fyb_switch_to_sp_js

« 私、農業始めました♪ | メイン | 酒造りは米作りから! »

2014年12月13日 (土)

幸せの黄色い『タモギタケ』

今回は、横浜市青葉区鉄町(くろがねちょう)にある
『青葉ファームランド』におじゃまして、
こちらの三堀泰広さんにお話を伺いました!

20141205_14_22_32
ここでは、全国的にも珍しい通称『幻のキノコ』と呼ばれる
【タモギタケ】を栽培していました!

20141205_14_26_41

20141205_14_23_02
写真からも分かるとおり、見た目鮮やかな綺麗な黄色のキノコです。
栄養価も高く、味もよく短期間で収穫できるそうです。
タモギタケは、完熟菌床という真っ白になった菌床があれば、
わずか4~5日で咲いてしまうそうです。

20141205_14_37_06
お話を伺う中で、三堀さんも、
前回の新規就農者さんである藤野さん廣瀬さんと同じように、
まず初期投資の負担、そしてせっかく作った農作物も売る所がないと
仕事にならないため、その場所を確保することが大変だ、
ということをおっしゃっていました。

そこで、三堀さんは、作り手と売り手とを分け、農業を分業という形で行っています。

三堀さんが野菜作りに専念し、そして営業の方は、
緒方さん(上の写真のスーツの方)が行っています。
緒方さんに話を伺うと、農家さんも野菜を売りたい一方で、
実は野菜を欲している飲食店などは多いそうです。
緒方さんはその橋渡し役として、日夜動かれているそうで、
青葉ファームランドは機能しています。
何より三堀さんも緒方さんもとっても仲が良いのが伺えましたよ!

今回の貴重なタモギタケは、
JA横浜農産物直売所『ハマっ子』などの店頭販売の他、
青葉台に調理したものが食べられるお店があるということなので、
今回はそちらにも行ってみました!

青葉台から徒歩4分ほどにある、『横濱串工房 青葉台店』
総料理長の佐久間孝さんにお話を伺いました。

20141205_15_08_13

20141205_15_50_23
こちらのお店では、全国各地の農家さんから美味しい食材を、
佐久間さんが直接取引をし、
今秋からはすべてのメニューが国産というこだわりを見せています。

三堀さんのタモギタケは、他のタモギタケに比べても、
特別に美味しいものだそうで、早速それを使った料理を頂きました。
いただいたのは、豆乳、甘酒、八丁味噌を使った『菌活鍋』
真ん中に光り輝くタモギタケは見た目にも美しく、
また鍋にも美味しい出し汁が出ています。

20141205_15_29_49
タモギタケは口に近づけた瞬間、いい香りがしてきて、
食感もシャキシャキとし、噛むほどに旨みが増してとても美味しかったです。
鍋に入っている鶏肉も、山梨のブランド信玄鶏、
こちらは採りしたものを、新鮮なうちに調理するそうです。

Pict5554
お酒も豊富にあり、食材は地産地消を意識し、
すべて国産とこだわっています。
店内の内装もオーナーのセンスが光り、
落ち着いていてどこか暖かい雰囲気でした。
そんな横濱串工房~青葉台店~の詳しい情報は
下記のHPをチェックしてみてください。
これから忘年会シーズンとなり、
菌活鍋を使ったコース料理等もご用意ありますので、
是非横濱串工房さんに足を運んでみてはいかがでしょうか。


横濱串工房~青葉台店HP~


横濱串工房 公式HP

A635604v

A635602l


コメント

『幻のキノコ』と呼ばれる
【タモギタケ】食してみたいですね。
ゴールデンきのこ、いい色してて
きのこだと思わないですね。

コメントを投稿