fyb_switch_to_sp_js

2018年5月19日 (土)

「虎豆のチーズリゾット」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした虎豆を使ったリゾットを御紹介しました。

Dsc_0933虎豆と言えば、甘く煮たものが王道ですが、その色や模様が引き立つお料理は・・・と考え、白い食材と煮てみようと考えました。

Dscf6132

鎌倉市農協連即売所で旬のお豆・絹サヤと菜の花が売っていたので、一緒にチーズリゾットにする事にしました♪




「虎豆のチーズリゾット」

Dsc_0916 材料(2人分): 
虎豆(水煮) 100g
ご飯(押し麦入り) 1杯半
牛乳 300ml
とろけるチーズ 60g
絹サヤ 適量
菜の花 少量
塩・ブラックペッパー 適量
粉チーズ 適量

作り方:
1)小鍋にご飯と牛乳を入れて火にかける。

P1390486 2)沸騰したら煮た虎豆ととろけるチーズ、入れて煮て、水分がなくなる前に絹サヤ、菜の花を加える

P1390489_2 3)ご飯が水分を吸ったら塩で味を調える。P1390494

4)器に盛り、粉チーズ、ブラックペッパーかけて出来上がり♪ Dsc_0958鎌倉まめや長谷本店上野恭子さんに召し上がっていただきました。

Dscf6256 「虎豆は初めて食べました! 虎豆の食感や味がちゃんと感じられます。牛乳とチーズで煮てあるからまろやかになるのですね。簡単に作れるのも嬉しいです」

Dscf6262

上野さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年5月12日 (土)

虎豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、虎豆について御紹介しました。

先月はパンダ豆を御紹介しましたが、今月、ピックアップする虎豆、と聞いて、どんなお豆を想像しますか?Dsc_0874虎豆は表面の内3分の2位が真っ白で、お臍の周辺が明るい茶色に色付いていて、エンジ色のまだら模様をしているので、虎柄の様に見える事から、虎豆と名付けられました。

Photo_5 出典:公益財団法人 日本豆類協会

ふっくらとした玉子型をしている虎豆インゲン豆の一種で、明治時代にアメリカから入ってきたとされています。
暑さに弱く、涼しい気候を好むので、日本では北海道が主な産地です。
5月から6月にかけてのまだ涼しい時期に豆を蒔き、夏に花を咲かせて9月後半から10月にかけて収穫されます。

Photo_4 出典:公益財団法人 日本豆類協会

虎豆お豆が柔らかく煮えやすいのが特徴で、粘りがあり煮豆には最適です。
黒豆と同じ位の大きさで食べ応えがあり、口に入れるとホクホクとした食感が楽しめますし、クセが無いのでとても食べやすいお豆なのです。

Dsc_0898 そして、この虎豆は煮物にすると、お豆本来の甘さが引き立ち、特に甘く煮るのには最高の品質と言われ、「煮豆の王様」とも呼ばれているのですよ。

Dsc_0904 そんな虎豆は、炭水化物やタンパク質はもちろん、食物繊維やビタミンB2等も豊富です。
虎豆はまだ日本では歴史の浅いお豆で、大豆小豆と比べると知名度は高くないのですが、その美味しさから煮豆の中では群を抜いて「王様」の称号を得るほどになっていますので、虎豆が人気のお豆になる日が、来るかもしれませんね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*****************************************************************************

2018年5月 5日 (土)

5月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

こどもの日の今日は、鎌倉まめや小町通り店にお邪魔しました。

Dscf6240こいのぼりののアソートセットやディスプレイで季節を感じます。

Dscf6238

望月祐子さんに今月のオススメをお伺いしました。

Dscf6251

5月のお豆さん「薔薇豆」です。

Bara4お豆の周りには、乾燥したバラ科のお花の粉が付いていて、ふわっと優雅な薔薇の匂い♪

Bara2 華やかでフルーティーな甘みと酸味があり、薔薇の香りが鼻から抜けていきます。

そして、この季節のアソートセットがこちら「草萌ゆる S」

Dscf6242蝶々や季節の花が描かれた友禅帯の中には、「蜂蜜レモン」「いろどり豆」「青さわさび豆」「青りんご」「そら豆カレー」各2個計10個入っています。

今度の日曜日13日(日)が母の日という事で、お母さんへのプレゼントにもぴったりなのがこちら春のアソートセット」

Dscf6245 お豆のイラストのトレーに、「フランボワーズ」「青りんご」「そら豆カレー」「抹茶」「マヨネーズ」「パルメザン」「いろどり豆」「蜂蜜レモン」が各4個合計24個入っています。

御希望の方には、母の日のプレゼント用のシールをお付けする事も出来るそうですよ!

鎌倉では今月中旬頃から薔薇が咲き出しますので、お母さんと一緒に薔薇鑑賞しにいらした際のお土産にしてみるのはいかがでしょうか♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年4月28日 (土)

みんなのまめタリアーナレシピ

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」野菜を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0980

まずはラジオネーム・茅ヶ崎のかっちゃんからのまめタリアーナレシピです。

手軽に作れる福豆を使ったレシピを教えてくださいました♪




「胡麻油煎り福豆」

Dsc_0991材料(作りやすい分量):
福豆(煎り大豆) 50g
胡麻油 小さじ1
塩 適量
刻み海苔 適量
・・・(私が試作した時の分量です)

1)胡麻油をフライパンで熱したら福豆を入れる。

P1390502 2)全体に胡麻油が混ざったら塩と刻み海苔を入れる。

P1390505 3)全体に馴染ませたら出来上がり♪

Dsc_0002

私は鎌倉まめやさんの袖振大豆を使って作ったのですが、塩で煎り大豆本来の甘みが引き立ちました。
アツアツの煎りたては胡麻油の香りが立ち、カリコリっとより柔らかくいただけますね。
刻み海苔の香ばしさも大豆によく合いましたよ。

茅ヶ崎のかっちゃん、ありがとうございました♪



続いて、ラジオネーム・伊勢原市ココロンのままさんからのまめタリアーナレシピです。

伊勢原市ココロンのままさんが、昨年末、旦那様の実家(岩手県釜石市)に帰る機会があり、そこで食べた「けんちん汁」にハマってしまったそうで、その美味しさの秘密はお豆だったとの事!
伊勢原市ココロンのままさんが義理のお母様に聞いた所、袋に入って売っている「おまめさん」等を使っているので作り方も簡単で、帰宅するとお家に届いていたお裾分けの野菜をふんだんに入れて何度かこのけんちん汁を作っていらっしゃるそうです。
野菜が豊富にとれるのでヘルシーで栄養満点。
忘れないように、この料理を自分のモノにしないといけません、とのメッセージです♪




「ふるさとの味、けんちん汁」

Dsc_0015

材料(6~8人分):
大根 200g

人参 1本
サツマイモ(里芋) 1本
ゴボウ 1本
焼き豆腐 1丁
油揚げ 2枚
コンニャク 1枚
椎茸 4個
豆(サラダ豆) 1袋
胡麻油 大さじ1
水 6カップ(1200ml)
昆布 小1枚
ほんだし 小さじ1
みりん 大さじ3
塩 適量
醤油 大さじ4
・・・(私が試作した時の分量です)

1)大根、人参、サツマイモ、ゴボウ、焼き豆腐、コンニャクを角切り、油揚げは細切りにする。

P1390496 2)大根、人参、サツマイモ、ゴボウ、焼き豆腐、油揚げ、コンニャク、椎茸、豆を胡麻油で炒める。

P1390498 3)たっぷりの水、昆布とほんだしで材料がやわらかくなるまでアクをとりながら煮込む。

P1390508 4)豆腐を加え、みりん、塩、醤油で味を整え、ひと煮立ちさせたら出来上がり♪

Dsc_0022

沢山のお野菜からそれぞれおだしや旨味が出て、美味しいスープになりました。
けんちん汁はよく作るものの、お豆入りは初めてで、お豆が入ると見た目も可愛らしくなって栄養も多くとれて良いですね。
私は母が私の為に作ってくれるけんちん汁が大好物なので、私も母の味を自分のモノにしたいです!

伊勢原市ココロンのままさん、ありがとうございました♪

茅ヶ崎のかっちゃん伊勢原市ココロンのままさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております!

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年4月21日 (土)

「パンダ豆のチェー」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話ししたパンダ豆を使ったデザート・パンダ豆のチェーを御紹介しました。

Dsc_0462チェーと言うのは、ベトナムの伝統的なデザートで甘く煮たお豆や芋類、果物などの具材をココナッツミルクと合わせて食べるローカルスイーツで、日本のぜんざいのようデザートです。




「パンダ豆のチェー」

Dsc_0388 材料(1人分):
パンダ豆(水煮) 50g
甘納豆 適量
バナナ 1本
イチゴ 2個
ココナッツミルク 100ml
砂糖 大さじ1
ナッツ(カボチャの種、ヒマワリの種、クコの実等) 適量 

作り方:
1)バナナ1/5本は飾り用に薄切りにして取って置き、残りは1口大にカットしてガラスの器に入れる。P13904652)パンダ豆は大さじ1程飾り用に取って置き、残りは器に入れる。 

P1390467 3)ココナッツミルクに砂糖を混ぜ、回しがける。

P1390468 4)甘納豆や半分にカットしたイチゴ、飾り用のバナナを周りに飾り、パンダ豆を中央に盛ったら、ナッツをかけて出来上がり♪

P1390469

*甘納豆やカボチャの種、ヒマワリの種は鎌倉まめやさんのものを使用しています。

Dsc_0415
鎌倉まめや長谷本店小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

Dscf6179

「パンダ豆、初めてです! 大豆よりもさらっといただけますね。このデザートは品目が多くて嬉しいです。アジアン料理のデザートってお店だと結構お高い事があるので、自分で作れるというのがいいですね♪」

Dscf6180 小澤さん、ありがとうございました♪

お店のお豆さん達を覗いてみたら、パンダ模様お豆さんを発見!!

Dscf6208

くろ豆は、真っ白なお餅をまとった黒豆で、上品な塩味に仕上げられています。

パンダ豆パンダ模様くろ豆も、是非、お試しくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年4月14日 (土)

パンダ豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、パンダ豆について御紹介しました。

Dsc_0344 ちょうど今、季節は春に移り変わって、春野菜の美味しい季節がやって来ましたね。
特に空豆やサヤエンドウ、スナップエンドウなんかの豆科の野菜は、明るい緑の色合いが綺麗で、春らしさを感じますが、お豆にも、色んな色や模様のちょっと変わった種類があるのを御存知ですか?

例えば、パンダ豆というお豆なんですが、全体は白い色をしていて、おへその部分だけが黒いので、よく見てみると、なんだかパンダの様に見えてくるのですね。

Panda このパンダ豆は、アフリカ原産のササゲ豆の一種で、黒い目のような模様から黒目豆とか、海外では、ブラックアイビーンズとかブラックアイドピーズとも呼ばれていて、現在では中東やインド、アメリカや中南米などでも栽培されています。

以前、この番組で、海外のお豆料理を紹介した時に、アメリカのお正月料理として、「ホッピンジョン」という料理名のパンダ豆の炊き込みご飯について、お話ししましたね。

Hoppin_johnパンダ豆は、味にクセがないので、炊き込みご飯や煮豆以外にもカレーやスープ、サラダやスイーツにしても美味しくいただけます。

Dsc_0375 そんなパンダ豆の主な成分は炭水化物とタンパク質で、炭水化物の代謝を助けてエネルギーをつくり出すと言われているビタミンB1や、炭水化物や脂質、たんぱく質を体内でエネルギーに変える働きをしているビタミンB2なども含むので、お豆のチカラをスムーズにエネルギーにかえてくれる事が期待出来ますね。

Dsc_0350 パンダ豆は他のお豆と比べて小さく、お赤飯のササゲ豆と同じくらいの大きさなので、水に漬けておかなくても30分茹でるだけで柔らかくなります。

Dsc_0357 気軽に使ってみてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*****************************************************************************

2018年4月 7日 (土)

4月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は、鎌倉まめや長谷本店にお邪魔しました。

Dscf6210外岡由紀子さんに今月のオススメをお伺いします♪

Dscf61664月のお豆さん「春いろ」です。

Dscf6145ふわっと柔らかな黄色は、菜の花の色をイメージした色合い。Dsc_0552

中に落花生が入っていて、外側のお味は、キュッと酸っぱいレモン味に蜂蜜の優しい甘さがマッチしています。

Dsc_0566

去年、好評だった「春いろ」今月中に是非、お試しくださいね。

春らしい雰囲気の包装紙に包まれたアソートセット「豆の彩  春」には、菜の花やタンポポ、桜、蓮華等の春のお花とヒヨコのイラストが描かれていて、とても目を引きます。

Dscf6148

中身は、マヨネーズ、 青りんご、青わさび、パルメザンチーズ、フランボワーズ、そら豆カレー、抹茶、紅白レーズンの8種類が各4袋、合計32袋入り。Dscf6186

イラストは、MAMEYAギャラリーで個展を開催された茅ヶ崎在住の大野えりさんが手掛けています。


今年の新作「いちごミルク」ですが、「あれ? 前にもあったような・・・?」と、思われた方!

Dscf6150昨年は、「イチゴ味」と「ミルク味」のミックスで2色でしたが、1つでイチゴ味とミルク味を混ぜたものになりましたよ。

Dscf6160

いちごに練乳をかけたようなフレッシュでミルキーな味わいです。

鎌倉まめや長谷本店には店内に、アーティストTomoe Tohyamaさんの作品・落花生ナッツ君達が春を満喫していますよ♪Dscf6184

今年も鎌倉の桜は、沢山の人達を楽しませてくれました。

Dscf6219明日4月8日(日)から15日(日)までは、第60回鎌倉まつりが開催されます。

Dscf6222

行列巡行や流鏑馬等、様々な催しがあるので、この機会に足を運ばれてみてはいかがでしょうか♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年3月31日 (土)

みんなのまめタリアーナレシピ

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」野菜を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみました。

Dsc_0493


まずは草加市のラジオネーム・ウォッチさんからのまめタリアーナレシピです。

お家でよく作っているという豆もやしのナムルを教えてくれました。




「豆もやしのナムル」

Dsc_0533 材料(4人分):
豆もやし 1袋(200g)
おろしニンニク 小さじ1/4
醤油 大さじ2
胡麻油 小さじ1/2
白胡麻 適量
ホウレン草・キムチ お好みで
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)豆もやしをビニール袋に入れたらレンジで2~3分加熱する。

P1390474

2)おろしニンニクとお醤油、胡麻油、白胡麻を入れて、よく混ぜたら出来上がり。

P1390477
3)お好みで季節の青菜を混ぜたり、キムチを加えたりしても♪

Dsc_0540

よく焼肉屋さんでナムルを注文したり、ビビンバにもこのナムルがのっていたりしますが、普通のもやしではなくて豆もやしの方が、お豆の部分のコリコリっとした食感が堪らないのですよね。
ニンニクと胡麻油が効いていて、ご飯が進みました。
ビニール袋で完成してしまうのも嬉しいポイントです!

ウォッチさん、ありがとうございました♪



続いて、平塚市ロビンさんからのまめタリアーナレシピです。

ロビンさんがカフェでアルバイトしていた時のお豆腐のお気に入りレシピを教えてくださいました。



「お豆腐クリームのイチゴ添え」

Dsc_0508 材料(2人分):
絹豆腐 200g

ハチミツ 大さじ2~3
イチゴ 4個
・・・(私が試作した時の分量です)

1)絹豆腐はキッチンペーパーに挟み、レンジで2分加熱し、冷まして水切りしておく。P1390472 2)1とハチミツをミキサーにかける。
P1390481

3)器に入れて、イチゴを添えたら出来上がり♪

Dsc_0513

お豆腐クリームとイチゴの組み合わせ、とても合いました。
クリームというと、どうしてもカロリーやコレステロールが気になってしまう所ですが、お豆腐ならヘルシーでいいですね。
次は他のフルーツとも合わせてみたいです。

 
ロビンさん
、ありがとうございました♪

ウォッチさんロビンさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております♪

Dscf6136今週の鎌倉では、桜が見頃を迎え始めていました。

鶴岡八幡宮前の段葛の桜は7分咲き位、長谷では8分咲き位でした。
Dscf6134
今週末~来週には満開を迎えそうです♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年3月24日 (土)

「油揚げと豆乳クリームのミルフィーユ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした油揚げを使ったミルフィーユを御紹介しました。

Dsc_0871

油揚げをスイーツに使うなんて、普段なかなかしないかもしれませんが、油揚げ自体に強い味が無いので、意外にもお菓子作りにも使えます。

ポイントは油揚げをカリカリに香ばしく焼いてから、粉糖をよくまぶしておく事!

Dsc_0941

ミルフィーユのパイ生地代わりにしてみてくださいね。






「油揚げと豆乳クリームのミルフィーユ」

Dsc_0855材料(1台分): 
油揚げ  4枚

豆乳  200ml
砂糖  大さじ2~3
薄力粉  大さじ2
イチゴ  適量
粉糖  適量
ホイップクリーム  適量
ミント  お好みで

作り方:
1)油揚げはクッキングペーパーに挟み、レンジで30秒加熱し、油抜きをする。 

P1390418_2トースターかオーブンで両面カリカリにこんがりキツネ色になるまで焼く。

P1390428冷めたら粉糖を両面にまぶしておく。

P13904522)ボウルに薄力粉を入れ、砂糖とよく混ぜ合わせたら、豆乳を加えて混ぜる。

P1390425*先に薄力粉に砂糖を混ぜ合わせる事で、薄力粉がダマになるのを防ぎます。

小鍋に移し、火にかけてクリーム状になるまで混ぜながら加熱し、冷ます。

P1390442

3)油揚げに豆乳クリームとスライスしたイチゴをサンドする。

P1390446

4)ホイップとイチゴ、ミントで飾って出来上がり♪  

Dsc_0888
鎌倉まめや長谷本店上野恭子さんに召し上がっていただきました。

Dscf5884

「意外にいけます!ビックリ!油揚げだって事がそんなに気にならないですね。ちょっと焦げ目が付いている位の方が香ばしさが際立ってより美味しいです。豆乳クリームだから、油揚げにもよく合うんですね。これ、パイ生地ではなく油揚げを使っているから、糖質が気になる方にも良さそうです」

Dscf5890 上野さん、ありがとうございました♪

明日は晴れ予報なので、お花見にお出掛け予定の方も多いのではないでしょうか。

Dscf5902 鎌倉まめや長谷本店さんに飾られたアーティストTomoe Tohyamaさんの作品・落花生ナッツ君達も(大仏様も♪)お花見中ですので、是非、店舗で探してみてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年3月17日 (土)

「お花見いなり」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした油揚げを使ったいなり寿司を御紹介しました。

Dsc_0808

桜が開花し始め、そろそろお花見の計画を立てていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お花見につきものなのが、お花見弁当ですよね!
油揚げを使っておいなりさんの皮を作れば既製品の皮を使うより、とっても経済的。

この時季だからこその食材を使って彩りも華やかないなり寿司を作りたいなと思い、鎌倉市農協連即売所へ。

Dscf5815お目当ての菜の花がありました!

Dscf5817

鎌倉菜の花を使ったおいなりさんと、もう一つは秦野桜の塩漬けを使ったおいなりさんの2種類を作りましょ♪





「お花見いなり」

Dsc_0840 材料(10個分):
油揚げ  5枚
醤油  大さじ2
みりん  大さじ2
砂糖  大さじ2
水  300ml
御飯  2膳
寿司酢  大さじ6
菜の花  少量
桜の塩漬け、カリカリ梅、たくわん  適量

作り方:
1)【おいなりさんの皮を煮る】油揚げは半分に切り、袋上に開け、お湯で1分程煮て油抜きをする。

P1390416_2茹でたお湯を捨て、キッチンペーパーで油を押さえたら、醤油、みりん、砂糖、水で煮る。

P1390421*裏返してから煮ると、煮汁がしみ込みやすいです。

2)【具を用意する】茹でた菜の花とたくわん、塩抜きした桜の塩漬け、梅は細かく刻む。P1390434 3)【2種の寿司飯を作る】ご飯に寿司酢を混ぜたら、半分に分ける。

P1390429

半分には菜の花とたくわんを混ぜる。

P1390437

残り半分には、桜の塩漬けと梅を混ぜる。

P1390435 4)【皮に寿司飯を詰める】1に3を中身が見えるように詰め、端を折り返したら出来上がり♪

P1390441*菜の花の方は裏返した皮に詰め、桜の方は裏返していない皮に詰めています。

Dsc_0845
鎌倉まめや長谷本店外岡由紀子さんに召し上がっていただきました。

Dscf5875 「中身が見えるのは彩りも良くていいですね。菜の花の方が、たくわんの食感がいいです!桜の方が桜の香りがちゃんとして、梅の味もあるからサッパリしてます。皮の味付けがしつこくなくていいですね。行楽弁当として外で食べたらより美味しいでしょうね」

Dscf5877 外岡さん、ありがとうございました♪

若宮大路の桜は一足早く開花していました。

Dscf5823お花見には、おいなりさん鎌倉まめやさんのお豆さんを持ってお出かけくださいね♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************