fyb_switch_to_sp_js

etc. Feed

2017年2月 3日 (金)

「E-ne!~good for you~FRIDAY EDITION」“ホズミング”

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

2月3日の今日は節分ですね。
節分と言えば、豆撒きという事で、今日はお豆が主役の日でもあります。
そうとなれば、「鎌倉まめタリアーナ」食育レポーターとしてはじっとしていられません!

Fm yokohama 84.7で毎週月~金曜日までの12:00から生放送されている「E-ne!~good for you~」内のコーナー“ホズミング”で、ホズミンこと穂積ユタカさんが、鎌倉まめやさんにいらしてくださると伺い、私もお邪魔してきました。

Image_6

やってきたのは、遠足・課外活動の学生さん達や観光客で大賑わいの鎌倉まめや小町通り店さん

中学生の男の子達がお豆を試食しながら、

「うわぁ~! 豆って、こんなに美味しかったんだぁ‼」

と感動していた姿に、私も感激してしまいましたよ^^

Dscf0650

節分豆撒きには煎り大豆が欠かせませんので、煎り大豆お豆のお菓子を買い求める方々が多くいらっしゃいました。

でも、・・・

「そもそも節分って?」

節分豆撒きの由来は?」

Dscf0595

まず、節分と言うのは、春夏秋冬の季節を分ける節目の日で、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日にあたります。
その中でも、立春を1年の始まりとして特に尊んできたので、その前日の今日が大晦日にあたる日であり、これから始まる新しい1年の邪気を払って、家族の無病息災を願う意味を込めて、節分豆撒きをして、災難を祓い清めました。

何故なら、お豆には昔から、邪気を払うという、悪いものを寄せ付けない神聖な霊力が宿ると考えられてきたからです。

Dscf0591_2

豆撒きの由来には諸説ありますが、その一つには、昔、京都の鞍馬山に鬼が乱入してきた際に、天からのお告げに従い、鬼の目に煎った大豆を投げつけて、鬼を退治した伝説があります。

鬼=魔を撒いて、追い払う=する、という事で、「豆(まめ)」=「魔滅(まめ)」という事に通じ、家族で豆撒きをして、一家の邪気を払い、1年の無病息災を祈ったのでした。

そんな豆撒きをした後、煎り大豆を食べるのには、昔、この寒い時期には食べものが不足していましたので、そんな厳寒期の重要なタンパク源として、煎り大豆は重宝されていたそうです。

そして、を食べる事で、「まめに、健康に暮らせる」という語呂合わせの意味合いも持っています。

Image_5

さて、そんな節分の煎り豆ですが、放送内では、鎌倉まめやさん節分の福豆を御紹介しました。
北海道産大豆を使った煎り豆で、振袖大豆北海黒豆の2種類が節分のお多福と枡の袋に入っています。

Dscf0612

そして、大人気のアソートセット・節分セットは今日までの期間限定で、鬼の可愛い巾着に、節分豆・節分黒豆・福寿豆・大豆チョコレート・抹茶チョコレートが入っています。

Dscf0596

ホズミンさんとのレポートは楽しくあっという間に終わり、ホズミンさんと、(放送越しながら)番組DJのMITSUMIさんとも御一緒出来て、とても光栄でした(MITSUMIさんが、「ノゾミン」と呼んでくれたのも嬉しかったです♪)。

Image_11

生放送を見守っていただいた鎌倉まめやさんの桐山社長、米山さん、FMヨコハマの小室さん、鎌倉まめや小町通り店さんのスタッフさん、リスナーの皆さん、ありがとうございました。

Dscf0609

今夜の豆撒きで、これからの1年、元気にまめに過ごしていきましょうね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年12月10日 (土)

北海道取材~大豆を求めて~

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は特別編という事で、なんと北海道からお届けしました♪

P1380167

大豆を求めてやってきたのは、函館市街から車で1時間程走った所にある茅部郡森町

P1380172

今年の収穫は全て終わっていて、畑には、収穫からもれた大豆の残りが落ちていました。

P1380155

房の中にはすっかり乾燥した丸い大豆が入っていましたよ。

P1380178

この地域では、昔から黒千石(くろせんごく)という品種の黒大豆が栽培されていて、幻の大豆と言われていて、この黒千石がないか周辺の道の駅を探した所・・・

P1380204

ありました~!

P1380198

通常の大豆と比べると3分の1位の大きさの小粒な黒大豆で、鎌倉まめやさんでは黒豆茶に使われています。

P1380202

今月のまめタリアーナレシピでは、この黒千石を使ったお料理を紹介しますね。

森町から車で30分程の場所にある鹿部間欠泉公園の道の駅にも立ち寄る事に。

P1380220

こちらでも、珍しい青大豆たまふくらを使ったお豆ご飯がありました。

P1380225

ほのかな甘みと、枝豆によく似た香りがあって、お醤油ベースのご飯や刻まれた昆布との相性もよく、とっても美味しかったです。

P1380230

この北海道取材では、鎌倉まめやさんの桐山章伸社長さんも御同行くださり、黒千石や大豆の栽培について、お話を聞かせてくださいました。

大豆は5月に種を蒔いて、6月ごろ芽が出て、8月に花が咲いた後、9月に身が付き、10月には枯れて、その後は、1か月程、畑でそのまま置いて乾燥させてから、10月下旬に収穫、選別をして出荷という流れになるそうで、それを工場で焙煎したものが鎌倉まめやさんの店頭に並ぶそうです。

P1380185

来週は、幻の大豆・黒千石について詳しくお届けします!

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*****************************************************************************

2016年10月29日 (土)

*マリエリカ*さんインタビュー~「Prolog∞花咲くとき」後編~

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、先週に引き続き、この番組のエンディングテーマ曲「かざぐるま」の演奏者であるヴィオラとピアノの姉妹デュオ*マリエリカ*さんにお話を伺いました。

↓写真左がヴィオラを担当されている妹さんのMARIEさん、写真右がピアノを担当されているお姉さんのERIKAさん

P1370685

11月19日(土)茅ヶ崎市民文化会館小ホールで開催されるコンサート「Prolog∞~花咲くとき」ですが、2部構成となっていて、美しい映像と音楽のコラボレーションや、地元の小学生による合唱も行われるとの事。

*マリエリカ*さんの色とりどりの音楽にどんな映像が組み合わさるのか、とても気になりますよね!

P1370691

そして、*マリエリカ*さんの演奏に合わせて、お二人の地元・茅ヶ崎市の小学生が合唱をするという事で、子ども達の澄んだ声は、*マリエリカ*さんの音色とピッタリなのではと想像するだけでもワクワクしてきます♪

チケット料金は、前売り4,000円、当日4,500円、学生2,500円、未就学児無料です。

P1370693_4

11月19日(土)午後5時30分から、茅ヶ崎市民文化会館小ホールで開催されるコンサート「Prolog∞~花咲くとき」、皆様、是非、お出かけくださいね。

【*マリエリカ*自主企画】 Prolog∞花咲くとき *マリエリカ*コンサート
日にち:11月19日(土)
時間:18:00開演/17:30開場 
会場:茅ヶ崎市民文化会館小ホール 
入場料:4,000円 /当日券:4,500円 /学生:2,500円 ※全席指定・未就学児は無料  
◇お問い合わせ:キャピタルビレッジ Tel.03-3478-9999 
一般発売 2016年7月1日(金)~
チケットぴあ(Pコード:302-813)
ローソンチケット(Lコード:74600)
イープラス
キャピタルヴィレッジ

Marierika
「鎌倉まめタリアーナ」のエンディングテーマ曲「かざぐるま」*マリエリカ*さんの4thアルバム「雅―mi ya bi―」に収録されています♪



来週10月31日(月)はハロウィンです!

P1370850

ここ数年で日本でもハロウィンのイベントが定着してきましたので、この週末はハロウィンパーティーにお出かけされる方も多いのではないでしょうか。

P1370844

鎌倉まめやさんでは、ハロウィンに喜ばれる事間違い無しのセット(「かぼちゃプリン」「きなこチョコ大豆」 「紅白レーズンチョコ」「チョコ大豆」 「りんご豆」「紫芋スイートポテト」 各2個) が販売されていますよ。

P1370846

お豆スイーツで、素敵なハロウィンをお過ごしくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年10月22日 (土)

*マリエリカ*さんインタビュー~「Prolog∞花咲くとき」前編~

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、この番組のエンディングテーマ曲「かざぐるま」の演奏者であるヴィオラとピアノの姉妹デュオ*マリエリカ*さんがスタジオに来てくださいました♪

Marierikasan

↑右手手前がお姉さんでピアノを担当されているERIKAさん、奥が妹さんでヴィオラを担当されているMARIEさん

11月19日(土)*マリエリカ*さんが故郷・茅ケ崎でコンサート「Prolog∞花咲くとき」を開催されるという事で、お話しを伺いました。

コンサートのタイトル「Prolog∞花咲くとき」のプロローグ(Prologue)には本来、「序章」 や「物事の始まり」と言った意味がありますが、*マリエリカ*さんはそこに∞(infinity)を付ける事で、これからもずっと同じスタイルでありたいという想いを込めていらっしゃるそうです。

お二人の強い信念を感じ、改めて素晴らしい活動をされている事を実感しました。

P1370676

コンサートは、午後5時30分開場、6時開演の2ステージ、全2時間の公演との事で、現在、上映中のANA機内上映番組「SKY EYE〜空からのメッセージ〜」のテーマ曲を始めとするオリジナル楽曲を映像と共に楽しめる仕掛けや、地元小学生とのコラボレーション企画もあるそう!

これはコンサート内容の詳細がとっても気になる所ですが、続きは来週、伺います♪

【*マリエリカ*自主企画】 Prolog∞花咲くとき *マリエリカ*コンサート
日にち:11月19日(土)
時間:18:00開演/17:30開場
会場:茅ヶ崎市民文化会館小ホール
入場料:4,000円 /当日券:4,500円 /学生:2,500円 ※全席指定・未就学児は無料 
◇お問い合わせ:キャピタルビレッジ Tel.03-3478-9999
一般発売 2016年7月1日(金)~
チケットぴあ(Pコード:302-813)
ローソンチケット(Lコード:74600)
イープラス
キャピタルヴィレッジ

P1370682

*マリエリカ*さん、ありがとうございました!

この日は、MARIEさんERIKAさんも私も洋服の差し色が赤で、揃っているのが嬉しくなってしまいましたよ^^

Marierika
「鎌倉まめタリアーナ」のエンディングテーマ曲「かざぐるま」*マリエリカ*さんの4thアルバム「雅―mi ya bi―」に収録されています♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2016年1月 9日 (土)

*マリエリカ*さんの「かざぐるま」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

この番組のテーマ曲「かざぐるま」を担当してくださっている湘南・茅ヶ崎出身のヴィオラとピアノの姉妹デュオ*マリエリカ*さんにお話を伺いました。

P1070311

「かざぐるま」は、昨年10月11日にリリースされた4thアルバム「雅―mi ya bi―」に収録されていますが、この番組の為にオリジナルで作ってくれた曲。

*マリエリカ*さんも大好きだという古都・鎌倉の風情ある町並みを、爽やかな風を感じながら、ゆったりと散歩しているイメージで作ってくださったのだそうです。

Marierika

この日は、鎌倉まめや長谷本店の2階のギャラリースペースでお話を伺ったのですが、*マリエリカ*さんはこちらでLIVEを行うとの事♪

*マリエリカ*LIVE in 鎌倉まめや

時間:①13:00~/②15:00~ (入替制)
会場:鎌倉まめや長谷本店 2階ギャラリー
料金:2,000円(豆菓子・お抹茶付き)
*入れ替制
*要予約:御予約は*マリエリカ*さんのHPを御覧ください

各回40分程のライブで、*マリエリカ*さんのお二人がそれぞれ、テーブル茶道のお点前を披露してくださるそうですので、こちらもまた楽しみですね!

P1070320お抹茶と共に出される豆菓子は、もちろん、鎌倉まめやさんのお菓子です。

それぞれで鎌倉まめやさんのお気に入りの豆菓子をセレクトして撮影してみました。

P1070321

最後にリスナーの皆さんへのメッセージを伺った所、「これからも音楽を通じて、生まれ育った湘南と繋がり、より多くの方へ癒しのメロディーをお届けしていきたいと思っております! 1月23日(土)、鎌倉まめや・長谷本店での*マリエリカ*ライブ、ぜひお越しください!」と聞かせてくださいました。

1月23日(土)は*マリエリカ*さんのライブとテーブル茶道のお点前、鎌倉まめやさんの豆菓子を堪能しにいらしてくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.co.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ。

*****************************************************************************

2014年11月11日 (火)

「THE BREEZE」“藤田優一くんのもっと知りたい神奈川!街角レポート”

昨日、Fm yokohama 84.7で毎週月~金曜日までの9:00~12:00に生放送されている「THE BREEZE」内の“藤田優一くんのもっと知りたい神奈川! 街角レポート”で、鎌倉まめや小町通り店さんが取材されました。

Image

取材は鎌倉まめや小町通り店のスタッフ・平田さんが御担当。

P1180456

今月のお豆さんのあんず豆を紹介してくださり、藤田さんが「爽やかなお味ですね」とお味の感想を話されていました。

P1180450

もう1つ紹介されていた『紅葉』のお豆セットは、林檎・マヨネーズ・味噌落花生・黒胡麻きなこ・炒り豆の5種類入りです。

P1180449

そして、私も「鎌倉まめタリアーナ」の食育レポーターとして登場させていただきました♪

P1180445

番組タイトルの事、番組の内容の事、リスナーさんからのオススメお豆料理・野菜料理の募集をしていて紹介された方には鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせがプレゼントされますよ~という事を宣伝させてもらいましたよ^^

藤田さん、THE BREEZEの金子桃さんやスタッフの皆さま、平田さん、駆け付けてくださったリスナーの皆さま、ありがとうございました!!



その後、藤田さんはE-ne! ~good for you ~のランチタイムレポートの為に、鎌倉まめや小町通店さんから徒歩3分程にある創作和料理「近藤」さんへ。

P1180485

局の御担当者さまや鎌倉まめやの社長さまのお計らいで私も特別に見学させていただきました。

こちらでは、落ち着いた品のある店内で四季折々の懐石料理を堪能出来ます。

P1180475

藤田さんのランチレポートをすぐ側で見させてもらって、取材の際の準備やお料理の見た目や味の表現、ゲストとの言葉の遣り取り等、その心意気やプロ意識に感動しました~!!

私も見習いたいな^^

P1180480

鎌倉野菜等のこだわり食材を使って料理長・近藤元人さんが技を駆使した日本料理の数々は、和食の素晴らしさを再認識させられる素材を生かした味と粋な盛り付けがされていました。

食材はもちろん、器や飾りにも季節を感じさせる配慮が尽くされています。

P1180482

↑デザートの1つの“ブロッコリーのティラミス”(写真右)。ほんのり後味にブロッコリーが香ります。

料理長からは和食において大切な五味・五色(五味:甘・酸・辛・苦・鹹の5つの味覚。五色:白・黄・赤・青・黒の色をした食べ物)についやお作法、口中調味(口の中でご飯とおかずの味を調和させていう和食ならではの食べ方)等についても伺い、とても勉強になりました。

P1180484

「鎌倉まめタリアーナ」でもいつか何かで御一緒出来る事を楽しみにしています。

創作和料理「近藤」の皆さま、ありがとうございました!

そして、改めて藤田さんやエフヨコスタッフの皆さま、鎌倉まめやの社長さま、駆け付けてくださったリスナーの皆さま、ありがとうございました!!