fyb_switch_to_sp_js

« 2018年5月 | メイン

2018年6月

2018年6月23日 (土)

「鶉豆の蒸しパン」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした鶉豆を使った蒸しパンを御紹介しました。

Dsc_0128

甘く煮た鶉豆をホットケーキミックスの生地に入れてレンジでチンすれば、ふわふわのお豆蒸しパンの出来上がりです♪





「鶉豆の蒸しパン」

Dsc_0108

材料(6~7個分): 
鶉豆の甘煮 100g
ホットケーキミックス 100g
豆乳 100ml
蜂蜜 大さじ2~3

作り方:
1)ボウルにホットケーキミックス、鶉豆、豆乳、蜂蜜を加えて混ぜる。

P1390527 2) シリコンカップに入れる。

P1390532 3) レンジで3~4分程、様子を見ながら加熱し、爪楊枝を刺して生の生地が付いてこなければ出来上がり♪   

Dsc_0138

*蒸し器やオーブンレンジのスチーム機能を使ってもOK!

鎌倉まめや長谷本店小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

Dscf6591「自分ではお豆を煮ませんが、自分で煮たお豆を使うとレベルが上がる気がしていいですね。鶉豆の食感とハチミツの香りがよくします。ホイップした生クリームと一緒にいただくのも美味しそうです」

Dscf6599_2

小澤さん、ありがとうございました♪Dscf6874 鎌倉まめや長谷本店さんに飾られたアーティストTomoe Tohyamaさんの作品・落花生ナッツ君達も梅雨の鎌倉を楽しんでいます♪

Dscf6843 鎌倉まめや長谷本店の目の前の収玄寺でも色んな種類の紫陽花が見られます。

Dscf6855梅雨の鎌倉へ紫陽花を愛でにいらしてくださいね。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年6月16日 (土)

「鶉豆のサモサ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今週は、今月のお豆のチカラでお話しした鶉豆を使ったサモサを御紹介しました。

Dsc_0081

サモサはインド料理の1つで、ジャガイモやお豆に挽き肉を加えてスパイスで味付けしたものを小麦粉の皮で包み、油で揚げたスナックです。


「鶉豆のサモサ」

Dsc_0074

材料(12個分): 
鶉豆(水煮) 100g

合い挽き肉 50g 
カレー粉 小さじ2
マヨネーズ 大さじ1

塩・胡椒 適量
餃子の皮 12枚

作り方:
1)ビニール袋に鶉豆を入れ、袋の上からよく潰す。P1390513 2)挽き肉をレンジで1~2分程、火が通るまで加熱する。

P1390512 3)1と2とカレー粉、マヨネーズ、塩・胡椒を混ぜ合わせる。P1390515_2 4)餃子の皮に包む。

P1390517↓縁に水を付けて上下を付ける。

P1390521

↓左右も頂点に合わせて付ける。

P1390524↓形を整える。
P1390519

5)トースターかオーブン、フライパンで焼いたら出来上がり♪
*油で揚げてもOKです。

Dsc_0097


鎌倉まめや長谷本店上野恭子さんに召し上がっていただきました。

Dscf6580_2

「美味しい!お豆と言うと、甘いものしか食べた事がないから不思議な感じです。ビールのおつまみとかにもいいですね。皮がパリパリです。アレンジとして、トマトやピーマン、チーズなんかを加えてピザ味にしたり、バジル味とか納豆チーズ味なんかにしても合いそうですね!」

Dscf6588 上野さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年6月 9日 (土)

鶉豆の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、鶉豆(ウズラマメ)について御紹介しました。
(パンダ豆と虎豆に引き続き、動物シリーズです)

Dsc_0027 インゲン豆の一種で、お豆の表面は肌色に赤紫色の斑点があり、鶉の卵に似ている事から鶉豆と呼ばれています。
普段、煮豆や甘納豆に使われている事が多いのですが、鶉豆は、茹でると模様が分かりにくく、全体が赤茶色になります。

鶉豆が日本に入ってきたのは北海道の開拓が始まった明治時代と言われていて、現在の北海道大学の前身である札幌農学校で、最初に栽培されました。

2鶉豆の芽 出典:公益財団法人 日本豆類協会

現在の主な産地は北海道の十勝や上川、石狩地方です。1鶉豆の花 出典:公益財団法人 日本豆類協会

鶉豆はお砂糖と一緒に煮て甘く味付けするのが昔ながらの調理法で一般的なのですが、皮が薄い為、味が入りやすいのが特徴なので、他の食材と組み合わせるのもオススメです。
例えば、お肉と一緒に煮こむとお肉の旨味をたっぷり吸うので、ポトフやカレー、ビーフシチューに加えるとコクが増します。

Dsc_0063 鶉豆は、炭水化物やタンパク質の他に、免疫力を維持し、タンパク質の合成を助ける亜鉛や鉄分等のミネラルも多く含んでいます。

3 出典:公益財団法人 日本豆類協会

スーパーでは、乾燥したお豆はもちろん、缶詰の水煮も売っていて、手に入りやすい鶉豆なのですが、まずはお家で乾燥した状態から煮てみて、そのほくほくとした食感と自然な甘さを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Dscf6850鎌倉の紫陽花は、梅雨に入って、その鮮やかさが増しています。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*****************************************************************************

2018年6月 7日 (木)

「E-ne!~good for you~」“ホズミング”

こんばんは! 食育レポーターの影山のぞみです。

Dscf6840 Fm yokohama 84.7で毎週月~金曜日までの12:00から生放送されている「E-ne!~good for you~」内のコーナー“ホズミング”で、ホズミンこと穂積ユタカさんが、鎌倉まめや長谷本店にいらしてくださるとの事で、梅雨に入ったばかりの昨日、私もお伺いしてきました。

Dscf6861

鎌倉まめや長谷本店スタッフの金井素子さんからは、まず今月のお豆さんの「ピンクのグレープフルーツ」を御紹介しました。

Dscf6862

そして、季節の豆菓子詰め合わせのセット「あじさい S」(ソーダ・ブルーベリー・フランボワーズ・ゆず胡椒+ちびっこサラダ・いろどり各2個合計10個入り)も♪

Dscf6864 私からは、今月17日(日)は父の日という事で、おつまみにピッタリな父の日の商品「父の日セット」(ソフト塩豆・そら豆カレー・みそ落花生・青さわさび・あられミックス各3袋合計15個入り)をおススメし、お豆の栄養とお酒の組み合わせのお話しをさせていただきました。

Dscf6869

中継後、鎌倉まめや長谷本店の小澤久仁子さん、金井素子さん、上野恭子さん、桐山章伸社長と一緒にパチリ。

Dscf6871聴いてくださった&駆け付けてくださったリスナーの皆さん、ホズミンさん、MITSUMIさん、鎌倉まめやの皆さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年6月 2日 (土)

6月のお豆さん

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

Dscf6576 今日は、JR鎌倉駅駅ビルにあります鎌倉まめやCIAL鎌倉店にお邪魔しました。

Dscf6573 品川純子さんに今月のオススメをお伺いします♪

Dsc_0206_2 まず、6月のお豆さん「ピンクのグレープフルーツ」です。

Dsc_0220_2 淡いピンク色が紫陽花の優しい色合いの様ですね。

グレープフルーツのフレッシュな酸味が爽快です。

Dscf6538
夏に人気の「ソーダ豆」は、青色と白のお豆さんが涼し気。

Dsc_0236_2 青のソーダ味は口に入れるとシュワシュワ~とします。

白色のヨーグルト味はすっきりとした甘さで、ソーダ味と一緒にいただくとカルピスソーダに少し似た味わいになりますよ。

Dscf6542

紫陽花の友禅紙が美しい季節のアソートセット「あじさいS」には、ソーダ・ブルーベリー・フランボワーズ・ゆず胡椒+ちびっこサラダ・いろどりが各2個合計10個入っています。

Dscf6540

そして、6月17日(日)は父の日、という事で、父の日の商品「父の日セット」も見逃せません!

Yシャツのパッケージの中に一口サイズのお豆5種類ソフト塩豆・そら豆カレー・みそ落花生・青さわさび・あられミックス各3袋合計15個入り。Dscf6548

鎌倉は各名所で紫陽花の見頃を迎え様としています。

父の日には、お父さんを誘って、鎌倉散歩するのも良いですね♪

Dscf6578

江ノ電の車両の行き先表示には、紫陽花が映し出されていますよ。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************