fyb_switch_to_sp_js

« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

エディブルフラワーレシピあれこれ♪

おはようございます! べジフルDJ・影山のぞみです。
私がベジフルDJを担当する最終回となった先週のFm yokohama84.7「JA Fresh Market」では、伊勢原市の加藤花園さんのエディブルフラワーを紹介しました。
ラストのベジフルDJレシピには、そのエディブルフラワーを使ったお料理を作りましたよ。


ポイントは、エディブルフラワーを
・いつものお料理に取り入れる
・野菜やフルーツ、ハーブと同じように使ってみる
・酸味と合わせる
です。


まずはお寿司にしてみました♪




『エディブルフラワーのケーキ寿司』

Dsc_0879

材料(直径10cmの丸型1台分):
エディブルフラワー 適量
イクラ 適量
漬け物(「日野菜漬」) 100g 
ご飯 中盛り3杯分
寿司酢 大さじ4


作り方:
【1】ご飯に寿司酢を混ぜる。
【2】漬け物は刻む。
【3】型にラップを敷き、[1]の1/3を入れたら[2]の半分をのせ、[1]の1/3→[2]の残り→[1]の残りを重ねて、ギュッと押して、お皿に抜く。
【4】上や周りにエディブルフラワーとイクラを飾ったら出来上がり♪

Img_6338

ポイント:
◆伊勢原市の加藤花園さんのエディブルフラワーを使っています。
◆ケーキ寿司には、色んな種類のお花をデコレーションすると華やかです。
◆イクラやトビコを一緒に飾ると、雫のようでみずみずしく仕上がります。
◆「日野菜漬」は滋賀県日野町の伝統野菜・日野菜の甘酢漬けです。根部分と葉部分を別々にサンドしています。大根やカブの漬け物の他にも、生姜や梅、高菜等の漬け物を使ってもよいですね。




番組でエディブルフラワーを使ったピッツァをいただいたRistorante Pizzeria Alberobelloでは、プーリア州の郷土料理を提供しているとの事でしたので、プーリアの郷土料理の1つ、オレキエッテと合わせてみました♪




『エディブルフラワーのレモンクリームオレキエッテ』

Dsc_0718

材料(2人分):
エディブルフラワー 適量
レモン 1/2個
[オレキエッテ]
強力粉 100g
塩 小さじ1/2
オリーブオイル 小さじ1
水 50ml程度
[レモンクリーム]
レモン汁 大さじ2
生クリーム 150ml
卵黄 1個分
パルメザンチーズ 大さじ4
塩・ブラックペッパー 適量


作り方:
【1】[オレキエッテ]全材料を混ぜ合わせたら、1つにまとめ、何度もよくこねる。30分程寝かせてから細く伸ばし、1cmにカットしたら、親指で生地を台にこすりつけるように生地をのばしつつ丸め、生地を反対に押し出して、耳の形にくぼませる。たっぷりの沸騰したお湯で茹でる。
【2】[レモンクリーム]鍋に全材料を入れて混ぜたら、火にかける。沸騰してチーズも馴染んだら、[1]を加えて和える。
【3】[2]をお皿に盛り、エディブルフラワーと輪切りにしたレモンを飾ったら出来上がり♪

Img_6445

ポイント:
◆伊勢原市の加藤花園さんのエディブルフラワーを使っています。
◆レモンクリームには、柑橘類のような風味がある黄色や白系のお花が合います。パスタのソースの色や味に、お好みでお花の色や風味を合わせてみてくださいね。
◆パルメザンチーズの代わりにとろけるチーズやクリームチーズを使ってもOKです。
◆伊勢原市のRistorante Pizzeria Alberobelloで教えていただいたオレキエッテは「小さな耳」という意味で、イタリア南部のプーリア州の郷土料理です。手軽に作りたい場合には、ジャガイモを使ったニョッキにしたり、乾麺のパスタを使ってみてもよいですね。




シメはフルーツ感覚でスイーツにしてみましたよ。
朝ご飯にも♪





『エディブルフラワーとクリームチーズのクロワッサンサンド』

Dsc_0732

材料(2個分):
エディブルフラワー 適量
クロワッサン 2個
クリームチーズ 50g
ハチミツ お好みで

作り方:
【1】クリームチーズは常温に戻すかレンジに少しかけ、やわらかくしてからハチミツを混ぜ合わせる。
【2】クロワッサンを横半分に切る。
【3】クロワッサンに[1]を塗り、エディブルフラワーを飾ったら出来上がり♪

Img_6353

ポイント:
◆伊勢原市の加藤花園さんのエディブルフラワーを使っています。
◆ピンク系のお花は華やかな風味で甘いものが多いので、フルーツ感覚で使えます。
◆クリームチーズの代わりにカッテージチーズや水切りヨーグルトを使っても。ハチミツの代わりにメープルシロップや砂糖を使ってもよいですね





これで、私が担当するベジフルDJレシピも最終回となりました。
今まで番組HPを見てくださり、放送を聴いてくださって、ありがとうございました。




食べる事って、とても楽しくて、身体にはもちろん、心にも栄養になりますね。
あなたにとっての御馳走は何ですか?
私にとっての御馳走は、私の為に作ってくれたお料理や、大好きな人達と食べるお料理です。
だから、この2年間、取材した農家さんや料理人の方々が作ってくれた農畜産物やそのお料理が何よりもの御馳走であり、大好きなスタッフさん達と食べられて、とても幸せな食事でした。
あなたにとっての御馳走が、これからもっと沢山、増えていきますように!




今週からFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」は、中込真理子さんが担当してくださいますよ。
新しい番組DJの活躍をお楽しみに!
4月からも是非ぜひ、聴いてくださいね♪

2014年3月29日 (土)

食べられる♪エディブルフラワー

影山のぞみ、最後のレポートとなる今週は、

エディブルフラワーとリニューアルしたJAいせはらの直売所「あふり〜な」。

そしてそのエディブルフラワーを使ったナポリピッツァ!

まずは、伊勢原市池端の加藤花園へ。

03291

こちらで栽培されている花は、エディブルフワラーという食べられる花。

ピンク色でハートの形の花びらをしているプリムラ、黄色のジュリアン。

それにビオラ、紫色のサイネリア4種類の花を頂きました。

03292 少し甘いものや酸味のあるものなど味もいろいろ。

エディブルフラワーは、気軽に普段使いで楽しで頂きたいという事。

加藤花園のエディブルフラワーは、伊勢原市農協の直売所で販売されています。

加藤花園の加藤京子さん。

03293

そして、JAいせはら農産物直売所「あふり〜な」伊勢原店へ。

00022

お話を伺った店長の多田政弘さん。

03296

あふり〜な伊勢原店の営業時間は、朝9時から夕方5時まで。

直売所名決定記念セールが、3月30日まで開催されています。

0463−93−8120

ラストにエディブルフラワーを使ったピッツァが楽しめるイタリアンに。

03297

こちらのお店は、「真のナポリピッツァ協会」の認定店

6月末までの限定メニューのエディブルフラワーを使ったナポリピッツァ

03298 料理長の永沼紘一さん

03299

リストランテ ピッツェリア アルベロベッロの営業時間は、

11時30分〜2時30分 ラストオーダー

夕方5時30分〜夜9時 ラストオーダー

詳しいお問い合わせは、0463-891-0088

2014年3月28日 (金)

春の息吹レシピあれこれ♪

おはようございます! べジフルDJ・影山のぞみです。
先週のFm yokohama84.7「JA Fresh Market」でお届けした横須賀市の山田孝志さんのタケノコとJAよこすか葉山の農産物直売所「すかなごっそ」でオススメしてもらったフキノトウを使って、この春に食べたいメニューを作りましたよ。
まずはタケノコおこわに桜の香りを添えて♪





『タケノコと桜のおこわ』

Dsc_0514

材料(2合分):
タケノコ 200g
桜の塩漬け 30g
もち米 1合
白米 1合
水 360ml
塩 適量
桜でんぶ・明日葉 適量


作り方:
【1】[タケノコを茹でる]タケノコは外皮を4~5枚はがし、先の方を斜めに切り、切り込みを入れる。たっぷりの水に米ぬかを入れてタケノコを弱火で1時間茹でたら、自然に冷めたら、皮を剥いて1口大に切る。
【2】もち米と白米を合わせてとぎ、水を加えて出来れば1時間程度浸しておく。
【3】桜の塩漬けは水で塩を落とし、花びらを取ってほぐし、ガクと軸は細かく刻む。
【4】[2]に[1]と[3]と塩を加えて炊飯器で炊く。器に盛り、お好みで桜でんぶと明日葉を飾ったら出来上がり♪

Attachment26

ポイント:
◆タケノコと明日葉は、横須賀市の山田孝志さんのものを使っています。桜の塩漬けは秦野のものです。
◆タケノコを茹でる時に米ぬかが無い場合には、お米のとぎ汁を使うか、1つかみのお米を加えて煮てもOKです。
◆お好みでお醤油を加えても。塩を抜いた桜の花を飾ってもよいですね。







もう1品は、お花見の時につまめるフィンガーフードにしてみました!




『タケノコとフキノトウのキッシュ』

Dsc_0529

材料(20cm角のバット1台分):
タケノコ 100g
フキノトウ 50g
卵 2個
生クリーム 200ml
とろけるチーズ 80g
塩・胡椒 適量
冷凍パイシート 1枚


作り方:
【1】[タケノコを茹でる]タケノコは外皮を4~5枚はがし、先の方を斜めに切り、切り込みを入れる。たっぷりの水に米ぬかを入れてタケノコを弱火で1時間茹でたら、自然に冷めたら、皮を剥いて1口大に切る。
【2】フキノトウは1/4に切る。
【3】バットにパイ生地を敷き、クッキングシート+重石か耐熱容器をのせ、200度で20分程度焼く。
【4】卵と生クリーム、塩・胡椒をよく混ぜ合わせる。
【5】[3]に[4]を流し入れ、[1]と[2]とチーズを散らし、200度のオーブンで30分程度こんがり焼いたら出来上がり♪

Attachment42

ポイント:
◆タケノコは、横須賀市の山田孝志さんのものを使っています。フキノトウはJAよこすか葉山の農産物直売所「すかなごっそ」の逆井直基さんにオススメしていただいたものです。
◆他にベーコンやホウレン草、コーン等を加えても彩りがよくなりますね。
◆つまみやすいように、四角や三角に切るとお花見やパーティーにピッタリです。








明日3月29日の朝8:00~8:30は私がお届けするFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」の最終回です。
伊勢原でエディブルフラワーとリニューアルした直売所「あふりーな伊勢原店」を紹介。
イタリアンのレストランでは、エディブルフラワーを使ったナポリピッツァをいただいてきましたよ。
お楽しみに♪

2014年3月22日 (土)

春の息吹は大地から

今週は、春の息吹、横須賀のたけのこをレポート、

そしてお寿司屋さんでふきのとうの天ぷらを頂きました。

まずは、横須賀市の山田孝志さんの竹林を訪ねました。

竹林は、全部で5カ所あって、今年は1月からタケノコを出荷されているそうです。

そして、タケノコ掘りにチャレンジ!

03221

息子さんの和輝さんに手伝ってもらい、タケノコを掘りました。

左が和輝さんが堀ったタケノコ、右が影山が堀ったタケノコ。

左は、根本が切れてないのが、分かりますか!

03222山田さんのタケノコは「すかなごっそ」で販売されています。

左)山田和輝さん、右)山田孝志さん

03223

そして、JAよこすか葉山の農産物直売所「すかなごっそ」へ!

03225 逆井直基さんに春のオススメを聞きました。

JAよこすか葉山農産物直売所「すかなごっそ」の営業時間は、

朝9時30分から夕方6時まで。水曜日が定休日です。046−856−8314

03226

ふきのとうの天ぷらを頂きに、横須賀市芦名のsushi栗林へ!

ふきのとうと菜の花の天ぷら。

こちらは、コースメニューの一品として今だけ提供されています。

03228

こちらは、お寿司の他に一品メニューも多く、

その他にもキャベツの洋風マリネやギョウザも頂きました。

03229 女性お寿司職人の栗林満奈さん

032210

sushi栗林の営業時間は、

お昼が11時30分〜2時(ラストオーダー2時30分)

夜が、夕方5時〜夜9時(ラストオーダー8時30分)まで

水曜日と第3火曜日がお休み。046-858-0179

2014年3月21日 (金)

JA Fresh Farm野菜レシピあれこれ♪

こんにちは! べジフルDJ・影山のぞみです。
先々週のJA Fresh Marketでお届けしたこの番組の畑・JA Fresh Farmの最終回ですが、最後の収穫をした野菜を使って簡単レシピを作ってみました。
まずは、ハウスで栽培した野菜と芽キャベツ、貯蔵しておいたアピオスをサラダにして、先日、紹介したセレサモスのブロッコリードレッシング「モスドレ」をかけていただきます♪



『JA Fresh Farmサラダ ~モスドレをかけて~』

Dsc_0470_2

材料(2人分):
虹色菜(スイスチャード) 適量
ベビーロケット(ルッコラ) 適量
赤丸はつか(ラディッシュ) 適量
芽キャベツ 適量
アピオス(アメリカほど芋) 適量
塩 ひとつまみ
モスドレ(ブロッコリードレッシング) お好みで


作り方:
【1】鍋にたっぷりめの水と塩、アピオスを入れて火にかける。沸騰したら、芽キャベツも入れて、それぞれ火が通るまで加熱し、半分に切る。
【2】お皿に虹色菜とベビーロケット、赤丸はつか、1を盛り付ける。モスドレをかけて出来上がり♪



Img_5956_2

ポイント:
◆野菜は全て、この番組の畑・JA Fresh Farmで栽培したものを使っています。
◆モスドレ(ブロッコリードレッシング)は、JAセレサ川崎のファーマーズマーケット「セレサモス」のオリジナルドレッシングです。
◆野菜の表面と一緒に断面も見せて、様々な色や形を楽したいですね♪









芽キャベツはやっぱり定番のシチューに。
ここでも貯蔵しておいたアピオスと彩誉を入れてみましたよ!





『JA Fresh Farmシチュー』

Dsc_0430

材料(4人分):
芽キャベツ 16個
アピオス(アメリカほど芋) 16個
彩誉(ニンジン) 1本
鶏もも肉 1枚
バター 10g
薄力粉 大さじ3~4
水 200ml
牛乳 300ml
塩・胡椒 適量

作り方:
【1】芽キャベツとアピオスは半分に、彩誉はイチョウ切りに、鶏もも肉は1口大に切る。
【2】鍋にバターを溶かして鶏肉とアピオス、彩誉をよく炒める。
【3】火を止めて、薄力粉をまぶし入れて全体を混ぜ合わせたら、水と牛乳を入れて火にかける。
【4】とろみが付いて、材料に火が通ったら、塩・胡椒で味を調えて出来上がり♪



Img_5986

ポイント:
◆野菜は全て、この番組の畑・JA Fresh Farmで栽培したものを使っています。
◆味付けが物足りない時にはコンソメやチーズ、生クリームをプラスして旨味やコクをプラスしても。
◆薄力粉や水の量でお好みのとろみに調節してくださいね。
◆薄力粉や塩・胡椒の代わりに、シチュールーを使ってもOKです!








*JA Fresh Farmでの野菜作りを指導してくださったJA相模原市の営農センターの皆さん、御協力くださったJA相模原市の広報の皆さん、ありがとうございました!!*




明日3月22日の朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
横須賀市のタケノコ農家さんとJAよこすか葉山の農産物直売所「すかなごっそ」を紹介し、地元の旬食材をカジュアルに楽しめるお寿司屋さんでフキノトウの天ぷらをいただいちゃいますよ。
エンディングにお知らせもあります。お楽しみに♪

2014年3月15日 (土)

ちがさき牛、新たな挑戦!

今週は、ちがさき牛の新たな挑戦、

そして、ちがさき牛を使った中華料理を紹介します。

茅ヶ崎市芹沢にある斉藤牧場へ!こちらがちがさき牛。

03151斉藤牧場は、飼料、水、牛舎にもこだわりが!

03153牧場の入り口には、何と珍しいお肉の直売所も。

さらに、ビーフジャーキー、ローストビーフ、牛肉の一夜干しなどの加工品も販売。

こちらは、新商品のちがさき牛のパストラミビーフ!

03152

斉藤牧場の斉藤忠道さん。夢は、地元の食材を使ったレストラン経営!

直売所の営業時間は、金、土、日の朝10時から夕方5時まで

詳しいお問い合わせは、0467-51-0128

03154

茅ヶ崎には、斉藤牧場のちがさき牛を使っているレストランが数十件も。

その内の1件、中華料理の「弄堂里(ロンタンリ)」へ。

031553月30日まで、ちがさき牛まつりが実施中。

03156

ちがさき牛バラ肉トロトロ煮込みを頂きました。

03157

オーナーシェフの雲井遠東さん

03158

中華料理「弄堂里(ロンタンリ)」は、JR茅ヶ崎駅北口から徒歩およそ4分。

営業時間は、お昼が11時30分〜3時(ラストオーダー2時30分)

夜が、夕方5時30分〜夜10時(ラストオーダー9時30分)まで

月曜日と第3火曜日がお休み。

詳しいお問い合わせは、0467-88-5980

2014年3月14日 (金)

JA Fresh Farm 日誌 (最終回)

こんにちは! ベジフルDJ・影山のぞみです。
この番組の畑・JA Fresh Farmも今月で丸1年、最終回ということで、最後の収穫に行ってきました。
まずは、ハウスで播いた野菜達の様子を覗いてみると・・・

Img_5924_2

元気、元気!!
下の写真左から時計回りに、ミックスベビー(2色の長いはつか大根)、虹いろ菜(スイスチャード)、小松菜、ベビーロケット(ルッコラ)。
背丈もサラダで食べるにはちょうどよいサイズになってます。

2

下の写真は赤丸はつかというラディッシュ。
大根の仲間だから、葉っぱは大根葉にそっくりですね。
赤い茎の先、土の中には、赤い根が丸く膨らんでいるはず。

Img_5938

先週の番組で、畑の最終回のレポートをお伝えしましたが、その収録があったので、JA相模原市 営農センターの坂本さんにお話を伺いながら収穫&お味見しましたよ。
リーフ類は甘さもあって、いいお味♪

Img_5953

赤丸はつかやミックスベビーは茎が伸びすぎてしまって、実があまり大きくならなかったのですが、それでも、ピリッとした辛味が爽やかです。
この1年は、こうやって沢山の野菜の収穫&畑でお味見もいっぱいできました!

Img_5956

畑で食べたもぎたての生のトウモロコシ(味甘ちゃんやピクニックコーン)やヤングコーンも美味しかったなぁ。
私のたっての希望で栽培したビーツやアピオス、フェンネル、コリアンダー、サラダゴボウ、コールラビ、紅菜苔、彩誉、芽キャベツ、etc… 育てる喜びもひとしおでした。

Img_5962

そして、今回、最後の畑の収穫となったのは、7月末に種を播いた芽キャベツ。
あの大雪で芽キャベツはすっかり埋もれてしまったそうで、この日はまだ雪が残っていましたが、芽キャベツは驚くほどしっかり成長してくれていましたよ。

Img_5971

上の部分が結球していて、普通のキャベツみたいですが、主役の芽キャベツは、茎の下にみっしりと密集していました。

Img_5967

心配していた大きさも、大きいものだとピンポン玉位あり、十分です♪
シチューやカレーに入れたり、温野菜やソテーにしたりしたいな。
そのためにも収穫です!

Img_5963

はさみで茎の根元を切って、一輪車へ。
葉や茎を取ってから、芽キャベツを手で取っていきますが、それは、営農センターに戻って、みんなで作業することにしました。

Img_5978

センターに戻る前に、畑との最後のお別れ。
坂本さんと西河原さん(この畑の園長さん)と一緒に、看板前で記念撮影をしました。
立派な看板のある畑で、農業をさせてもらえて、とても嬉しかったです。

Img_5986

種播きや収穫はもちろん、草むしりの作業も結構、夢中になってしまいましたし、いつも営農センターの皆さんがお手伝いしてくれたり、周りの畑のお仲間が声をかけてくれたりしたのも、すごく有難かったです。
そして、12月の番組300回記念にJA相模原市の農産物直売所「べじたべーな」で、リスナーの方にもこの畑で作った野菜を使ったすいとんを食べて喜んでもらえて、感激でした。

Img_5993

上の写真は、左から、金井さん、西河原さん、坂本さん、岡本さん、山崎さん。
皆さん、本当にどうもありがとうございました。
お世話になりました!

このJA Fresh Farmの様子を楽しみにしてくださった皆さんも、ありがとうございました!!





明日3月15日(土)朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
茅ヶ崎で、ちがさき牛の6次産業化と地産地消に取り組む畜産農家さんと、そのちがさき牛の美味しさに魅了された中華料理のシェフにお話を伺いました。
ちがさき牛の美味しい加工品&中華料理も堪能ちゃいましたよ。お楽しみに♪

2014年3月 8日 (土)

がんばれ!ヤングファーマー

今週は、川崎でいちご作りにチャレンジしている農家さん、

そしてファーマーズマーケット、セレサモスを訪ねました。

まずは、川崎市黒川でイチゴ作りにチャレンジされている元木農園を訪ねました。

03081

元木さんのいちごハウスは、温度や水、肥料などがコンピューターで

管理されていて、屋根は特殊な磨りガラスみたなものになっていました。

(左)章姫、(右)紅ほっぺ

03082

元木さんのいちごは、ファーマーズマーケット、セレサモスのみで販売されています。

就農されて4年目、いちごは昨年から栽培を始めた園主、元木要介さん。

03084

ファーマーズマーケット、セレサモスへ。

03085

元木さんのイチゴ、そしてドレッシングを見つけました。

03086

昨年12月に発売されたブロッコリードレッシング

03087

店長の桐生榮子さん

03088

セレサモスの営業時間は、朝10時から夕方5時まで。

水曜日定休。お問い合わせは、044-989-5311

030810

相模原にある番組の畑、「JA Fresh Farm」で最後の収穫をしました。

JA相模原市営農センターの坂本さんをはじめ、多くの方にご協力を頂きました。

ありがとうございました。

03089

2014年3月 1日 (土)

桃の節句は春の訪れ

今週は、秦野のおこし、「桃の里」づくりの取り組みについて紹介します。

まずは、秦野市菖蒲の傾斜地にある桃の畑を訪ねました。

03011

「桃の里」は、遊休農地の有効活用の一つとして取り組んでいて、今年で4年目。

最初120本くらいの桃の木でスタートしたそうですが、今では400本近くに。

春には、桃の花が咲き、6月上旬から桃が出荷されるそうです。

一般的な桃よりも半月から1ヶ月近く早く、直売所「じばさんず」で販売されます。

お話を伺った菖蒲集落組合・菖蒲地区農村景観保全会、(左)代表の矢口敏郎さん

(右)諸星安芳さん。

03012

桃畑を後にして、直売所「じばさんず」に。

そこで桃の節句にぴったりな物を発見。

03014

それがこれ!5色の「丹沢おこし」!

03013早速、秦野駅北口から徒歩およそ12分の城田屋製菓へ。

03015

こちらの城田屋製菓さんは、創業150年以上の老舗。

5色の「丹沢おこし」をはじめ、多くの和菓子を頂きました。

03016伝統を受け継ぎながらも、若い人にも和菓子を味わって欲しいと和洋折衷的な和菓子も

作られています。

03017

城田屋製菓の和菓子は、店頭、その他じばさんずなど多くのお店に卸されています。

詳しいお問い合わせは、0463-81-0770