fyb_switch_to_sp_js

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

大磯で“太秋”を丸かじり(9月29日放送)

今週は美味しく色づく秋の味覚、柿!大磯町で栽培されている大玉の柿「太秋」をレポート。

Ja_120929_1

県内では伊勢原などで栽培がさかんな柿ですが、大磯の柿はまたひと味違います!
リンゴと同じくらいのとても大きな実をつけるための秘訣に迫ります。

Ja_120929_2

今回訪れたのは、大磯町寺坂の鈴木教夫さんの柿畑。これからが最盛期という柿は
既に色づいて大きな果実が!土づくりから枝の剪定まで一年中手間ひまかけられています。

Ja_120929_3

「太秋」の特長は、実のおしりに入っている渦巻き模様。キズだと思われがちですが
この模様が入っていたほうが甘く、美味しさを見分けるポイントになっているそう!

Ja_120929_4

程良く甘く、シャッキリ歯切れの良い食感の「太秋」、この秋要チェックです!
大磯で栽培された柿は、県道63号大磯相模原線沿いにある直売所で販売されています。
今から10月いっぱいまでは「太秋」、11~12月は「富有柿」が旬ですよ♪
 
そのまま食べても美味しい柿ですが、柿を使ったレシピを求めて平塚市のお宅へ。

Ja_120929_5

↑これら全てに柿を使っています!サラダに炒め物、白和え、もちろんデザートも…
柿は、秋の食卓に一品、彩りを添える今の時期だけの味覚なんです。

Ja_120929_6

教えて頂いたのは、JA湘南などでも長年お料理を教えているという山田千枝子さん。
中でも、柿&りんごをマヨネーズで和えるだけのサラダはとっても簡単なのに美味!

Ja_120929_7

「食べてもらえることが幸せ」と話す千枝子さん、手際良く教えて下さいました。
ちょっと意外で幅広く使える柿を使って、この秋はお料理にチャレンジしては?

★詳しい作り方は…今週のブログ「柿レシピあれこれ♪」をチェック!

柿レシピあれこれ♪

Ja_120929_recipe1

『太秋の柿サラダ』


材料(2人分):
柿(大玉)  1個
リンゴ  1/2個
マヨネーズ  大さじ2


作り方:
【1】 柿は上部を切り、中身をくり抜いて器にする。中身とリンゴは一口大に切る。
【2】 [1]をマヨネーズで和える。
【3】 柿の器に[2]を入れて出来上がり♪


ポイント:
◆大磯町の鈴木教夫さんの大玉柿・太秋を使っています。
◆平塚市の山田千枝子さんが教えてくださった料理を少しアレンジしてみました。
◆柿とリンゴは型抜きをして飾ると可愛い仕上がりに(紅葉や銀杏、リンゴの形の型抜きを使っています)。リンゴの代わりに大根やカブを使ってもよいですね。
 
 
 

Ja_120929_recipe2

『柿の洋風白和え』


材料(2人分):
柿(大玉)  1個
赤タマネギ(湘南レッド)  1/2個
ホウレン草  1/2束(70g)
鶏ささみ  1本(50g)
卵  1個
木綿豆腐  1/2丁(150g)
すり白胡麻  大さじ3
黒胡麻  大さじ3
らっきょう酢  大さじ3

[調味料]
塩  適量
お酢  大さじ1
マヨネーズ  大さじ2


作り方:
【1】 柿は上部を切り、中身をくり抜いて器にする。中身は一口大に切る。赤タマネギは薄切りにして、らっきょう酢を揉み込んでおく。ホウレン草と卵とささみは茹でる。ホウレン草は4cmに切り、卵の白身は刻み、ささみはほぐしておく。
【2】 木綿豆腐は水切りをしてなめらかに潰したら、すり白胡麻と黒胡麻、調味料を混ぜる。
【3】 卵の黄身以外の[1]と[2]を混ぜる。
【4】 柿の器に[3]を入れ、卵の黄身をザルでこしながらまぶして出来上がり♪


ポイント:
◆大磯町の鈴木教夫さんの大玉柿・太秋を使っています。
◆平塚市の山田千枝子さんが教えてくださった料理を少しアレンジしてみました。
◆色々な食材の彩りがポイント。
◆神奈川生まれの湘南レッドは、かながわブランドに認定されていて、生食用の赤タマネギです。
◆らっきょう酢は、お酢+塩+砂糖やすし酢でも代用OKです。山田千枝子さんもエーコープらっきょう酢を愛用しているそうです。
 
 
 

Ja_120929_recipe3

『柿と豚肉の炒め物』


材料(2人分):
柿(大玉)  1個
セロリ  1本
パプリカ(赤)  1/2個
豚こま切れ肉  150g
サラダ油  大さじ2

[調味料]
醤油  大さじ2+大さじ2
日本酒  大さじ1
片栗粉  大さじ3
塩・胡椒  適量


作り方:
【1】 柿は上部を切り、中身をくり抜いて器にする。中身は一口大に切る。セロリとパプリカ(一部、型抜き)は斜め切りにする。
【2】 豚肉は醤油大さじ2と日本酒で下味をつけ、片栗粉をまぶす。
【3】 サラダ油を熱したフライパンで[2]を炒め、色が変わってきたらセロリとパプリカ、柿を順に加えて炒め、醤油大さじ2を加えて混ぜる。
【4】 塩・胡椒で味を調えたら、柿の器に盛って出来上がり♪


ポイント:
◆大磯町の鈴木教夫さんの大玉柿・太秋を使っています。
◆平塚市の山田千枝子さんが教えてくださった料理を少しアレンジしてみました。
◆柿の甘さとセロリの苦味・香りが豚肉によく合います。
◆柿は、柔らかいものを使ってお肉と絡めるように炒めても一味違ってオススメです。

2012年9月22日 (土)

採れたて椎茸でクッキンGoo(9月22日放送)

秋になおさら美味しく感じられる“椎茸”に注目!生産がさかんな愛川町に行ってきました。

Ja_120922_1

今回おじゃました小林忠行さんの「愛川山菜園」。ハウスの中で椎茸を栽培しています。
夏も冬も気温を一定に25℃に保たれています。実際にハウスの中に入ってみると…

Ja_120922_2

およそ20cm角の“菌床”がズラリと。木くずを固めたもので、椎茸の菌以外を殺菌消毒したもの。
重さは2.5kgと持ち運びも楽にできます。これのおかげで一年中、栽培しているそう。

Ja_120922_3

椎茸の栄養分になるのが、水分とタンパク質。適度な湿度を保つために、ハウス中に通った
パイプからシャーッとシャワーを噴出!この水温も17~18℃と年中適温です。

Ja_120922_4

「椎茸はガンの抑制にもなるので心強いです」と話す小林さん。
JA県央愛川の農産物直売所「ふれあい旬鮮市」や愛川公園で販売されています。
煮物や鍋料理、しょう油を垂らして…など、秋~冬にかけて美味しく食べたいですね♪
 
家庭でも椎茸を栽培している方が多いという愛川町。
美味しい食べ方を教えて頂くためにJA県央愛川 半原支所を訪ねました。

Ja_120922_5

温かく迎えてくださった女性部の皆さん!それぞれの家庭の味を持ち寄って、
今回は椎茸をメインにしたレシピをたくさん伝授して頂きましたよ♪

Ja_120922_6

子どもから年配の方まで食べやすい「椎茸コロッケ」、塩昆布と生姜が隠し味の
「椎茸の佃煮」、麺つゆと干し椎茸の戻し汁をフル活用する「椎茸の和風スパゲティ」。
どれも本当に美味しい!普段とはひと味違う椎茸の深い味わいを楽しめそうです。

★詳しい作り方は…今週のブログ「椎茸レシピあれこれ♪」をチェック!

椎茸レシピあれこれ♪

Ja_120922_recipe1

『椎茸コロッケ』


材料(6個分):
椎茸  5個
ジャガイモ  4個
人参  1/2本
タマネギ  1/2個
挽き肉  80g
塩・ブラックペッパー  適量
カレー粉  お好みで
小麦粉  適量
卵  適量
パン粉  適量
揚げ油  適量


作り方:
【1】 ジャガイモと人参は蒸かすかレンジで加熱し、ジャガイモは潰し、人参と椎茸、タマネギはみじん切りにする。
【2】 フライパンで挽き肉と椎茸とタマネギを炒めたらジャガイモと人参も加えて炒り、塩・ブラックペッパーで味付けする(半分にカレー粉を入れてカレー味のコロッケを作るのもオススメ!)。冷めたら丸く成形する。
【3】 [2]に小麦粉・卵・パン粉を付ける。
【4】 熱した揚げ油で揚げたら出来上がり♪


ポイント:
◆愛川町にある愛川山菜園の椎茸を使っています。
◆JA県央愛川 半原支所 女性部の皆さんが教えてくださった料理を再現してみました。
◆[2]で炒って、水分量を調節することと、ブラックペッパーを効かせるのがポイント!
 
 
 

Ja_120922_recipe2

『椎茸の佃煮』


材料(4人分):
椎茸  4個
生姜  20g
塩昆布  適量
白胡麻  適量
[調味料]
砂糖  大さじ1
みりん  大さじ2
お酢  大さじ1
醤油  大さじ3


作り方:
【1】 椎茸は薄切りに、生姜は千切りにする。
【2】 鍋に[1]と[調味料]を加えて煮る。
【3】 最後に塩昆布と白胡麻を加えて混ぜたら出来上がり♪


ポイント:
◆愛川町にある愛川山菜園の椎茸を使っています。
◆JA県央愛川 半原支所 女性部の皆さんが教えてくださった料理を再現してみました。
◆生姜と塩昆布が味の決め手!ご飯に合う味付けにします。
 
 
 

Ja_120922_recipe3

『椎茸の和風スパゲティ』


材料(1人分):
干し椎茸  20g
小松菜  150g(1/2袋)
スパゲティ  2人分(200g)
サラダ油  適量
めんつゆ(濃縮タイプ)  大さじ4


作り方:
【1】 干し椎茸は水で戻し、厚めにスライスし、戻し汁はスパゲティを茹でる水に加える。
【2】 お湯を沸かし、小松菜を茹でたらスパゲティを硬めに茹でる。
【3】 小松菜を3cm幅に切り、サラダ油をひいたフライパンで椎茸と一緒に炒める。
【4】 [3]にめんつゆとスパゲティを加えて、味が馴染むまで炒めたら出来上がり♪


ポイント:
◆JA県央愛川 半原支所 女性部の皆さんが教えてくださった料理を再現してみました。
◆干し椎茸の戻し汁はスパゲティを茹でる水に加えることと、めんつゆで味付けするのがポイント!

2012年9月15日 (土)

秋を満喫!津久井で栗拾い(9月15日放送)

今週のレポートは相模原市の藤野エリアから。収穫の秋、芸術の秋を満喫しますよ~♪

Ja_120915_1

“芸術の町”として知られる旧藤野町。藤野駅を降りてすぐ、山肌を見上げると発見♪
「緑のラブレター」でもおなじみです。町の中でもアートな作品を見つけられます。

Ja_120915_2

相模湖ICから5分ほどの名倉地区にある「藤野園芸ランド」へ。周辺の20軒の農家が
体験農園として開放されていて、栗拾いにサツマイモ掘り、山芋掘りを楽しめます。

Ja_120915_3

案内して頂いた倉田好江さん。夜のうちに風に揺られてイガを落とした栗がいっぱい!
ハサミを使ってイガから栗の実を取り出すのが楽しくて、どんどん拾っちゃいます♪

Ja_120915_4

倉田さんの東園の栗拾いは、9月中旬頃まで。その他、藤野園芸ランドで収穫できる
秋の味覚は コチラ(PDF) でチェック!電話で問合せて行くのがおすすめです。
 
続いては、自然の中にアートな空間が広がる「カフェレストランShu」へ。

Ja_120915_5

木製の看板や家具などには手作りの風合いが感じられ、このすぐ右手には畑が!
カフェメニューには、目の前の畑で採れた野菜を使っているそう。

Ja_120915_6

ハンモック発見!木漏れ日と風が気持ち良くて、しばしお昼寝…?

Ja_120915_7

こちらが定番メニュー「野菜たっぷりチキンカレー」。玉ネギがベースのルーのつぶつぶ感、
色とりどりの採れたれ野菜をじっくり召し上がれ!食後にはシソのラッシーもどうぞ♪

Ja_120915_8

「町で暮らすアーティストと地元の人が集まる場所をつくりたい」という思いでお店を始めた
ご主人の森久保周一さん。毎月ライブも行われていて、ゆったりとした時間を過ごせそうです。

カフェレストランShu
相模原市緑区日連981
042-687-2333
営業時間 11:30~21:00(L.O. 20:30) 月・火曜日定休

協同組合体験・交流学校

秋にかけて楽しめるイベント「協同組合体験・交流学校」をピックアップ。
神奈川県生活協同組合連合会 事務局長 朝見秀秋さんをお迎えしました。

5つのジャンルの協同組合のさまざまな体験ができます!
大人が楽しめる&勉強になるトピックスも満載です。たとえば…

農業 … お米の収穫体験、米粉を使った料理教室(藤沢 or 海老名)
林業 … 市場見学&水源林散策、間伐材を使った木工品づくり(秦野)
漁業 … ワカメ種付け&収穫体験(葉山)
生協 … 住宅型老人ホーム見学(横浜市港北区)
協同労働 … ワーカーズ・コレクティブの働き方について学ぶ(横浜)

全てのプログラムは 神奈川県生活協同組合連合会 のページでチェック!

栗レシピあれこれ♪

Ja_120915_recipe1

『栗&キノコの秋ご飯』


材料(2合分):
栗  20粒(400g程度)
マイタケ  1パック
シメジ  1パック
塩  小さじ1
みりん  大さじ2
白米  2合
日本酒  大さじ2


作り方:
【1】 栗はお尻に包丁で切り込みを入れ、水に漬けておく。圧力鍋で5分、又は普通の鍋で10分程度茹でて、冷めたら鬼皮と渋皮を剥き、水に入れる。
【2】 鍋に[1]とみりんを入れてさっと煮切る。(省いてもOK)
【3】 マイタケとシメジはほぐして塩を加えてフライパンで炒め、水分を飛ばす。
【4】 白米をいつも通りに磨ぎ、水分量は2合のメモリから大さじ2程度減らし、日本酒と[2]と[1]を加えて炊飯器にセットして炊けば出来上がり♪


ポイント:
◆藤野園芸ランドの東園さんの栗を使っています。
◆栗に切り込みを入れ、圧力鍋で茹でると皮が剥きやすくなります。
◆甘い栗がお好みの方は[2]で栗に甘さをプラスしておくとよいですが、省いてもOKです。
◆マイタケやシメジは他のキノコでも代用出来ます。塩で炒めておくと、旨味が凝縮して、ご飯によいダシが染み込みます。
 
 
 

Ja_120915_recipe2

『栗の渋皮煮』


材料(20個分):
栗  20粒(400g程度)
重曹  小さじ2
砂糖  200g
醤油  大さじ1


作り方:
【1】 栗はお尻に包丁で浅く切り込みを入れ、水と一緒に鍋に入れ沸騰させたら火を止め、冷めたら鬼皮を剥いておく。
【2】 鍋にかぶる位の水と重曹小さじ1を入れて火にかけ、沸騰したら弱火で20分程度煮る。
【3】 [2]のお湯を捨てて栗をザルに上げ、栗に水をかけながら洗って筋を取って水の中に入れておく。鍋を綺麗にすすぎ、水と一緒に栗を入れる。[2]と[3]を2回繰り返し(合計3回)、3回目は重曹を入れずに煮る。
【4】 鍋に、水でよくすすいだ栗とかぶる位の水と砂糖を入れて落し蓋をし、10分程度煮て、最後に醤油を加えてさっと煮たら出来上がり♪


ポイント:
◆藤野園芸ランドの東園さんの栗を使っています。
◆渋皮が剥けないように上手く煮るには
 ①栗に切り込みを入れる時に渋皮を傷付けないよう、ごく浅く(鬼皮の厚さまで)切り込みを入れる
 ②煮る時に栗が大きく動かないように水の量はかぶる位にする
 ③作業中は出来るだけ空気にさらさずに水に入れてあげる
 ④渋皮の筋を取る時には爪楊枝を使って傷付けないようにして取ることがポイントです。
◆重曹は渋皮の渋味を除き、柔らかくする作用があります。
◆お好みで醤油の代わりにブランデーや白ワインを加えて煮るとまた一味違いますよ。

2012年9月 8日 (土)

隠れた逸品 完熟イチジク(9月8日放送)

ジューシーな甘み&種のプチプチ感が絶品♪県西部ではイチジクの収穫が最盛期!
“あしがらいちじく”としてかながわブランドにも登録されています。

Ja_120908_1

今週は、大井町の鍵和田稔さんのイチジクをレポート。イチジク栽培12年の
鍵和田さんの畑では、こんなふうに丁寧に樹や枝を整えて栽培されています。
日本で流通しているイチジクの8割が、この「桝井ドーフィン」という品種。

Ja_120908_2

樹の下から上へと実をつけるイチジク。透明な“いちじくハット”をかぶせることで
まもなく収穫できそうなイチジクを雨から守ります。もちろん一つひとつ手作業だそう。

Ja_120908_3

鍵和田さんが手に持っているイチジクに注目!こんなに大きな実が成っています!
今年は天候が良く、豊作だそうですよ。1つの実で150gもあるものも。

Ja_120908_4

実の部分だけ切り出した冷た~いイチジク!こんな贅沢な食べ方でも頂きました♪
こんなに真っ赤でジューシーな実ですが、甘すぎず、また食べたくなるお味なんです。
健康食としても人気のイチジクですが、生食もフレッシュで美味しいですよ☆
JAかながわ西湘エリアのイチジクは、小田原の「朝ドレファ~ミ」などの直売所で販売中!
 
さらに、イチジクを使ったスイーツを求めて…
小田原駅の駅ビル「小田原ラスカ」2Fの本格ビストロフレンチ「FUSION DINING F」へ。

Ja_120908_5

富士屋ホテルによるプロデュースで、カジュアルでありながら上質な雰囲気が漂うお店。
小田原など地元で採れた野菜や魚を取り入れた“地産地消フレンチ”を味わえます。

Ja_120908_6

こちらが、イチジクを使った季節限定メニュー「足柄いちじくパフェ」650円!
地元の「きんたろう牛乳」を使ったブラマンジェに、イチジクのコンポート、
真ん中の層は、小田原の白米と黒米のフランス版お米のミルク煮“リオレ”。

Ja_120908_7

まろやか♪ひんやり♪プチプチ…♪イチジクが大好きという料理長の星一徳さんが
毎年手がけるというイチジクを使ったスイーツ、今年は100点満点だそう!

さまざまな食感が味わえる「足柄いちじくパフェ」は、11月11日(日)まで開催中の
箱根スイーツコレクション2012秋」に参加中です。秋の味覚をオシャレに堪能♪

FUSION DINING F
小田原市栄町1-1-9 小田原ラスカ2F
0465-21-2880
営業時間 11:00~22:00(L.O. 21:00)

イチジクレシピあれこれ♪

Ja_120908_recipe1

『イチジクのオーブン焼き』


材料(2人分):
イチジク  2個
バター  小さじ2
ハチミツか粉チーズ  お好みで


作り方:
【1】 イチジクを半分に切ったら耐熱容器に入れ、バターを乗せる。
【2】 200℃のオーブンやトースターでこんがり焼いたら、ハチミツか粉チーズをかけて出来上がり♪


ポイント:
◆大井町の鍵和田稔さんの「あしがらいちじく」(桝井ドーフィン)を使っています。
◆焼き加減はお好みで。オーブンにグリル機能があれば、なければ出来るだけ高温で焼くと早いです。
◆デザートならハチミツ(+リキュールでも)をかけて、ワインのおつまみにはチーズをたっぷりかけて召し上がれ。
 
 
 

Ja_120908_recipe2

『鶏肉のイチジクポワレ ローズマリー風味』


材料(2人分):
イチジク  2個
鶏肉(もも肉か胸肉)  1枚
オリーブオイル  小さじ1
バルサミコ酢  大さじ2
塩・ブラックペッパー  適量
ローズマリー  適量


作り方:
【1】 イチジクは1/4に切る。
【2】 オリーブオイルを熱したフライパンで鶏肉を皮目から中火でじっくり焼き、裏返したら[1]を加え、鶏肉に火を通るまで焼く。
【3】 バルサミコ酢と塩・ブラックペッパー、ローズマリーを加えて全体をざっくり和えたら出来上がり♪


ポイント:
◆大井町の鍵和田稔さんの「あしがらいちじく」(桝井ドーフィン)を使っています。
◆鶏肉は押さえつけながら10分程度焼くと皮がパリッと焼き上がります。
◆イチジクは他の果物と比べて風味や甘味が控え目なので、お肉と合わせても味を邪魔せず、フルーティーというよりは、1つの野菜としていただけます。
 
 
 

Ja_120908_recipe3

『イチジクと水切りヨーグルトのサンドイッチ』


材料(2人分):
イチジク  1~2個
無糖ヨーグルト  1パック(500g)
砂糖  適量
サンドイッチ用パン  4枚


作り方:
【1】 [水切りヨーグルトを作る] ボウルの上にキッチンペッパーを敷いたザルを乗せて無糖ヨーグルトを入れ、上にキッチンペーパーをかけて重石をする。(1~2時間位)
【2】 イチジクは薄い輪切りにする。
【3】 [1]に砂糖を混ぜ、サンドイッチ用パンに[2]と一緒にサンドしたら出来上がり♪


ポイント:
◆大井町の鍵和田稔さんの「あしがらいちじく」(バナーネ)を使っています。
◆[水切りヨーグルト]は冷蔵庫の中で水切りするか、重石としてビニール袋に入れた氷を乗せて水切りすると、冷えた状態なので、すぐに美味しく食べられます。
◆水切りヨーグルトの代わりにクリームチーズや生クリームを使ったり、砂糖の代わりにハチミツやメープルシロップを使ってもよいですね。

2012年9月 1日 (土)

Very Sweet“多摩川梨”(9月1日放送)

9月最初のレポートは、夏から秋に移り変わるこの時期の味覚…“梨”♪
古くから梨の産地として知られる川崎エリアで栽培される「多摩川梨」です。

Ja_120901_1

腰をかがめて入った背の低い梨の樹が並ぶ農園には、今にも収穫できそうな梨が!
旬が短く、農家の方の庭先などでの販売や直売所で見かけることも多いですね。

Ja_120901_2

多摩区生田の太田博明さんの農園。10品種以上もの梨を栽培していて、1品種の旬は
10日ほどだそうなので逃さないように味わいたいですね!これからは「豊水」がシーズン。

Ja_120901_3

太田さんは、梨の栽培で一番大変なのは水の管理だと教えてくれました。
あのみずみずしさは、梨農家の方の苦労の結晶なんですね~!

Ja_120901_4

冷蔵庫で1~2時間冷やして食べるのがオススメとのこと。「秋麗」という珍しい品種の
甘さ十分の梨も頂きました♪今年は好天で、甘みもギュッと詰まっているそう。

梨レポートに続いては、川崎市麻生区黒川のファーマーズマーケット「セレサモス」へ。
もちろん多摩川梨も販売されていますよ!

Ja_120901_5

売り場面積、駐車場も拡張してお買い物スポットとして便利になりました。
朝だけでなく、午後も品物が充実するようにスタッフの皆さん&農家の方の工夫が!

Ja_120901_6

今が旬のナスだけでも多くの品種が並び、花言葉やレシピが添えられたPOPが賑やか。
珍しい野菜があったり、午後から新たに商品を並べる農家の方もいました。

Ja_120901_7

店長の桐生榮子さんをはじめ、スタッフの方々や作物を出す農家の皆さんで
お店をつくり上げているかんじがしました。美味しい食べ方を聞いてみるのもいいかも♪

JAセレサ川崎 ファーマーズマーケット「セレサモス」
川崎市麻生区黒川172
044-989-5311
営業時間 4~10月…10:00~18:00/11~3月…10:00~17:00
水曜日定休