fyb_switch_to_sp_js

« クリーン作戦展開中〜平塚〜 | メイン | 農家直送!新鮮野菜ランチ♪ »

2014年2月 7日 (金)

JA Fresh Farm 日誌 (2/7)

こんばんは! ベジフルDJ・影山のぞみです。
この番組の畑・JA Fresh Farmも来月でちょうど1年。
先月、種播きをした野菜達は、ハウスで芽を出していました。

Img_5311

下の写真左から時計回りに、虹いろ菜、ベビーロケット、ミックスベビー、赤丸はつか。
虹いろ菜は別名スイスチャードと言うアカザ科のビーツの仲間で茎が黄色と赤紫をしていますね。
ベビーロケットはルッコラの若い芽で、ゴマの香りとピリッとした辛味が特徴♪

1_2

ミックスベビーは、はつか大根(ラディッシュ)の仲間で、白と赤の長細いミニ大根になるので、根元が白のものと赤のものがありますね。
赤丸はつかは、一般的な赤くて丸いはつか大根です。

Img_5303_2

中でも一番元気だったのが、小松菜。
わーっと密集して、青々とした葉を伸ばしています。
どれもこのままでは大きくなれないので、間引きしていきますよ~!

Img_5337

JA相模原市 営農センターで研修していらっしゃる林さんにお手伝いしてもらいました。
抜いてしまうのは可哀想ですが、密集していると日光不足や肥料不足になってしまうとの事なので、大きくなるのに必要な間隔を十分に空けてあげます。
心を鬼にして(笑)、泣く泣く抜いていたら・・・

Img_5334

赤丸はつかの中に、根元が少~し、ぷくっと膨らんできているものが♪
うんうん、早く膨らんでいくように、きちんと育ててあげないとね!
間引きした若い芽だって、このままサラダにしたり湯がいたりして食べられます。

Img_5341

食べてみたら、それぞれきちんと香りや辛味、甘味がありましたよ。
林さんは、御自身で今、葉ものの野菜(小松菜やホウレン草等)を中心に栽培されているそうで、「葉ものは他の野菜(実や根の野菜)と比べて早く収穫できるし、なかなか面白いんですよ」って教えてくれました^^



さて、後は畑での作業を。
これこれっ! 収穫が楽しみな芽キャベツです。
随分、葉が横に広がり、茎も上に伸びてきましたねぇ。

Img_5314

霜にあたって少し紫がかっていますが、根元の茎の周りには、ビー玉より大きくなってきた芽キャベツが沢山付いていましたよ。
来月には収穫できるとよいな♪

Img_5316

このJA Fresh Farmも来月で1年という事で、畑作業もひとまず終了となる為、畑に残っているものを綺麗に抜いて、営農センターにお返しする準備を始めました。
ちょっぴりしか実にならなかったけれど、頑張ってくれた大豆にも感謝を込めてお別れです。

Img_5323

作業をしていたら、前の畑の農家さんが声をかけてくれて、ハウスをちょっと見学させてもらう事に。
温かいハウスの中は土のいい匂いがして、美しいホウレン草や小松菜がお行儀よく育っていましたよ。

Img_5325

帰りには、そのホウレン草や小松菜、カブまで、お土産にいただいちゃいました!
ありがとうございました。
時々、声をかけてくれたり、アドバイスしてくれたりと、畑のお仲間が沢山できた事にも感謝です。

Img_5329




明日2月8日(土)の朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
川崎でイタリアの家庭料理や郷土料理を楽しめるイタリア食堂「Zacchi」をレポート。
そちらで食べられる新鮮野菜をお店の目の前の畑で作っている農家さんも紹介しますよ。
お楽しみに♪

コメント

芽キャベツ入りのシチュー食べた~いですhappy01

なかなか一人シチューは、作らないので…

今朝は、銀世界ですね

野菜達は大丈夫かなぁ…

ベビーリーフ系いっぱい!
プランターごとかぶりつきたい!(゚〇゚)ムシャリ!
家庭菜園でやるときは、収穫後ナタネ科を育てた土は一旦、休ませてあげた方がいいんですかね?

昨年できなかったけど、今年はリスナーとの収穫祭があったらいいなって思います。 収穫はやりますので、影山さんには美味しいお料理を作っていただければ。。

カズミ。さん、ありがとうございますski
やっぱり芽キャベツはシチューに入れたいですよねrestaurant
雪で畑が心配ですが、冬の畑の野菜は、雪に埋もれても強いんだよって、今週取材した(明後日紹介する)横浜の農家さんが言っていましたbud
来週、見てきますよsnow


厚木市の紫烏龍茶さん、ありがとうございますpen
アブラナ科の野菜は連作障害を起こしてしまいますものね!bleah
一度休ませて農薬や日光、温度等で消毒をしたり、肥料を加えたりしてから、別の科の野菜を栽培するのがよいかなと思うのですよbud


横浜与一さん、ありがとうございますclover
リスナーさんとの収穫祭やお料理を食べていただく機会があったらとても嬉しかったのですが、畑は今年度でひとまず終了なのですよcherryblossom
ごめんなさいbearing
みんなで収穫をしたり、栽培を経験したりする企画って、素敵ですよねgoodshine

コメントを投稿