fyb_switch_to_sp_js

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月25日 (土)

津久井で学ぼう食農教育

今回は、津久井にあります、
相模原市立根小屋小学校にやってきました!
こちらで元気一杯な児童のみんなと一緒に、野菜の植え付け体験にチャレンジ!

20150417_10_53_12

Photo_11

Photo_12

Photo_14

20150417_9_45_24
今回はじゃがいもの植えつけ体験を行いました。

20150422_11_51_19

お話を伺った学校農園担当の秦 元広先生は、子供達に、
地域農業への理解や自然の営みに感謝する豊かな心を育んでもらおうと、
管内の小学校や県立養護学校を対象に、農園活動を推進されています!


そしてアドバイスをいただいたJA家庭菜園指導員の菊地原 稔さん
子供たちも、菊地原さんの話をよく聴いて作業をしていました。
みんな小さいながら、農業への関心の高さが伝わりました!

20150422_11_51_16

根小屋小学校では他にもお野菜などを色々栽培されていらっしゃいます。
3年生が津久井在来大豆を作ったり、
5年生が、畑で育つお米「陸稲」づくりにチャレンジする!など
その他、5年生と6年生が大根を育てて、収穫の季節になると、
それを緑区にある農産物直売所「あぐりんずつくい」で販売もされるそうですよ!


続いては、その「あぐりんずつくい」に行ってきました!
お話を伺ったのは、店長の佐藤勲さん。

20150417_11_54_49 

20150417_11_21_16

20150417_11_21_20

20150417_11_21_29

20150417_11_21_44

20150417_11_21_52

20150417_11_25_39
本日4月25日は、あぐりんずつくいにて、
農機具の展示会、
そして、あぐりんずつくいのオリジナル商品!
「黒木うどん」の試食会が行われます!!


20150417_11_57_14


黒木うどんとは・・・
津久井で育った原木シイタケ
乾燥した原木シイタケの粉末を混ぜて打ったおうどんです!

20150417_11_39_07

20150417_11_40_22

こちらの商品は、200g入りで380円となっています!

20150422_11_51_44 
お野菜の種類も、イベントも盛り沢山な『あぐりんずつくい』
場所は、先日開通した圏央道「相模原インターチェンジ」から車で8分ほど。
詳しくは、あぐりんずつくい 公式HPをご覧ください!
『あぐりんずつくい HP』




2015年4月18日 (土)

 「米ディハウスくげぬま」リニューアル

今回は、藤沢市本鵠沼にある直売所『米ディハウスくげぬま』に注目しました!
来週の4月24日(金)にリニューアルされるのですが、
店長の渡邊賢治さんにお話を伺いました。

20150410_13_41_21_3 

まず米ディハウスとは・・・
地元の野菜、果物の他、
全国各地のお米を玄米から扱っております。


お米は好みの銘柄、産地を選び、
玄米なら1キロ単位から、精米は3キロから5キロお選びいただけます。

20150410_13_24_14

20150410_13_14_28

続いて、米ディハウスくげぬまに野菜を出荷されている
農家さん、山上信一さんにもお話を伺いました。

20150410_14_23_42

山上さんの畑では、
小松菜、ホウレンソウ、ルッコラ、赤い水菜、赤いサラダからし菜、
色とりどりの人参などたくさんのお野菜を出荷しています。


20150410_14_03_08 

20150410_13_16_16

 

20150410_14_02_08

20150410_14_03_08_2
山上さんは、エコファーマーというものをやられており、
化学肥料や化学農薬をへらした野菜作りで、環境にも配慮しているそうです!
20150410_13_18_03


続いては、同じく米ディハウスくげぬまに野菜を出荷されている、
長谷川和彦さんにお話を伺いました!

20150410_15_39_45 
長谷川さんが主に育てていらっしゃるのが、
大玉「桃太郎さくら」、中玉「フルティカトマト」、
ミニトマトは「ピッコラカナリア」、「トスカーナバイオレット」です。

20150410_15_13_25

20150410_15_24_56

20150410_15_49_46

長谷川さんのフルーツトマトは
皮も薄くとても食べやすいものでした。
そして最後までフルーティな味わいでとても美味しかったですよ!


ちなみに、美味しいトマトの選び方として、
『スターマーク』と呼ばれる、中央から外側に入った筋が入ったもの、
そしてヘタの部分が黄色いトマトがオススメだそうです!
20150410_15_44_44



米ディハウスくげぬまでは「長谷川トマト」とという名前で販売しています!

20150410_13_20_08


毎週日曜日にお子様と一緒にご来店の方には、
この長谷川トマトが5%引きのキャンペーンを行っています。
期間は明日、4月19日で終了なのですが、
今後の継続についても前向きに検討しているそうです!

20150410_13_20_15



さて来週の24日金曜日リニューアルオープンする『米ディハウスくげぬま』
*24、25、26の三日間は、レジでお買い求めいただいたお客様
  先着200名様にまる細うどんの乾麺を一束プレゼント!
*通常毎月6のつく日には、お米の日として、
  5kg以上お米をご購入の方に、綾瀬産の卵6個入り1パックをプレゼント!
営業時間
朝9時~夕方5時  定休日は毎週水曜日 となっています。


また来週のリニューアルに伴い、直売所隣のJAさがみ鵠沼支店では、
オープンの24日金曜日から来月5月26日火曜日まで
定期貯金、定期積金をご契約された方にもれなく、
たまねぎ、にんじん、ジャガイモの野菜セットを1,5kg相当プレゼント!



来週の金曜日にリニューアルオープンする米ディハウスくげぬま!
この機会に是非行ってみてください!!

2015年4月11日 (土)

伊勢原で旬を掘る!

今回は、伊勢原市上粕屋にある竹林にタケノコ堀に行ってきました!
ご指導してくださったのは、タケノコ栽培歴15年の鎧塚義明さんです!

20150403_11_40_30_2

タケノコは一つとるにも結構大変でしたよ!

20150403_11_30_49_2

20150403_11_33_32_2 
タケノコは、朝の4時には出荷して、なんと9時には市場に並ぶそうです!

20150403_11_48_16

タケノコは、鮮度があるうちに、なるべく早く湯掻き、
米のとぎ汁、そして鷹の爪を1本ほどいれると良いそうです!
そして鎧塚さんのオススメは、煮物の具材に、
《姫皮》と呼ばれる先端の柔らかい部分を使った味噌汁だそうです!


ちなみに、スタッフおすすめのレシピは
タケノコを細かく刻んで、とろけるチーズと塩コショウ、小麦粉で混ぜ、
ぎゅっと水分を絞ってうまく丸め、小麦粉を付けて揚げたタケノコのコロッケ!
是非試してみてください!!


鎧塚さんのタケノコの出荷先は、農産物直売所の
あふりーな 伊勢原店』、
あふり~な 比々多店』、
高部屋農産物直売所』にて、
5月15日ごろまで販売しています!是非足を運んでみてください!






続きまして、伊勢原駅北口から歩いすぐのお店『地もの御馳走処 GEN』さんへ!

20150403_14_26_23 
こちらは伊勢原の地産地消のお店です!
お話を伺ったのは、オーナーシェフ丸山貴さんです!


20150403_14_46_51
最大でも24席ほどの広さで、アットホームな雰囲気のお店でした。
さっそく、伊勢原の食材を使った、自慢の料理をいただきました。


《地野菜のおひたし盛り合わせ》

20150403_14_40_51

《とん漬けと野菜の鉄板焼き》

20150403_14_45_21 
安達養鶏さんの地卵を使った《ふんわり厚焼きたまご》

20150403_14_39_35

なんと3品もいただいてしまい、どれも絶品の美味しさでした!


土日はお昼から通し営業でやられており、宴会コースなども充実しております。

20150403_14_58_13

20150403_14_58_29

20150403_15_46_29

『地もの御馳走処 GEN』
平日 16:00~22:00(ラストオーダー)
土日 12:00~22:00(ラストオーダー 通し営業)
※月曜日、第2火曜日が定休日となっています。
地元の方にはもちろんのこと、駅から近いため、観光の方にもオススメです!


20150403_14_22_48




今回はさらに、『渋田川の芝桜』も見に行きましたよ!

20150403_12_30_57

20150403_12_45_51

現在、『芝桜まつり』が開催中。
19日の日曜日まで、芝桜の苗、地元の野菜、観光土産の販売、
その他、模擬店などが並び大変賑わいを見せています。


ちなみに、この会場の近くにある、石田牧場のジェラート屋さん『MEGURI』

20150403_12_58_17
こちらでは、石田牧場、伊勢原市内の野菜・果樹・花き農家さんが提携し、
新鮮な農産物を使ったジェラートやシャーベットを販売しています!
是非、お花見のお共にいかがでしょうか!

2015年4月 4日 (土)

朝市街道膝栗毛

 

今回は、保土ヶ谷で毎週火曜日に行われる朝市、『朝市街道』に注目しました。

20150327_14_12_59

20150327_14_10_03 
まずお話を伺ったのは、
朝市街道部会担当の、ほどがや・人・まち・文化振興会 渡邊廣子さんです!

20150327_13_56_06

変わった朝市 ということなのですが、
この朝市は、保土ヶ谷の農家さんのお野菜を、
全く違う業種の店先で販売しているというものでした。


宿場そば屋、洋品、呉服店、時計店・・・などなど、
本当に様々なお店が協力し、街を盛り上げていました!

20150327_14_08_31

↑呉服店のひろた屋さん。

20150327_14_13_55_2

↑スエ時計店さん。 




保土ヶ谷は、江戸時代には旧・東海道の宿場町として栄えた地域であり、
街並みを歩いていくと、その面影を感じさせる建物が沢山ありました。

20150327_13_43_00

20150327_13_59_43

20150327_14_20_51

20150327_14_23_15_2

20150327_14_24_46


続いては、この保土ヶ谷西口商店街の会長である
『洋品シバタ』の柴田裕一さんにもお話を伺いました。

20150327_13_38_02

保土ヶ谷の街を盛り上げるためにも、街の人々のつながりを大切にし、
その一環として、今後も朝市街道を続けていきたいそうです。
そして、なにより地元の新鮮な野菜を、地元の人たちに届けることができる、
その機会を作ることが出来た喜びも語ってくれました。


続いて、保土ヶ谷のお野菜を作っている生産者さんのもとへ向かいました!
保土ヶ谷区川島町に畑を構える、三村大輔さんです。

20150327_11_08_07

20150327_11_09_48

三村さんは、年間で60種類もの野菜を栽培しており、
その野菜達は、畑の目の前にある『なないろ畑』という直売所、
そして朝市街道などで販売されています。

20150327_10_24_44 
手作りの看板がとてもキュートです!

20150327_11_02_37

三村大輔さんのお父さん、お母さんも元気に仕事をされていました!
他の場所では、葡萄も育てており、
将来は、子供たちがいずれ継いでくれたら、
そんな想いもおっしゃっていました。

20150327_10_06_13

20150327_11_04_32

20150327_11_04_47 
毎週火曜日の朝10時から、
JR横須賀線『保土ヶ谷駅』近くの保土ヶ谷駅西口商店街の様々な店先で、
保土ヶ谷でとれた新鮮安全なお野菜が手に入ります。
参加店舗は、
・宿場そば桑名屋
・洋品シバタ
・お弁当、オードブルの店ワイズ
・呉服店、ひろた屋
・スエ時計店
・ほっとすてーしょん IDOBATA
・NPO法人ピアわらべ
・親と子のつどいの広場 星の子

是非お近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか?


続いては、
毎月第1日曜日に開催されている『ごうどいち』!

20150327_14_26_42


朝市街道でもお野菜を出されている
宿場そば桑名屋店主の近藤博昭さんにお話を伺いました。

20150327_14_30_08
その昔、江戸時代から宿場町の中で『神戸市(ごうどいち)』という市がたっており、
それを続けたいという想いから始まったそうです。


保土ヶ谷駅から徒歩3分の所にある、『北川製粉』さんの中庭にて、
地産地消のお野菜を中心に五店舗が参加した『保土ヶ谷名物会』であったり、
洪福寺『たにや』さんが海産物をだしたり、
大体12~13の店舗が協力し合って盛り上げているそうです。


近藤さんもまた、宿場町として栄えた保土ヶ谷を盛り上げようと、
ごうどいちを引っ張っています。
またお蕎麦屋さんの2階には、
子供たちと作った、保土ヶ谷のジオラマが置いてありました。
小さな子供たちにも、この町の良さを伝え、後世に残していく!
そんな熱い想いが伺えました。


毎月第1日曜日 朝10時から開催されている『ごうどいち』
是非こちらも行ってみて、保土ヶ谷の魅力に触れてみてください!

20150327_14_31_37

20150327_14_58_13

20150327_14_58_21