fyb_switch_to_sp_js

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月26日 (土)

新鮮たまごで伊達巻作り!

今回は、伊達巻つくりに挑戦!ということで、
まずは横須賀市津久井にある養鶏場、原田養鶏にやってきました!
お話を伺ったのは、原田レツ子さんです。


こちらの養鶏所には、全部で4種類の鶏がいました。
赤色のボリスブラウン、白のジュリア、ピンク色のソニア、そして、青色のアローカナ。
それぞれ、見た目の色もそのままに、生まれてくる卵も同じ色になります。

Photo_122215_10_13_40_2
続いては、原田さんのお孫さんの小笠原菜李さんにお手伝いいただき、
伊達巻作りを行いました!
今回は、青い卵、アローカナを使いました!

Photo_122215_10_13_39_4 
~材料~
卵(M)・・・3個
大判白はんぺん・・・1枚
砂糖・・・大さじ2
酒・・・大さじ1/2
だし汁・・・大さじ1+1/2
みりん・・・大さじ1
醤油・・・小さじ1/4
蜂蜜・・・大さじ1/2~1

Photo_122215_10_13_39_3
♢作り方♢
・賽の目状に白はんぺんを切ります。
・切ったはんぺんと、上記の材料を全てフードプロセッサーに投入します。
・フードプロセッサーで完全に液状になったものを、フライパンに流し込みます。

Photo_122215_10_13_39_7 
・蓋をして弱火で焼きます。
※砂糖が多いため、焦げないように弱火にします。
・片面5分ほど焼きます。
・簾において、巻いていきます。
(切れ目を入れると、巻きやすくなります。)

Photo_122215_10_13_39_8
・だしがでるくらい強めに、輪ゴムで二重巻きで止めます。

Photo_122215_10_13_40
・粗熱を取った後、冷蔵庫で1~2時間冷やして完成!

Photo_122215_10_13_39_6_2
お味は、とても美味しくできました!
皆さんも是非、お正月に作ってみてはいかがでしょうか?
原田養鶏さんの卵は、
JAよこすか葉山 農産物直売所「すかなごっそ
また、自宅での直売も行っていますよ!


続いて向かったのは、横須賀市長井にある
大型農産物直売所「すかなごっそ」におじゃましました!
店長の、塚原仁さんにお話を伺いました。

Photo_122215_10_13_37_7

Photo_122215_10_13_37_5 
店内は、一般のお客さんは、もちろん、
飲食店の方、業者さんの方も多くみられました。

Photo_122215_10_13_37_4

Photo_122215_10_13_36_1

Photo_122215_10_13_36_2

Photo_122215_10_13_36_3

Photo_122215_10_13_36

Photo_122215_10_13_38_6


そして、原田さんの卵も発見!

Photo_122215_10_13_37_1

Photo_122215_10_13_37_2

Photo_122215_10_13_37_3

Photo_122215_10_13_37
名物、葉山牛のメンチカツ!

Photo_122215_10_13_38_1
そしてお隣の「さかな館」
新鮮な地魚などが並んでいましたよ!

Photo_122215_10_13_38_3

Photo_122215_10_13_38_4

Photo_122215_10_13_38_5

大型農産物直売所「すかなごっそ
京急久里浜線「三崎口駅」からソレイユの丘方面へ車で5分ほど。

本日、26日から、30日(水)まで、歳末市が開催されます!
葉山牛のチャンピオン牛の販売もありますよ!
営業時間は、朝9:30~夕方6時まで。
是非足を運んでみてください!

Photo_122215_10_13_38_2

2015年12月19日 (土)

代々つづく橙!

今回は、橙に注目!

Photo
やってきたのは湯河原町鍛冶屋地区にあります橙畑です。

Photo_121715_18_09_04_3_2
こちらで橙を育てている内藤スミ子さんにお話を伺いました。

Photo_121715_18_09_05_1
代々続く子孫繁栄の縁起物として昔からある橙。
今回は、収穫体験もさせていただきました。

Photo_121715_18_09_05_4

 

Photo_2 

橙は、なんと果実が何年も木についたまま落ちることがないそうです!

Photo_121715_18_09_04_1

Photo_121715_18_09_04

Photo_121715_18_09_05_6
加工しないと苦くて食べられない、
ということで、内藤さんのご姉妹の、実子さん、千代子さんにお手伝いして頂き、
橙の果汁を絞った100%の原液、「橙酢」を作りました!

Photo_121715_18_09_06_1

Photo_121715_18_09_06
橙酢は、鍋物に使ったり、酢飯に使ったり、
そしてお湯で割ってお砂糖を加えた通称「ポン酢(す)」にしたりと用途は様々です!


他にも橙の皮をお菓子にした「橙のピール」
※こちらは橙の皮の表面を平らにして、茹でて一晩水出ししたものをさらに煮て、
グラニュー糖をまぶしたもの。
それと果肉を使った「ビターオレンジジャム」もいただきました!

Photo_121715_18_09_06_4

Photo_121715_18_09_06_3

Photo_121715_18_09_06_5

Photo_121715_18_09_06_7
そしてこの時期は、橙の実をお風呂に浮かべるのもオススメだそうです。
橙の爽やかな香りで癒され、身体もポカポカだそうですよ!

Photo_121715_18_09_06_6

続いて伺ったのは、小田原駅東口の地下街「HaRuNe 小田原」の中にある
農産物直売所、「朝ドレファ~ミ♪ハルネ店」
店長の鈴木健一さんにお話を伺いました!

Photo_4



店内は、お野菜、果物、そしてシクラメンなどのお花や各種加工品も充実してました!

Photo_121715_18_09_07

Photo_121715_18_09_07_3

Photo_121715_18_09_07_2

Photo_121715_18_09_07_1


小野木さんが注目していたキウイフルーツです!

Photo_121715_18_09_07_6
ヘイワード(小ぶりで甘い)、、香緑(俵型、甘さが強い)といった種類がありました。


明日、20日(日)、翌週27日(日)はお米の日ということで、
地元産「新米」キヌヒカリが通常価格の10%OFFになるそうです!


年末年始の営業時間ですが、
大晦日夜七時まで、
元旦は定休日、
2日、3日は夜7時半までの営業。


2日、3日は、
みかんのつめ放題、朝ドレ加工品福袋の販売がありますよ!

朝ドレファ~ミ♪ ハルネ店

2015年12月12日 (土)

冬の風物詩、三浦のだいこん

今回は、三浦の大根を求め、三浦市南下浦町菊名の畑にやってきました!

Photo_12415_19_13_51_2
お話を伺ったのは、山田充さんです。

Photo_12415_19_13_51_7 

Photo_12415_19_13_51_1
三浦大根としての品種は大きく分けて三つ。
①三浦大根・・・首の部分が細くて、お尻に向かって太くなっています。
②青首大根・・・全体の99%を占めています。
③レディーサラダ・・・サラダとして人気!
があります。

そして収穫体験をさせていただきましたよ!

Photo_12415_19_13_51_4

Photo_12415_19_13_51_6

Photo_12415_19_13_51_8

Photo_12415_19_13_51_3 
青首大根は、サラダにしても辛くないそうで、
辛いのが好きな方は、しっぽの方を、
甘いのが好きな方は首の方を召し上がるのがオススメそうです。


山田さんの育てた大根は、
上大岡の京急百貨店地下にある京急ストアのほか、
ご自宅付近の直売所『くろぜむ農園』に並べていらっしゃるそうです。


そして王様トマトを使ったジュースを頂きました。
水や砂糖を使わない、完全に王様トマトの甘みだけで作ったジュース。
販売予定の来春まで楽しみにお待ちください!

Photo_12415_19_13_52_3_2

Photo_12415_19_13_52_2

Photo_12415_19_13_50

Photo_12415_19_13_52

Photo_12415_19_13_52_1


続いて伺ったのは、
三浦市三崎にあるレストラン「Misaki Italiano Bocca」です。

Photo_12415_19_13_52_4

Photo_12415_19_13_52_5
お話を伺ったのは、店主の安達悟さんです。

Photo_12415_19_13_53_2 
昨年、周りには三浦のマグロ料理店が並ぶ中で、
突如イタリアンを出したという安達さん。
以前は新宿でお店をやっていましたが、
三浦の素晴らしさに魅かれ、ついに、ここ三浦にお店を出されたそうです。


さっそく三浦の大根を使ったメニューをいただきました!
まずは、三浦野菜のバーニャカウダー(一皿¥1,000 2名様より)

Photo_12415_19_13_53_7
そして、三浦大根のステーキ フォアグラのせ(¥900)

Photo_12415_19_13_53_6 
贅沢に三浦の素材を使いながら
とてもリーズナブルにいただける、本格イタリアンのお店です。

Misaki Italiano Bocca
営業時間
ランチ   11:30~15:00(ラストオーダー)
ディナー 18:00(※土日祝日17:30)~21:00(ラストオーダー)
定休日  月曜日
 
神奈川県三浦市三崎5-2-6香山第二ビル2F
京急久里浜線「三崎口駅」からバスで19分ほど。
三崎港産直センター「うらり」のすぐそばです!

Photo_12415_19_13_52_8

Photo_12415_19_13_53_1

Photo_12415_19_13_53_3

Photo_12415_19_13_53_5

Photo_12415_19_13_52_6

Photo_12415_19_13_52_7

Photo_12415_19_13_53

Photo_12415_19_13_54 

三浦の素材を活かした極上イタリアン、
そして変わったマグロ料理、是非堪能してみてはいかがでしょうか。

Photo_12415_19_13_54_1

Photo_12415_19_13_54_2

Photo_12415_19_13_53_8

2015年12月 5日 (土)

愛川ブランド見~つけた

今回注目したのは、今年誕生した愛川ブランドの『自然薯』!

Photo_112715_10_06_06
愛川角田の畑にて
お話を伺ったのは、愛川自然薯同好会の和田好隆さんです。

Photo_112715_10_25_36
愛川町の知名度をあげるために町が企画したものが愛川ブランド。
愛川自然薯は、栽培しやすいように、改良した自然薯となっています。

さっそく、掘り取り体験をさせていただきました。

Photo_112715_10_34_12

Photo_112715_10_35_07 

Photo_112715_10_35_58
本来は、地面に垂直に伸びている自然薯ですが、
愛川自然薯は、地面と平行に育てていました。
そして、さっそく愛川自然薯をいただきましたよ!

Photo_112715_10_44_46 
4倍の出汁を入れて、なんと皮ごとするそうです!
本当に粘りが強いそしてのど越しもありました!

Photo_112715_10_52_43
和田さんの愛川自然薯は、対面販売を行っています。
お問い合わせは、
090-8811-5907まで!

Photo_112715_11_11_49

続いての愛川ブランドは、『やまっこ山詩舞』!
愛川山菜園にて小林忠行さんにお話を伺いました。

Photo_112715_11_31_46

Photo_112715_11_35_48 
やまっこ山詩舞とは、
シイタケを手作りこんにゃくなどと合わせて甘く煮たお惣菜のことです。
味付けは『ごぼう蓮根入り』『昆布山椒入り』『蒟蒻柚子入り』の3種類です。


この中から、蒟蒻柚子入り、と、
しいたけ煮ぃちゃん、をいただきました!

Photo_112715_11_39_58

Photo_112715_11_45_20
『やまっこ山詩舞』は、
愛川山菜園での店頭販売他、
宮ヶ瀬ダム近くの県立あいかわ公園の売店、
愛川中津にあるグリーンセンターあいかわなどで販売しています!
是非、一度お試しください!

Photo_112715_11_37_31_2

Photo_112715_11_27_00