fyb_switch_to_sp_js

« 2017年12月 | メイン | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月27日 (土)

みんなの「まめタリアーナレシピ」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日の番組ではリスナーの皆さんから頂いた「お豆」野菜を使ったまめタリナーナレシピを紹介しました。

その2つのまめタリナーナレシピを私が自宅で実際に作ってみましたよ。

Dsc_0677

まずは平塚市のラジオネーム・農家嫁のナオミさんからのまめタリアーナレシピです。

農家嫁のナオミさんのお家では今年話題となった特A米のはるみを生産し、普段は、エーコープ旭店の農家さん直売コーナーに出荷されているそうです。
お正月に食べる黒豆も生産し出荷されたとの事で、この黒豆の枝豆を使ったスープの作り方を、完成写真も添えて教えてくださいました♪




「黒豆の枝豆スープ」

Dsc_0712

材料(4人分):
黒豆の枝豆 100g
冬瓜 300g
エビ 8尾
椎茸 4枚
卵 1個
バター 10g
オリーブ油 適量
塩・胡椒 適量
コンソメスープの素 1個
・・・(私が試作した時の分量です)

作り方:
1)黒豆の枝豆を塩茹でにして、鞘から豆を取り出しておく。
*冷凍枝豆を使用してもOKです

P1390403 2)お鍋にバターとオリーブ油を入れてエビを軽く炒めて器に取る。

P13903993)冬瓜を適当な大きさに切り、1のお鍋で冬瓜を炒め、塩と胡椒を振り、中火で5分位しっかり炒めてから水とコンソメスープの素を入れる。約15分冬瓜が煮えるまで加熱する。

P13904084)1と2とスライスした椎茸を入れ、塩・胡椒で味を調える。

P13904105)とき卵を入れて出来上がり♪

P1390412

熱々で野菜たっぷりの具沢山スープをいただきました。
枝豆と海老と冬瓜はそれぞれベストな状態で下準備や加熱されているから、コリっとした枝豆とプリップリの海老ととろんと柔らかく煮えた冬瓜と、それぞれの食感が楽しめます。
黒豆の枝豆だからこそ、枝豆の味がより濃く感じられますね。

Dsc_0715

農家嫁のナオミさん、ありがとうございました♪



続いて、板橋区ジュンジュンさんからのまめタリアーナレシピです。

ジュンジュンさんが教えてくださったのは、納豆を使ったサラダ。

ジュンジュンさんも完成写真を添えてくださっていて、ワイングラスに盛られたとてもお洒落なサラダでした♪



「納豆入りパフェサラダ」

Dsc_0730

材料(2人分):                 
長芋     1/2本   ※麺状か細めの千切り
アボカド   1/2個
納豆ひきわり 1パック
きゅうり   2/3本   ※麺状か細めの千切り
黄パプリカ  1/4  さいの目切り
にんじん   1/4本
オクラ    4本  薄切り
みょうが   1コ  斜め薄切り
プチトマト  1個  4つ切り
麺つゆ    50cc位、適量(希釈して使う場合はその表示通り)
※菜麺器があれば麺状にすると食感が良いです。

・・・(ジュンジュンさんが教えてくださった分量です)

作り方:
1)大きめのグラスに長芋を一番下、きゅうり、にんじん、パプリカ、アボカド、納豆、オクラ、みょうが、トマトの順にもりつけていく。

P1390405

P1390415 2)1の上に麺つゆをかけて出来上がり。混ぜながら頂きます♪

Dsc_0743

いつもと違う切り方で、器と盛り方を変えるとサラダがこんなにも大変身してしまうのですね!
よく混ぜてからいただくと、麺つゆが全体に行き渡りながら長芋と納豆の粘りによって上手くまとまるので、食べやすかったです。
特別な日や人をお家に呼ぶ時のメニューにもピッタリですね。

ジュンジュンさん、ありがとうございました♪


農家嫁のナオミさんジュンジュンさんには、鎌倉まめやさんのお菓子詰め合わせをお送りしますので、楽しみに待っていてくださいね(発送までに少しお時間がかかるかもしれません事を御了承くださいませ)。

あなたからのまめタリアーナレシピをお待ちしております♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年1月20日 (土)

「コングッス」

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

先週のお豆のチカラでは、韓国の伝統調味料についてお話ししましたが、今週は豆乳を使った韓国料理を御紹介しました。

Dsc_0559

コングッス(冷豆麺:コングクスとも呼ばれます)と言って、本場では大豆をペースト状のスープにした麺なんですが、今回は、お豆腐豆乳で代用して作っていきます。

韓国では主に夏に冷麺で食べますが、寒い冬には温かくしていただきましょう。

麺は、うどんやお蕎麦、お素麺等、お好みで選んでくださいね♪


「コングッス」

Dsc_0547 材料(2人分): 
絹豆腐 300g
豆乳 400ml
うどん 2玉
キムチ 適量
貝割れ大根 適量
白胡麻 適量
塩 適量
胡麻油 適量

作り方:
1)絹豆腐をビニール袋に入れ、袋の上からよく潰してなめらかなペースト状にする。

P1390378 2)豆乳を加えてよく混ぜ合わせる。

P1390360_2 3)鍋に入れ、塩を加えて温める。

P1390380_2 4)うどんを加えて混ぜる。

P1390383_2

5)器に盛り、キムチとカイワレ、白胡麻をかける。

P1390385_2 6)胡麻油をまわしかけて出来上がり♪

Dsc_0586 *ミキサーでお豆腐と豆乳を混ぜ合わせるとよりなめらかなスープになります。
*味付けにお味噌やすり白胡麻を加えるのも合います。


鎌倉まめや長谷本店小澤久仁子さんに召し上がっていただきました。

Dscf5312

「味付けは塩だけですか?! いいですね。お豆腐の味がしっかりしてて美味しいです。キムチと胡麻油の組み合わせは間違いないですね。キムチの食感もいいアクセントになります。カイワレの代わりに、パクチーを使っても合いそうです♪」

Dscf5322

小澤さん、ありがとうございました♪

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************

2018年1月13日 (土)

韓国の伝統調味料の『お豆のチカラ』

こんにちは! 食育レポーターの影山のぞみです。

今日は「お豆のチカラ」と題して、韓国の大豆を使った伝統調味料について御紹介しました。

Img_6520 今年は冬のオリンピックイヤーと言う事で、平昌オリンピック・パラリンピックの開催が後一ヶ月を切りましたね。

Img_6628 そこで、開催国である韓国の伝統調味料について紹介したいと思います。

26637772_1516780261733832_159533743 韓国の食文化を語る上で欠かせないジャンなのですが、これは大豆を使った味噌や醤油、コチュジャン等の韓国の伝統調味料の事を指します。

26694458_1516780158400509_138654678まず韓国料理で一番使う調味料はカンジャンと呼ばれるお醤油で、これは、茹でた大豆を荒く潰し、四角や丸い形に固めてから、藁で結んで軒下に吊し発酵させた後、塩水漬けて数ヶ月間熟成させる事でお醤油になります。

26638231_1516780221733836_200879564 味噌は、テンジャンと呼ばれていて、韓国では各家庭で作る事が多いのですが、先程のお醤油・カンジャンと同じように、茹でて潰した大豆を、四角い形にまとめてから、外で干してカビを付けた上で、今度は床暖房の部屋で布団をかけて発酵させ、塩水に漬けておく事で完成します。

Img_6523 ↑韓国に行った際に見かけた味噌壺。

日本の味噌と違って、煮立てても味噌の香りが強く残るのが特徴です。

26553379_1516780181733840_174004803
そして、日本でも定着してきた韓国の辛い味噌、コチュジャンは、大豆を発酵させて、そこにもち米や麦、小麦粉、水あめ、塩を入れて、最後に唐辛子を加えて作る味噌になります。

26637607_1516780378400487_671112191 いずれも主な原料となる大豆には良質なタンパク質や脂質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているのですが、大豆を発酵させる事で、その栄養素が酵素によって分解され、消化吸収されやすくなるので、お料理に上手に取り入れていきたいものです。

Img_6603 ↑ソウルのデパ地下で見かけた韓国料理のデリカテッセン。

Img_6745 ↑コチジャンを使った甘藷湯(カムジャタン)。

この機会に、日本の調味料との違いを味わってみるのもよいですね。

Img_6707

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメの豆料理、野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいませ

*************************************************************************

 

2018年1月 6日 (土)

1月のお豆さん

明けましておめでとうございます! 食育レポーターの影山のぞみです。

Dscf5274新年最初の放送では、鎌倉まめや長谷本店にお邪魔しました。

Dscf5283 金井素子さんに今月のオススメをお伺いします♪

年末の番組でもお伝えしましたが1月のお豆さん「冬柑豆」を改めて御紹介しますね。

Dscf5293

どこか懐かしい様な優しい風味の温州みかん豆と冬の代表的な和の香りのする柚子豆の2種が入っています。

Dscf5292さっぱりとした柑橘の味わいを楽しんでくださいね。

そして、早くも来月の節分に向けた福豆も登場しています。

Dscf5297

北海道産の袖振大豆と北海黒豆の2種類。

Dscf5303

福豆を購入された方には御希望で鬼のお面をプレゼントしていますので、豆撒きの時に使ってみてはいかがでしょうか♪

期間限定のフランボワーズピーナッツも好評発売中です。

Dscf5311ベリー系のフルーティーな味わいは特に女性に人気なのだそうです。

Dscf5280紅白の色合の福寿豆は白砂糖がけと赤紫蘇がけの落花生のミックスになっていて、新年のお土産にピッタリですね。

本年も「鎌倉まめタリアーナ」をどうぞ、宜しくお願い致します。

*****************************************************************************

番組ではあなたのオススメのお豆料理・野菜料理のレシピをお待ちしています。
メールアドレスは
mame@fmyokohama.jp
メッセージとお豆料理・野菜料理の料理名、材料と作り方、ラジオネーム、お名前、住所、電話番号を書いて、メールを送ってくださいね。
番組で紹介させていただいた方には鎌倉まめやさんからお菓子詰め合わせをプレゼントしますので、是非応募してくださいね

*****************************************************************************