fyb_switch_to_sp_js

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

三浦のこだわりかぼちゃ(7月28日放送)

今週は栽培から出荷まで…丁寧に作られた「三浦こだわりかぼちゃ」をレポート。
まっすぐに伸びたツルからゴロッと実の詰まったかぼちゃがなっていましたよ♪

Ja_120728_1

おじゃましたのは大井慎一郎さんの畑。“フルーツ枕”というプラスチックの容器を敷いて
かぼちゃ全体に光が当たって緑になるように手をかけるそう。その数、2500玉!

Ja_120728_2

収穫したかぼちゃは自宅に持ち帰り、かぼちゃ磨き機にかけて表面のホコリを落とします。

Ja_120728_3

きれいになったかぼちゃは、ヘタの部分を乾燥させ箱詰めして出荷。
「三浦こだわりかぼちゃ」のシールの付いたかぼちゃを見かけたら、大井さんのものかも?!

Ja_120728_4

大井さんのお母さんが作ってくれたかぼちゃ&夏野菜料理!天ぷらはもちろん、
サラダにもかぼちゃを!マヨネーズ&ヨーグルトで作ったドレッシングで更にまろやか♪

Ja_120728_5

大井さんのお宅では、かぼちゃの他にスイカやメロンなどをご家族みなさんで
栽培されています。とれたて野菜を頂ける喜び、いいですね◎ごちそうさまでした!
 
 
 
Ja_120728_6

続いては、国道134号線沿いで見つけた、味のある設えのパン屋さんへ。
三浦市初声町入江の「三浦パン屋 充麦(みつむぎ)」におじゃましました。

Ja_120728_7

売り場のすぐ奥にキッチンが。近い!溶岩窯で中までしっかり焼き上げるパンの香り~
ご主人の蔭山充洋さんのこだわりは、畑で麦を栽培することからご自身で手をかけて
作ることにあるそうです。全粒粉のバゲットは、切り口からつぶつぶが見えるほど!

Ja_120728_8

地元の卵や旬野菜など、地元のものや手作りを大切にしているというパンの数々。
ドライブやサイクリングの合間にも立ち寄りたい1軒です♪

三浦パン屋 充麦
三浦市初声町入江54-2
046-854-5532  火・水曜日定休

かぼちゃレシピあれこれ♪

Ja_120728_recipe1

『カボチャニョッキ』


材料(2人分):
カボチャ  1/4個(200g)
薄力粉  80~100g
塩  少々
牛乳  大さじ2
とろけるチーズ  適量


作り方:
【1】 カボチャを皮ごとレンジでやわらかくなるまで5~6分加熱する。
【2】 [1]を薄力粉と塩と一緒にビニール袋に入れてつぶしながらよくこねたら、一口大に丸めてフォークを押し付けて跡をつける。
【3】 耐熱容器に[2]と牛乳ととろけるチーズを入れ、ラップをしてレンジで2~3分加熱したら出来上がり♪


ポイント:
◆三浦市の大井慎一郎さんのカボチャ(みやこ)を使っています。
◆薄力粉の量はカボチャの水分量を見ながら調節してください。
◆[2]はカボチャの粗熱が冷めてから、厚手のビニール袋(保存袋)を使うと作業しやすいです。
◆カボチャの加熱やニョッキの加熱には、スチームケースを使うのも便利です。
◆お好みで粉チーズやブラックペッパー、パセリ等を加えるのもオススメですよ。
 
 
 

Ja_120728_recipe2

『カボチャのチーズ茶巾絞り』


材料(5個分):
カボチャ  1/4個(200g)
クリームチーズ(プロセスチーズでもOK)  25g
塩・ブラックペッパー  適量
カボチャの種  お好みで


作り方:
【1】 カボチャを5等分に切り、皮ごとレンジでやわらかくなるまで5~6分加熱する。
【2】 [1]をラップに包み、潰しながら丸めたら、一度開いてクリームチーズを乗せる凹みを作る。
【3】 クリームチーズを5等分にしたら、[1]に乗せ、きゅっと茶巾絞りにする。
【4】 [3]に塩・ブラックペッパーをかけ、カボチャの種を飾ったら出来上がり。残りも同様に作りましょう♪


ポイント:
◆三浦市の大井慎一郎さんのカボチャ(みやこ)を使っています。
◆カボチャにはカロテンが豊富に含まれ、油脂を含む食品(チーズやバター等)と一緒に摂ることで吸収率が高まります。
 
 
 

Ja_120728_recipe3

『カボチャ型スイートパンプキン』


材料(10個分):
カボチャ  1/4個(200g)
砂糖  大さじ2
マーガリン  大さじ2
卵黄  1個分
抹茶(粉末)  お好みで


作り方:
【1】 カボチャを皮ごとレンジでやわらかくなるまで5~6分加熱する。
【2】 [1]の皮はカボチャの芯用に切っておく。残りは砂糖とマーガリンと一緒にビニール袋に入れてつぶしながらよく混ぜる。
【3】 [2]をラップに包んで丸めたら、少し潰し、周りに箸などで線を入れ、[2]の皮の芯を乗せ、卵黄や抹茶を混ぜた卵黄を塗る。
【4】 トースターや200℃のオーブンで焼き色が付くまで焼いたら出来上がり♪


ポイント:
◆三浦市の大井慎一郎さんのカボチャ(みやこ)を使っています。
◆[2]でカボチャの皮は一緒に混ぜてよいですし、サラダなど他のお料理に使ってもよいですね。カボチャの皮にも栄養素があるので(食物繊維やポリフェノールなど)、皮も一緒に丸ごといただきましょう。

8月7日(火)第5回かながわ食育フェスタ

Syokuiku_festa

月に一度、かながわブランド関連の情報をお届けする「かなブラTimes」

今回は、8月7日(火)横浜赤レンガ倉庫1号館で開催されるイベント
「第5回かながわ食育フェスタ」をピックアップ!

マイ・七味作りやチーズケーキ作り、牛乳の話とバター作り…など
体験を通して”食”を身近に感じられるコーナーがたくさんです!
夏休みの宿題に“食育”を取り上げてみるのもいいかも?

★会場で参加できる体験など、詳しくは こちらから チェック♪

2012年7月21日 (土)

魚も美味し夢未市(7月21日放送)

先週に続いて直売所からレポート♪ 厚木市温水のJAあつぎファーマーズマーケット
「夢未市」へ!厚木の名産、いちご&トマトをモデルにした“ゆめみちゃん”が目印です!

Ja_120721_1

店長の山口さんに案内して頂きました。写真左のほうには、ジェラートコーナーが!
三浦産のメロン、津久井在来大豆などを使った季節のジェラートが10種類以上揃えます。

Ja_120721_2

木のしつらえが明るい店内は、トマト・ナス・きゅうりなどの夏野菜や加工品がズラリ。
エリア内の農家さんそれぞれが自分のお店のように丁寧に野菜を陳列しているそう。

Ja_120721_3

そして、毎週金曜日の「魚の日」に出店される平塚の漁師さんによる魚コーナー。
その朝とれたばかりの鮮魚が並ぶということで、朝9時半の開店時には既に行列が!

Ja_120721_4

新鮮さはもちろん、お値打ち感も人気のヒミツ。ズバリ、サバ3尾で300円!
さらに、これからのシーズンに出回ってくる“わかし”は7尾で300円!!お得~♪

Ja_120721_5

漁師さんによる「魚のさばき方教室」が不定期で開催されていて、平塚の「日海丸」の
田中邦男さんに教えて頂きました。豪快ながらも簡単な包丁さばきを伝授!

Ja_120721_6

さばいたアジを厚木産の野菜たっぷりのサラダにトッピング。JAあつぎオリジナル
「ゆめみちゃんドレッシング」をかけて頂きました♪ それぞれ(左)タマネギ、ニンニク、
ショウガ (右)ダイコン、ニンジンを使ったもので、野菜の素材感が感じられます。

Ja_120721_7

「ゆめみちゃんドレッシング」は、JAあつぎ夢未市本店、相川店、グリーンセンターの
3店舗で1本190ml、480円販売中!食卓に1本、野菜をたくさん食べましょう♪

★JAあつぎ ファーマーズマーケット「夢未市」
厚木市温水255
046-290-0141
営業時間 9:30~18:00  第3水曜日定休

魚を使ったレシピあれこれ♪

Ja_120721_recipe1

『鯵のアクアパッツァ ゆめみちゃんドレッシング』


材料(2人分):
鯵(干物でもOK)  2尾
[お好みの野菜] ミニトマト 6個、大ひらさやインゲン 6本、バナナピーマン 6本
オリーブオイル  大さじ1
ゆめみちゃんドレッシング  大さじ4

作り方:
【1】 [お好みの野菜]は食べやすい大きさに切る。
【2】 オリーブオイルを熱したフライパンで鯵の皮面を焼いたら裏返し、[1]を加えて焼く。
【3】 [2]に水150ccを加えて鯵に火が通るまで煮たら、ゆめみちゃんドレッシングをかけて出来上がり♪


ポイント:
◆JAあつぎ ファーマーズマーケット「夢未市」の鯵とゆめみちゃんドレッシング(タマネギ)、ミニトマト、大さやインゲン、バナナピーマンを使っています。
◆お好みの魚と野菜でアレンジしてくださいね。
 
 
 

Ja_120721_recipe2

『鯖のカリッと焼き 彩りナスのせ』


材料(2人分):
鯖(切り身)   2切れ
長ナス(紫、緑、白)  適量
青じそ  2枚
片栗粉  適量
胡麻油  大さじ2
ゆめみちゃんドレッシング(ナス)  大さじ2


作り方:
【1】 鯖は片栗粉を全体によく付ける。
【2】 長ナスは細切りにして水にさらす。
【3】 胡麻油を熱したフライパンで[1]を焼く。
【4】 お皿に青じそを敷き、[3]を置いたら、[2]を乗せ、ゆめみちゃんドレッシングをかけたら出来上がり♪


ポイント:
◆JAあつぎ ファーマーズマーケット「夢未市」の鯖とゆめみちゃんドレッシング(ナス)、長ナス、青じそを使っています。
◆紫、緑、白の長ナスの色を生かす為、火を通さずに使っています。
 
 
 

Ja_120721_recipe3

『鯵のなめろう茶漬け 生姜の田舎漬けのせ』


材料(2人分):
鯵  2尾
ネギ  1本
おむすび生姜  適量
生姜の田舎漬け  適量
ご飯  2杯
だし  300cc


作り方:
【1】 ネギはみじん切りにする。
【2】 鯵は下処理をしてたたいたら、[1]とおむすび生姜を加えてよく混ぜる。
【3】 ご飯に[2]と生姜の田舎漬けを乗せたらだし汁をかけて出来上がり♪


ポイント:
◆JAあつぎ ファーマーズマーケット「夢未市」の鯵とおむすび生姜・生姜の田舎漬け、ネギを使っています。
◆おむすび生姜・生姜の田舎漬けは、市販の生姜の漬物や生姜+醤油で代用できます。
◆だし汁はお好みで塩やめんつゆ、お醤油等を加えてください。

2012年7月14日 (土)

季節限定!ジェノバソース(7月14日放送)

今週は、横須賀市の農産物直売所「すかなごっそ」からのレポート!

Ja_120714_1

昨年6月にオープンした新しい直売所です。駐車場も広々としていて、
開店直後から多くのお客さんが詰めかけていましたよ!

Ja_120714_2

店内には地元で採れた野菜はもちろん、加工品もたくさん並びます。
明るくて広い店内でお手頃な品々が揃うとなると、お買い物も弾みます♪

Ja_120714_3

海が近いエリアならではのスイカやメロンも出回り始めていましたよ!

Ja_120714_4

お店に入ってすぐのところのイートインコーナーも。足柄茶を使ったソフトクリームを
頂きましたが、甘すぎずさっぱり♪その他、トマトなどの野菜を使ったものもあるそう! 

Ja_120714_5

店内の加工品コーナーで見つけた「春菊のジェノベーゼ」。一般的にはバジルで
作られているものですが、このヒミツを探るべく手作りしている農家の方の元へ!

Ja_120714_6

訪れたのは、横須賀市佐島の福本浩さんのお宅。目の前には海、裏には山、
そのそばで野菜を育てている春菊を使って、ジェノベーゼを作っているそう。

Ja_120714_7

ジェノベーゼを使って作って頂いたお料理はこちら!定番のパスタはサッパリと、
白身魚のソテーでは香りが活きていて、ヨーグルトと混ぜたドレッシングも品がありました◎

Ja_120714_8

昨年、台風の影響でバジルや青じそが使えなくなってしまったことから誕生したという
春菊のジェノバソース。このひと味で上品なイタリアンに仕上がるのでぜひお試しを♪

★JAよこすか葉山 農産物直売所「すかなごっそ」
横須賀市長井1-15-15
046-856-0831
営業時間 9:30~18:00  水曜日定休

“春菊のジェノベーゼ”レシピあれこれ♪

Ja_120714_recipe1

『春菊のジェノベーゼそうめん&そうめんカボチャ』


材料(2人分):
そうめん  1束
そうめんカボチャ(糸瓜)  150g
春菊のジェノベーゼソース  大さじ2
塩  適量


作り方:
【1】 そうめんカボチャは種を除いて、沸騰したお湯でそうめんと一緒に茹でる。
【2】 そうめんは流水で洗って水を切り、器に盛る。
【3】 そうめんカボチャは流水をかけてほぐしながら糸状にして水をよく切ったら、春菊のジェノベーゼソースと塩と和える。
【4】 [3]を[2]に盛ったら出来上がり。混ぜ合わせて召し上がれ♪


ポイント:
◆横須賀の福本浩さんの春菊のジェノベーゼソースとJAよこすか葉山 農産物直売所「すかなごっそ」のそうめんカボチャを使っています。
◆そうめんカボチャが手に入らない時には、そうめんのみで作ったり、細切りにした大根やキュウリ、人参等を使ってもOK!
 
 
 

Ja_120714_recipe2

『春菊のジェノベーゼコリンキー』


材料(2人分):
コリンキー(生食用カボチャ)  150g
春菊のジェノベーゼソース  大さじ2
塩  適量


作り方:
【1】 コリンキーは皮を剥いたら、食べやすい大きさに切るか、型抜きをする。
【2】 春菊のジェノベーゼソースと塩を混ぜ、[1]に乗せたり和えたりしたら出来上がり♪


ポイント:
◆横須賀の福本浩さんの春菊のジェノベーゼソースとJAよこすか葉山 農産物直売所「すかなごっそ」のコリンキーを使っています。
◆厚めに切ると、コリンキーのサクサク食感が活きます。
 
 
 

Ja_120714_recipe3

『簡単ブルーベリータルト』


材料(2人分):
花ズッキーニ  4個
玉ネギ  1/4個
挽き肉  150g
春菊のジェノベーゼソース  大さじ2
塩・胡椒  適量
オリーブオイル  小さじ1


作り方:
【1】 玉ネギをすりおろし、挽き肉と春菊のジェノベーゼソースと塩・胡椒とよく混ぜ合わせる。
【2】 花ズッキーニの花の中に[1]を詰める。
【3】 オリーブオイルを熱したフライパンで2を焼き、実の部分にも塩・胡椒をしたら出来上がり♪


ポイント:
◆横須賀の福本浩さんの春菊のジェノベーゼソースとJAよこすか葉山 農産物直売所「すかなごっそ」の花ズッキーニを使っています。
◆こんがり焦げ目が付いたら蓋をして蒸し焼きにしましょう。

2012年7月 7日 (土)

七夕の中川温泉散策(7月7日放送)

神奈川県の最西端、町の9割が山!自然あふれる山北町をまるごとレポート。
まずは、大野山ハイキングコースをたどって大野山(標高721m)へ!

Ja_120707_1

南東には小田原の街と相模湾、西には晴れていると富士山も望めるという絶景!
放牧された牛たちを丘から眺めながら、の~んびりとした時間からスタート♪

Ja_120707_2

大野山ハイキングコースの入り口に見つけた、ログハウスの喫茶店「カフェリーフス」。
漆喰の白壁が美しく、オーナーの井上さんがまる1年かけて建てたという手作りだそう!

Ja_120707_3

井上さんお気に入りのこの席からは、まるで絵に描いたような風景が広がります。
近くの「洒水の滝」の水でいれた深煎りのコーヒーが美味しいんです◎

Ja_120707_4

店内にも木がたっぷり使われていて、奥の棚に手作りのカップ&ソーサーが並び、
山が好きな人が集う様子がうかがえます。遠方からドライブやツーリングで訪れる人も。

★カフェリーフス
神奈川県足柄下郡山北町山北3421-2
0465-75-0222
営業時間 11:00~19:00 木曜日定休
 
 

Ja_120707_5

続いて、西丹沢の山々と丹沢湖を抜けて「西丹沢 中川温泉の宿 あしがら荘」。
日帰り温泉も楽しめるということで、さっそく露天の岩風呂にチャポンと。癒される~♪

Ja_120707_6

今回は、日帰り温泉&お料理を一緒に楽しめる“日帰りお食事プラン”を堪能。
目にも鮮やかな季節の素材をふんだんに取り入れたお料理を味わえます。

Ja_120707_7

スタッフの方の行き届いたサービスと、旬にこだわる板長さんのお料理…
山北町の大自然で、日常を離れた癒しのひとときを過ごしてみてくださいね♪

西丹沢 中川温泉の宿 あしがら荘
神奈川県足柄上郡山北町中川448-2
0465-78-3621
⇒“日帰りお食事プランのご予約はこちらから!(温泉&お食事 3500円~)
 
 

Ja_120707_8

レポートの最後に、山北町出身でロンドンオリンピック女子マラソン代表、
尾崎好美選手のご実家へ。お母さんの敬子さんに応援メッセージを届けました。
女子マラソンは日本時間で8月5日(日)19時から。ガンバレ、尾崎選手!