期を迎えていて、実際に病院に出荷されている
一本ねぎの収穫体験をさせて頂きました!

20160304_13_57_39

20160304_13_23_51

体の中から調子を整えてくれる、病院給食。
せっかくなら、地元のお野菜を使った美味しいメニューを頂きたいですよね。
伊勢原協同病院の取り組みに、今後も注目していきましょう!

2016年3月 5日 (土)

川崎の新旧うまいもの巡り♪

今回のテーマは、「川崎の新旧うまいもの巡り♪」!

20160226_14_48_29

まずは、川崎で昔から育てられている野菜、のらぼう菜に注目!
川崎市多摩区菅野戸呂にある畑で、
のらぼう菜を育てられているという、高橋孝次さんにお話を伺いました。

20160226_14_09_45

20160226_14_00_31

のらぼう菜が日本に初めてやってきたのは、およそ800年前。
当時の中国の辺りをおさめていた、「唐」の国から種が送られたそうです。
当時から育てられている食材は沢山ありますが、のらぼう菜がすごいのは、
品種改良されることなく、当時から何も変わらずに
今も受け継がれている事なのだそうです。

20160226_14_18_49

20160226_14_42_55

奥様のひろこさんに作って頂いた、のらぼう菜のメニュー!

20160226_15_01_15

「のらぼう菜のおひたし」
4分程茹でて水に少しつける。その後水分を少し搾る。鰹節と薄い醤油で和える。

20160226_15_01_23

「のらぼう菜のベーコン炒め」
先に、細かくしたのらぼう菜をオリーブオイルで炒めて、
そのあと細かくしたベーコンを入れる。少し炒めて塩コショウをふる。

20160226_15_22_24

高橋さんののらぼう菜は、JR南武線「稲田堤駅」から歩いて10分ほどのところ、
セブンイレブン川崎菅野戸呂店むかいの高橋さんのご自宅で直売をされているほか、
大型農産物直売所「セレサモス 麻生店」にも出荷されています。

20160226_10_21_31


「川崎の新旧うまいもの巡り」。
続いては、川崎にできた新しい観光農園へ。

20160226_11_01_47

川崎市麻生区黒川にある、「元木いちご農園」!

※小田急線『黒川駅』から歩いて7分ほど。
   大型農産物直売所「セレサモス 麻生店」のすぐ近く

こちらでイチゴを栽培されている元木要介さんと、
奥様の成美さんにお話を伺いました。

20160226_11_31_52

20160226_11_17_50

2013年にハウスイチゴを本格的に開始。
紅ほっぺ、章姫、桃薫、おいしいベリー、とちおとめ、の5品種を栽培されています。

20160226_11_14_48

そして今年に入ってからは観光農園をスタート!
成美さんがコンセプトを考案して、ポップなども手作りで製作されています。

20160226_11_02_49

20160226_11_02_58

20160226_11_54_59

都心からもとても近い場所にあるいちごの観光農園という事で、
電車を使って来られる方も多くいらっしゃるそうです。
もちろん、駐車場もありますので、車でもOK!

詳しくは、こちらをチェック!

元木いちご農園 HP

元木いちご農園 facebook