fyb_switch_to_sp_js

みんなの「まめタリアーナレシピ」 Feed

2017年11月25日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」野菜を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Img_2002 まずは中野区のラジオネーム・しんちゃんからのまめタリアーナレシピです。

寒くなってきたので、鍋料理をよく作るとの事で、しんちゃんが最近はまっているという、スンドゥブチゲのレシピを教えてくれました。


「スンドゥブチゲ」

Img_2039_2 材料(2人分):
キムチ 200g

鶏ガラスープの素 小さじ2
水 3カップ(600ml)
絹豆腐 1/2丁
豚肉 100g
アサリ 100g
長ネギ 1本
味噌 大さじ1程度
胡麻油 小さじ1
卵 1個
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)鍋に水と砂抜きしたアサリを入れて火にかける。

1 2)沸騰したら、鶏がらスープの素、キムチ、豚肉、斜め切りにした長ネギを加えて煮込む。

2

3)味噌で味を調整して、最後にゴマ油をまわりがけ、卵を落とす。

5

 4)さっと煮たてて出来上がり♪
*小ネギを散らしました。

Img_1978_2

アサリと豚肉から良いお出汁が出ていました。
食べ終わった後、身体は内側からポカポカです♪
韓国料理屋さんで食べる石焼きの熱々のスンドゥブも大好物ですが、これからの季節はお家で手軽に食べるのもいいですよね。

しんちゃん、ありがとうございました♪



続いて、台東区のラジオネーム・らいなさんからのまめタリアーナレシピです。

らいなさんが北海道の御友達から教えてもらったという納豆の食べ方は、焼いたお餅を砂糖醤油でいただく感じに似ていて、日本人好みなのでは、との事。
初めて聞く方・食べた事がない方も多いかもしれないそのレシピがこちらです!



「甘辛納豆ご飯」

Img_2048 材料(1杯分):
納豆 1パック

砂糖 お好みで(小さじ1程度)
ネギ お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

1)納豆に、添付のタレとカラシと砂糖を加える。

3

2)よく混ぜる。

4

3)ご飯にかけ、小口切りにしたネギを散らして出来上がり♪

Img_2086_3以外にも、よく合いました!
まさに、砂糖醤油のお餅(ぽたぽた焼きの様な味?)の様で、食べやすいです。
納豆の旨味と相まって、クセになりそうでした。

らいなさん、ありがとうございました♪

しんちゃんさくらんぼさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております^^


今週22日(水)は、Fm yokohama84.7「E-ne! ~good for you~」内【ホズミング】でホズミンこと穂積ユタカさん鎌倉まめや長谷本店さんから生中継してくださいました。

Dscf4791スタジオからはMITSUMIさんが応答してくださって、嬉しい限り♪

長谷本店の米谷さんが今月のお豆さんの焼きりんご豆を、私は新豆の落花生を紹介させていただきました。

Dscf4794

さてさて、季節はもうそろそろ冬に移り変わります。

Dscf4565鎌倉ではまだ紅葉と秋のお豆さんがあなたの御出でをお待ちしておりますよ。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年10月28日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0088まずは西東京市のラジオネーム・専業主婦さんからのまめタリアーナレシピです。

専業主婦さんは、豆乳ラテをいただきながら番組を聴いてくださっていたそうで、その時の写真も添えてくださいました^^
そんな専業主婦さんの息子さんは応募当時10カ月だったそうで、離乳食にお豆が大活躍しているとの事でした。
教えてくださったのは、お豆とカボチャと豆乳を使ったスープです♪



「お豆とカボチャの豆乳スープ」

Dsc_0019

材料(2人分):
お豆(ミックスビーンズ等) 1袋(125g)
カボチャ 100g(中1/10個)
コンソメ 1/2個
塩・胡椒 適量
水 400ml
豆乳 100~150ml
・・・(私が試作した時の分量です)

1)カボチャを1㎝各に切る。

P13902992)1とお豆、コンソメ、塩・胡椒、水をお鍋でぐつぐつ煮る。

P13903023)具材が柔らかくなったら、豆乳を加える。

P1390304 4)さっと煮たてて味を調整したら、出来上がり♪
*上の写真には、カボチャ型で型抜きしたカボチャを添えています。

Dsc_0031

シンプルなのに、しっかり美味しくてビックリ。
お子さんにも豆乳好きさんにも喜ばれるお味ですね。
ハロウィンの日のスープにもピッタリです。
お便りもいただきまして、感謝感謝です!

専業主婦さん、ありがとうございました♪



続いて、伊勢原市あふりんさんからのまめタリアーナレシピです。

朝御飯はパン食というあふりんさんは、名古屋風のモーニングがお気に入りなのだそう。
名古屋のモーニングの定番・小倉トーストレシピを教えてくれました♪


「小倉トースト ホイップトッピング」

Dsc_0083

材料(作りやすい2人分):
食パン 2枚
バター 20g
小豆餡 100g程度
ホイップクリーム 適量
シナモン・カボチャ お好みで

・・・(私が試作した時の分量です)

1)食パンをトースターでこんがり焼く。

P1390306

 2)バターを塗る。

P1390309 3)小豆餡を塗る。

P1390311 4)お好みでホイップクリーム・シナモン・カボチャ(加熱済み。カボチャ型とお化け型)を飾ったら出来上がり♪

Dsc_0108小豆餡とバター、小豆餡とホイップ、どちらの組み合わせも大好きなので、それが一度に楽しめて、贅沢なモーニングでした。
小豆餡をた~っぷり乗せたかったので、乾燥小豆から圧力鍋で餡を作ってしまいました。
ストックして、また朝食に小倉トーストを作ってみます。

あふりんさん、ありがとうございました♪

専業主婦さんあふりんさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております。

来週31日(火)はハロウィンですね!

Dscf3812 
鎌倉まめやさんでは、今年新発売のハロウィンチョコ「きなこ麦チョコ」(麦パフをきなこチョコでコーティングした麦チョコの詰め合わせ)が大好評で早くも売り切れてしまったので、NEWバージョンのハロウィンチョコ「きなこ大豆チョコ」(きなこチョココーティングの大豆チョコの詰め合わせ)を発売中です。

Dscf3815

ハロウィンセットと一緒に、是非、御利用くださいね。

素敵なハロウィンをお過ごしくださいませ★彡

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年9月30日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」野菜を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0736

まずは横浜市金沢区のラジオネーム・クマゴロウさんからのまめタリアーナレシピです。

30年前、鎌倉に勤めていらっしゃったというクマゴロウさんが教えてくださったお豆レシピには、健康維持と体力増強のお供としていかがですか?とのメッセージを添えてくださっていました♪




「メカブ納豆」

Dsc_0664

材料(1人分):
納豆 1パック
メカブ 1パック
・・・(私が試作した時の分量です)

1)納豆とメカブをよく混ぜ合わせる。

P13902262)器に入れて出来上がり♪

Dsc_0669


これはネバネバトロトロして、食欲をそそります!
そのままツルツルっといただくはもちろんですが、ご飯と一緒に食べても合いますし、冷や奴にのせていただいても美味しかったです。
納豆菌は腸内環境を整えてくれますし、メカブのヌルヌル成分は腸の働きを促してくれるとされていますので、お腹にもとっても優しいですね。

クマゴロウさん、ありがとうございました♪



続いて、横浜市青葉区さくらんぼさんからのまめタリアーナレシピです。

さくらんぼさんのお家では、青紫蘇がたくさん育っているそうで、サラダ感覚でいくらでも食べられるという即席レシピを教えてくださいました♪

「キュウリの青紫蘇&塩昆布漬け」

Dsc_0694

材料(作りやすい分量):
キュウリ 1本

青紫蘇 4枚
塩昆布 10g
・・・(私が試作した時の分量です)

1)キュウリをざく切りにする。
*キッチンバサミで切ってみました。断面が凸凹になり、味が染みやすいですよ。

P1390233 2)青紫蘇を千切りにする。

P1390236 3)1と2と塩昆布をビニール袋に入れて揉み込む。

P13902434)器に盛ったら出来上がり♪
*白胡麻をかけました。

Dsc_0699

さくらんぼさんの御自宅では、青紫蘇を育てていらっしゃるなんて、素敵ですね! 
普段のお料理によく使いますから、羨ましい限りです。
青紫蘇の爽やかな香りと塩昆布の旨味でキュウリがもりもりと食べられちゃいました。
味付けは塩昆布だけで済みますし ビニール袋で手軽に作れるので後片付けも楽なのがポイントです。残れば、そこまま袋に入れて冷蔵庫に保存できますから、便利ですね。

さくらんぼさん、ありがとうございました♪

クマゴロウさんさくらんぼさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

Img_4865

収録で、横浜みなとみらいのランドマークにあるFMヨコハマのスタジオへ!

Img_4868_2

MITSUMIさんやホズミンさんにお会い出来て、キラキラとしたパワーをいただいてから収録に臨めました♪

Dscf3401

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております^^

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年8月26日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0319

まずは横浜市旭区関口さんからのまめタリアーナレシピです。

関口さんのお家は女性3人家族との事で、枝豆ご飯が人気なのだそうです。
枝豆を加えて炊飯した枝豆ご飯に、プラスαでアレンジするレシピも教えていただきました♪

「枝豆ごはん」

Dsc_0348

材料(2合分):
白米 1合
もち米 1合
枝豆 100g
塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1
日本酒 大さじ1
しらす・青じそ・梅 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)枝豆を茹でて鞘から出す。(冷凍枝豆を使っても)

P1390155 2)お米をとぎ、既定の水より少な目にして、塩、砂糖、日本酒、1を加えて炊飯する。

P1390158 3)炊き上がったら、お好みで千切りにした青じそ、しらす、梅を混ぜて出来上がり♪

Dsc_0355


関口さんのお勧めで、ご飯は半分、もち米にして炊いたので、もちもちとしておこわの様で冷めても美味しかったです。
ご飯やしらすの白に、枝豆の黄緑色と、青じその緑、梅の赤がよく映え、それぞれの味・香り・食感が楽しめました。

関口さん、ありがとうございました♪



続いて、旭区どんどこどんさんからのまめタリアーナレシピです。

どんどこどんさんが教えてくださったのは、ちょうどこれから旬を迎える落花生レシピです。
生の落花生が手に入ったなら、やっぱりコレ、茹で落花生にしていただきましょう!

「茹で落花生」

Dsc_0369

材料(作りやすい分量):
落花生(生) 200g

塩 大さじ3程度
・・・(私が試作した時の分量です)

1)落花生を水で洗う。

P1390149

2)鍋に落花生が隠れるくらいの水を入れ、塩を入れて弱火で30分茹でる。

P1390162

3)柔らかくなったら出来上がり♪
*塩加減は食べてみてたりないようなら塩を足します。

Dsc_0375

殻をカリっと割って食べると、茹で落花生ならではの柔らかい食感とコクのある味が堪能出来ますね。
ビールのおつまみにも、お茶請けにももってこいですよ。

どんどこどんさん、ありがとうございました♪

関口さんどんどこどんさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

鎌倉の長谷では、明日8月27日(日)まで、「かまくら長谷の灯かり」を開催しています。

Dscf1855 長谷と極楽寺地域の8つの寺社・施設が一斉にライトアップされて、地域が一体となって繋がり、美しい灯かりの世界が見られるという事で、今日明日の18:30~20:30には是非、夜の鎌倉を探索してみてくださいね★

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年7月29日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」


こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Img_0936

まずは横須賀市ののラジオネーム・どなこさんからのまめタリアーナレシピです。

どなこさんは、お母様が育てた絹サヤと頂いた茄子を使ったお料理を教えてくださいました。
「ピーマンの苦手な方やピーマンの代わりの彩りに」と言う事で、ピーマンと茄子の味噌炒めでは、ピーマンの苦手な方にはなかなか召し上がってもらえない事もあるかもしれませんが、これなら気にせずに食べてもらえますよね♪




「絹サヤ入り茄子の味噌炒め」

Img_0903

材料(3~4人分):
絹サヤ 適量
茄子 1~2本
味噌 大さじ1
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
鰹節 少々
胡麻油 適量

・・・(どなこさんが教えてくださった分量です)

1)ナスは二等分くらいでカット、幅は1㎝位の細切りにします。
絹サヤは筋を取って、沸騰したお湯に塩少々を入れてサッと茹でます。

Dscf0453 2)熱したフライパンに胡麻油を入れ、茄子を炒める。

Dscf0458 3)しんなりしてきたら、味噌と砂糖とみりんを混ぜ合わせて入れる。

Dscf0460

4)インゲン豆を加えて混ぜ合わせる。

Dscf0462 5)お皿に盛り、鰹節をかけたら、出来上がり♪

Img_0908

絹サヤは別に茹でているので、緑が綺麗なままで、食感もシャキっとしていました。
茄子は柔らか~く、胡麻油の香ばしさと甘味噌の味を吸っているので、ご飯によく合います。
どなこさんは、以前、紹介した「三月豆のしらすのアヒージョ」をスナップエンドウで作って、美味しそうなお写真も送ってくださいましたよ^^

どなこさん、ありがとうございました♪



続いて、杉並区太原さんからのまめタリアーナレシピです。

太原さんは、鎌倉まめやさんのお菓子が大好きで、カレー味とショウガ味が特にお好きなのだそう♪
そんな太原さんは、御自宅でよく作るという簡単で美味しいお豆のスープを教えてくれました。




「お豆のスープ」

Img_0874

材料(作りやすい分量):
大豆缶 1缶
ミックスビーンズ缶 1缶
ひよこ豆 1缶
大根 1/4本
ジャガイモ 2個
キャベツ 4枚
ミニトマト 10個
肉類(ブロックベーコン、ソーセージ、牛塊肉等) 適量
水 1200ml
塩・胡椒 適量

・・・(私が試作した時の分量です)

1)野菜・肉類を柔らかくなるまで煮る。

Dscf0455 2)お豆を入れる。

Dscf0457 3)柔らかくなったら、塩コショウで味付けしたら出来上がり。

Dscf0464 4)余ったら翌日はそのスープにご飯をいれて、チーズを溶かせて、スープリゾットに。カレー粉入れても♪

Img_0877

色んなお野菜とお豆がたっぷり入っているので、食べ応えがあって満足感たっぷりです。
お野菜やお豆からよいお出汁が出ているので、ご飯とチーズを入れたリゾットも、美味しくいただけました。

太原
さん、ありがとうございました♪

どなこさん太原さんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

Dscf0407鎌倉まめや長谷本店さんでは、明日30日(日)までみずたまてん(みずたまのモチーフが、鎌倉の商店街と街を彩るデザイン・アート企画)に参加しています。

期間中、鎌倉まめや長谷本店さんや「A」の文字が書かれたのれんのついているお店では、利用されたお客様に、みずたまてんうちわ(片面が水玉模様、もう片面がKATSUYA153さんの風景画のうちわ。数に限り有)がプレゼントされます。

Dscf0418 更に、みずたまてんのパンフレットを御提示の方には、水玉イメージの「ソーダ豆」が10%オフで御購入いただけます。

Dscf0416

デザインとアートのコラボレーションを見ながら鎌倉散歩、してみてくださいね♪ 

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年6月24日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0416

まずは茅ヶ崎市のラジオネーム・なぴさんからのまめタリアーナレシピです。

なぴさんは栄養士さんなのですが、職場の給食で子ども達に人気のお豆料理は定番の「大豆の揚げ煮」だそうです。
(私も小中学校の時に給食で食べた大豆の揚げ煮、大好きでしたよ!)
そんななぴさんのおすすめは「ひよこ豆」の入ったサラダで、乾煎りしたじゃこ、生姜の絞り汁を使って作るしょうゆベースのドレッシングがお豆にもぴったりです、とのメッセージでした♪




「ひよこ豆のサラダ」

Dsc_0443

材料(4人分):
ひよこ豆(水煮缶) 小1缶 
キャベツ 2枚
人参 1/2本
キュウリ 1本
ちりめんじゃこ 適量
生姜 1片
醤油 大さじ1
お酢 小さじ1
胡麻油 小さじ1/2
・・・(私が試作した時の分量です)

1)キャベツは1口大に、人参は千切りに、キュウリは半月切りにする。
*学校給食で提供する際には、衛生面から野菜は加熱処理をして提供されています。

P1390101

2)生姜をおろして、搾り汁とに分ける。

P1390103

3)2に醤油、胡麻油、お酢を加えて混ぜる。

P1390106

4)1とひよこ豆をボウルかビニール袋に入れ、3をかけてよく混ぜ合わせる。

P1390108

5)ちりめんじゃこを乾煎りする。

P1390122

6)器に3を盛り、4をかけたら出来上がり♪

Dsc_0454

ひよこ豆に生姜の風味が効いて、とてもさっぱり香味よくいただけるので、これからの季節、食欲がそそられて食べやすいですよ。
柔らかなひよこ豆とカリカリとしたじゃこの食感の違いもまた良かったです。
なぴさんは食育活動をされていらして、なぴさんが作詞した「ほめほめぷれいず」という素敵な食育ソングも教えてくれたのですが、‘食を通して沢山の人が幸せになってくれたら嬉しい、というなぴさんの気持ちが伝わってきました。
応援しています!

なぴさん、ありがとうございました♪



続いて、市原市ネバ子さんからのまめタリアーナレシピです。

ネバ子さんがおススメしてくださったのは、納豆の天ぷら!
ネバ子さん宅で定番のメニューだそうで、お豆も野菜もバランスよくとれて一石二鳥ですよ、というメッセージでした♪



「納豆の天ぷら」

Dsc_0474

材料(2個分):
納豆 1パック

ネギ 適量
強力粉(又は薄力粉) 大さじ4
水 大さじ2
揚げ油 適量

・・・(私が試作した時の分量です)

1)ボールに納豆とみじん切りにしたネギを混ぜ合わせます。

P1390111

2)更に強力粉を水で溶いたものを混ぜ合わせる

P1390113

3)お玉に適量すくい、180度の油でこんがり揚げます。

P1390118

4)納豆に付いている添付のタレとからしをつけて召し上がれ

Dsc_0386

納豆の天ぷらは、今まで作った事がなかったので、どんな感じになるのか想像がつかなかったのですが、いただいてみると、衣はサクッとした食感に揚がり、納豆の香りと粘りも良かったです。
納豆のタレとからしがやっぱりよく合いますね!
天ぷらメニューの新定番にしたいです。

ネバ子さん、いつもありがとうございます♪

なぴさネバ子さんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

Dscf1833

江ノ電では、電車の行き先表示部分に紫陽花の絵が表示されていたり、構内にも紫陽花の鉢植えの飾りがあったりするので、電車に乗る前から紫陽花の季節を楽しめます。

Dscf9544鎌倉の至る所で咲き誇る紫陽花を見にいらしてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年5月27日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0004

まずは西東京市まころんさんからのまめタリアーナレシピです。

まころんさんのお家ではいつも黒豆を茹でて常備しているそうで、黒豆レシピを教えてくださいました。
簡単で、しかも彩りが鮮やか、そして、美味しいそうで、手軽にお豆を摂る事が出来るとの事で、黒豆以外の野菜は何でもOKですとのメッセージです♪




「黒豆サラダ」

Dsc_1033

材料(2人分):
黒豆 一つかみ分(水煮なら60g程度)
ブロッコリー 1/2房
スナップエンドウ 8本
プチトマト 4個
カラーピーマン(パプリカ) 適量
胡麻ドレッシング 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)味付けなしで黒豆を煮る。

P1390032

2)ブロッコリーとスナップエンドウを茹でる。

P1390037

P1390035

3)プチトマトを半分に切り、カラーピーマンも切ったら、ブロッコリーとスナップエンドウ、プチトマト、カラーピーマンを盛り付けて、最後に黒豆をのせて、胡麻ドレッシングをかけたら出来上がり♪

Dsc_0065_2

(↑プチトマトを飾り忘れてしまいましたm(_ _)m)

元気が出てくる様な色合いのサラダが出来ました。
まころんさんが番組宛に送ってくださったお料理のお写真も、黒豆の黒と緑の野菜、そして、トマトの赤、カラーピーマンの黄色がとてもビビットで綺麗でしたよ。
一緒に添える野菜やドレッシングでお好みにアレンジも出来ますね。

まころんさん、ありがとうございました♪



続いて、横須賀市ぷにさんからのまめタリアーナレシピです。

「カレーなどの付け合せにぴったりです」という、ぷにさんがおすすめしてくださったレシピはこちら!



「ミックスビーンズのスパイシー和え」

Dsc_1070

材料(2人分):
ミックスビーンズ 1缶

オリーブオイル 大さじ1
バルサミコ酢 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1/2
塩  少々
ブラックペッパー 少々
・・・(ぷにさんが教えてくださった分量です)

1)全ての材料を混ぜ合わせたら出来上がり♪

P1390028

と~っても簡単&あっという間に完成!
ぷにさんもお料理のお写真を送ってくれたんですが、小鉢に入れて、カレーの横に添えてあり、私もカレーと一緒に美味しくいただきました。
ガラムマサラは複数のスパイス(ナツメグ、クローブ、シナモン、クミン等)をミックスしたものなのですが、お家にない場合には、お家にあるスパイスやカレー粉で代用してもOKですし、買っておくと、カレーやスープ、ドレッシングの隠し味に仕えて便利ですよ。

Dsc_1093

ぷにさん、ありがとうございました♪

まころんぷにさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

今日の放送は鎌倉の段葛からお届けしました。

Dscf1336

ツツジが見事に咲いていました。

Dscf1341_2

次はそろそろ紫陽花の出番と言う事で、待ち遠しいですね♪


*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年4月29日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0751

まずは横浜市港北区のラジオネーム・ねこちゃんからのまめタリアーナレシピです。

ねこちゃんのお宅では、煎り豆を豆ごはんにして召し上がるそうで、以前、ねこちゃんが老人ホームに勤務していた時に知った料理なのだそうです。
固い大豆をポリポリ食べるのが無理なお年寄りでも節分の日に大豆を美味しく食べられるとの事で、ごはんに少しお醤油を加えて炊いたり、炊き上がったら塩昆布を混ぜても美味しいとのメッセージでした♪




「煎り豆ごはん」

Dsc_0769

材料(1合分):
お米 1合
煎り豆 40g
お醤油 大さじ1
塩昆布 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)お米をとぎ、既定の水を加え、煎り豆を入れる。

P1380961

2)お醤油を加えて炊く。

P1380965

3)炊き上がったら、塩昆布を混ぜて出来上がり♪

P1380994
煎り豆の香ばしさがごはんにも染みていましたし、煎り豆も柔らかくいただけました。
これなら、ねこちゃんがおっしゃる様にお年寄りはもちろん、小さなお子様でも、安心して食べられますね。
塩昆布が良いアクセントになり、美味しかったです。

Dsc_0787_2

ねこちゃん、ありがとうございました♪



続いて、横浜市磯子区滝川さんからのまめタリアーナレシピです。

滝川さんがおすすめしてくださったのは、酢大豆!
乾煎りした大豆をお酢に漬けるだけだそうで、10日位で食べられるとの事です。
お肌にもいいですよ、というメッセージでした♪

「酢大豆」

Dsc_0803

材料(作りやすい分量):
大豆(生・乾燥) 100g

お酢 200ml
・・・(私が試作した時の分量です)

1)大豆を洗って、水気をふき取る。

P1380968

2)フライパンで大豆を20分程度乾煎りする。

P1380978

3)大豆が冷めたら密閉瓶に入れ、お酢を注ぎ、冷蔵庫に入れる。

P1380982_2

4)10日程待ったら出来上がり♪

P1380998

2~3日で、大豆がぷっくりと膨らみました。
お酢と大豆って、意外に合うのですね。
ついついパクパクと食べ進めてしまう一品でした。

Dsc_0837_2

滝川さん、ありがとうございました♪

ねこちゃん滝川さんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年3月25日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0586

まずは青梅市マーくんからのまめタリアーナレシピです。



「お豆とベーコンのトマト煮」

Dsc_0551

材料(作りやすい分量):
ニンニク 1片
ベーコン 40g
セロリ 1本
ミックスビーンズ 1袋
トマト缶 1缶
水 100ml
オイスターソース 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
塩・コショウ 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)ニンニクはみじん切りに、セロリはざく切りに、ベーコンは1㎝の角切りにする。

P1380921

2)オリーブオイルを熱し、みじん切りしたニンニクを色が変わるまで炒めたら、ベーコンを炒める。

P1380927

3)セロリとミックスビーンズを入れて炒める。

P1380933

4)トマト缶と水を入れて煮詰め、オイスターソース・塩・コショウを入れて味を整えたら出来上がり♪

Dsc_0537

トマトとオイスターソースの味付けがとても合いました。
お豆も美味しくいただけます。
常備菜としてストックしておきたいです。

マーくん、ありがとうございました♪



続いて、板橋区のラジオネーム・ナーヤさんからのまめタリアーナレシピです。

ナーヤさんは、納豆が大好きで、納豆と白いご飯を何杯もおかわりしてしまう位なんだそうです。
そんなナーヤさんが教えてくれたのは、ねばねばコリコリ食感の丼です!

「納豆とタクワンと温泉卵のまぜまぜ丼」

Dsc_0570

材料(1人分):
ご飯 1膳
納豆 1パック
温泉卵 1個
タクワン 適量
小ネギ 適量
白胡麻 適量
めんつゆ 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)タクワンはみじん切りに、ネギは小口切りにする。

P1380938

2)ご飯に納豆、温泉卵、1と白ごま、めんつゆをかけて出来上がり。混ぜながら召し上がれ

Dsc_0600

手軽な材料であっという間に出来上がりました。
それでいて、旨味たっぷりでボリュームもあって満足感のある丼です。
納豆ってやっぱり美味しいなぁと実感しました。

ナーヤさん、ありがとうございました♪

マーくんナーヤさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2017年2月25日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0376

まずは君津市のラジオネーム・ウインバイオールさんからのまめタリアーナレシピです。

ウインバイオールさんはいつも毎日欠かさずにお豆腐を食べていらして、この季節には、湯豆腐にされているそう。
昔ながらのシンプルな湯豆腐で暖まっているとの事で、ウインバイオールさんのお家の湯豆腐を教えてくださいました。



「湯豆腐」

Dsc_0340

材料(4人分):
絹豆腐 1丁
醤油 100㏄
鰹節 1袋
水 適量
白菜・シメジ お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)鍋の深さと同じくらいの器へ鰹節と醤油を入れる。

P1380891

2)鍋に食べやすい大きさに切ったお豆腐と水、鍋の真ん中に1を入れて弱火で加熱したら出来上がり。鰹節醤油でお豆腐を召し上がれ♪
*お好みで昆布や少量の塩でお豆腐を温めたり、白菜やシメジを加えるのもおすすめとの事です。

Dsc_0354_2

ほかほかのお豆腐で温まりましたよ。
お醤油に鰹節を加えるだけで、だし醤油になって、淡白なお豆腐によく合いますね。
白菜とシメジも加えて具沢山でいただきました。

ウインバイオールさん、ありがとうございました♪


続いて、川口市のラジオネーム・モモンガさんからのまめタリアーナレシピです。

モモンガさんのお家は、お子さんがが大豆とひよこ豆が大好きで、サラダやチリコンカンによく入れるそうなのですが、とてもよく食べてくれるとの事♪
最近、便秘症に悩まれていたそうなのですが、病院の栄養士さんがレッドキドニービーンズをチリコンカンに入れたりするといいと言われ、早速やってみたそうです。

「レッドキドニービーンズのチリコンカン」

Dsc_0306

材料(作りやすい分量):
レッドキドニービンズ(水煮) 300g
大豆(水煮) 100g
合い挽き肉 150g
玉ネギ 1個
人参 1/2~1本
ニンニク 1片
水 200ml
*カットトマト缶 1缶(400g)

*ケチャップ 大さじ6
*醤油・ソース 大さじ2
オリーブオイル・パセリ 適量
コンソメ・粉チーズ 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)玉ネギと人参とニンニクはみじん切りにする。

P1380881

2)オリーブオイル大さじ1を熱して1を炒める。

P1380883

3)挽き肉も加えて炒めたら、水を加える

P1380885

4)大豆とレッドキドニービーンス、*を加えて煮込だら出来上がり♪

P1380889

5)お好みでパセリを散らしたり、コンソメ+水でのばしてスープにしてたりして、粉チーズをかけていただいても♪

Dsc_0322

お豆好きなお子さん、とっても素敵ですね^^
レッドキドニービーンスの自然な甘みが引き立つチリコンカンになりました。
スープにしていただくのもまた食味が変わって良かったです。

モモンガさん、ありがとうございました♪

ウインバイオールさんモモンガさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

さて、来週3月3日(金)ひな祭りです。

Image_16

鎌倉まめやさんの雛あられは、小さ目のスタンドパックと和紙袋入りのパックの2タイプを揃えています。

Image_17

籠入りのアソートセットもありますよ。

Image_15

御家族皆様で、素敵な桃の節句をお過ごしくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいな♪

*****************************************************************************

2017年1月28日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_1006

まずは千葉県市川市のラジオネーム卵マニアさんからのまめタリアーナレシピです。

卵マニアさんは甘納豆を、お赤飯のお豆の「ささげ」のかわりに使われるとの事で、北海道の御友人から教わったそうです。
甘党の卵マニアさん曰く、甘くておはぎ感覚、という事ですから、とても気になりますよね!




「甘納豆のお赤飯」

Dsc_0952

材料(2合分):
もち米 2合
甘納豆 100g
水 適量
(炊飯器のおこわ炊きの指定量)
黒胡麻 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
*甘納豆は、鎌倉まめやさんの大納言甘納豆を使いました。

P1380837

1)もち米を洗い、炊飯器のおこわ炊きの目盛りに合わせて水を入れ、甘納豆を加える。

P1380846

2)炊飯器のおこわモードで炊く。

P1380862

3)蒸らしたら出来上がり

Dsc_0978

優しい甘さのお赤飯になり、新感覚でした。
もちもちのもち米と甘納豆はとっても合いますね。
胡麻塩をかけて甘じょっぱくいただくのも美味しかったです。

卵マニアさん、ありがとうございました♪


続いて、渋谷区のラジオネーム・あんけいさんからのまめタリアーナレシピです。

私も大好きな玄米ごはんに大豆入れたレシピで、大豆は炒めてから炊くのがポイントです!


「玄米の豆ごはん」

Dsc_0923

材料(2合分):
玄米 2合
乾燥大豆 70~80g
胡麻油  大さじ1
醤油 大さじ2
みりん  大さじ2
水 適量
(炊飯器の玄米炊きの指定量)
・・・(あんけいさんが教えてくれた分量です)

1)大豆は一晩水につけておく

P1380850

2)水で一晩戻した大豆を胡麻油で中火で炒める。

P13808543)フライパンが十分温まった頃に、醤油、みりんの順でまわしかけて炒める。豆に味がついたらOK。

P1380856

4)玄米焚きの指定の分量で玄米と水を入れた炊飯器(もしくは圧力鍋など)に3の炒めた大豆を汁ごと入れて炊くだけ。この時塩を一つまみ入れてもいい。

P1380859

5)指定の時間で炊けたら十分蒸らして出来上がり♪

P1380864

できれば圧力鍋を使ったほうが玄米がもちもちで美味しいですとの事で、圧力鍋で炊いてみました(圧力がかかってから弱火で20分、圧が抜けるまで蒸らして出来上がりです)。

Dsc_0933_2

胡麻油を使っているから香りもよく、玄米も艶々!
お醤油とみりんの味がごはんにも大豆にもよく染みていて、おかわりしたくなる美味しさでした。
圧力鍋でおこげもしっかり出来て香ばしかったです。

あんけいさん、ありがとうございました♪

卵マニアさんあんけいさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいな♪

*****************************************************************************

2016年11月26日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0631

まずは青梅市のラジオネーム・キャサリンさんからのまめタリアーナレシピです。

キャサリンさんは、メキシコやアメリカの代表的な煮込み料理であるチリコンカンのレシピを教えてくれました。



「チリコンカン」

Dsc_0635

材料(4人分):
玉ネギ 1個
合い挽き肉 150g
ミックスビーンズ 150g
ひよこ豆 100g
カットトマト 1缶
ローリエ 1枚
塩・胡椒・バジル・オレガノ・チリパウダー お好みで
オリーブオイル・パセリ 適量
トースト お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)オリーブオイルを熱した鍋でみじん切りにした玉ネギを炒める。

P1380457

2)挽き肉を加えて炒める。

P1380460

3)ミックスビーンズとひよこ豆を加える。

P1380462

4)カットトマトを入れ、ローリエを加えて煮込み、塩・胡椒・バジル・オレガノ・チリパウダーを加えて煮詰める。

P1380472

5)水分が飛んだら盛り付けて、オリーブオイルとパセリをかけたら出来上がり。トーストなどと一緒にどうぞ

Dsc_0645_2

お豆と野菜とお肉をスパイシーに煮込むチリコンカンは、寒むさが増すこの時季にピッタリですね。

キャサリンさん、ありがとうございました♪


続いて、伊勢原市のラジオネーム・コマさんからのまめタリアーナレシピです。

コマさんのお宅では、厚揚げがヘルシーでボリュームのあるおかずになるので大活躍しているとの事で、唐揚げにネギのソースを絡めた油淋鶏を、厚揚げに置き換えて作ると立派なおかずになって、いくらでもいけるそうです!





「油淋鶏風厚揚げ」

Dsc_0651

材料(2人分):
厚揚げ 1パック
長ネギ 1/2本
生姜・ニンニク 一片
醤油 大さじ2
砂糖 大さじ2
お酢 大さじ1
・・・(私が試作した時の分量です)

1)厚揚げは1/4ずつに切り、フライパンで全面をカリッと焼く。

P1380483

2)長ネギはみじん切りに、ニンニクと生姜はすりおろす。

P1380475

3)醤油、砂糖、お酢を加えてレンジで1分加熱する。

P1380481

4)タレを1の厚揚げにかけて出来上がり♪

Dsc_0659

厚揚げを使ったみんなのまめタリアーナレシピは初めてです!
油淋鶏のタレは甘酸っぱくてご飯ともよく合いました。

コマさん、ありがとうございました♪

キャサリンさんコマさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。




さて、先週末は、この番組でもインタビューをお届けしましたが、エンディングテーマ曲「かざぐるま」を担当してくださっているヴィオラとピアノの姉妹デュオ*マリエリカ*さんのコンサート「Prolog∞花咲くとき」がありました♪

P1380366

映像とのコラボレーションという事で、鎌倉まめやさんや鎌倉の映像等、様々な美しい映像と*マリエリカ*さんのメロディーとが見事にマッチしていて感動!

P1380372

地元小学生との合唱のコラボレーションでは、子ども達の透き通った純粋な声と*マリエリカ*さんの演奏が相まって、心が洗われる様でした。

P1380404

お二人の衣装もとても似合っていて、それぞれの個性が光ります。

P1380410

お二人のお話にはお人柄や歩まれてきた道が表れていて、*マリエリカ*さんのことがますます好きになってしまいました^^

P1380432

素晴らしいコンサートをありがとうございました♪

Marierikasan1

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいな。

*****************************************************************************

2016年9月24日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組で、この「鎌倉まめタリアーナ」放送100回目を迎えました♪
いつも聴いてくださって&番組ブログを見てくださってありがとうございます!
これからもお豆の美味しくて旬な情報をお届けし、まめタリアーナの輪が広がっていく様な番組をお届けしていきますので、宜しくお願い致します。

さて、そんな今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0271_3

まずは東京都杉並区の聡子さんからのまめタリアーナレシピです。

聡子さんは、南仏の家庭料理・ラタトゥイユにミックスビーンズを入れて、腹持ちが良くなるレシピを教えてくれました。



「夏野菜とミックスビーンズのラタトゥイユ」

Dsc_0318_2

材料(4人分):
玉ネギ、ズッキーニ、ナス、トマト、パプリカ 各1個
ミックスビーンズ 1缶
ニンニク 1片
トマト缶 1缶
オリーブオイル 大さじ2
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1
・・・(聡子さんが教えてくださった分量です)

作り方:
1)野菜はそれぞれ1,5cmの角切りに、ニンニクのみみじん切りにする。

P1370479_3

2)鍋にオリーブオイルとニンニクを入れて弱火で炒める。

P1370482

3)香りが出てきたら、玉ネギを入れて中火に。玉ねぎが透き通ってきたら残りの野菜、ミックスビーンズを入れて軽く炒める。

P1370485

4)全体に油が回ったらトマト缶を入れて砂糖大さじ1、塩小さじ1入れ蓋をする。

P1370488

5)30分程煮たら出来上がり♪

Dsc_0344_2

色んなお野菜やお豆の味が全体に染み渡って、美味しく出来上がりました。
冷めても美味しく食べられるので、お弁当や常備菜にも良いですね!

聡子さん、ありがとうございました♪


続いて、鎌倉市ラジオネーム・ひろしさんからのまめタリアーナレシピです。

ひろしさんのお宅では、枝豆を使った料理が登場し、ひんやりさっぱりおいしいという事で紹介してくださいました。



「枝豆と大根・人参・南瓜の種の生姜ポン酢和え」

Dsc_0364

材料(4人分):
枝豆 1袋
大根 6㎝分
人参 1本
塩 少々
ポン酢 大さじ1
醤油 小さじ1
すりおろし生姜 小さじ1
カボチャの種 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)枝豆を固茹でする。

P1370475

2)大根・人参を1cm角のサイコロ状に切り、塩もみをする。

P1370492

3)冷めた枝豆を、さやから取り出し、2と混ぜる。

P1370495

4)最後に、ポン酢醤油・すりおろし生姜・カボチャの種を混ぜて出来上がり♪

P1370498*保存にも便利なので、ビニール袋に入れて作りました。

ひろしさんは、鎌倉まめやさんのカボチャの種が、小粒なのに色つやもよく、とても美味しいのでこのメニューを考案されたそうで、夏バテの身体に効きますよーと教えてくださいました。
生姜が味のアクセントになっていますし、カボチャの種の食感も楽しく、美味しくいただきました。

ひろしさん、ありがとうございました♪

Dsc_0383

聡子さんひろしさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

P1370461

毎月、鎌倉まめやさんの店頭で私が楽しみにしているものの1つ、それはお店に置かれた「豆通信」です。

内容は、‘豆おやじの独り言’(桐山社長のコラム)や‘月の豆’(今月のオススメのお菓子)、‘豆と健康’(お豆の栄養と健康のお話し)、鎌倉の行事や花暦等が掲載されていて、とても読み応えがありますよ。

是非、お手に取って、読んでみてくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいな。

*****************************************************************************

2016年8月27日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組では、リスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみました。

Dsc_0806

まずは、埼玉県深谷市のラジオネーム・深谷のすすむさんのからのまめタリアーナレシピです。

深谷のすすむさんは、夏野菜の枝豆と鎌倉の名物シラスでレシピをと考えてくださいました。




「枝豆とシラスの厚焼き卵」

Dsc_0725

材料(2人分):
卵 2個
茹でた枝豆 20房
釜揚げシラス 40g 
すり白胡麻 大さじ2
すりおろした人参 1/2本分
だし汁 50ml
塩・砂糖・油 適量
大根おろし お好みで
甘酢あん お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)溶いた卵に枝豆・シラス・すり胡麻・人参・だし汁・塩・砂糖を入れ、よくかき混ぜる。

P1370131

2)油をひいたフライパンで両面焼く。    

P1370140

3)お好みで大根おろしをのせる。

Dsc_0748_3

4)又は、甘酢あんかけにして召し上がれ♪

Dsc_0757

卵の黄色、枝豆の黄緑色、人参のオレンジ色、シラスの白と、彩りも綺麗で、華やかです。
大根おろしと甘酢あんかけの2つの食べ方があって美味しくいただけ、満足感のあるおかずになりました。

深谷のすすむさん、ありがとうございました♪



続いて、静岡県富士市のラジオネーム・紙バンドさんからのまめタリアーナレシピです。

紙バンドさんは、御自宅でのおススメの冷や奴アレンジを紹介してくれました。




「4種の冷や奴アレンジ」

Dsc_0791

材料(1人分):
絹豆腐 150g
大根おろし 
釜揚げシラス
貝割れ大根の葉 
角切りキュウリ
みじん切りの生姜
金山寺味噌
ミョウガの輪切り
青じその千切り
練り梅
キムチのみじん切り
角切りチーズ
味噌
       ・・・各適量

作り方:
1)お豆腐を1/4に切り分ける。

P1370142

2)「大根おろし+しらす+貝割れ大根の葉」をのせる。

P1370143

3)「角切りキュウリ+みじん切りの生姜+金山寺味噌」をのせる。

P1370148

4)「キムチのみじん切り+角切りチーズ+味噌」をのせる。

P1370151

5)「ミョウガの輪切り+青じその千切り+練り梅」をのせて出来上がり♪

P1370155

シンプルに食べる事の多い冷や奴ですが、色んな味で楽しめました。
これなら、毎日、食べても飽きないですし、また自分好みにカスタマイズしても良いですよね。

紙バンドさん、ありがとうございました♪




深谷のすすむさん紙バンドさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。


さて、その鎌倉まめやさん小町通り店が今週25日(木)に新装オープンしましたよ~!!

P1370178

今までの約2倍の広さになり、ゆったりとお買い物していただけると思います(詳しくはまた来週レポートしますね)。

P1370204

鎌倉まめや小町通り店さんでは、数量限定で、500円以上お買い上げのお客様に、鎌倉まめや限定豆菓子(「マヨネーズピー」「いかピー」「そら豆カレー」のミックス)が進呈されますので、お早めに足を運んでみてくださいませ♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してください。

*****************************************************************************

2016年4月30日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組では、リスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0563_2

まずは、横浜市瀬谷区ラジオネーム・まるみさんからのまめタリアーナレシピです。

まるみさんは、この4月から中学生になる息子さん(電車がお好き♪)と一緒に聴いてくださっているそうで、お弁当作りを頑張っていらっしゃるそうです。

そんな頑張るお母様が教えてくださった鉄分&タンパク質がとれてヘルシーなお惣菜がこちら。



「大豆入りひじきの煮物」

Dsc_0703_2

材料(作りやすい分量):
大豆(水煮缶詰) 1缶
ひじき(乾燥) 25g
油揚げ 1枚
人参 1/2本
スナップエンドウ 6鞘
胡麻油 大さじ1
だし汁 200ml
砂糖 大さじ2
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)乾燥ひじきを水で洗い、たっぷりの水で30分程度戻す。

P1090503_2

2)鍋に胡麻油を熱して、ひじきを炒めたら、千切りにした人参も加えて炒める。

P1090515

3)大豆と細く切った油揚げ、だし汁、砂糖を加えて煮る。

P1090523

4)馴染んできたら醤油とみりんも加えて煮て、汁気が無くなってきたら、斜め切りにしたスナップエンドウも加えてさっと火を通したら出来上がり♪

P1090528

やっぱり大豆とひじきの相性は抜群です!
私も、大豆はよくお料理に使うので、水煮缶やレトルトパックを常に常備していますよ。
大豆缶で作るから、本当に手軽に作れて、ボリュームも栄養価もアップしますし、冷めても美味しいおかずだから、お弁当にもピッタリですね。

Dsc_0710_2

まるみさん、ありがとうございました♪



続いて、千葉県市原市ラジオネーム・エリーマイラブさんからのまめタリアーナレシピです。

エリーマイラブさんは、お豆腐のキッシュを作ってみた所、意外にも家族に絶賛だったとの事です。



「お豆腐入りキッシュ」

Dsc_0625

材料(1台分):
木綿豆腐 1/2丁
卵 3個
生クリーム(牛乳) 50ml
塩・胡椒・砂糖 お好みで
とろけるチーズ 適量
お好みの具(今回はドライトマト、コーン、パセリ) 適量
[タルト生地]
薄力粉 120g
オリーブオイル 大さじ3
水 大さじ2
塩 ひとつまみ
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)[タルト生地]の材料をビニール袋に入れて混ぜ、ひとまとめにしたら、冷蔵庫で休ませておく。
*冷凍パイシートや春巻きの皮等で代用してもOKです。

P1090491

2)木綿豆腐をキッチンペーパーに包み、レンジで1分加熱して水切りをする。
*加熱する時に、木綿豆腐の上に耐熱容器の重しをのせると、水が出やすくなります。

P1090504

3)型にサラダ油(分量外)を塗り、1の[タルト生地]を伸ばして型に敷き詰める。

P1090499

4)2を小さ目の1口大に切り、型に入れる。

P1090506

5)卵と生クリーム、塩・胡椒・砂糖、お好みの具(今回はドライトマト、コーン、パセリ)を混ぜる。

P1090495

6)5を4に入れて、とろけるチーズをのせる。

P1090511

7)200度のオーブンで20分程度焼いたら出来上がり♪

Dsc_0676_2

キッシュが大好きでよく食べたり作ったりしますが、お豆腐入りキッシュは今まで食べた事・作った事がありませんでした。
キッシュのお豆腐は卵生地やチーズともマッチしていますし、お豆腐の味もきちんと楽しめましたよ♪
(もしかしたら、「豆腐のキッシュ」の私の解釈が間違っているかもしれません…  エリーマイラブさんは、お豆腐は絹豆腐をペースト状にして、卵液と混ぜて作ったのでしょうか? その作り方でもふわふわっと美味しく出来そうです!)

エリーマイラブさん、ありがとうございました♪

まるみさんエリーマイラブさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

P1090449_2いよいよゴールデンウィークに突入ですね!

5月5日のこどもの日、端午の節句も間近という事で、今、鎌倉まめやさんでは、こどもの日や端午の節句バージョンでお客様をお迎えしていています。

P1090420

端午の節句は菖蒲の節句とも言われているので、菖蒲も飾られていて、一緒に、こいのぼりのお豆アソートも販売されていますよ。

こいのぼりには、いちご・ヨーグルトレーズン、ホワイトチョコピー、大豆チョコ、抹茶チョコ大豆、青りんごが合計5袋入っています。

P1090411

この時季の贈り物としてやお子様へのプレゼントとしてはもちろん、御自宅用でお部屋に飾っても季節感が出て華やかな印象になりますね。

何より、飾った後にお豆をいただく楽しみが味わえるのもこいのぼりアソートならではです。

P1090423

素敵な休日・祝日をお過ごしくださいね^^

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいな♪

*****************************************************************************

2016年3月26日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、リスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

Dsc_1029

まずは、千葉県君津市バーバパパさんからのまめタリアーナレシピです。

バーバパパさんのお家では、落花生や大豆、小豆を作っていらっしゃって、おかずやおつまみ、おやつに利用されているそうです。

今年も自家製の米麹と大豆で数件分のお味噌を仕込んだとの事なので、私も味噌作りに初挑戦してみました!




「手作りお味噌」

Dsc_1115_2

材料(作りやすい分量):
大豆 150g
米麹 200g
塩 60g
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)大豆はよく洗って、倍量のお水に一晩浸す。

P1080840

↓8時間水に浸しておいたら、まん丸だった乾燥大豆が、ぷっくりと楕円形になりました。

P1080841

2)水を捨てて、新しい水を倍量入れて圧力鍋で20分加熱し、そのまま冷ます。
*通常の鍋の場合は3時間程度、大豆が柔らかくなるまで煮る。

P1080845_2

3)米麹をほぐし、塩とよく混ぜ合わせる。

P1080847

4)水を切った2を(茹で汁は捨てない)フードプロセッサーにかけてなめらかにする。
*回りにくい時には茹で汁を加える。

P1080850

5)3と4をよく混ぜ合わせ、ぼそぼそとして硬い場合は、煮汁を加えて混ぜる。

P1080852

6)熱湯消毒した保存容器かジップロックに隙間なく詰め、空気が入らない様に閉じる。

P1080866_2

7)途中、カビがはえない様に様子を見ながら天地返しをして、半年程度熟成させたら出来上がり♪

Dsc_0969_2

大豆は相模原産の津久井在来大豆を使って作ってみました。
圧力鍋とフードプロセッサーを使ったので、時間も短縮出来て、思ったよりも手軽に出来ました。
通常よりも塩を控えて減塩に。
好みに調整出来るのも手作り味噌ならではですね。
完成がとっても楽しみです^^

バーバパパさん、ありがとうございました!

 

続いて、綾瀬市内藤さんからのまめタリアーナレシピです。

内藤さんは先日、大豆入りドライカレーを作ったそうで、とっても美味しくできて、和食以外にも合うなぁと改めて感じたとの事です。




「大豆入りドライカレー」

Dsc_1090_2

材料(作りやすい分量・2人分):
大豆(水煮) 100g
玉ネギ 小1個
人参 1/2本
ニンニク・生姜(すりおろし) 適量
合挽き肉 150g
カレールウ 3片
水 150ml程度
卵黄・粉チーズ・パセリ・ブラックペッパー お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)玉ネギと人参をみじん切りにして、ニンニク・生姜、挽き肉を一緒に炒める。

P1080860_2

2)水と大豆を加えて、沸騰させる。

P1080861

3)ルウを加えてお好みの固さになるまで水分を飛ばしながら煮る。

P1080865

4)ご飯をよそった器に2をかけ、お好みで卵黄・粉チーズ・パセリ・ブラックペッパーをかけたら出来上がり♪

Dsc_1066

大豆は、お味噌用と一緒に茹でたものを使って、水の代わりに煮汁を使いました。
大豆を乾燥したお豆から煮ると、レトルトパックの水煮よりも食感がプリプリっとして、ドライカレーの中でも食感が引き立ちました。

内藤さん、ありがとうございました!

バーバパパさん内藤さんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

P1080814_3

鎌倉まめやさんのディスプレイもお花見バージョンとなり、私の心と同じく今か今かと桜待ちしておりますよ^^

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね♪

*****************************************************************************

2016年2月13日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、リスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

Dsc_0355_2

まずは、伊勢原市波照間たろうさんからのまめタリアーナレシピです。

波照間たろうさんのソウルフードである納豆チャーハンは、土曜にまだ学校があった頃、家に帰るとお母様がちゃちゃっと作ってくれたもので、納豆好きにはたまらない一品との事!



「納豆チャーハン」

Dsc_0371

材料(作りやすい分量・1人分):
長ネギ 1/2本
納豆 1パック
ご飯 1杯
白胡麻油 大さじ1
高菜、オクラ、かつお節、たくあん お好みで
・・・(分量は私が試作した時の量です)

1)長ネギをみじん切りにする。

P1070994

2)白胡麻油で1を炒める。

P1070996

3)ご飯を入れて炒める。

P1070999

4)納豆を入れて、付属のだし醤油をかけて混ぜ合わせる。

P1080002

5)お好みで高菜やオクラ、かつお節、たくあんなど、その日の気分で食べたいものを入れて出来上がり!

Dsc_0339_3

白胡麻油や長ネギ、納豆、だし醤油と、炒める程にいい香りが立って食欲がそそられました。
あっという間に作れちゃうので、時間のない時にも嬉しいです♪

波照間たろうさん、ありがとうございます!

続いて、南都留郡島津さんからのまめタリアーナレシピです。

このお豆料理は、以前のリスナーさんのおでんの巾着からヒントをもらって考えてくださったのだそうです。



「お豆と大和芋の煮浸し巾着」

Dsc_0386

材料(作りやすい分量・6個分):
油揚げ 3枚
大和芋 150g
サラダミックス豆 100g
青菜 適量
だし汁 200ml
醤油 大さじ3
砂糖 大さじ2
・・・(分量は私が試作した時の量です)

1)油揚げはザルに広げ熱湯を掛けて油抜きする。

P1070979

2)大和芋をすりおろす。

P1070981

3)サラダミックスのお豆さんを混ぜる。
*旬のグリーンピースを茹でて加えました。

P1070985

4)お揚げに入れる。

P1070987

5)青菜(ホウレン草)で口を閉じる。
*爪楊枝で留めてもOK。

P1070989

6)だし汁にお醤油とお砂糖でふっくら煮る。

P1070992

7)熱々を召し上がれ♪

Dsc_0374

熱々をほおばると、ふわふわとろっとした大和芋&お豆さんが出てきて新感覚でした。
煮汁がしっかりしみて美味しくいただけました。
大和芋とお豆の新しい組み合わせ、また他のお料理でも試してみたいです。

島津さん、ありがとうございます!

波照間たろうさん島津さんには鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

Dsc_0483

明日は素敵なバレンタインデーをお過ごしくださいね❤

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ♪

*****************************************************************************

2016年1月16日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、リスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

Dsc_0890

まずは、鎌倉市奥田歌純さんからのまめタリアーナレシピです。

奥田歌純さんのお家では大豆とこの時期に旬の野菜「里芋」を使ったホワイトシチューが大人気で、大豆の香ばしさと、里芋のホクホク感がたまらない一品なのだそう♪





「大豆と里芋のホワイトシチュー」

Dsc_0916_2

材料(作りやすい分量・4人分):
大豆(水煮) 100g
里芋 2~4個
玉ネギ 1/2個
人参 1/2本
シチュールウ 1/2箱
水 400ml
牛乳 150ml
(お好みで) ロマネスコ 適量
・・・(()内は私が試作した時の分量です)

1)里芋は皮を剥いて1口大に、玉ネギは1㎝幅に、人参は半月切りにして、水と一緒に火にかける。(ロマネスコを加える場合は、沸騰してから加えます)

P1070464

2)材料に火が通ったら、火を止めてルウを加えて溶かす。

P1070466

3)牛乳と大豆を加えて火にかける。

P1070468

4)とろみがついたら出来上がり♪

Dsc_0894_2

里芋とクリーミーなホワイトシチューは、とても相性がいいですね!
里芋のとろみでより濃厚になり、それぞれの素材の風味や食感の違いが楽しめました。

奥田歌純さん、ありがとうございました♪


続いて、西東京市ラジオネーム・やすママさんからのまめタリアーナレシピです。

やすママさんのお家で一番人気のワインに合うお豆レシピを紹介してくださいました。
シンプルですが、素材の味を噛み締める事が出来て、赤ワイン、白ワインいずれにも合うとの事!






「お豆と豚肉のオリーブオイル」

Dsc_0950_2

材料(作りやすい分量・2人分):
大豆(水煮) 100g
豚肉(しゃぶしゃぶ用) 200g
オリーブオイル  大さじ4
塩 少々
クレソン・水菜等 適量
・・・(()内は私が試作した時の分量です)

1)大豆と豚肉をそれぞれ茹でておく。

P1070456

2)大豆と豚肉をオリーブオイルと塩少々で混ぜ合わせる。

P1070470

3)最後にクレソンもしくは水菜を上にどさっとおいて出来上がり♪

Dsc_0944

茹でて和えるだけでシンプルなのに、ワインにも合うので、急なお客様の時にもすぐに作れて嬉しいです。
お気に入りのエキストラバージンオリーブオイルや岩塩を使って、最後にのせる野菜もベビーリーフ等、アレンジも出来て、食べ応えもありました。

やすママさん、ありがとうございました♪


奥田歌純さんやすママさんには鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね♪

*****************************************************************************

2015年12月19日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、リスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

Dsc_0215

まずは、横浜市ラジオネームhiromiさんからのまめタリアーナレシピです。

hiromiさんのお宅の定番の野菜たっぷり粕味噌汁は、身体の芯からポカポカになり、酒粕は美容にも良いので本当にオススメですとの事♪


「野菜たっぷり粕味噌汁」

Dsc_0177

材料(作りやすい分量・6人分):
玉ネギ 1個
キャベツ 2枚
エノキ 1パック
ジャガイモ 2個
青ネギ 2本
長ネギ 1/2本
生姜 1片
ケチャップ 小さじ2
だし汁 800ml
酒粕 120g
味噌 大さじ4
柚子胡椒 適量
・・・(()内は私が試作した時の分量です)

1)玉ネギは1㎝幅に、キャベツは1口大に、エノキは半分の長さに、ジャガイモはいちょう切りに、青ネギは小口切りに、長ネギはみじん切りに、生姜はすりおろす。

P1070152

2)玉ネギ、キャベツ、エノキ、ジャガイモをケチャップで炒める。

P1070154

3)だし汁を入れ、野菜が柔らかくなるまで煮る。

P1070159

4)酒粕を刻んで熱湯(50ml程度)入れて溶かし混ぜたら、3に加えて混ぜる。

P1070161

5)よく馴染んだら火を止め味噌を入れる。

P1070163

6)仕上げに青ネギとみじん切りの長ネギ、すりおろした生姜を入れ、柚子胡椒を入れて召し上がれ♪

Dsc_0230_2

ポイントは玉ネギをたっぷり入れる事と柚子胡椒という事で、玉ネギの甘みと柚子胡椒のピリッとした辛味、そして、酒粕の香りがよく合いました。
ケチャップで野菜を炒めるのも斬新ですね!
hiromiさん曰く、今の季節ならキャベツの代わりに白菜、ジャガイモの代わりに里芋やサツマイモでも美味しく作れるそうで、朝、沢山作ってランチにおうどん入れて煮込んでも◎との事です。

hiromiさん、ありがとうございました。


続いて、川崎市ひろちゃんからのまめタリアーナレシピです。

昔(昭和20年代)、まだ食料品の無かった頃のお正月に、ひろちゃんのお母様が作ってくれたお豆腐料理だそうです。


「木綿豆腐の含め煮」

Dsc_0203

材料(お豆腐1丁分):
木綿豆腐 1丁
サラダ油 大さじ1
だし汁(昆布と鰹節) 200ml
酒 大さじ2
砂糖 大さじ1
薄口醤油 大さじ2
・・・(()内は私が試作した時の分量です)

1)木綿豆腐を8㎜程の厚さに切り、クッキングペーパーに挟んで水切りする

P1070168

2)フライパンにサラダ油をひき、両面にうっすら焼き色が付くまで焼き、取り出す。

P1070170

3)だし汁に、酒、砂糖、薄口醤油で味付けをした中に豆腐を戻し、煮含める。

P1070172

4)冷たく冷まして召し上がれ♪

Dsc_0213_2

ひろちゃんが、毎年、お正月になると思い出されるお料理で、物の豊かな今も美味しくいただける一品なのだそうです。
木綿豆腐とおだしと調味料だけですが、こうやって1つの素材に手間をかける事で、食べ物を大切に美味しく食べるという心が伝わってきますね。
昔、お母様が作ってくれた思い出のお料理がこうやって受け継がれていく事を思うと、お料理は作り手の想いがずっと生き続けていくのだなと感じ、私もそんなお料理を作っていけたらなと思います。

ひろちゃん、ありがとうございました。

hiromiさんひろちゃんには鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

来週はクリスマスですね!

P1070109

今週、鎌倉まめやさんのそごう横浜店にお邪魔したら、クリスマスの可愛らしいディスプレイがありました。

P1070120

和の素材とも上手く調和していて素敵!

P1070100

鎌倉まめやさんのお豆さんでツリーが出来ないかしらと考えて、クリスマスカラーのお豆のお菓子(ベリーミックスと抹茶)を買って帰りました。

Dsc_0149

積み上げるにはバランスが難しいけれど、こうやってお皿に並べるのだったら簡単に出来ますね。

Dsc_0157_2

素敵なクリスマスイヴ・クリスマスをお過ごしくださいな☆彡

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね♪

*****************************************************************************

2015年10月31日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、リスナーの皆さんから頂いた「お豆」を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

1

まずは、東京都台東区の音々かぁさんからのまめタリアーナレシピです。

これからの季節のメニューに加わるおでんですが、音々かぁさんのお家では練り物があまり好きではないので、その代わりによく作るのがこのお料理なのだそうです。


「きんちゃく玉子と大根のおでん」

2_2

材料:
油揚げ 2枚
卵 4個
大根 300g
小松菜 1束
鰹節・昆布 適量
塩 小さじ1/2
薄口醤油 大さじ2
・・・(()内は私が試作した時の分量です)

下準備:
・水600mlに昆布を入れて火にかけ、沸騰直前で昆布を取り除いたら、鰹節を入れて煮立て、火を止めたら除き、塩と薄口醤油を混ぜておく。
・油揚げは熱湯をかけて油抜きをする。
・大根は皮を剥き面取りをして、下茹でしておく。
・小松菜を茹でておく。

P1060234

P1060238_2

作り方:
1) 油揚げを半分に切ったら中を開けて卵を入れ、爪楊枝で閉じる。

P1060250_2

2)1と下茹でした大根と煮る。

P1060269

3)小松菜を最後に添えて出来上がり♪

Dsc_0136_2

寒くなってきましたので、あったかいおでんが食べたくなりますよね。
色々なタネを用意するのはちょっと手間がかかりますが、きんちゃくと大根と小松菜で十分、おかずになりました。
そこに大豆製品の油揚げのきんちゃくがある事が、まめタリアーナポイントですよ^^

音々かぁさんはおあげが大好きで、湯通ししてから刻んで冷凍庫に常備しておくという技も教えていただきました。
音々かぁさん、ありがとうございました!


続いて、横浜市都筑区ブルーオクトパスさんからのまめタリアーナレシピです。

ブルーオクトパスさんはワインが大好きだそうで、ワインに合うおつまみを考えるのが好きとの事で、おつまみレシピを教えてくださいました。 


「ナッツのニンジン和え & クリームチーズと枝豆のディップ」

3

材料:
ニンジン 1/2本
ミックスナッツ 適量
ドレッシング(オリーブオイル・ビネガー・塩) 適量
枝豆 100g 
クリームチーズ 80g
ブラックペッパー 適量
サラダ豆・クラッカー お好みで
・・・(()内は私が試作した時の分量です)

作り方:
1) ニンジンをすりおろして、ミックスナッツとドレッシングで和える。

P1060265

2)室温で柔らかくしたクリームチーズと冷凍の枝豆を和える。

P1060258

3)野菜等でディップしたり、クラッカーにのせたりして召し上がれ♪

Dsc_0120

どちらもワインにも合いましたし、カナッペにしてもピッタリでした。
ニンジンとナッツの方にサラダ用のお豆さんを混ぜたり、クリームチーズと枝豆の方にお味噌をちょっと加えたら、また違った彩り・味わいになりますね。

ブルーオクトパスさん、ありがとうございました♪

音々かぁさんブルーオクトパスさんには鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

7

それでは、楽しいハロウィンを♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************