fyb_switch_to_sp_js

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月30日 (土)

番組オリジナル弁当誕生!

今回は、厚木市から!
私・小野木梨衣考案、番組オリジナル弁当の完成と発売のお知らせです!

まずは、お弁当のメインとなる食材選びから!

20160122_13_04_02

やはりここはインパクトのあるお肉を!という事で、厚木市上落合にある
養豚農家「臼井農産」の直売所「うすいファーム」で、
厚木産の豚肉の肩ロースをセレクトしました。

20160122_13_29_36

お話を伺ったのは、「うすいファーム」マネージャーの渡辺竜之介さん。

20160122_13_23_30

20160122_13_09_42

20160122_13_19_22

20160122_13_31_30

こちらのお肉は鮮度の良さが素晴らしく、
レジカウンター横に売られているコロッケなども最高!
鮮度の良さから「レバカツ」という人気商品も!
お近くに来られた際にはぜひ立ち寄ってみて下さいね!

養豚農家臼井農産の直売所「うすいファーム」

「うすいファーム」で仕入れた豚肉の肩ロースを手に、
次は厚木市温水にあるJAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」へ!

20160122_9_58_55_2

店長の室賦克彦さんに、お弁当の販売に向けての交渉をしました!

20160122_9_56_07

20160122_9_17_20

こちらでお弁当の食材集めをして…

20160122_11_58_54
JAあつぎの栄養士、青柳ゆかりさんに
お弁当作りのポイントを教えて頂きながら、調理開始!

20160122_11_02_24

20160122_11_15_03
完成しました~~!!

題して、「とろーりやわらか 厚木肉肉チャーシュー弁当」!

20160122_11_32_33
室賦店長、加工室のイトウさんから満足な感想を頂けたので、
発売が決定しました!

20160122_11_23_08
発売は本日(1月20日・土曜日)から2月7日・日曜日までの九日間です!
場所は厚木市温水にあるJAあつぎファーマーズマーケット「夢未市」。
朝9時30分開店です。
お値段は680円(税込み)。

POP.pdfをダウンロード

ぜひ、期間中に召し上がってみて下さい!

JAあつぎ ファーマーズマーケット「夢未市」

2016年1月23日 (土)

カリフラワーと愉快な仲間たち

今回は秦野市から、カリフラワーの魅力再発見レポート!
秦野市菩提にある古谷 昇さんの畑で、カリフラワーの収穫体験をさせて頂きました!

20160115_10_51_01

20160115_10_31_44

カリフラワーは、ブロッコリーと同じく、アブラナ科の一種。
ブロッコリーは緑黄色野菜で、カリフラワーは淡色野菜になります。

そんなカリフラワーを、秦野市菩提の畑で30年ちかく栽培をされているという、古谷さん。
2500平方メートルの広さのカリフラワー畑で、
多い日は一日で400~500個(主な品種は「ブライダル」、「美星」)、
1月いっぱい出荷されているそうです。

20160115_10_42_20

20160115_10_45_47

20160115_10_54_35

20160115_10_46_08

20160115_10_55_26

カリフラワーの仲間、「オレンジブーケ」も最近人気!

20160115_11_05_59

奥様にご用意して頂いた、カリフラワーのサラダ。
五分位茹でて、マヨネーズであえるだけだそう。


続いては、秦野市堀山下の農家さん、髙橋正宏さんの畑へ!

20160115_13_45_39

髙橋さんが育てているカリフラワーの仲間は、「ロマネスコ」!

20160115_13_17_17

フラクタル構造と呼ばれる幾何学的な形をしたロマネスコ。
こちらも立派な、カリフラワーの仲間!

20160115_13_18_07
髙橋さんは、およそ200平方メートルの規模で、
ロマネスコを500株ほど栽培されています。

20160115_14_05_51

20160115_13_56_35

塩茹でしたものを頂きました!

20160115_13_51_14

古谷昇さんのカリフラワー、髙橋正宏さんのロマネスコ、
どちらも、秦野市平沢にある農産物直売所、
「はだのじばさんず」に出荷されています。

はだのじばさんず

20160115_14_37_34

20160115_14_38_01

食卓をカラフルに彩るカリコリ・カリフラワー!
その見た目と美味しさを、料理に上手く活用していきましょう!

2016年1月16日 (土)

鍋?漬物?白菜いろいろ

今回は、鍋に、漬け物に、色んな料理に使える冬の食材、白菜に注目!
まずは、JA相模原市営農センター北側にある白菜畑にやってきました!

20160115_20_15_32_1
こちらを管理されている、佐藤 信清さん。

20160115_20_15_43

白菜の栽培面積は2反5畝で、
栽培品種は早生の「60日白菜」、「85日白菜(キクムスメ)」、
「90日白菜(黄ごころ)」、他に漬け物専用の「サントウサイ」。

今年は1シーズンで7500株ほど出荷される予定だそうです。

特別に収穫体験と白菜まるかじり食べ比べをさせて頂きました!

20160115_20_15_28

20160115_20_15_41_1

佐藤さんが育てた白菜は、JR横浜線「淵野辺駅」から車で10分ほど、
相模原市中央区青葉にある、農産物直売所「ベジたべーな」に出荷されています。
佐藤 信清さんのお名前が入った白菜を探してみて下さいね!
(その他、上溝小学校の学校給食にも出しているそうですよ)

続いては、相模原市南区相模大野
(小田急線「相模大野駅」から歩いて5分ほど、大野銀座商店街入ってすぐ左手)
にある、地元・相模原産の食材を沢山使っているイタリアンのお店、
「イタリア食堂 Fagotto(ファゴット)」にやってきました!

20160115_20_15_34

20160115_20_15_38
※お話を伺ったシェフの塚本 敏さん(写真左)と、敏さんのお父様(中央)

20160115_20_15_45

20160115_20_15_44_1

20160115_20_15_39

20160115_20_15_30

昨年12月5日に改装したばかりの、気軽に若い人が使えるバールスタイルのお店です。

塚本 敏さんは、カリスマシェフの山田宏巳さんの元で働いた経験などを活かし、
山田さんの流れを汲む形でオリジナルのイタリアン料理を提供されています。

20160115_20_15_29

20160115_20_15_32

20160115_20_15_42
相模原産のトマトとキンカンを使った「ブルスケッタケッカ」というカナッペと、
「昔の味たまご農場」の卵を使った
「相模原産こだわり卵のスパゲッティカルボナーラ」を頂きました!
どちらも絶品でした♪

お店の詳しい情報は、こちらでご確認を!

イタリア食堂「Fagotto」

2016年1月 9日 (土)

いちご「おいCベリー」グッド♪

今回は、おいしいと評判のいちごの品種、その名も「おいCベリー」の話題!

20160109_1_47_17_3

座間市栗原中央にあるStrawberry farm OYAで、
こちらを経営されている、大矢朝仁さんにお話を伺いました!

20160109_1_47_14

20160109_1_47_16_5_2

こちらは、4年程前に登録されたばかりの比較的新しい品種。

他の品種に比べてビタミンCの含有量が高く、糖度も高いそうで、
直売所の店頭に並ぶとすぐに売り切れるほどの人気なのだとか!

さらに二つの品種、「紅ほっぺ」、「やよいひめ」の摘み取りと、
三品種の食べ比べもしました!

20160109_1_47_16_6

三つの品種の特徴の違いは…

「おいCベリー」は見栄えがよく、、ケーキ屋さんなどでも人気。
「紅ほっぺ」は比較的水分が多く、甘さ、酸味、香りのバランスも良い。
「やよいひめ」は比較的大きくなりやすい。色は薄いけど食べるとおいしい。

さらに!昨年の春から作り始めたという、手作りのいちごのジャムも頂きました!
いちごと砂糖とレモンだけで作ったというジャム。パンに合いそうなお味でした。

20160109_1_47_16_4

美味しいと人気のいちご「おいCベリー」は、

例年からすると、4月上旬位までは出荷される予定だそうです。

いちごのジャムとともに、座間市にある農産物直売所
「米ディハウスくりはら」で販売されています。

続いては、その直売所「米ディハウスくりはら」へ!

20160109_1_47_16_2

20160109_1_47_16_1

相鉄線「さがみ野駅」から車で15分ほど。
座間市立 栗原中学校のそばにあります。

20160109_1_47_17_2

20160109_1_47_18_2

パートさんが作る手書きのPOPも見ごたえあり!!

20160109_1_47_17


店長の、三留 聡さんにお話を伺いました。

20160109_1_47_16_3

大矢さんのいちごも!

「米ディハウスくりはら」では、
毎月、第3火曜日に、「火曜市」という特売を開催。
店内商品、お求めやすい価格に設定されています。

さらに毎月6のつく日は「お米の日」。
5キロ以上精米された方に卵のパック6個入りをプレゼントするそうですよ!


JAさがみ 米ディハウスくりはら


2016年1月 2日 (土)

お餅に合うものなぁ~に♪

今回、まず注目したのは、
お正月の食べ物、お餅にかかせない、お醤油に注目しました!
やってきたのは、相模原市緑区大島にあります、
井上醤油 株式会社です。

Photo_112715_13_18_50

Photo_112715_13_19_12

お話を伺ったのは、
こちらの四代目、井上芳太郎さんです。

Photo_112715_13_25_13_2

こちらは1875年創業の老舗醤油屋さん。
宮大工さんが建てたという蔵の中を見学させていただきましたよ。

Photo_112715_13_23_17

Photo_112715_13_23_58

Photo_112715_13_24_39

Photo_112715_13_28_01

Photo_112715_13_28_43

Photo_112715_13_39_23

Photo_112715_13_40_43

20151231_16_18_34_1

Photo_112715_13_36_33

こちらでは、オリジナルの「タマキュウ醤油」の他にも、
様々な種類のお醤油、そして人気のめんつゆ!
今では、煮物など様々な料理に使える万能だし
「つゆ子さん」という商品として販売されています。

Photo_112715_12_04_32_2 
そして、井上さんのお醤油を使って様々なお正月料理をいただきました!
奥様の弘子さんのお料理はとっても美味しかったですよ!

Photo_112715_14_17_54

Photo_112715_14_16_00

Photo_112715_14_04_04

Photo_112715_14_06_44
そしてお雑煮。

Photo_112715_14_05_09 
「つゆ子さん」の姉妹品、「玉子さん」
こちらは、甘みを抑えているため、餃子のタレや卵かけご飯のタレとしても人気!

Photo_112715_13_20_28
井上さんのお醤油は、
農産物直売所べじたべーな
全ての農協支所、あぐりんずつくいグリーンセンターあいかわ
Aコープ、近隣スーパー、
工場での直売や、ネット販売など、様々なところにあるので、
是非一度お手にとってみてはいかがでしょうか?

Photo_112715_15_12_22


続いて伺ったのは、
平塚市豊原町にあります、株式会社 鈴木製餡所、
専務の佐野正敏さんにお話を伺いました。

20151231_16_18_30_1

20151231_16_18_44
こちらも、1948年創業の老舗店。
商標登録をされた『湘南の夢』
他に、津久井在来大豆を使ったプレミアムきなこなども販売しています。

20151231_16_18_24_1

20151231_16_18_29

20151231_16_18_25

20151231_16_18_27

20151231_16_18_37


奥様のやすこさんにもお話を伺いつつ、
あんこ餅、きなこ餅、お汁粉もいただきました!

20151231_16_18_24

20151231_16_18_39

20151231_16_18_42 
あんこは実はバランスのいい食品で、
食物繊維なども非常に多く、日本人の健康に即した食べ物なんだそうです!


株式会社 鈴木製餡所のあんこは、
大型農産物直売所「あさつゆ広場」の他、
近隣スーパーや、鈴木製餡所の店舗でも販売されています。
鈴木製餡所
神奈川県平塚市豊原町19-14
アクセス:伊勢原に向かう61号線、「保健所前」交差点を左折し、
      三つ目の交差点の左側にあります。

鈴木さんのあんこ、是非ご賞味ください!

20151231_16_18_26

20151231_16_18_35