fyb_switch_to_sp_js

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月26日 (土)

川崎フルーツ天国

今週は、「川崎フルーツ天国」と題して、貴重なキウイやイチジクをレポート。

またオシャレな直売所兼カフェにも行って来ましたよ。

まずは、川崎市宮前区、東急田園都市線、宮前平駅から徒歩2分の「安藤園」に!

見事なキウイが棚一面に。

10261

こちらのキウイは、ブルーノという品種で通常のキウイよりも

かなり大きく、酸味がありません。

10262_2

収穫体験をさせて頂きました。少し上にひねって、引っ張るとすぐに穫れました。

どうですか!この違い!

10263_2

安藤園のイチジクも栽培されています。イチジクは今月一杯くらいだそうです。

10264_2

キウイは、11月1日から自宅で販売されます。

お話を伺った園主の安藤秀男さん。

10265_2

安藤園のお問い合わせは、044−877−0195 もしくは、こちら

そして同じく宮前区の直売所兼カフェ「ARIKA313」へ!

10266_2

お店の名前は、有馬果樹園を経営されているので、その「アリカ」、

そしてオーナーと仲間の誕生日が共に3月13日なので「313」、で「ARIKA313」に!

お店の横には自動販売機も。

102671_2

基本的には直売所なんですが、木曜日と金曜日のお昼は、カフェとしても営業。

野菜を中心としたランチが人気!

10267_2

直売所兼カフェ「ARIKA313」のオーナー、持田あけみさん。

10268_2

「ARIKA313」の営業時間は、木曜日、金曜日の11時30分から夕方3時まで。

詳しいお問い合わせは、070−5544−9736

2013年10月25日 (金)

JA Fresh Farm 日誌 (10/25)

おはようございます。ベジフルDJ・影山のぞみです。
昨日は台風の影響で雨降りでしたが、秋野菜の様子を見に行ってきました。
JA相模原市オリジナルのキャップとヤッケ(防風・防水用の上着)&ズボンで雨もなんのその~!

Img_2935

私のお気に入りのニンジン「彩誉」(あやほまれ)を間引きした所、生育良好。
色も濃くて形も綺麗です。


下の写真は左から芽キャベツと紅菜苔(こうさいたい)。
前回はあんなに瀕死の状態だった紅菜苔も生き返りました!

2

上の写真は左からフェンネルとアピオス。
アピオスは葉の色が黄葉し始めていますが、葉が枯れたらいよいよ収穫です。


下の写真は、フェンネル(ウイキョウ)のお花なんですよ。
水玉と相まって何とも美しい♪

Img_2967

お花の後に実る種は、「フェンネルシード」と呼ばれ、ヨーロッパではよく粒状や粉末にしたものがスパイスとして、魚料理のソースやスープ、又、パスティス等のお酒の香り付けに使われています。
茎の根元は煮込み料理に、葉っぱはハーブとしてサラダや魚のソテーに使っても美味しいですよ。

Img_2932

心配だった大豆(津久井在来大豆と鶴の子大豆)も実の付きは少ないけれど、膨らんできました。
下の写真は左からサラダゴボウとあやめカブ。
あやめカブは唯一、残った奇跡の1株です~(よくぞっ(涙))。

1

ビーツや焼肉レタス(サンチュ)には収穫出来るものもありましたよ。
サラダゴボウの収穫はまだまだですが、試しに掘って見る事に。
間引きしてみたら・・・

Img_2969

こんなに長~く、素直に伸びてるーっ!!
種蒔きする前に、トレンチャー(溝掘機の一種)で掘ったお陰ですね。
洗って食べてみたら、アクが無くて、優しいゴボウの味がしましたよ。



今が旬のサツマイモ(「紅あずま」と紫芋「パープルスイートロード」)も掘ってみました。
JA相模原市 営農センターの山崎さんにカマの使い方を指導してもらい、ツルを切ってから、周りの土を除いて掘り起こします。

Img_2974

サツマイモの出来はなかなか♪
さぁ、収穫したら、営農センターに持ち帰って、野菜に付いた土を洗い流しましょ。
高圧洗浄機を使って、掘り立てのサツマイモの皮が剥けない程度に洗浄します。

Img_2982

ほら!
綺麗になった^^
手前のふっくらしている方が「紅あずま」、奥の細長い方が紫芋の「パープルスイートロード」です。

Img_2985

営農センターで西河原課長が、紫芋を蒸かしてくれました。
ねっとり緻密な感じとほのかな甘味が。
収穫後、2週間位置いておくと、デンプンが糖質に変わり、甘みが増すのだそうです。

Img_2989

食べるのはしばし我慢。
その間、サツマイモレシピを色々考えておこうっと!

明日10月26日(土)朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
川崎で貴重なキウイやイチジクをレポート。オシャレな直売所兼カフェも紹介しますよ。
是非、聴いてくださいね♪

2013年10月19日 (土)

さがみプリンプリン物語

今週は、春にオープンした「グリーンセンター綾瀬」と

鈴保養鶏園のこだわりのプリンをレポートします。

まずは、今年4月12日にオープンした綾瀬市深谷の「グリーンセンター綾瀬」に。

10191

とても明るい店内で、地元の新鮮な農産物と資材が売られています。

また加工品も充実していて、店長からオススメして頂いたのが、こちらのプリン!

10192

お話を伺った店長の内海憲二さん。

10193

「グリーンセンター綾瀬」、

営業時間は、朝9時から夕方5時まで。毎月第3水曜日が定休日。

電話0467(79)0808。

そして、店長に紹介して頂き、プリンを作られている鈴保養鶏園へ!

10194

特別にゲージの中に入らせて頂きました。全部で3万羽のにわとりがいるそうです。

そしてたまごを洗浄、パック詰めするGPセンター!

10195

GPセンターの横にある直売所では、プリンをはじめ様々な加工品が販売されています。

10196

鈴保養鶏園の鈴木光太郎さん。

Img_2776

鈴保養鶏園の営業時間は、朝10時から夕方5時まで。

水曜日が定休。

詳しいお問い合わせは、0467-70-2011まで

2013年10月12日 (土)

潜入!あぐりんずつくい!

今週は、10月10日にグランドオープンした「あぐりんずつくい」のプレオープンに

潜入。最新情報と生産者の方にもお話を伺って来ました。

まずは、「あぐりんずつくい」のプレオープンに。

10121

10122

オープン前に「あぐりんずつくい」店長の佐藤勲さんにお話を伺いました。

10124オススメの商品を紹介して頂きました。「ベーグル」と「谷中しょうが」

10123

そのベーグルを作られている藤野ベーグル工房の戸澤淳さんが、

お店にいらっしゃったのでお話を聞きました。

10125

続いて、「あぐりんずつくい」の店長に紹介して頂いた谷中しょうがを作られている

農家さんへ。

こちらが、生で食べて美味しい谷中しょうが!

10126

お話を伺った若手のホープ!Aコープの直売所組合の副組合長の小川寿さん。

10127

藤野ベーグル工房のベーグル、小川さんの谷中しょうがは、

「あぐりんずつくい」で購入出来ます。

相模原市緑区にオープンした「あぐりんずつくい」は、

現在、オープニングイベント開催中。

そして今日(10/12)は、店長に「ラジオ聞きました」と言って頂ければ、

先着順にステッカーが貰えます。佐藤店長を探してみて下さい。

営業時間は、9時30分〜午後6時。水曜日定休。

詳しいお問い合わせは、こちら

2013年10月10日 (木)

里芋レシピあれこれ♪

おはようございます! べジフルDJ・影山のぞみです。
先週のJA Fresh Marketで紹介した相模原産の里芋と八ツ頭を使って、お料理してみましたよ。
まずは、「トラットリア メルカート」でいただいたカルボナーラからヒントをもらいました♪


『里芋のカルボナーラ』

10101

材料(2人分):
里芋 4個(350g)
ニンニク 1片
ベーコン 2枚
オリーブオイル 大さじ1
生クリーム 100ml
粉チーズ 大さじ3
卵黄 2個
塩・ブラックペッパー ・パセリ お好みで

作り方:
【1】里芋は皮を剥き、1cm弱の厚さの輪切りにする。ニンニクはみじん切りにする。ベーコンは2cm幅に切る。
【2】オリーブオイルを熱したフライパンに[1]を入れ、蓋をして蒸し焼きにする。
【3】生クリームと粉チーズ、卵黄1個を混ぜ、[2]に加えて混ぜ合わせたら火を止め、塩・ブラックペッパーで味を整える。
【4】器に盛って、残りの卵黄をのせ、パセリを散らしたら出来上がり♪

Img_2440

ポイント:
◆相模原市の小俣義博さんの里芋を使っています。
◆相模原市のイタリアン「トラットリア メルカート」でいただいたカルボナーラをヒントにして作ってみました。
◆里芋を蒸し焼きにする時には弱火~中火でじっくり、【3】は全体にさっと火が通る程度で火を止めましょう。
◆お好みでタマネギを加えたり、パスタにしたりしてもよいですね。パスタにする時には生クリームと粉チーズを増やして、パスタと絡みやすいように棒状に切るのもよいかなと思います。
◆里芋を扱った手がかゆくなった時には、手に塩かお酢をすり込むと、かゆみが和らぎます。




八ツ頭は、小俣さんの畑から近いこの番組の畑・JA Fresh Farmで収穫したビーツと一緒に、ロシア料理のスープ“ボルシチ”風にしてみましたよ。




『八ツ頭のボルシチ』

10101_2

材料(2人分):
八ツ頭 1個(200g)
鶏モモ肉 150g
ビーツ 1個(100g)
ニンジン 1/2本
トマトピューレ 200g
水 300ml
バター 10g
塩・胡椒 適量
サワークリーム・パセリ 適量

作り方:
【1】八ツ頭は皮を剥き、1口大に切る。ビーツとニンジンは半分をすりおろし、残りは1口大に切る。鶏肉も1口大に切る。
【2】バターを熱した鍋に[1]を入れて炒めたら、トマトピューレと水を加えて煮込む。
【3】材料に火が通ったら、塩・胡椒で味を調える。
【4】器に盛って、サワークリームとパセリをのせたら出来上がり♪

Img_2412

ポイント:
◆相模原市の小俣義博さんの八ツ頭を使っています。ビーツとニンジンはJA Fresh Farmで収穫したものです。
◆生のビーツが手に入らない時には缶詰のものを使うか、トマトピューレの量を増やします。
◆お肉は牛肉や豚肉でも合いますよ。
◆お好みでジャガイモやタマネギ、キャベツなどを加えたり、煮込む時にローリエを一緒に入れて香りをプラスしたりすると本格的になります。
◆サワークリームの代わりに、砂糖を加えずに泡立てた生クリームをのせてもよいですね。





明後日10月12日(土)朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
津久井に今日、オープンする待望のファーマーズマーケット「あぐりんずつくい」とお店に出荷する生産者さんを紹介しますよ。お楽しみに♪

 

2013年10月 5日 (土)

相模原産八つ頭でございマス。

今週は、収穫期を迎えた相模原産の里芋、八ツ頭の収穫体験、

そして相模原産の食材にこだわったイタリアンレストランを紹介します。

まず、相模原で里芋、八つ頭を栽培されている小俣さんの畑にお邪魔しました。

里芋、八つ頭ってこんな感じになるって知ってました?

ちなみに、上が八つ頭、下が里芋で、里芋の方がかなり大きくなっていました。

20131005_153322_2

で、里芋掘りをさせて頂きました。

茎を切って、スコップで掘ります。

10052

八つ頭は、手で簡単に掘れました。ごつごつしているのが、八つ頭の特徴で、

左が売られている状態の八つ頭。右が茎を取る前の八つ頭。

10053_2

続いて、相模原の地元食材にこだわったイタリアンレストラン

「トラットリア メルカート」へ。

20100422_161111

相模原産の朝穫れたて野菜サラダ

10056

宝夢卵という濃厚な卵を使った相模原のカルボナーラ

10057

ホカッチャ

10058

オーナーシェフの小川賢一さん、奥さんの淳子さん

10059

相模原市のイタリアンレストラン「トラットリア メルカート」

営業時間は、ランチタイムが11時〜午後3時(ラストオーダー14:30)

ディナータイムが、夕方6時から夜10時(ラストオーダー9:30)

詳しいお問い合わせは、042-776-0034

2013年10月 4日 (金)

JA Fresh Farm 日誌 (10/4)

おはようございます。ベジフルDJ・影山のぞみです。
秋野菜の芽がその後、どうなったのかちょっぴり心配に、でも、楽しみにしながらJA Fresh Farmに向かいました。1_2

上の写真、左上から時計回りに焼肉レタス(サンチュ)、芽キャベツ、サラダゴボウ、紅菜苔。
紅菜苔は水が足りないのか、ちょっと苦しそうでしたが、後は順調!

Img_2556

じゃん!
こちらは私の大好物のビーツ(別名:火焔菜。中まで赤く、ロシア料理のボルシチに使われます)。
もう収穫出来る大きさのものがありましたよ。

 

下の写真、左上からあやめカブ、ビーツ、津久井在来大豆、彩誉。

2_2

8月下旬に蒔いた彩誉(ニンジン)は生育良好でしたが、あやめカブは唯一この1株だけが育ち、他は全て姿を消していました。
鶴の子と津久井在来を植えた大豆も、背丈が低く、房も少なくてまだ膨らんでいません。
これから成長してくれるのかな?

初夏に蒔いたベーターリッチ(ニンジン)を掘ってみました。
奥深くまでよく伸びていますね。

Img_2506

でも、他の株の表面を見てみたら、ボコっと膨らんだでっぱりがあります。
どうしてだろうと思っていたら、御近所の農家さんお2人が来てくださり、

「こりゃ~、ネマと言われる線虫だよ。土の中にいて、根にコブを作るネコブ線虫だな。土壌消毒が必要だよ」


と教えてくれました。Img_2533

「それと、もう大豆もこれじゃ大きくならないな。土の栄養が足りないんだよ」


と言って、農家さんが栽培されているぷっくり膨らんだ枝豆をくれました。
土の状態をしっかり把握しておく事が大切なのですね!

Img_2579_2

こちら(写真上、下)は春に植えたアピオス(ホド芋)。
ちょっぴり掘ってみたら、親芋の周りに根が伸びて、子芋が連なっていました。
まだ大きくなりそうなので、土を被せて、もうひと頑張りしてもらいましょ♪

Img_2578

サツマイモの紅あずまと紫芋のパープルスイートロードは随分、葉が生い茂りました。

Img_2581_2

紅あずまを掘り起こしてみたら、前回よりもふっくらと膨らんできています。

Img_2571

今月中旬~下旬が掘り時かしら♪

Img_2582

春に蒔いたフェンネル(ウイキョウ)はいつの間にか株の根元が立派になっていました。
もうちょっと大きくしてみましょ♪

Img_2589

この日はJA相模原市 営農センターの金井さんが除草作業を手伝ってくれて、最後にはキャベツの植え付け作業を終えて駆け付けてくれた西河原さんと坂本さんが追肥をしてくれましたよ。
土の健康状態のことに気付かされた1日でした。


 

明日10月5日(土)朝8:00~8:30はFm yokohama 84.7「JA Fresh Market」On Airです。
相模原でこれから収穫期を迎える里芋と相模原の食材たっぷりのイタリアンを紹介しますよ。
是非、聴いてくださいね♪