fyb_switch_to_sp_js

« 2018年6月 | メイン

2018年7月

2018年7月21日 (土)

「白インゲン豆とレーズンのレモン煮」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした白インゲン豆を使って、爽やかなひんやりデザートを作りました。

Dsc_0309

白インゲン豆をレーズンとレモンと一緒に煮て、冷やしたら、甘酸っぱくてさっぱりとしたデザートになりますよ♪





「白インゲン豆とレーズンのレモン煮」

Dsc_0285

材料(2人分):
白インゲン豆 50g

レーズン 50g
レモン 1/2個
水 50ml
砂糖 大さじ3
洋酒・ミント お好みで

作り方:
1)白インゲン豆は半日以上水に浸して、柔らかく煮ておく。

P1390542 2)1と、レモンと砂糖、水を加えて煮る。

P1390544 3)水気が無くなる手前でレーズンとお好みで洋酒を加えて煮たら、冷ます。

P1390546 4)冷蔵庫で冷やし、ミントを添えて出来上がり♪

Dsc_0315

鎌倉まめや長谷本店秀島さつきさんに召し上がっていただきました。

Dscf7180「見た目も綺麗ですね。色合いも夏らしい感じです。さっぱりといただけます。ヨーグルトやアイスのトッピングにしていただいてもいいですね」

Dscf7181秀島さん、ありがとうございました♪

Dscf7146来週24日(火)19:20~はいよいよ鎌倉花火大会が由比ヶ浜海岸・材木座海岸で開催されます。

夏本番ですね!

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年7月14日 (土)

白インゲン豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、白インゲン豆について御紹介しました。

Dsc_0241白インゲン豆は、世界中でよく食べられているお豆の一つです。

インゲン豆には、以前、紹介したパンダ豆虎豆鶉豆の他に黒い色をした黒インゲン豆や赤茶色の金時豆なんかもあり、色んな種類がありますが、その中でも白い色をしたものが白インゲン豆で、世界的には煮込み料理やスープの具材としてよく食べられています。

Dsc_0248

例えば、イギリスやアイルランドの朝食に欠かせないベイクドビーンズは、白インゲン豆を少し甘めのトマトソースで煮たものになりますね。

Dsc_0017_2 日本では、昔から、大福豆(おおふくまめ)白金時豆として、お正月のお節の豆きんとん甘納豆に使われ、和菓子においても、お茶席などで使われる上生菓子の練り切りによく用いられています。

Dsc_0482

これは、季節やお茶席のテーマ等によって、色を着け、細工を施す事が出来る白インゲン豆ならではの利点ですね。

Dsc_0502

他にもお饅頭や鯛焼きの白餡にも白インゲン豆が使われていますので、知らず知らずのうちに白インゲン豆を食べているのかもしれません。

Oofukumame大福豆の花 出典:公益財団法人 日本豆類協会

和菓子として甘く食べる以外に、スープやサラダに入れて食べるのも人気な白インゲン豆には、高タンパク質で食物繊維が多く含まれ、カリウム、カルシウム、鉄分等のミネラルが豊富です。

最近では、白インゲン豆に含まれるファビノール、別名ファセオリンが、体内に入ってきた炭水化物を消化吸収する働きを阻害するので、余計な脂肪分にならないとされていて、ダイエット効果が期待されています。

Dsc_0262

そんな白インゲン豆は、煮てから冷凍しておくと、色々な料理にトッピングとして使えて、 便利なので、常備しておきたいですね!

Dscf7186 鎌倉まめや長谷本店に飾られたアーティストTomoe Tohyamaさんの作品・落花生ナッツ君と、お祭りグッズがあしらわれた麦藁帽子と、「豆の彩 夏」のディスプレイ。

鎌倉では今月1日から海水浴場が海開きとなり、今月末には、24日(火)19:20~鎌倉花火大会、28日(土)17時~鎌倉 浜の盆踊り等が開催予定です♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*****************************************************************************

2018年7月 7日 (土)

7月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

7月7日、七夕の今日は七夕飾りに彩られた鎌倉まめや小町通り店からお届けしました。

Dscf7149初登場の角坂ゆかりさんに今月のオススメをお伺いします♪

Dscf7172まず、7月のお豆さん「桃豆」です。

Dsc_0481

以前は春の桃の節句の季節商品としてや6月の限定品として販売していましたが、リクエストが多く、7月のお豆として復活しました。

Dscf7166

表面は、黄色の下地にピンクがグラデーションで色付いています。

Dsc_0442

桃の優しい香りとほのかに酸味があって、本物の桃の様な味わいです!

そして、この季節お待ちかねのお豆さんがこちら、「カマンベール黒胡椒」

Dscf7168

黒い粒々に見えるのが粗びき黒胡椒で、コクのあるカマンベールチーズに程よい黒胡椒風味が広がります。

Dscf7170

暑い季節のおつまみにもってこいですね。

夏のアソートセット「夏の豆 籠入り」は、涼し気な黒い籠に入っていて、友禅紙の帯は花火や浴衣模様や紅型模様で、夏らしい彩りです。

Dscf7154

中には、「そら豆カレー」「ゆず胡椒豆&あられ」「ソーダ豆」「マヨネーズ」「カマンベール黒胡椒」「ソフト塩豆」「青さわさび」が各3個、合計21個入っています。


若宮大路の段葛前の鳥居にも七夕飾りが風にはためいていました。

Dscf7145今夜は天の川が見られます様に☆彡

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************