fyb_switch_to_sp_js

« 命をつなぐリレー・フォー・ライフ | メイン | 相模原産八つ頭でございマス。 »

2013年10月 4日 (金)

JA Fresh Farm 日誌 (10/4)

おはようございます。ベジフルDJ・影山のぞみです。
秋野菜の芽がその後、どうなったのかちょっぴり心配に、でも、楽しみにしながらJA Fresh Farmに向かいました。1_2

上の写真、左上から時計回りに焼肉レタス(サンチュ)、芽キャベツ、サラダゴボウ、紅菜苔。
紅菜苔は水が足りないのか、ちょっと苦しそうでしたが、後は順調!

Img_2556

じゃん!
こちらは私の大好物のビーツ(別名:火焔菜。中まで赤く、ロシア料理のボルシチに使われます)。
もう収穫出来る大きさのものがありましたよ。

 

下の写真、左上からあやめカブ、ビーツ、津久井在来大豆、彩誉。

2_2

8月下旬に蒔いた彩誉(ニンジン)は生育良好でしたが、あやめカブは唯一この1株だけが育ち、他は全て姿を消していました。
鶴の子と津久井在来を植えた大豆も、背丈が低く、房も少なくてまだ膨らんでいません。
これから成長してくれるのかな?

初夏に蒔いたベーターリッチ(ニンジン)を掘ってみました。
奥深くまでよく伸びていますね。

Img_2506

でも、他の株の表面を見てみたら、ボコっと膨らんだでっぱりがあります。
どうしてだろうと思っていたら、御近所の農家さんお2人が来てくださり、

「こりゃ~、ネマと言われる線虫だよ。土の中にいて、根にコブを作るネコブ線虫だな。土壌消毒が必要だよ」


と教えてくれました。Img_2533

「それと、もう大豆もこれじゃ大きくならないな。土の栄養が足りないんだよ」


と言って、農家さんが栽培されているぷっくり膨らんだ枝豆をくれました。
土の状態をしっかり把握しておく事が大切なのですね!

Img_2579_2

こちら(写真上、下)は春に植えたアピオス(ホド芋)。
ちょっぴり掘ってみたら、親芋の周りに根が伸びて、子芋が連なっていました。
まだ大きくなりそうなので、土を被せて、もうひと頑張りしてもらいましょ♪

Img_2578

サツマイモの紅あずまと紫芋のパープルスイートロードは随分、葉が生い茂りました。

Img_2581_2

紅あずまを掘り起こしてみたら、前回よりもふっくらと膨らんできています。

Img_2571

今月中旬~下旬が掘り時かしら♪

Img_2582

春に蒔いたフェンネル(ウイキョウ)はいつの間にか株の根元が立派になっていました。
もうちょっと大きくしてみましょ♪

Img_2589

この日はJA相模原市 営農センターの金井さんが除草作業を手伝ってくれて、最後にはキャベツの植え付け作業を終えて駆け付けてくれた西河原さんと坂本さんが追肥をしてくれましたよ。
土の健康状態のことに気付かされた1日でした。


 

明日10月5日(土)朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
相模原でこれから収穫期を迎える里芋と相模原の食材たっぷりのイタリアンを紹介しますよ。
是非、聴いてくださいね♪

コメント

土も野菜もデリケートなんだね。

土いじり、いいですねぇhappy01

僕も大好きですscissors

ネコブ線虫…園芸の牡丹や芍薬栽培でも天敵です

マリーゴールドを植えると良いようですよhappy01

これからの収穫も楽しみですね
採れたて野菜は、最高~です!
のぞみさん 秋の収穫楽しんでくださいね~

>カズミ。さん、ありがとうございますpencil
ネコブ線虫は牡丹や芍薬においても天敵なのですか!impact
マリーゴールドと言う事は、なるほど、コンパニオンプランツですねbudshine
秋の収穫、楽しんでいきます~deliciousapple

>横浜与一さん、ありがとうございますclover
土も野菜の事を思うと本当に大事にしてあげなくてはと思いましたよbud
野菜作りは土作りから、ですねapplericeball

ネコブ線虫対策には緑肥作物の鍬込みという方法もあります。ねまへらそうや緑肥ヘイオーツがネコブ線虫被害を抑えるようです。

松ちゃんさん、ありがとうございます♪
ネコブ線虫対策には緑肥の鍬き込みが効果的なのですね‼
良いアドバイスを感謝感謝ですよ\(^o^)/

コメントを投稿