fyb_switch_to_sp_js

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

夏だ!野菜だ!わいわい市だ!

今回は、直売所「わいわい市」のスタッフがオススメする夏レシピをご紹介!

20140718_11_44_35
まずは、小田急江ノ島線「六会日大前」駅から車で10分ほど、
藤沢市亀井野にある「わいわい市 藤沢店」に向かいました!

20140718_10_26_36
お話を伺ったのは、スタッフの長田美穂さん。
(小柄で、笑顔がとてもキュートな方でした!)

長田さんは、取得するのが難しいという管理栄養士の資格を持っていらっしゃいます。
そのスキルを活かして、わいわい市 藤沢店では、通常業務の他、
直売所にある様々な野菜を使ったレシピを農家さんのアドバイスを頂きながら考案。
店内各所に、そのおすすめレシピを掲載されています。

20140718_11_38_34
長田さんに今回ご紹介して頂いた、夏野菜を使ったレシピがコチラ!

【ズッキーニのこんがりミートソースソテー】

20140718_11_06_19
材料(2人分)

ズッキーニ 1本
玉ねぎ 1/2個
サラダ油 小さじ1
市販のミートソース 1人前

20140718_11_07_39

作り方

(1)ズッキーニを7mm・4cm角の拍子切りにし、玉ねぎは繊維にそって薄めに切る。
(2)フライパンに油をひき、(1)をいためる。
(3)野菜に熱が通ったら、市販のミートソースであえて完成。

アレンジポイント

・完成したソテーの上にチーズをのせて焼けば、グラタンに!!
・あまりもののご飯の上にソテーとチーズをのせて焼けば、リメイクドリアに変身☆
・ミートソースとあえているため、子供でも喜んで野菜を食べる事が出来ます。
 嫌いな野菜も細かく刻めば、さらに食べやすくなります!

ズッキーニは、見た目はキュウリの様に見えますが、実は、カボチャの仲間。
カロテンやビタミンCも豊富で、カボチャと同じく、女性にも優しい食材です。

20140718_10_52_58

20140718_11_00_22
「わいわい市 藤沢店」に続いて、JR相模線「寒川」駅から歩いて10分ほど、
寒川町宮山にある「わいわい市 寒川店」で、食育ソムリエの落合英則さんに
夏野菜を使ったおすすめレシピを紹介して頂きました!

20140718_13_43_41
(落合さん、とても気さくな方でした!)

教えて頂いた、夏野菜を使ったレシピはコチラ!

【夏野菜の万能常備菜】

20140718_13_42_26
材料(4人分)

ナス 中1本
オクラ 8本
キュウリ 1/2本
ミョウガ 1本
大葉 2枚
めんつゆ 大さじ3~4杯
塩 少々

20140718_13_56_20
作り方
(1)ナスは細かいさいの目に切り、塩水に10~15分さらす。
   オクラは塩ゆでして、みじん切りにする。
(2)キュウリは板ずりした後、細かいさいの目に切る。
   ミョウガ、大葉はみじん切りにする。
(3)それぞれの水気をよく切り、ボウルに入れる。
   めんつゆをお好みの味に合わせながら、よく混ぜてできあがり。

アレンジポイント
・ショウガや梅肉を入れると、変わった風味が楽しめます。

ご飯やそうめん、冷やっこにかけるのにもピッタリな逸品ですよ!

「わいわい市 寒川店」では、今日と明日の二日間、
この夏おすすめの夏野菜レシピの提案という事で、
こちらのレシピをお店で振る舞うそうです!

20140718_14_02_39

わいわい市


2014年7月19日 (土)

ひまわり畑でランランラン♪

今回は、京浜急行「上大岡駅」東口から歩いて10分ほど、
横浜市南区大岡にある畑におじゃましました!

20140714_9_18_54
お話を伺ったのは、こちらで農業をされていらっしゃる、飯田博さん。

20140714_9_17_15

飯田さんは、この地区でわずかに残る農地を耕していらっしゃいます。
収穫した野菜は、ご自身が運営していらっしゃる特別養護老人ホームの食事や、
地域の高齢者世帯を対象に民生委員の方々が開く
「いも煮会」などに提供したりと、地元への還元を図っていらっしゃいます。

そんな飯田さんは、夏野菜の他に、
地域の子供達がヒマワリを育てる為の畑を提供されていらっしゃるそうです。
それが、上大岡駅から歩いて10分程の所にある
「大賀の郷 3万本のひまわり畑」!

20140714_9_41_14
来週、7月26日・土曜日にこちらで開催されるイベント、
「大賀の郷 3万本のひまわりフェスタ」。

上大岡駅東口商店会 常任委員の
桑澤政治さんにお話を伺ったところ、
当日は、子供達が鮮やかに咲いたヒマワリ畑を散策したり、
ヒマワリクイズで楽しんだりと、休日にはぴったりの催し物もあるそうです。

また、イベント当日以外にも、7月24日・木曜日から8月3日・日曜日までの予定で、
ヒマワリ畑に入って鑑賞する事もできます。
こちらは、天候によって期間が異なる場合もあるそうですが、
気になった方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

こちらにおじゃました日は、花が咲くのはこれから…といった印象でしたが、
きっと、沢山のヒマワリが咲き誇っていることでしょう!

20140714_10_15_12

 さて…今回、リスナーの方からメッセージにもありましたが、
こちらが現在のまりころファームの状況です!

Dscn5772

Dscn5776
苗が10センチ位から30センチ位に成長!
順調にすくすくと育ってますよ~~!!


2014年7月12日 (土)

『つくいT-1グランプリ』開催!

今週は、津久井で、トウモロコシの味を競う
「つくいT-1ぐらんぷり」に注目!

20140704_11_23_09
相模原市緑区中野にある農畜産物直売所、あぐりんずつくいにおじゃましました!
お話を伺ったのは、店長の佐藤勲さん。

20140704_11_03_15
こちらで現在開催中のイベントが、「つくいT-1ぐらんぷり」!
津久井でナンバーワンのトウモロコシを決める大会です!

このつくいT-1ぐらんぷりの目的は、
試験栽培で採れた津久井産のスイートコーンを
消費者の皆さんに試食して頂き、どれが一番おいしいのか、
今後のスイートコーン作りの参考にするということ。

つくいT-1ぐらんぷりに出品されている
トウモロコシの品種は、全部で5種類。
その内、この日は三品種、並んでいました。
【ゴールドラッシュ】、【味甘ちゃん】、【ランチャー82】。
(他に、【ゴールドラッシュ86】、【未来390】があります)
トウモロコシを生産されている
長谷川晃さんにお話を伺いつつ、味比べ!

20140704_10_32_03
ただ、トウモロコシには
「あか」、「あお」、「みどり」と表示されているだけで、
一体どれがどの品種なのかは明かれません。
しかしながら、どれも全く味が違う!

20140704_11_19_15_1
トウモロコシの食べ残った部分を一つの袋にまとめて、
一番美味しいと思った品種の投票箱へ!

皆さん、思い思いのトウモロコシに投票していました。
佐藤さんも、今回の大会の結果が津久井の新たな名産を
生むきっかけになればと意気込んでいらっしゃいました。

さて、そんな津久井産のトウモロコシが
認定を目指している「かながわブランド」。
県内各地でよく耳にする言葉ですが、一体どんなものなのか、
県農業技術センター北相地区事務所 池田豊さんにもお話を伺いました。

昔は、津久井のトウモロコシもブランドになっていたそうですが、
鳥獣被害により面積が少なくなり、作る量も減り、
ブランドに成り得なくなったという経緯があるそう。

このあぐりんずつくいが出来た事をきっかけに、
もう一度この美味しいトウモロコシを消費者の皆さんに届けて、
そしてついでにブランドもしていこうということで、
今回、試験栽培やイベントをしているそうです。
ますます、T-1ぐらんぷりの結果が楽しみになってきますね!

20140704_10_21_19
現在開催中の「つくいT-1ぐらんぷり」。
次回は、来週、7月18日・金曜日と19日・土曜日の二日間、
あぐりんずつくいで行われます。

開催時間は、午前10時30分から午後2時30分まで。

参加費は無料となっています。
津久井で一番美味しいトウモロコシをジャッジしてみて下さい!

あぐりんずつくい

2014年7月 5日 (土)

三浦から夏の贈り物

今日は、三浦市初声高円坊にある畑で、
かぼちゃの収穫体験をしてきました!

20140630_10_22_25
お話を伺ったのは、こちらでかぼちゃの栽培をされている、
鈴木貴信さん。

三浦のかぼちゃは、6月から8月が最盛期!
畑には収穫を今か今かと待つかぼちゃが沢山育っていました。

20140630_10_19_13
鈴木さんが育てているのは、
かながわの名産100選にも選定されている「こだわりかぼちゃ」。

かぼちゃの品質には、
ネットリとした食感のものとホクホクしたものの2種類がありますが、
「こだわりかぼちゃ」はホクホクとした食感の「みやこかぼちゃ」に分類されます。

どの辺がこだわりなのかというと、大きく分けて2つ…

○栄養価(ビタミンAカロチン)を高めるために
 「ぼかし堆肥」という有機肥料を使用していること。

○美味しさのために、通常よりもおよそ2週間栽培期間をかけ、
 完熟させてから収穫すること。

この2つの「こだわり」をもって育てた「こだわりカボチャ」は、
その高い「栄養価」と「完熟の美味しさ」が消費者から高く評価されているそうです。

20140630_10_19_43

20140630_10_20_22

20140630_10_20_46
収穫の際は、特にかぼちゃのつるの部分を切るのに注意が必要で、
まずはそこに生えているトゲに気を付けることと、2度に分けて短く切る事がルール。

つるの部分が乾かないと、そこに虫が寄ってきたりカビの原因となるので、
それを防ぐ為には重要な作業なのだそうです。

20140630_10_35_28
作業所にある磨き機で汚れを落としたら、全ての作業が完了!

20140630_10_36_16

20140630_10_38_58
鈴木貴信さんの奥様、比呂美さんに、
こちらを使ったかぼちゃ料理を二品、作って頂きました!

20140630_10_48_54
【かぼちゃの煮物】
【かぼちゃのポタージュスープ】

かぼちゃの味が濃く、甘く、食べごたえのある煮物と、
まるでピュレーの様にトロトロなポタージュ!
美味しさをしっかりと活かした絶品メニューでした。

かぼちゃは、β-カロテン、ビタミンC、ビタミンEと、
女性にやさしい栄養素がたっぷり含まれているのも魅力のひとつ。

まるで栗のようにホクホクしていて、
甘さが際立つ三浦のこだわりかぼちゃ!
完熟したかぼちゃの味覚を、この時期に味わってみてはいかがでしょうか!

20140630_11_15_39