fyb_switch_to_sp_js

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月28日 (土)

相模原のサムライ?ブルーベリー

相模原で、立派に実ったブルーベリーを収穫!

JR相模線「南橋本駅」から車で10分ほど、
相模原市緑区田名にある「こだわり苑」におじゃましました!

20140620_13_55_28
お話を伺ったのは、こちらでブルーベリーの栽培をされている、
古木昭さん。

古木さんはもともと、産業用検査機の開発に長年携わっていたエンジニア!
そこで培ったノウハウを活かして、独自の方法で果樹園を運営されています。

ブルーベリーには大きく分けて2種類の系統があります。
「ハイブッシュ系」…主に大きい実を付けるのが特徴。
「ラビットアイ系」…こちらは、甘い実を付けるのが特徴。

その2つの特徴をうまく組み合わせる為に、古木さんは研究に研究を重ね、
ラビットアイ系の根にハイブッシュ系の枝を継ぐという、「接ぎ木」に成功されています。

そんな古木さんの研究の成果が実ったブルーベリー!
さっそく、摘み取りにチャレンジしました!

20140620_13_42_31

20140620_13_11_36
実際に手に取ってみれば、品種によるブルーベリーの違いが明らか!
特に、北部ハイブッシュ系の品種「チャンドラー」は、
大きい物だと500円玉位の大きさ!
(写真左)

一般的な大きさで、ハイブッシュ系の中で甘さが際立っているのが「オニール」。
(写真右)

そして、マニアの人気ナンバーワンというのが「スパルタン」。
(写真中央)
味が濃く、納得の品種でした。

実際に試食してみながら、自分のお好みのブルーベリーを選ぶ事ができる、
「こだわり苑」のブルーベリー摘み取り体験!
8月20日頃まで続く開園期間中、朝6時から、お昼12時頃まで行っています。

詳しくは…
こだわり苑 ホームページ

続いては、こちらのブルーベリーを使ったスイーツを
販売しているお店があるという事なので、そちらに伺いました!

JR横浜線「橋本駅」から車で10分ほどの場所。
相模原市緑区下九沢にあるパティスリー、アンファンネージュ。

20140620_14_10_36

20140620_15_02_22
オーナーシェフの笹野和夫さんにお話を伺いました。

笹野さんは、もともと和食を勉強されていたそうなのですが、
そのうちフランス菓子の魅力に気づき、
ケーキなどを作るようになったのだそう。

相模原にお店を構えたのは、近くにご実家があり、
お店を開いて地元の人においしいお菓子を食べてもらいたい
という思いからなのだそうです。

オープンして今年で10年。現在は地元の方だけでなく、
各地からファンが訪れる程のお店になっています。

こちらで、こだわり苑のブルーベリーを使ったスイーツ、
ブルーベリーのシフォンケーキ、ブルーベリーのチーズタルトを頂きました!

20140620_14_35_18
「こだわり苑」の古木さんも納得!
美味しさを十分に引き立たせた逸品でした!

その他、店内には大切な人へのプレゼントにもピッタリな
スイーツなども沢山ありました。

こちらの営業時間は、朝10時から、夜8時まで。
火曜日と第三月曜日はお休みとなっています。

また、相模大野にある「伊勢丹相模原店」にも出店されているので、
そちらも合わせてチェック!

アンファンネージュ ホームページ

2014年6月21日 (土)

これであなたも玉ねぎっ娘!

今週は秦野市東田原で、
旬を迎えた玉ねぎの収穫体験をしてきました!

20140613_10_34_56
お話を伺ったのは、
畑の近くで牧場も経営されていらっしゃる、大津俊彦さん。

大津さんが育てているのは、水分が多く辛みが少ない「サラダ玉ねぎ」(早生)と、
ちょうどこの時期に収穫され、長期保存もきく普通に出回っている「玉ねぎ」(晩成)。

20140613_10_26_33
畑には、所々穴の空いた黒いビニールが覆われていたのですが、
その穴からアタマを覗かせるようにして、沢山の玉ねぎが植えられてありました。

さっそく、収穫体験!

20140613_10_27_16

20140613_10_23_08
力もいらずに片手でスルスルッと抜けました!

新鮮な玉ねぎを使った料理を食べてみたい!という事で、
今度は生でも食べられるというサラダ玉ねぎと、
それを使ったメニューを頂きに、大津さんが経営していらっしゃる
東秦牧場におじゃましました!

20140613_10_53_17
大津さんは、こちらの牧場で出た堆肥を利用して
玉ねぎを育てていらっしゃいます。

料理を作って頂いたのは、奥様の大津早苗さん。

20140613_11_02_54

20140613_11_01_26
用意して頂いたのは、
【玉ねぎサラダ】
【玉ねぎの油味噌】
【コンソメとベーコンで味付けをしたオニオンスープ】
【玉ねぎをそのまま蒸したもの】
【東秦牧場で作られたカッテージチーズ】

サラダ玉ねぎは、水にさらされていないのに辛くなく、
むしろ甘い!

とにかく甘さが際立っていて、素材の特徴をしっかりと印象づけたメニュー。
これからのレシピの参考になるようなものばかりでした。

常備野菜としておなじみの食材、玉ねぎ。
生活習慣病の予防などにもピッタリですので、
普段の生活で無理をされがちな方は特に注目!

2014年6月14日 (土)

小田原にうめぇ~季節到来♪

今週は、小田原で、収穫の時期を迎えた梅を堪能!

20140606_10_40_08
JR御殿場線「下曽我駅」そばにある、梅の里センターを訪ねました。

お話を伺ったのは、小田原市梅研究会で会長を務めていらっしゃる、穂坂成雄さん。

20140606_9_16_15
数々の名産がある小田原ですが、「梅」もその中の一つ。

かながわブランドにも指定されている小田原の梅は、歴史が古く、
戦国時代の武将、北条氏が統治していた以前から、
梅の栽培が行われていたと言われています。

20140606_10_27_11
そんな梅の歴史なども学ぶ事ができるのが、梅の里センター。
館内には、地元の梅農家の方々が漬け込んだという
年代ものの梅干しが資料として保存されてあります。

中には、1977年に宮中に献上されたという梅干しも展示されてありました。

こちらを訪ねる前に、
穂坂さんの梅林にもおじゃましたのですが、
およそ25アールの土地に、沢山の梅の木が並んでいました!

20140606_9_10_36
梅には沢山の品種があるということですが、
この日、穂坂さんに用意して頂いたのは、3種類。

20140606_10_07_00
左から、十郎小町→十郎梅→南高梅。

小田原では、様々な梅の品種を栽培していらっしゃる農家さんが多いのですが、
小田原で育てられ、命名された十郎梅への思いは強いようで、
昔ながらの製法、梅と塩だけで作られる十郎梅は「曽我の梅干し」などとして
各地で評価されています。

梅の里センターでも、十郎梅の商品が沢山売っていたのですが、
その中でも特に気になったのが、高級な十郎梅「雲上」。

20140606_10_12_29
大きなサイズの梅干しで、5粒入りの1ケースで、なんと税込1620円!
一粒およそ300円という立派な梅干しでした。

そんな十郎梅を使って、JAかながわ西湘 女性部の皆さんに、
とっておきのメニューを作って頂きました!

20140606_11_22_21

20140606_11_16_57
梅ご飯に、梅肉としそを使った豚肉巻きに、
同じく梅肉としそを使ったアジのフライ。
さらに、梅干しのドレッシングを使ったサラダ!

果肉が柔らかく、心地よい柔らかさの十郎梅を活かした4品!
とてもさわやかでこれからの季節にピッタリなメニューでした!

ご自宅で梅干しを作ってみたい、という方!
来週・火曜日、6月17日午前10時から正午まで、
小田原市民会館1階ロビーで生梅の展示即売会が行われます。

さらに、来週・木曜日、19日には、横浜のシルクセンタービル地下1階催事場で、
午前10時から午後3時まで、同じく展示即売会を開催。

そして、来週月曜日には、JAかながわ西湘直売所 朝ドレファ~ミ♪で、
農家さんによる梅干しづくりの実演講習会が開催されます。

詳しくはJAかながわ西湘営農部販売課、
電話番号 0465-38-0125まで、平日、お電話下さい!

JAかながわ西湘 ホームページ


さらに今週は、この番組の姉妹番組である
tvk「かながわ旬菜ナビ」で旬菜キャッチャーとして活躍している
山崎彩さんをゲストにお迎えしました!

20140604_12_13_26
tvk「かながわ旬菜ナビ」では、明日15日の日曜日朝9時から
“食・農・業がキニナル!?横浜線の旅”と題してお送りします。

長津田駅から東神奈川駅までのキニナル食と農と熟練の技をレポート。
番組オリジナルのザッキーホルダーやザッキータオルなどのザッキーグッズをはじめ、
番組で紹介するレストランの食事券などのプレゼントも!

かながわ旬菜ナビ

2014年6月 7日 (土)

『JA Farm まりころ』オープン

20140602_9_56_28
今週は、JA Fresh Marketの田んぼ、
「JA Farm まりころ」がオープン!
横浜市青葉区で、田植えにチャレンジしました!

「田奈恵みの里」で体験水田の講師をされている、
高橋啓司さんにお話を伺いました。

20140602_11_46_28
こちらは、横浜市より平成11年、
恵み豊かな里づくりを進めようと、
「田奈地区恵みの里」第1号店に指定された場所。
地元の農産物の販売や、市民の皆さんと農業体験もしています。

まずは、収穫への第一歩!苗を植えるところから!

頼もしい助っ人、JA田奈 青壮年部の
三澤元芳さんと一緒に苗を植えました!

20140602_10_40_25

20140602_10_40_05
足を置く位置を確保するだけでも精一杯!
およそ15センチの間隔で苗を植えていくのですが…。
スタートしてすぐ腰にきました。

しかしながら、時間をかけて無事、苗植え完了!!
高橋さんからは、皆で頑張ったという事で?100点を頂きました!

この後は草とり、案山子作り、その後に稲刈りをやって、
脱穀、籾摺り。そして、おいしいお米が食べられるという事で、
今後もさらに頑張っていきたいと思います!

さて、田植え体験も終えて、ちょっと一息。
田んぼから近くにある、JA田奈の農産物直売所
「四季菜館」にやってきました!

20140602_12_28_10
四季菜館の岡部晃太さんにお話を伺いました。

20140602_12_24_55

直売所とは思えない、蔵の建物に入ってすぐ、
ズッキーニ、新じゃが、きゅうりなど、朝どれの野菜が並んでいました。
その他、農具や肥料など多岐に渡り商品が揃っています。

20140602_12_30_07
中には、苗植えをサポートして頂いた三澤さんの
ご自宅で作られている、玉ねぎドレッシングも!!

20140602_12_32_29
6月28日・29日には、
四季菜館で2周年イベントが行われます。

この2日間では、野菜の福袋、お花の福袋などが
用意されてあるそうなので、ぜひ足を運んでみて下さい!

田奈 恵みの里