fyb_switch_to_sp_js

« 愛川町で見つけた家庭の味 | メイン | 生でもおいしいプルプルプルーン »

2014年8月16日 (土)

横浜産大麦で地ビール

今週と来週は、
tvkで毎週日曜日朝9時から放送している姉妹番組
「かながわ旬菜ナビ」で旬菜キャッチャーを務めている、
ザッキーこと山崎彩さんがパーソナリティを担当します!

今週は、横浜産の大麦を使った「地ビール」をご紹介!

20140811_15_34_33
最初におじゃましたのは、横浜市瀬谷区にある、岩崎農園。
こちらで農業をされている、岩崎良一さんにお話を伺いました!

こちらでおよそ20種類の野菜を栽培されているという、岩崎さん。
栽培方法にもこだわりがあり、基本は土作りをメインにしていて、
必ず堆肥を入れて、まずは緑肥や麦を栽培してから
次のお野菜を作るようにしているのだそうです。

そんな岩崎さんの生産したお野菜。
現在は、JA横浜の直売所「ハマッ子 瀬谷店」や、
横浜の中央卸売市場に出荷されているそうです。

そして、横浜の地ビールの原材料として使われているという、
岩崎農園の「あまぎ二条大麦」。

岩崎さんが大麦の栽培を始めたのが、2006年。
もともと家で食べる分の小麦を栽培していたそうなんですが、
横浜市の方からお話を頂き、
小麦を作れるのならビール麦も作れるのでは…?と、始めたそうです。

小麦と比べて大麦のほうが風に弱かったりと、苦労することもあるそうですが、
春先に立派な大麦に育つように、日々、努力されているそうです。

(今年は6月中旬頃に収穫を終えたそうで、残念ながら見る事はできませんでした!)

そんな岩崎農園の大麦を使った地ビール「岩崎IPA」!

横浜市中区福富町にある、ベイブルーイングヨコハマで
販売されるという事で、そちらにおじゃましました!

20140811_18_00_09
こちらのお店の代表、鈴木真也さんにお話を伺いました。

結構アットホームな雰囲気で、周りを見渡すと、
今年の2月にチェコのコンテストで受賞した賞状も!

20140811_17_14_46
すぐとなりの醸造所でビールを作って、それをそのままお店で出すスタイル。
オリジナルのビールが作られている様子が見られます!

20140811_17_11_34
ビールに使われるという二条大麦も店内に飾ってありました!

20140811_17_15_43
「岩崎IPA」の特徴は、“生の大麦”をふんだんに使用している事。
通常は、原料に生の大麦は使用せず、加工した麦芽を使っているのですが、
加工した麦芽だけのものと比較すると、麦の風味が強くなり、
味わいも深く仕上がるそうです。

残念ながら、取材した日にはまだ発酵・熟成中でしたが、
この週末あたりからお店で販売がスタートするそうです。

ハーフパイントグラスのサイズ(284ml)が600円、
パイントグラスのサイズ(473ml)が900円となっています。

20140811_18_15_16
味わい深いビールを提供するチェコのスタイルを
意識しているという、ベイブルーイングヨコハマ。
日によってビールのメニューが違ったりと、
何度も足を運んでしまいそうなお店でした!

JR関内駅から歩いて4分ほど。
ぜひ皆さんもこちらで、「岩崎IPA」を召し上がってみてはいかがでしょうか!

ベイブルーイングヨコハマ



コメント

ざっきーさん リポートお疲れ様です!

原材料、醸造、販売まで「横浜」なんですね。

関内なら ちょっと寄り道の範囲だから

行ってみますね。。

横浜与一さん。こんにちはー!
ラジオお聴きいただきありがとうございます。
ぜひぜひビールを飲みに行ってみてください♪
与一さんが行ったときに岩崎IPAがありますよーにッ(>_<)
お手数でなければ、お電話でお問い合わせいただいたほうが確実かもしれません…。

ちなみに山崎は来週もラジオで登場しますのでよろしくデス☆★☆暑い日が続きますのでご自愛くださいませ~!

麦は栽培したことないわぁ~
丈夫で強いんですね(ノ^^)ノ
家庭菜園で二条麦作って!自家製ビール~(●´∀`●)………って!
それじゃあ酒造法違反ですがな!(゚Д゚;)!

コメントを投稿