fyb_switch_to_sp_js

« さがみプリンプリン物語 | メイン | 川崎フルーツ天国 »

2013年10月25日 (金)

JA Fresh Farm 日誌 (10/25)

おはようございます。ベジフルDJ・影山のぞみです。
昨日は台風の影響で雨降りでしたが、秋野菜の様子を見に行ってきました。
JA相模原市オリジナルのキャップとヤッケ(防風・防水用の上着)&ズボンで雨もなんのその~!

Img_2935

私のお気に入りのニンジン「彩誉」(あやほまれ)を間引きした所、生育良好。
色も濃くて形も綺麗です。


下の写真は左から芽キャベツと紅菜苔(こうさいたい)。
前回はあんなに瀕死の状態だった紅菜苔も生き返りました!

2

上の写真は左からフェンネルとアピオス。
アピオスは葉の色が黄葉し始めていますが、葉が枯れたらいよいよ収穫です。


下の写真は、フェンネル(ウイキョウ)のお花なんですよ。
水玉と相まって何とも美しい♪

Img_2967

お花の後に実る種は、「フェンネルシード」と呼ばれ、ヨーロッパではよく粒状や粉末にしたものがスパイスとして、魚料理のソースやスープ、又、パスティス等のお酒の香り付けに使われています。
茎の根元は煮込み料理に、葉っぱはハーブとしてサラダや魚のソテーに使っても美味しいですよ。

Img_2932

心配だった大豆(津久井在来大豆と鶴の子大豆)も実の付きは少ないけれど、膨らんできました。
下の写真は左からサラダゴボウとあやめカブ。
あやめカブは唯一、残った奇跡の1株です~(よくぞっ(涙))。

1

ビーツや焼肉レタス(サンチュ)には収穫出来るものもありましたよ。
サラダゴボウの収穫はまだまだですが、試しに掘って見る事に。
間引きしてみたら・・・

Img_2969

こんなに長~く、素直に伸びてるーっ!!
種蒔きする前に、トレンチャー(溝掘機の一種)で掘ったお陰ですね。
洗って食べてみたら、アクが無くて、優しいゴボウの味がしましたよ。



今が旬のサツマイモ(「紅あずま」と紫芋「パープルスイートロード」)も掘ってみました。
JA相模原市 営農センターの山崎さんにカマの使い方を指導してもらい、ツルを切ってから、周りの土を除いて掘り起こします。

Img_2974

サツマイモの出来はなかなか♪
さぁ、収穫したら、営農センターに持ち帰って、野菜に付いた土を洗い流しましょ。
高圧洗浄機を使って、掘り立てのサツマイモの皮が剥けない程度に洗浄します。

Img_2982

ほら!
綺麗になった^^
手前のふっくらしている方が「紅あずま」、奥の細長い方が紫芋の「パープルスイートロード」です。

Img_2985

営農センターで西河原課長が、紫芋を蒸かしてくれました。
ねっとり緻密な感じとほのかな甘味が。
収穫後、2週間位置いておくと、デンプンが糖質に変わり、甘みが増すのだそうです。

Img_2989

食べるのはしばし我慢。
その間、サツマイモレシピを色々考えておこうっと!

明日10月26日(土)朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
川崎で貴重なキウイやイチジクをレポート。オシャレな直売所兼カフェも紹介しますよ。
是非、聴いてくださいね♪

コメント

今週も楽しみに聴いてますネ!

のぞみさん 畑の野菜達が無事で良かったですねhappy01

頑張ってくれましたね

僕も植物を育てていますが、改めて生命力の強さ有り難さが分かりました

自然って素晴らしいですね

サツマイモやカボチャは収穫してから二週間程、風通しの良い日陰に置いてキュアリング(風乾)すると澱粉が糖に変化して甘くなるのです!

雨のなか お疲れ様です。
収穫して2週間なんですね。

掘ってすぐのほうが新鮮で旨いと思ってました。
また1つ勉強させてもらえました。。

>yokkoさん、ありがとうございます♪
いつも聴いてくださってとっても嬉しいです^^

>カズミ。さん、ありがとうございます♪
本当、植物は強くてたくましいですよね!
尊く素晴らしい自然を大切にしていきたいですね。

>松ちゃん、ありがとうございます♪
収穫してからのキュアリングがサツマイモのあの甘みを生み出してくれているのですね!

>横浜与一さん、ありがとうございます♪
本当、野菜によっては、収穫したてのものが美味しいものと、少し寝かしておいたり追熟させたりした方が美味しいものとがあるのですねぇ!!

コメントを投稿