fyb_switch_to_sp_js

« いちご「おいCベリー」グッド♪ | メイン | カリフラワーと愉快な仲間たち »

2016年1月16日 (土)

鍋?漬物?白菜いろいろ

今回は、鍋に、漬け物に、色んな料理に使える冬の食材、白菜に注目!
まずは、JA相模原市営農センター北側にある白菜畑にやってきました!

20160115_20_15_32_1
こちらを管理されている、佐藤 信清さん。

20160115_20_15_43

白菜の栽培面積は2反5畝で、
栽培品種は早生の「60日白菜」、「85日白菜(キクムスメ)」、
「90日白菜(黄ごころ)」、他に漬け物専用の「サントウサイ」。

今年は1シーズンで7500株ほど出荷される予定だそうです。

特別に収穫体験と白菜まるかじり食べ比べをさせて頂きました!

20160115_20_15_28

20160115_20_15_41_1

佐藤さんが育てた白菜は、JR横浜線「淵野辺駅」から車で10分ほど、
相模原市中央区青葉にある、農産物直売所「ベジたべーな」に出荷されています。
佐藤 信清さんのお名前が入った白菜を探してみて下さいね!
(その他、上溝小学校の学校給食にも出しているそうですよ)

続いては、相模原市南区相模大野
(小田急線「相模大野駅」から歩いて5分ほど、大野銀座商店街入ってすぐ左手)
にある、地元・相模原産の食材を沢山使っているイタリアンのお店、
「イタリア食堂 Fagotto(ファゴット)」にやってきました!

20160115_20_15_34

20160115_20_15_38
※お話を伺ったシェフの塚本 敏さん(写真左)と、敏さんのお父様(中央)

20160115_20_15_45

20160115_20_15_44_1

20160115_20_15_39

20160115_20_15_30

昨年12月5日に改装したばかりの、気軽に若い人が使えるバールスタイルのお店です。

塚本 敏さんは、カリスマシェフの山田宏巳さんの元で働いた経験などを活かし、
山田さんの流れを汲む形でオリジナルのイタリアン料理を提供されています。

20160115_20_15_29

20160115_20_15_32

20160115_20_15_42
相模原産のトマトとキンカンを使った「ブルスケッタケッカ」というカナッペと、
「昔の味たまご農場」の卵を使った
「相模原産こだわり卵のスパゲッティカルボナーラ」を頂きました!
どちらも絶品でした♪

お店の詳しい情報は、こちらでご確認を!

イタリア食堂「Fagotto」

コメント

白菜農家の佐藤さんが言っていた、白菜を出荷する作業は大変でも仕事、というコメントにウケました。楽しかったです。
相模大野は前住んでましたが、お洒落なお店ファゴットができてたんですねー。来週の放送も楽しみにしてます!

コメントを投稿